どんぐり太郎とくるみママ さん プロフィール

  •  
どんぐり太郎とくるみママさん: ど素人の軽井沢ライフ奮戦記
ハンドル名どんぐり太郎とくるみママ さん
ブログタイトルど素人の軽井沢ライフ奮戦記
ブログURLhttp://oiwakedoggies.hatenablog.com/
サイト紹介文一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。
自由文ドタバタ夫婦が繰り広げる軽井沢での週末ライフ。割と軽井沢通の夫と、まるで素人な妻。でも夫の情報は旧くて役立たず。かえって妻の新鮮な情報の方が核だったりもします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2014/11/22 10:13

どんぐり太郎とくるみママ さんのブログ記事

  • 後悔しない別荘選び
  • ブログのタイトルの割に玄人っぽいことを嘯き始めた生意気などんぐり太郎です。この季節になりますと、軽井沢の不動産屋さんから別荘の広告がばんばん届くのであります。当家の場合は追分荘に入ってからまだまる3年も経っていないのでありますが、世間には車を買い替えるように別荘を買い替える方もいらっしゃるのでありましょうか。幸いにして追分荘は高気密住宅でしかも床暖完備ゆえオールシーズン対応。氷点下10度にも逃げ出 [続きを読む]
  • 辛味もほどほどに
  • 昔からバランス感覚の悪さで出世とは縁遠かったどんぐり太郎です。どんぐるみ夫婦もそろそろあれこれと年齢的なことを愚痴りたくなる年恰好になってまいりまして、昨今はあそこが痛いここが痛いというのが夫婦の会話のメインになってきたような気がいたします。当然ながらこれからは特に食に関しては細心の注意を払う必要があるわけで、量もさることながら度の過ぎたものはやはり控えてゆくべきかと。にもかかわずくるみママは [続きを読む]
  • 追分はエコモードへ
  • CO2による地球温暖化とかいうインチキは最初から信じていない科学的などんぐり太郎です。軽井沢追分地域ではこの時期になりますと朝夕も氷点下になることはなく、昼間の気温も10度を超えてくるような陽気になってまいりまして、ここまでくると床暖や給湯の常時オンで凍結を防ぐ必要もなくなったようであります。そこで、今シーズン初めてのオフ設定でエコモード。当家の場合、エコはエコでもエコロジーではなくエコノミーで [続きを読む]
  • iQOS派にはツライ場所?
  • もはやスモーカーとは呼ばせない。どんぐり太郎です。先日、くるみママと一緒にウィーンフィルの日本友の会のコンサートに参りまして。同楽団の元コンマス、この4月からN響のゲストコンマスになられる、名手ライナー・キュッヒルさんのヴァイオリン+ピアノのデュオであります。まあ、超絶テクニックのオンパレードともうしますか、ただただ巧い。コンサートの感想としては以上であります。それよりも今回は虎ノ門のJT本社ビ [続きを読む]
  • 佐久で百歳超えボーリング
  • 最近は夫婦での映画鑑賞料が安くなったどんぐり太郎です。あまりの運動不足に、やはり身体を動かすことが大事だと一念発起いたしまして、何を思ったかこんな所に出かけてしまったどんぐるみ夫婦であります。佐久プラザボウル。いい歳こいてボーリングであります。しかし、あえて軽井沢のプリンスを避けるのがミソでありまして。ともかく空いていて確実に入れるのが佐久のメリット。何だかへっぴり腰でボールを転がすくる [続きを読む]
  • 信州ナビ発進によせて
  • 時おり黒いどんぐり太郎です。長野県は21日からスマホ用の観光・交通案内アプリ「信州ナビ」の運用を始めたであります。 こちらには県内の観光施設など約1万カ所が登録されておりまして、目的地までの鉄道やバスのルートを検索できるものでありまして、もちろん無料であります。ルート案内では、JRや私鉄、バス、市町村コミュニティーバス、タクシーなど、県内の交通機関を網羅。複数のルートや所要時間、料金まで表示して [続きを読む]
  • 霧の迂回路
  • 何度か長良川の鵜飼を観に行きながらいつも雨で中止になる心がけの悪いどんぐり太郎です。いえ、迂回の話でありまして。追分に家を持つメリットの一つが、高速に乗る際のチョイスが多いということ。こんな霧の朝だったりすると、碓氷軽井沢インターチェンジ方面のクネクネ道はちょっと憂鬱でありまして。そんなとき、佐久平PAのスマート出入口が使えるのであります。ここまで約15分でありまして、むしろ碓氷軽井沢より近 [続きを読む]
  • なんちゃって温泉の絶景
  • 当家ではくるみママのお姿こそが絶景。どんぐり太郎です。 どんぐるみ家の追分荘から最も近い「温泉」は紛れもなくクルマで10分の「ゆうすげ温泉」でありますが、次に近いのがおそらく「平尾温泉みはらしの湯」。クルマで20分ほどであります。 こちらは冬のあいだパラダのスキー場になっている「平尾の森」の一角をなす施設。高速の佐久平スマート出入口のすぐ近くであります。温泉とサウナを含む温浴施設、ジム、休憩 [続きを読む]
  • 追分荘の新朝食パターン
  • とうとう史上最高体重を更新したどんぐり太郎です。 永く肥満とは無縁だったどんぐり太郎でありますが、さすがに年齢的なものもありまして、全体的に代謝が落ちております。こうなりますと、殊に運動量がぐっと落ちる追分滞在時のカロリーコントロール、ことにカーボコントロールが非常に重要視されるわけでありまして。 そこで昨今の朝食がこのパターン。食後の血糖上昇の早いパンをやめ、バナナ半分に変更したでありま [続きを読む]
  • 過去最長の追分連続滞在へ
  • 幸いまだ社会に必要とされているらしいどんぐり太郎です。できることならさっさと早期リタイアして軽井沢でのんびり余生を愉しみたいと願うどんぐり太郎でありますが、まだまだ仕事を放り出せない事情がありまして。ならば追分荘で在宅勤務を、などと考えてもみるものの、クラウド活用も仕事の当事者をすべて巻き込まなければ成り立たないのでありまして、ITリテラシーの不均衡の中では一朝一夕にはいかないのが実情であります。 [続きを読む]
  • クルマがくるみを嗜める!?
