みみはは さん プロフィール

  •  
みみははさん: にちにち、これ、こうにち。
ハンドル名みみはは さん
ブログタイトルにちにち、これ、こうにち。
ブログURLhttp://ameblo.jp/takaga-saredo-neko-inu/
サイト紹介文たかが野良猫(犬)、されど命。 今日も、一日、命が繋がります様に……。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/11/22 00:49

みみはは さんのブログ記事

  • 切ないばかりです。
  • 今は、コーラの症状から毎日の行動が決まります。 自宅に帰ること。 美々と一緒に寝る事。 今までの当たり前が、当たり前でなくなりました。 一晩帰らなかった私に美々はそっぽを向きます。 抱きしめられながら、目を合わせようとせず、そっぽを向いたまま……。 ごめんね。ごめんね。 そう言いながら、抱きしめています。 少しして、私を見つめてくれる頃には、また、出掛けてしまいます [続きを読む]
  • 猫、猫、猫。
  • 猫、猫、猫。 なんだか、振り回されています。 でも、今日は、最終的には、福に転じました。 二日前でしょうか。6月1日から、猫の宮のお母さんの娘が家出をしたと連絡が入りました。 まずは、出来る事をやりましょう。 先程、lineがあり、戻って来ました!と。怪我もせず、痩せもせず、元気に餌を食べているとの事。 良かった〜! それから、風太を保護した時にお世話になった人。黒猫親子7 [続きを読む]
  • 祈っていた言葉。
  • 毎日、祈っていた言葉。 どうか、コーラがこの世に居る時は、苦しみが最小限で済みます様に。 でも、ここ、2、3日のコーラを見ていて、欲が出てしまいました。 どうか、コーラが元気になります様に。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 無理をせずとは。
  • 今朝、お向かいの飼い猫か、野良猫か判らないキジトラのカギしっぽの猫が来ました。 いつも、夜に見かけるカギしっぽより、ちょっと短い猫。 お腹が大きかった……。(><;) ちょうど、1年前。もうひとつの家に通う様になった頃、お向かいの家の所でキジトラの仔猫が3匹遊んでいました。 飼い猫なのかな。野良猫なのかな。 そう、思いながら、月日が流れました。 その仔猫達が、今、仔猫を産もうと [続きを読む]
  • 命の重さ。
  • 病気と闘っているコーラを見ると、「命」と向き合っていると思えて、ちょっとした事に、一喜一憂して、心がざわつきます。 癌と闘っているあの有名な人のブログを拝見しても、「命」の鼓動が聴こえてきそう……。 簡単に、コカ・コーラの箱で捨てられてしまった猫。 8万人のいいね!の有名人。 まるで、雲泥の差、比べようもないのに。 どっくん。 どっくん。 心臓の音。 同じ「命」の重 [続きを読む]
  • でもですね。
  • 野良猫に関わった当初、ぼんやりと思えた事。 看取ってあげたい。 独り寂しく、死なせたくない。 でも、でもですね。 正直、怖いです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ザ、野良猫!
