つれづれなるままに・・・日々の想い さん プロフィール

  •  
つれづれなるままに・・・日々の想いさん: つれづれなるままに・・・日々の想い
ハンドル名つれづれなるままに・・・日々の想い さん
ブログタイトルつれづれなるままに・・・日々の想い
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/soul_mind
サイト紹介文よるの雨の音は さびしい胸にともしびのように    ともる  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/11/23 03:24

つれづれなるままに・・・日々の想い さんのブログ記事

  • milton nascimento / clube da equina 2
  •            今日聴いたジャズ・・・      MILTON NASCIMENTO / CLUBE DA EQUINA 2      ブラジル・ミナス・ジェライスを象徴する世紀のアーティスト、ミルトン・ナシメントのリーダー作。2枚組。      『クルヴィ・ダ・エスキーナ2』・・本作は、故郷ミナスへのオマージュとなっている。      黄金のEMI期のラストアルバム。2枚のCDで、ナシメントの魅力を存分に堪能できる貴重な作 [続きを読む]
  • miles davis in concert
  •            今日聴いたジャズ・・・      MILES DEVIS IN CONCERT / MY FUNNY VALENTINE      本作は、マイルス・デイヴィスの1964年2月に行われたライブ・コンサート。2管クインテット作品。      全5曲、それぞれが長尺のトラックになっており、錚々たるメンバーで綴る聴きごたえ十分の一枚。      マイルス・デイヴィスの作品は日常的に聴いているけれど、本盤はその中でも比 [続きを読む]
  • the bill evans trio&stan getz
  •           今日聴いたジャズ・・・      THE BILL EVANS TRIO FEATURING STAN GETZ / BUT BEAUTIRUL      1974年に、ビル・エヴァンス トリオとスタン・ゲッツが行ったライブ録音。      ジャケットのエヴァンスもゲッツも元気で、やさしさとエネルギーを放っているのが嬉しい。おそらく本盤は一家に一枚あるのでは?      久しぶりに聴いてみて、とりわけ”EMILY”、”THE PEAC [続きを読む]
  • europian jazz trio / fantasista
  •              今日聴いたジャズ・・・        EUROPIAN JAZZ TRIO / FANTASISTA     オランダ出身の三人、マーク・ヴァン・ローン(p)、フランス・ホーヴァン(b)、ロイ・ダッカス(ds)からなる、     ヨーロピアン・ジャズ・トリオ通算4枚目のポップスカバー集。     初代ピアニスト、カレル・ボエリーからマーク・ヴァン・ローンに替わっても品性を保ちつづける、E・J・Tの作品。  [続きを読む]
  • steve kahn(g)
  •              今日聴いたジャズ・・・        STEVE KAHN / HEADLINE     フランク・シナトラに作品を提供した作詞家、サミー・カーンを父に持つことでも知られる、     ニューヨーク・フュージョンのトップギタリスト、スティーヴ・カーンのリーダー作。     全9曲、ラリー・ヤング、、オーネット・コールマン、、クレア・フィッシャー、、ウェイン・ショーター、、     セロニアス [続きを読む]
  • eliane elias(p、vo)
  •               今日聴いたジャズ・・・        ELIANE ELIAS / SOMETHING FOR YOU        (eliane elias sings&plays bill evans)      ピアニスト兼ヴォーカリスト、イリアーヌ・イリアスのリーダー作。      ビル・エヴァンスの曲、愛奏曲をピアノとヴォーカルで綴ったアルバム。      全17曲、しっとりとした歌とピアノ、また、マーク・ジョンソン(b)、ジョー [続きを読む]
  • judy roberts/ in the moments
  •            今日聴いたジャズ・・・     JUDY ROBERTS / IN THE MOMENTS     シカゴ出身のヴォーカリスト兼ピアニスト、ジュディ・ロバーツのリーダー作。     グレッグ・フィッシュマンを起用した、ワンホーン・カルテット作品。     全10曲、チャールス・ロイド(ts)の曲から始まり、ジョニー・グリフィン(ts)、A・C・ジョビン、メンバーのオリジナルなど     幅広い選曲で愉しめ [続きを読む]
  • romero lubanbo(g)