  • 知性と気品を重んじるどんぐり太郎です。 どんぐり太郎の運転の品の良さはまさにクルマから芳香が漂うほどでありまして、行き交う人々が思わず路傍で見惚れてしまうこともしばしばであります。それにひきかえ、運転席に座るとこち亀の本田のごとく性格の変わるくるみママのオラオラ運転は、人もクルマもすべて追い払う恐怖のオーラを発しております。ただ幸いにして当家のGLAには親切な機能がついておりまして、荒っぽい運転 [続きを読む]
  • 初蛾と鳥見の春
  • ホーホケキョがマーダダヨに聞こえるどんぐり太郎です。春は名のみの風の寒さやウグイス、とはよく唄ったものでありまして、朝夕はまだまだ冷え込む軽井沢界隈でありますが、春はあちこちで芽吹いておりまして。なんともうこの時期に蛾が飛来してきたであります。当家では猫が第一発見者でありました。朝方はいろんな鳥も姿を見せるようになりまして。さてこの写真のどこに写っているかおわかりでありましょうか。見たこと [続きを読む]
  • 足元が気になる季節
  • 人の足元を見るのが嫌いなどんぐり太郎です。いえ、足元は大事であります。特にこの季節は。冬のあいだお世話になったスタッドレスタイヤでありますが、さていつノーマルに履き替えるかというのが毎年この時期の悩みどころでありまして。佐久近辺の駐車場にクルマを駐めるたびに周囲のクルマの足元をジロジロとうかがうのでありますが、先週末の段階ではまだスタッドレスを履いたままのクルマがけっこう多いようで。ざっくり8 [続きを読む]
  • 今シーズン最後のストーブ?
  • 毎年この時期になるとコブクロの『桜』のサビのところだけを鼻歌で口ずさむどんぐり太郎です。東京はまさに春爛漫でありますが、軽井沢はようやく時間軸が春の裾をつかまえた程度でありまして。先週末の追分入りでは、ずいぶん解けたとはいえ、この通り玄関前にはまだ雪の名残りが。ただ、室内は床暖がエラーで切れていたにもかかわらず、16度という暖かさで迎えてくれたであります。何しろ内外温度計によれば家のすぐ外は [続きを読む]
  • 「限定」和菓子には毒素が??