  • 前に、野良猫を避妊してくれたお爺さん。 今回は、オスを去勢してくれました。(^_^)v 捕獲したと思ったら、逃げられてしまって、1週間姿を見せず……。 お腹が空いて、やっと、姿を現してくれたとの事。 オスの去勢は、メスの避妊よりも手術代が少ないとは言うものの、抗生剤を飲ませる事が出来ない分、注射代が……。(_ _。) それも、了解し、負担してくれて、本当に、ありがたい事です。 無責任 [続きを読む]
  • もうひとつの人生。
  • もうひとつの家の草取りをしました。 この年になって、初めてと言えるかな。(〃∇〃) 実家に居た頃は、草取りの手伝いは、ほぼ無し。 実家を出てからは、集合住宅だから、無し。 元々自慢じゃないけど、何事にも、興味を持つ人ではなかったので、雑学は、皆無に等しい様な……。( ̄▽ ̄) 笑われてしまいそうですが、土筆になる前の葉っぱは、見た目は分かるけど、土筆=スギナになっていなかった。(^^ [続きを読む]
  • 心が痛まない。
  • ある人のブログの中で、ある多頭飼育崩壊のテレビ報道を「猫の問題」ではなく「人間の問題」だと。 避妊去勢をせずに増えてしまった。 そこは、その通り。 ただ、餌を十分に与えられない猫達が、共食いをしている事を知っていながら、仕方がないと平然と人間生活が営まれていた……。 野良猫達を虐待して喜んでいる人達と、紙一重の様な気がしました。 心が痛まない。 やっぱり、異常ですよね。&nbs [続きを読む]
  • クク、クク……九九…。
  • 仕事に行く支度をしていると、 ギャアー ギャアー?グァワー グァワー? カラスの大きな鳴き声。 急いで、お母さん達の部屋へ。 お母さんと風太が窓から見ていて、カラスが間近まで低空飛行! こんなとこまで、普通、来ないでしょ!(゜д゜;) お母さんは、小さな声で、クク、クク……九九…。 風太は、一歩退いて、じっと見ています。 少しして、仲間と遠くに飛んで行ったカラス。&nbs [続きを読む]
  • 飼い主の責任とは。
  • 切手の無い手紙が届いて、早や、1か月。 手紙が届いてから、1週間後くらいに、避妊去勢の往復の為にと、ケージ2個をご自宅へ。 病院の先生にも、10匹程なので、安くして頂ける事も確認しました。 それなのに、それなのに、です。 いまだに、1匹も避妊去勢に連れてってませんでした。(  ゚ ▽ ゚ ;) 私が搬送しますよ。そう、言わなければ、進まない話しなんですかね……。(_ _。) 前にお話した [続きを読む]
  • 十字架を背負うとは。
  • 東京の友達から、久し振りの電話。 怪我をした猫が自分をじっと見ていて動かない。すがるような目で私を見ている。どうしたら良いか分からない。 遠く離れた山形にいる私には、どうする事も出来ない……。 仕方ないよ……。 彼女は無意識にだろうけれど、その言葉を望んでいたのでしょう。 そう言って貰える事で、助ける事の出来ない自分の背負った十字架を少しでも軽く出来るから。 もうひとつは、 [続きを読む]
  • 当たり前の様に。
  • 今は、雪片付けをする必要がなくなり、マメタンの準備も半分になり、ゆとりが出てきました。 夕方も、明るいうちに着くことが出来て、お庭をぐるっと見渡したり、水仙を植え替えたり、鶯の声に耳を傾けたり。 それなのに、時々、心が重くなります。 ついこの間までは、外にいる野良猫達が寒そうで、可哀想だったのに。今度は、窓から外を眺めている保護猫達が可哀想に思えます。やっぱり、私の根底にある思いは、家 [続きを読む]
  • ラジオ。
  • もうひとつの家では、ラジオをつけています。 目覚ましタイマー? 朝は、7時だったかな。夜は、11時まで。 静か過ぎるよりも、その方が良いかなあ〜と。( ̄▽ ̄) 最近、私が20代の頃の音楽が頻繁に流れてきます。 ディスコミュージックだったり。歌謡曲だったり。 曲名は覚えていないけれど、音楽を聴くとその頃の事を鮮明に思い出したり、懐かしくも、苦い思い出だったり……。(*^.^*) [続きを読む]
  • 変人とは。
  • 変わった人。 変な人。 変人。 たくさんの猫を飼っている人やたくさんの猫に餌をやっている人がよく、言われる言葉。 変わった人だから、そうなんだろうか……? 変わった人と言われても、変な人と言われても、猫達を見捨てられない……。 そして、周りの目など気にしたら、自分の心が折れそうになるから、開き直る。 どうせ、私は変人だから。 変人にならなきゃ、出来なかった。 変 [続きを読む]
  • 何様なんだろう。
  • 何気ない話しの中で、ある部落の所にイノシシの子供が現れたとの事。 親がいるはずだから、猟友会が仕留める話しをしています。 今朝のFB。 車にぶつかったらしいフラフラの鹿を発見。 発見した人は、山に返したかったのに、警察、猟友会が現れて、駆除したと言う。 人間に危害を加えるから。そう言われると、当たり前の行為と言えるけれど…。 思わず、イラッ! 人間て、何様なんだろう。に [続きを読む]
  • 帰れ!のその後。
  • 帰れ!のその後。 石を投げたと言うお隣さん。 一見、なんちゅう婆さんだ!と、言いたいでしょうが、とても、優しい人なんです。 石を投げたにしても、当然、当たらない様に。 言われなくても、分かってます。 お前には、餌を食べられる所があるでしょ?ここで、食べる必要ないでしょ? ただ、そう言いたかったのです。 昨日、グレーの猫に餌をあげた後に、お隣さんに電話を入れました。 [続きを読む]
  • 家に帰れ!