  •               今日聴いたジャズ・・・        ROMERO LUBAMBO / SOFTLY     世界中のボサ・ノヴァ セッションで引っ張りだこの実力派ブラジル人ギタリスト、ホメロ・ルバンボのリーダー作。     全14曲、中には馴染み深い曲もあって、タイトルどうりソフトで穏やか。     静かな宵に聴くのもいいし、BGMとして聴くのもまたいい。     お気に入りのソロギター作品。。。   1 [続きを読む]
  • pauline croze(vo、g)
  •          今日聴いたジャズ・・・       PAULINE CLOZE / BOSSA NOVA      フレンチポップス界で活動するシンガーソングライター、ポーリーヌ・クローズのボサノヴァ、クラシックカバー作品集。      クリスタルの哀愁ヴォイスといわれるように不思議な魅力をかもしだしている。  1、LA RUA MADUREIRA  2、TU VERRAS  3、LES FAUX DE MARS  4、ESSA MOCA TA DIFERENTE  5 [続きを読む]
  • art farmer (flh)
  •             今日聴いたジャズ・・・       ART FARMER QUINTET / MANHATTAN      アート・ファーマー率いるクインテット編成。1981年に録音されたアルバム。      錚々たるミュージシャンが参加し、各々のプレイが光る聴きごたえ十分の好盤。  1、CONTEXT  2、BLUE WAIL  3、MANHATTAN  4、PASSPORT  5、ARRAIVAL  6、BACK DOOR BEAUTY      ART FARMER(flh [続きを読む]
  • george robert/ wingspan
  •               今日聴いたジャズ・・・       GEORGE ROBERT / WINGSPAN      惜しくも亡くなってしまったジョルジュ・ロベール(as、ss、cla)の2005年に録音された作品。      全編、彼のオリジナルによるもので、家族に捧げられたアルバム。      全11曲、穏やかで優しい曲調が多く、のびやかに歌うロベールのアルトは心に染み入る。      また、ティエリー・ラング(p [続きを読む]
  • brazilian trio/ forests
  •               今日聴いたジャズ・・・      BRAZILIAN TRIO / FORESTS    ブラジリアン・トリオは、ニューヨークのジャズシーンで中心的に活躍するブラジル人ミュージシャンによるピアノトリオであり、    リード・ピアニストとして知られる名手、エリオ・アルヴェス、、ベーシストの実力者、ニルソン・マッタ、、華麗なドラミングと    高いアレンジワークで評価されている、ドゥドゥカ・ダ [続きを読む]
  • nicki parrott(vo・b)
  •                今日聴いたジャズ・・・       NICKI PARROTT / UNFORGETTABLE      歌うベーシスト、ニッキ・パロットのリーダー作。ナット・キング・コールの愛唱曲を歌った作品。     ドラムレスのピアノ、ギター、ベースに加えてリサ・パロットのバリトン・サックス、バスクラリネットを曲によっては     フューチャーしていて、ナット・キング・コールのなつかしい歌唱、雰囲気をす [続きを読む]
  • 藤田ゆかり(p)
  •           今日聴いたジャズ・・・        藤田ゆかり/ LOVELY EYES      演奏、企画、作曲、教育とあらゆる分野で活動を続けている、静岡県掛川市在住の女性ピアニスト、      藤田ゆかりのリーダー作。      全10曲、しっとりとした潤いに富み、濃やかな愁いを含んだバラードもあれば、ハートフルでやさしく、      ハンク・ジョーンズやトミー・フラナガンにも通じるかなり渋め [続きを読む]
  • ralph towner/ open letter
  •              今日聴いたジャズ・・・         RALPH TOWNER / OPEN LETTER     1940年生まれ、高い音楽性を維持しつつ40年もの間活動を続けたバンド、OREGONの主要メンバーであると共に、     多くのソロアルバムをリリースしているギタリスト、ラルフ・タウナーの1991、1992年に録音された作品(ECM)     シンセサイザーとの多重録音で、ピーター・アースキンとのデュ [続きを読む]
  • nancy lamott / my foolish heart
  •             今日聴いたジャズ・・・        NANCY LAMOTT / MY FOOLISH HEART     1951年12月生まれのヴォーカリスト、ナンシー・ラモットのリーダー作。     キャバレー・シーンにおいては夭折した天才として、今なお語り継がれる伝統的なシンガー。     彼女の作品の中でも一大傑作の一枚として知られる。     過去に聴いたアルバムは『LISTEN TO MY HEART』のみで、本 [続きを読む]
  • ふたりのボサノヴァ〜ビートルズ・ノヴァ
