おまかせ工房 さん プロフィール

  •  
おまかせ工房さん: おまかせ工房店長ブログ
ハンドル名おまかせ工房 さん
ブログタイトルおまかせ工房店長ブログ
ブログURLhttp://omakasefactory.hatenablog.com/
サイト紹介文おまかせ工房店長のブログ 商品をわかりやすく説明しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/11/22 12:51

おまかせ工房 さんのブログ記事

  • 神道に近づくと雲形神鏡を置きたくなる
  • さり気なく目立たせずでも見えるように無茶言うなよという状態なんだろうけどね、どうだどうだとこれみよがしに見せると嫌らしさが出てしまうから、気づかせるぐらいのポジションがちょうどいいのかもしれない。もっとも興味がなければ目に飛び込んでこないのが神具の不思議さで、まぁ、神社に言っても細かな部分には余り興味がないことが多いだろう。それに神具の名称なども知らないとなると、本殿を覗いても立派ねという感想だけ [続きを読む]
  • 集会場、保育園、幼稚園、介護中の家庭などで役立つ敷物
  • 濡れ場・汚れ場になりそうな場所で使うカーペット濡らして困る、濡らされると困る、食べ物を落とされると困る、、、とまぁこういう状況というのがあるんだけど、健康な大人だけの生活をしていると用がないかもしれない。手元がおぼつかない人がいると大人子供に関係なくやってしまうわけだ。おっちょこちょいもあれば手元の震え、狂い、緩み・・・そりゃ原因はたくさんある。ともかく、汚されては困るような場所、水満たしにされて [続きを読む]
  • 木箱のようなシンプルさ シンプルゆえの端麗さ 御札舎本一社
  • 御札舎は置くだけでも壁掛けでも使えます木目を選んで作っている御札舎本一社シリーズはものすごくシンプルな構成で、あれこれ付け加えない美しさを出せないだろうかということで端麗な趣に仕上げてある。だいたい神棚としてこうのような御札専用の神棚を考案する場合、鳥居を付属させたり、菊紋の印を入れたり、するものはよう販売されているんだけど、ほとんどの製品が板目で作ってあるもんで、二台並べただけでも全然違う木目に [続きを読む]
  • 感情や想いを込めるとき使う木製人形代
  • 驚きと恐怖そして喜怒哀楽人の感情と人の想いとはやや違うと思うんだけど、この辺の話は心理学を勉強している人たちであれば詳しいんじゃないだろうか。口に出せない感情って時としてあると思う、これを言っちゃおしまいだ、、、という場面。もう口先まで出かかっているんだけど、自分の置かれている環境が邪魔を、いや時には手助けをしてくれて思い止ませ、出かかった言葉を引っ込めてくれる。またこの逆もあって、どうして言わな [続きを読む]
  • 一段下げた豆八足台 二段式にすると見栄え良し
  • もう少し低い豆八足台が必要だと思ったら短足型豆八足台もともとは通常タイプと併設するために作り出した短足型豆八足台なんだけど、単体でよく使われるところをみると、通常タイプの豆八足台だと高さがちと高いと感じているのだろうか。だいたい豆八足台の高さというのはどこの製品でも同じぐらいの寸法。これも高さ寸法には決まりがないんだけど、神棚の大きさもいろいろなので好きな高さで置いておきたい人たちもいるはずね。脚 [続きを読む]
  • 縁の向きを変えた上敷きござ 逆縁仕様で作るござ
  • 逆縁(逆へり)仕様は上敷きの畳数計算で増えてることが多いです「幅」だとか「長さ」だとか言われても、ピンとこないことがあるよね。どっちがどうなるみたいな、まぁ、「幅」と聞けば水平方向をイメージするだろうと思って、「幅・長さ」ということでやってます、「縦・横」で聞くと上敷きのような敷物の場合にはこんがらがってしまうこともある。ところで、一般に上敷きの場合には「幅<長さ」「幅=長さ」になるんだけど、「 [続きを読む]
  • 御霊舎の扉全体の取り外し方
  • 下を手前に引っ張って外す御霊舎に限らず、神棚、祖霊舎などのものは扉全体を取り外すことができる。扉の開閉で中に入れられない場合には扉ごと外して入れてしまえばいいんだけど、どうもそれを知らない人もいるようなので、動画でもわかるようにしておこう。取り外すとき「下から手前に引っ張って外す」。左右からガッツリ引っ張ると壊れることもある、ってことを書くと、そんなのは当たり前だ、と言われそうなんだけど、何から何 [続きを読む]
  • 箱宮ケース中号と箱宮ケース大号の大きさ比較
  • 尾州桧で作る上品シリーズの箱宮の外箱同じデザインのものだから単体で画像をみても大きさのイメージ比較ができないと思って、近くに置いてサイズの違いを実感してもらうという企画です。おまかせ工房の尾州桧バーションで作る箱宮ケースは使い方もいろいろですね。裏側に吊り下げ金具を付ければそのまま壁掛けにもできるので、そのときには「吊り金具希望」を選んでください、基本的にはこの箱宮の外箱は置くだけで使うスタイルと [続きを読む]
