新宿会計士 さん プロフィール

  •  
新宿会計士さん: 新宿会計士の「サテライト・ブログ」
ハンドル名新宿会計士 さん
ブログタイトル新宿会計士の「サテライト・ブログ」
ブログURLhttp://ameblo.jp/shinjukuacc/
サイト紹介文新宿会計士が独断と偏見に基づき、金融・経済・政治に関するマニアックな情報を提供するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供469回 / 365日(平均9.0回/週) - 参加 2014/11/23 21:24

新宿会計士 さんのブログ記事

  • 明らかに潮目が変わったG20〜金融ブログ 2017/03/21(火)号〜
  • <2017年03月21日> 週末にドイツの温泉街で行われた「G20財相会合」は、明らかな「潮目の変化」が感じられました。というのも、行き過ぎたグローバリズム是正という流れに加え、日本の存在感がかつてなく高まっているからです。グローバリズムが是正された場合に困る国とは、具体的にはドイツ、中国、韓国であり、その一方で米国と日本が再び世界で主導権を取ろうとしている、という構図が明らかになりつ [続きを読む]
  • 減税こそ日本に必要〜金融ブログ 2017/03/19(日)号〜
  • <2017年03月19日> 資金循環統計によると、日本の家計金融資産残高はついに1800兆円の大台に乗せました。ただし、冷静に眺めてみると、全ては一つの問題点に行きつきます。それは、「日本の家計が生活防衛をやめないこと」、です。そこで、本日はまず、家計金融資産の問題について、客観的な数値を確認するとともに、私の持論の一つである「消費税法廃止」についても議論してみたいと思います。…続きを読む> [続きを読む]
  • FRBの利上げと国際政治〜金融ブログ 2017/03/17(金)号〜
  • <2017年03月17日> 米国には「株高・ドル高・債券安」が待っている―。これが私の予想です。もちろん、これから円高になるのか円安になるのか、はたまた金利は上がるのか、下がるのか…、等々、将来の相場のことはわかりませんが、しかし、「理論」からある程度、予想することならできます。昨日のFRBによる利上げは世界経済にどのような影響を与えるのか、考察してみましょう。…続きを読む>> [続きを読む]
  • 国の滅亡と国家のデフォルト〜金融ブログ 2017/03/16(木)号〜
  • <2017年03月16日> 最近は「時事ネタ」が続いてしまっています。昨今もいろいろと興味深いニュースなどが次々と出てきていて、それはそれで気になるところなのですが、ただ、本日は普段とやや趣向を変えて、もう少し「深い話」を議論していきたいと思います。それは、「国の債務不履行」(デフォルト)について、です。新聞などを読んでいて、経済や金融、通貨について、よく分からなくなることがありますが [続きを読む]
  • 『ニュース女子』問題〜政治ブログ 2017/03/15(水)号〜
  • <2017年03月15日> 極左活動家らから「事実と異なる内容を放送した」と批判されている『ニュース女子』は、この検証番組を制作し、インターネット限定で公表しています。本日はこの『ニュース女子』問題について振り返るとともに、「自分自身で視聴し、自分自身で判断することの重要さ」について考えてみたいと思います。…続きを読む>> [続きを読む]
  • 自壊する韓国への対応〜政治ブログ 2017/03/12(日)号〜
  • <2017年03月12日> 連日の「韓国ネタ」ですが、金曜日の朴槿恵(ぼく・きんけい)韓国大統領の罷免を巡って、本日も、どうしても取り上げておきたい「周辺論点」が発生しています。そこで、本日は前半で『朴大統領罷免の衝撃波』、後半で『改めて振り返る6類型』と題し、自滅に向かって突っ走る韓国に対し、日本がどう対処すべきかについて、まとめておきたいと思います。…続きを読む>> [続きを読む]
  • 6%と20%―日韓経済比較〜経済ブログ 2017/03/05(日)号〜
  • <2017年03月05日> 「日本は6%、韓国は20%」―。これは、日本と韓国の根源的な違いを示す数字です。本日は、日韓経済の類似点とともに、根本的な違いを議論するとともに、韓国が少なくとも「経済破綻」と「社会崩壊」のいずれかを避けることができない(場合によっては両方とも避けられない)、という点を議論してみたいと思います。…続きを読む>> [続きを読む]
  • 自由競争に晒されるテレビ局〜経済ブログ 2017/03/03(金)号〜
  • <2017年03月03日> 本日のテーマは、「BPOと放送の公正化」です。BPOとは、放送業界が自分たちで作る規制団体のようなものですが、事実上、BPOは自主規制団体として、全く機能していません。ただ、私は別に、BPOが存在していてもいなくてもどうでも良いと考えています。なぜなら、既に現在の日本では、インターネットの普及により、情報発信の世界においても自由競争が始まっているからです。か [続きを読む]