  •                今日聴いたジャズ・・・        ふたりのボサノヴァ〜ビートルズ・ノヴァ       ポーランドの歌姫、グラジーナ・アウグスチフとブラジルのギタリスト、ポリーニョ・ガルシアが       綴るビートルズのボサノヴァ・カヴァー作品。       ポリーニョ・ガルシアは先日書いた、キャロル・ウエルスマンの”LOVE SONG 20”にも参加しており、       味わいのある [続きを読む]
  • francesco cafiso&dino rubino
  •             今日聴いたジャズ・・・       FRANCESCO CAFISO & DINO RUBINO/ TRAVEL DIALOGUES      イタリアの若きアルトサックス奏者、フランチェスコ・カフィーソと同じくイタリアのトランペット奏者、      ディノ・ルビノが綴るデュオ作品。      ルビノはここではピアノを中心に弾いている。全面的にカフィーソのアルトが際立っているので、数曲でもルビノの      トラン [続きを読む]
  • jacintha
  •              今日聴いたジャズ・・・     JACINTHA GOES TO HOLLYWOOD     フィリッピンを拠点に活動するヴォーカリスト、ジャシンタのリーダー作。     これまで聴いてきた作品とは趣が違い、選曲の為もあり、ポピュラー志向よりのアルバムに仕上がっている。     しかしながら、どの曲を歌ってもジャジーでジャシンタの世界が繰りひろげられているところが凄い。     また、すべての [続きを読む]
  • monica borrfors
  •                今日聴いたジャズ・・・        MONICA BORRFORS / HELLO YOUNG LOVERS!        スウェーデンを代表するヴォーカリスト、モニカ・ボーフォースのリーダー作。        しっとりした、落ち着きのある大人のスタンダード集。        随所にトランペットやテナーも参加、、ヴォーカル作品の好盤。。。  1、IT’S EASY TO REMEMBER  2、THE NIGHT HAS [続きを読む]
  • steve kuhn trio
  •               暑中お見舞い申し上げます            体調にお気をつけてご自愛のほどお過ごしくださいませ            今日聴いたジャズ・・・       STEVE KUHN TRIO/ AT THIS TIME・・・      ピアニスト、スティーヴ・キューンのリーダー作。ステーヴ・スワロウ(b)、ジョーイ・バロン(ds)を起用したトリオ編成。      ECM盤とはまた違った雰囲気があり、キ [続きを読む]
  • stacy kent〜collection〜
  •            今日聴いたジャズ・・・       ステイシー・ケント〜コレクション〜     ヴォーカリスト、ステイシー・ケントのベスト盤ともいわれる作品で彼女自身の選曲によるスタンダードコレクション。  1、COMES LOVE  2、THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME  3、THEY ALL LAUGHED  4、ALL TOO SOON  5、I’M JUST A LUCKY SO AND SO  6、EAST OF THE SUN  7、 [続きを読む]
  • paolo fresu/ kind of porgy&bess
  •            今日聴いたジャズ・・・        PAOLO FRESU / KIND OF PORGY&BESS       イタリアを代表するトランペット&フリューゲルホーン奏者、パオロ・フレスのリーダー作。       マイルスとはまた違ったヨーロッパ的な感覚を施しつつも、時代を超えてマイルスの影響を強く感じる作品。     1、THE BUZZARD SONG     2、FISHERMAN、STRAWBERRY AND DEVIL CRAB    [続きを読む]
  • katrine madsen
  •              今日聴いたジャズ・・・      KATRINE MADSEN/ CLOSE TO YOU      デンマークの歌姫、カトリーヌ・マッドセンのリーダー作。      バートバラック、レノン、マッカートニー、ミシェル・ルグランたちの名曲の中に、自己のオリジナル、2、11も収録。。      これまで聴いてきたバカラックをはじめとして、気だるく妖艶、、一味違った雰囲気のヴォーカルが聴ける。     [続きを読む]
  • art farmer with the quincy jones orchestra
  •        今日聴いたジャズ・・・     ART FARMER with the QUINCY JONES orchestra/ LAST NIGHT WHEN WE WERE YOUNG     アート・ファーマーとクインシー・ジョーンズ・オーケストラが50年代に録音した作品。     クインシー・ジョーンズのオリジナル2曲(10、12)を挟んでスタンダードの名曲で綴られている。     随所でピアノ、ギター、ベース、ドラムスがオーケストラと相まって [続きを読む]