  • いい素材で作る神棚 弥栄シリーズ 屋根違い三社
  • 綺麗な神棚の印象が伝わると思います神棚の流通もいろいろあって、専門店向けの製品と量販店向けの製品などに分かられてるんだけど、今回は専門店向けの神棚のご紹介です。専門店というのは幅広く取り扱っていて、量販店というのは絞って取り扱う。ホームセンターなどは莫大な物量で展示していてなんでもあるように見えるかもしれないけど、ひとつのジャンルと考えると相当売れ筋を絞って陳列しているわけだ。日用生活品のようなも [続きを読む]
  • ござを切りたいときに使う専用品 上敷きの縁テープ
  • 大きかった長かった 問題解決 ヘリテープい草上敷きを小さくしたいときに使う修繕向けの縁(へり)、これがないと上敷きは切らないほうがいいと思う、いや、切っちゃダメ。幅を縮めるにしろ、長さを短くするにしろ、どちらでも問題なくできる。上敷きは織物なので経糸なども走っているんだけど、安易にカットすると使い物にならなくなってしまうから、補修用ヘリテープを必ず容易してから作業をすることだと思う。左右を切り落と [続きを読む]
  • 気になったら自分でしておく 鎮物(しずめもの)
  • 宗教じみたものではありません新築した人がいたから、鎮物を埋めた?と聞いたら、そんな宗教めいたものはやるわけないって言われたんだけど、鎮物って宗教っていうアレじゃないんだよな。まぁ、信じるだの信じないだのって話になれば二者択一なんだろうけど、そういう選択肢を作ってしまうと宗教になるのかな。なんというか、、、行き着くところはお好きにどうぞ、、、っていう着地点。一つは、古墳からも出てきたように大昔から [続きを読む]
  • シンプルなガラスケース入りの神棚三社
  • 巴紋と雲 陽と見ることもあるおまかせ工房の神棚というのは全般的にシンプルデザインのものが多くて、ゴテゴテしたものはないですね。こういうシンプルなものを紹介するとき特徴的な部分もない、そのため説明したくても付け加える言葉が見当たらないこともあって、シンプル所以の泣き所かもしれない。まぁそれは見た目の形状の話で、素材などの話をすれば良さがわかると思うけど、扉一枚をとってみても柾目の扉にしているわけで [続きを読む]
  • 道具の見立てはとても大事 本物志向のおみくじ箱
  • イベント企画に行き詰ったらおみくじ企画かな物事の取り組みを考えるとき仕組みを考えないとそれは単なる行為で終わってしまうんだけど、職業で企画立案をする人たちはそこら辺のことを深く考えるよね、経験もあるから成功事例を試してくる。ところが町のイベントなどになってくると、役員には本業があってその場限りのイベントの企画なんか考えちゃいらんないよ、、、ということがほとんどね。直接儲けにつながるようなことであれ [続きを読む]
  • 一つの世界を創り出せれば大成功 神棚の祭り例
  • 狭いながらも楽しい我が家祭りごとというのは仕方次第で楽しみになってくるところがあって、手を加えるってことはそういう意識が芽生えてくるんだよね、園芸、菜園なんかも自分でやるから楽しいわけだ。家の中で神棚を祭ってみてもそうそう広い場所はなかなか取れない。狭い、小さい。そんな空間でもそれなりにやってみるとちょっと楽しくなりますよ。夜目遠目笠の内とまでは言わないけど、朝見るのと夜見るのとでは雰囲気がちと [続きを読む]
  • 部屋の寸法で作る上敷き カット不要のぴったりサイズ
  • 変形間取りでも上敷きを綺麗に敷いてみよう泣けてくるほど歪な部屋があって、どうしてこんな間取りになっただ?と思いたくなる部屋が日本は無数にあるんだけど、家を建てる時に畳の数だけを伝えられたんだと思う。6枚あるから6畳とかね、日本家屋の間取りまで話をしなかったのかな。家具にしてもカーペットにしてもインテリア製品全般にある基準に基いて作られる。それが「間取り」なんだけど、その間取りが崩れつつあります。初 [続きを読む]
  • 汚したくないとき便利な神棚用ガラスケース
  • 壁掛けもできます 置くだけでもOKモノっていうのは味わいという部分をいかに出せるかが勝負どころのときがあって、特に日本人の場合にはこの味わいを求めることが目立つよね。新しいうちは新しいなりに、古くなれば古くなったなりに味わいがある。神棚にも同じことが言えるんだけど、まぁ、真っ黒けとかね、汚れて煤だらけとかね、こういう状態は味わいではなくて、管理が悪い、と言うんだろう。一緒に歳をとっていければいいん [続きを読む]
  • 揃えるにしても交換するにしても基本の神具セット