  • 限定という言葉にまだ惑わされるどんぐり太郎です。この時期は春の「季節限定」が目白押しでありまして。ことに和菓子系は桜系のあれこれが出てくるのであります。こちらは仕事先で買ったくるみママへのお土産、道明寺と桜ゼリー。桜の葉には「クマリン」という毒素が含まれておりまして、雨で葉が落ちると地面からその毒素を撒き散らすそうであります。この毒素は植物の生育を阻害して育ち難くするそうでありまして、また抗菌 [続きを読む]
  • 長崎珍道中〜絶望編
  •  長崎にはカステラとちゃんぽんしかないと思っていたどんぐり太郎です。 どこを旅行してもそれなりにご当地の名物というものがありまして、やはりそれを賞味せねばと思うものであります。長崎といえば、ええ、まずは何よりちゃんぽんでありますね。こちら、思案橋ラーメン。かの福山雅治も絶賛した「爆弾ちゃんぽん」なるものがいただけるとか。壁には福山雅治はじめ多くの芸能人の色紙が。やはり名店なのでありましょう。 [続きを読む]
  • 長崎珍道中〜地獄編
  • 長崎は今回も雨にはならず。どんぐり太郎です。恒例となりましたどんぐるみ家の春の旅行。今年は長崎であります。長崎のどこかと申しますと、ええ、地獄であります。あちらこちらから熱湯のガスが噴き出す、まさに灼熱地獄。こちら、雲仙温泉でありまして。その昔、キリシタンやパードレ〔司教〕が捕まるとここで拷問されたそうであります。詳しくはこちらの映画で。宿はこの「地獄」の真正面でありまして、「湯治の [続きを読む]
  • 山賊焼きにひと手間で絶品中華
  • 追分の鉄人、どんぐり太郎です。信州名物のお惣菜といえば「山賊焼き」でありまして、県下ではどこのスーパーにも並んでいる有名な逸品であります。脂分の少ない鶏むね肉ということもあり、揚げ物の割にはカロリーも低くヘルシーでありますね。ただ、さすがにいつもあの味だと飽きがくるのでありまして、ここはひと手間かけてアレンジをしてみたいところであります。そこで今回は油淋鶏風にしてみたであります。ひと手間という [続きを読む]
  • 御影の「春華」さんにリクエスト
  • さすらいのラーメン人、どんぐり太郎です。 世の中には様々なラーメンがありまして、それこそただ麺をしょっぱい湯に浸けただけの一杯もあれば、最初の一口で刹那の天国へいざなう一杯も。中にはあと少しの思い切りで並のラーメンが天下を伺いそうなケースもままありまして。 こちらは御影のツルヤ近くの「春華」さん。昼時にもかかわらずお姉さんがワンオペで切り盛りしておられました。メニューの中から「人気」だとい [続きを読む]
  • カインズホーム佐久平店で捕虜3体を確保
  • さすらいのクレーン師、どんぐり太郎です。カインズホーム佐久平店のUFOキャッチャーはどんぐり太郎の戦場であります。これまでに捉えた捕虜は10体を超えております。おお、これは獲ってくれといわんばかりのミッキーとスティッチ。必ず500円以内で仕留めるであります。ほれ、どうじゃ。ついでにピグレットもゲット。また追分荘の階段が賑やかになるであります。※くるみママ追記何が500円よ。軽く千円は使ったじゃない [続きを読む]
  • ロカボ狂騒曲
  • 若き日はボクサーのような体型だったどんぐり太郎です。今は、僕は僕さ、な体型であります。 とうとうどんぐり太郎のBMIが25を超えまして。危険信号だそうであります。BMIというのはボディー・マス・インデックスと申しまして、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数。体重(kg)を身長(m)の自乗で割るというやつであります。これが25を超えると肥満の領域ということで、24.8あたりで一進一退であったのが、とうと [続きを読む]
  • 秘湯をバラす旅〜サンフランシスコの湯??
  • 微妙に鉄ヲタなところもあるどんぐり太郎です。撮り鉄です。 鉄道で秘湯に行ってまいりまして。ええ、確かに、鉄道を利用したであります。 所は小諸の山の中。またもすれ違い不可の道をゆくどんぐるみ家。 「菱野温泉」とありまして。 「常磐館」なる旅荘の怪しげなトンネルを抜けてまいりますと、 何とも小綺麗な旅館でありますが、ともあれ入浴料1千円を払いまして。その向こうに気になる [続きを読む]
  • 佐久でまた台湾料理の名店を発見
  • 近頃は中華人民共和国よりも中華民国と親しくなったどんぐり太郎です。望月の台湾料理に魅せられて以来、かなり台湾びいきになったどんぐるみ夫妻。前回の軽井沢入りでもあえて恒例の「風見鶏」をパスして検索、検索。すると、23時まで開いている台湾料理のお店を佐久に発見。市役所にほど近い「福興楼」であります。メニューにはリーズナブルな一品料理がずらり。豚骨ラーメンや四川ラーメンがあるのはご愛嬌。麻婆豆腐 [続きを読む]
  • 三年かけて知る薪ストーブの極意
  • 追分流焚薪師、初代追分守団栗太郎左衛門秀家です。追分の越冬も3年やりまして、その間に薪ストーブを焚き付けた数はいかばかりになるでありましょうか。試行錯誤を繰り返し、ようやく焚き付けについては一家言語れるまでになってきた感がありまして。以下、追分流焚薪四箇条であります。其の一、先ずは一薪を只管焚くべし。何はともあれ、まずは最初の薪1本に着火することに心血を注ぐべきであります。少しでも火がつく [続きを読む]
  • 1年ぶりのコレを
  • 最近はブログをサボる癖のついた物ぐさなどんぐり太郎です。沖縄旅行から思えばもう1年になるであります。あの旅行では到着した日の空港の食堂から始まって、昼はずっと沖縄そばでありまして、さすがに暫くはもういいやと控えておりましたら、実に1年も食さなかったであります。と、ツルヤ御影店にこんなものが。とうとうこのシリーズに沖縄そばが登場したであります。どうせやるなら豪勢にやろうということになりまして、豚 [続きを読む]