  • 平成29年4月20日 木曜日。 ガァーン……。私とした事が、気付きませんでした。( ̄_ ̄ i) 勤務先の真向いのお婆ちゃんが、施設に入って1週間も経っていたなんて……。 認知症気味だとは思っていたけれど、着の身、着のままで連れて行かれた様です。 2015年9月7日。2016年1月2日。この時のブログのお婆ちゃんと猫。 「猫、元気だあ〜。めんごいったらよ〜。一緒に寝るんだ〜。ありがと [続きを読む]
  • 年々歳々。
  • 私の心の師の言葉。 人は誰でも、1年前の自分とは違います。 まして、10年前、20年前の自分とではもっと違うでしょう。 違うとはいえ、純粋さが消え、心が汚れてしまったということでは残念です。 経験を重ねるほど、人の思いが分かり、心が豊かになって、人格が完成していくのが理想の在り方です。 年々歳々人生を歩み進める中で、貴重な1年を決して無駄にしないことです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 元気かなあ〜。
  • お久しぶりです!あずき、無事1歳を迎えることが出来ました:。☆゚ 珍しい人からのLINE。 忘れもしない、平成28年4月10日。 高畠の猫の宮で、私の目の前で、仔猫を産んだお母さんを保護した日。 あの時の仔猫が、1歳になったのです。 キジ白の美人さんの仔猫は、いつの間にか、ふくよかな、お母さんそっくりになっていました。 他の5匹のみんなも、元気かなあ〜。 お母さん。私達、 [続きを読む]
  • バトンタッチ。
  • ご年配の人が、たくさんの保護猫を抱えている場合、保護猫が残されない様に、ご年配の人が元気なうちに、里親を探さなくては……。 それが、責任ってもんじゃないの? 自分を、その立場に置き換えても、そう、思っていました。 でも、少しだけ変化。 元気で頑張れるだけ、頑張って! 保護猫達の行く末を案じながら、世話を続ける日々の心労はいかほどなものか……。 何年も、何年も、頑張って来てく [続きを読む]
  • 人間と同じ。
  • 美々が、これまでで、最高とも言える怒りが込み上げていた様です。 シャー。だけではなく、ウーッ。と、唸り続けていました。 兎に角、洗面台に登り、水を飲む。それも、何度も、何度も。 終わったかな……と思い、抱き上げようものなら、ウーッの連発……。 理由を考える。 絶対に、怒りが込み上げる理由があるはず。 その日、友達を、ちょっとだけ、家の中に。 最初に、美々に行かずに、保護 [続きを読む]
  • あの時に……。
  • 半端ない人からのLINE。 よがった(iДi)本当によがった ありがたいよー 彼女は、リナちゃんの名前を聞いても、即、思い出せなかった様子。 名前を目にしても、抱っこされている猫の顔を見ても思い出せない私……。(・・;) 平成27年11月28日。 あの時に、生き残っていた人馴れしない猫がトライアル決定! 私達は、いつの間にか、過去になってしまっていました。(-"-;A&nbs [続きを読む]
  • カメムシ。
  • カメムシ撃退法。 ふ〜っと、息を吹きかけてから、捕獲すると異臭が出ない? ガムテープで、貼っ付けてポイ。 ペットボトルに、洗剤を溶いた水を入れ、口元をカメムシに近付けると、スルッと入るから、即、フタを閉める。 あとは、仲良く暮らすしかないなあ〜。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 春が来たよ〜。
  • 雪の上に、虫が2匹。 もう、春が来たよ〜。 そう、言われても、雪が、まだまだ……。 ところが、部落の人が言った様に、太陽の光と、土の暖かさで、一気に、雪が解けました。v(^-^)v ついでに、冬越えをした、カメムシも出てきました。( ゚∀゚; )タラー 久々に、臭いったら、ありゃしない。(; ̄ェ ̄) にほんブログ村 [続きを読む]