  • 只今 神具セットに限り木彫り雲「桧」の無料サービス期間中これは使っていてもいいんじゃないかなという神具に神鏡とセトモノセットがあって、よく交換することがある神具のひとつ。神具も壊れなければ永遠に使えるものなんだけど、節目のときにあえて取り替えて心機一転、気持ちを切り替えるわけだ。神鏡あたりはいろいろな種類があることを知ると、今回はコレ、次回はコレって具合に取り替えてみると面白いかもしれない、そんな [続きを読む]
  • そろそろ八足台を持っても良い頃だろう
  • 一段二段三段とある八足台・八脚案おまかせ工房で年間相当数の八足台を作っているからなんとなるわかることなんだけど、個人の人でも八足台を持つようになってきた。とはいうものの棚板などの方が圧倒的に多いはず、しかし八足台は確実に増えてきた感じを受ける。八足台の高さには決まりがないから注文する側も初めての場合には戸惑うかもしれないけどね、まぁ使いやすい高さで作ればいい。上から吊り下げて祭るのが棚板だとすれ [続きを読む]
  • 業務用ポリプロピレン上敷きのサイズオーダー時の仕様について
  • 縁が付くことが多く その縁は一種類のみポリプロピレン(PP)ござのサイズオーダーを作ることが頻繁にあって、【潮波】シリーズのみ対応できるんだけど、い草上敷きとは根本的にPP上敷きは作り方が違う。そのため仕様の変更ということが絡んできて、簡単に言うと「縁(ヘリ)を付ける」仕様になる場合がほとんど。【潮波】シリーズは本間サイズ・五八間サイズを作れて、サイズオーダーをする場合にはそのサイズからカットして寸法 [続きを読む]
  • 小さな神棚の使い方 御守入れに最適
  • 授与品で納められるものがたくさんある御守を納めている人が目立つかな、小型神殿の中でもひときわ小さい神棚に小宮、中宮があって、社の形をしていることもあってか祭るなら社に入れておかないとという場合によく使ってもらっている。御守も目的別にいろいろあって、願掛け大好きって場合には何個もじゃらじゃらとぶる下げていたりするよね、それも有り。今回は一願とでもいうのかな、一点集中型で御守を祭っておきたいときに使う [続きを読む]
  • 仮設、臨時の場所で祭られることが多い神棚セット
  • 現場と言われるところではお馴染みの組み合わせ建設現場、建築現場には仮設のプレハブ小屋を作ったりして、休憩所、事務所かわりにつかうことがある。そういう場所にはとかく神棚を設置することが多くて、事の始まりに祈祷をしてから作業に取り掛かることもあれば、従業員を引き連れて神社で安全祈願をしてから事を始めるわけだ。そういう場所で使うときは臨時であることが多いから神棚セットを使うことが多い。価格的なこともあ [続きを読む]
  • カットできる上敷き 縦に横に斜めに切れる
  • くり抜きだってできる 囲炉裏や堀こたつに最適い草上敷きっていうのはどの程度の品質で作るのかが決め手になって、さらに国産もあれば外国産もあるよね、まぁ、外国産はとても安いです。おまかせ工房ではそういう激安品は扱わない販売しないというスタイルで今まで運営しているから、値段はそこそこするんだけど日本製の方がいいだろうということです。っで、さらに織りたて作りたての方が香りも豊かだからそうしている、そのため [続きを読む]
  • 店舗に飾る人もいる 破魔矢の魅力に迫りたい
  • さり気なく飾るのが印象に残るってもんだ陳列の仕方って慣れているとワンパーンになって、慣れていないとピントがズレてしまう配置になって、実はレイアウトは難しい、経験が必要になる仕事。新しい事を取り入れつつ古い事を捨てていく作業は自問自答してたくなる。モノを置きながら仕掛けを作るわけだけど、そこには頭の中にゲストが浮かんでこないと全く見当ハズレの配置になってしまう。飲食店なら机の配置ひとつとっても、や [続きを読む]
  • 至れり尽くせりの箱宮神棚三社 オリジナル品
  • 特製箱宮神殿の原型・原器 出発点です物作りをしている人たちだと共感してくれるはず、コスト度外視でやってみるか、と思う瞬間ってあるかと思う。何かの作業現場でも無理無茶だけどやってみるかと意気込む瞬間ね。神棚製作でもコストという話は必ずあって、でもコストに見合ったものを作る前に、こういうものが良いよね、というモノを作ることがある、欲しいものというのかな。その代わり、それを販売するとなるといささか高くな [続きを読む]
  • 座らないと靴を脱げない履けないときとても便利なマット
  • 滑りづらい玄関マットに最適 痛くない靴を履くのに座ると聞くと、一体何のことだ?となると思うけど、座らないと履けない脱げないという人たちがいるんだ。ただいまぁ〜 と勢い良く玄関に突入して、靴など散らかしながら入ってくる元気な子供もいれば、どっこいしょとゆっくり入ってくる高齢者もいる。っで、これはそういうゆっくりじゃないと無理だという場合だね。玄関マットって一般的に滑りやすくて、どっこいしょの時に力が [続きを読む]