エバーグリーン 行雲流水 さん プロフィール

  •  
エバーグリーン    行雲流水  さん: エバーグリーン    行雲流水
ハンドル名エバーグリーン 行雲流水 さん
ブログタイトルエバーグリーン 行雲流水
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/evergreen002
サイト紹介文酒と映画と本を愛するアラカン男のつぶやき ツイッターが何!!! つぶやきでは物足りない 大きく叫び
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/11/25 02:01

エバーグリーン 行雲流水 さんのブログ記事

  • SPレコードコンサート
  • 今日は田舎で町道の草刈りに汗を流した後 車を飛ばして岡山へ 2時からのコンサートにギリギリ間に合った 今月のSPレコードコンサートは家庭音楽名盤集と銘打って アーサーフィドラー指揮のボストンポップスオーケストラ の名演を中心に クラッシックの中でも比較的ポピラーな音楽を聴いた [続きを読む]
  • 菅家七流の慰霊碑
  • 先ごろB'zの稲葉浩志が出身地である 津山で凱旋公演して地域の話題をさらった この津山の地に 天皇の住まいである 御所があった事を知る人は少ないだろう 後醍醐天皇が隠岐の島に流されたことや 児島高徳の院庄作楽神社での逸話等々は 戦前小学校唱歌になるなど有名な話なのに 後南朝植月御所がこの地に存在した事は 正史から抹殺されて来たからだ それは徳川幕府が北朝を擁護したせいだ その煽りを食ったのが 後南朝を護ろうとし [続きを読む]
  • ドックバー?
  • しばらく体調を壊して入院していたという店主から 9周年の挨拶のハガキが来た それで営業を再開している事を知って 様子を見に呑みに出かけた 体調もすっかり良くなって 元気な姿を見せてくれて ひとまず安心した 当人よりも元気だったのは マスコットの犬(おいら犬の名を覚える習慣はない) 3年近く前から店主の愛する小型犬だ 店の玄関に柵をしてるのだが跳び越す勢いで 駆け寄ってきた 一年くらいあっていないのに覚えていてくれ [続きを読む]
  • あきない世傳 金と銀 四 貫流篇
  • 酷暑に読書は涼しく田舎に帰ってと思って 本屋で何冊か見繕って来た田舎まで待てずに読み始めたのは「あきない世傳 金と銀」 高田郁のあきない世傳も巻を重ねて四巻目となった おなごの身で大阪商人の道を進む「幸」に 幸多かれと祈らずにはいられない それにしても このドラマに登場する男達の なんと手前勝手で頼りない事か・・・ 我を想わざるをえないね おいらもそんな甲斐性無しのひとりなので ついつい同情してしまう [続きを読む]
  • ハミ に注意!
  • 最近 ヒアリ 日本侵入が話題になっている いわゆる毒虫がコンテナに潜んで日本にやってきて 怖い恐ろしいと騒いでいるが 日本にいにしえより生息するマムシ程の恐ろしさがあるだろうか? 当地岡山ではマムシの事を「ハミ」とよんでいる「喰む」から転じたのかな 今年は梅雨が明けたというのにジメジメと湿度の高い日が続く そのせいかどうかマムシがいつもの年より多いようだ つい先日も近所の人がマムシに噛まれて入院した小指の [続きを読む]
  • バーリバーサイド
  • 元広告代理店(サンアド)に勤務していた 吉村喜彦の 「バー リバーサイド」ハルキ文庫を読んでいると サンアドが1970年代全国紙で展開していた 広告 シリーズ 「酒の寓話」を思い出す 執筆陣は和田誠 池田満寿夫 吉行淳之介 ドナルド・キーン等々 豪華な顔ぶれだ この広告を昭和53年単行本化したものを おいら縁あって手に入れた この広告スタッフは品田正平 奥村裕之 桑原圭男ら三氏だったが 吉村喜彦氏も参加していたのかもしれな [続きを読む]
  • 松本清張『黒革の手帖
  • 松本清張の黒革の手帖が またまたTVドラマ化されて蘇った 今回はGYAOで配信されているのを ミラーリングして観ている 今度のヒロインは武井咲 今までのヒロイン以上に美しいが怖さはまだ隠しているようだ 山本陽子に始まり近年では米倉涼子が 美しく凄みのある銀行員を演じた 何度見ても面白いが 何時もながら 女性の怖さと美女に弱い男の愚かさに 呆れてしまう 古今東西を問わず男というものは 美しい女性に弱いのだ おいらも同様 [続きを読む]
  • 光の帝国 常野物語
  • 右肩に痺れるような寒さを感じて目覚めた ほぼ裸なうえにクーラーを付けっぱなしで寝ていたのだ 風邪をひくぞと迂闊な自分をなじった 時計を見ると午前2時を回ったところだった部屋は冷え冷えと心地よい さて本でも読むかと取り出したのは 先年「蜜蜂と遠雷」で直木賞と本屋大賞を受賞した恩田陸作の連作短編集である この光の帝国 常野物語はそれよりもずっと前の2000年に出された サブタイトルからも連想されるのだがその一篇一 [続きを読む]
  • v-biskでジャズを
  • 毎月恒例のSPレコードコンサート 今回の案内葉書にV-diskでジャズを と書いてある V-diskってなんだ 懐かし恥ずかしのビニ本をDVDに落とした物では無い ビニール円盤のSPレコードの事 1940年代戦地を転戦する米兵向けに作られた 過酷な戦場で割れないレコードなのだ すなわち vとはビニールでは無くvictoryの略である 今回のSPレコードコンサートは 7月16日(日)午後2時から 岡山市弓の町の富坂幸子司法書士ビル2階 で開催されるい [続きを読む]
  • グロッキー
  • 梅雨空のもと明日が最終日と聞き 倉敷春の院展に出かけた 今年はギャラリートークも聞く事ができた その後 呑みに行くには ちと早すぎると 隣の図書館で時間を潰すことにしたのだが ふと外を見ると あっ 雨が 降ってる 傘を忘れたおいら 慌てて図書館を飛び出した コンビニで傘を買う しかし まだ ちと 早すぎる 行きつけの店に電話するとまだ開店してないとのつれない返事 せっかく買った400円のビニール傘も 不要なパラパラとし [続きを読む]
  • モーレツからビューテフルへ
  • おいらが就職したのは 大阪のK印刷関西営業所で 最初に配属されたのは 写真植字部 オペレーター50人の内 男は部長を含め3人 後は皆うら若い乙女達で 若いおいらは部室の乙女臭に圧倒された その後 TOPPAN印刷関西事業部に出向させられ 乙女臭から残念ながら解放された TOPPANではアイデアセンターの版下作り 今問題になっているサービス残業の比ではない 徹夜徹夜の猛烈劣悪な日々が続いた そして その地獄のTOPPANから やっと解放 [続きを読む]
  • 雨あがりの印刷所
  • 大昔 そう今から40年以上前に 東京の大手出版印刷会社に勤めていたことがある 今のおいらの原点と言えるかも というわけで 印刷に関してはちとうるさい アマゾンでたまたま見つけた夏川鳴海の「雨あがり印刷所」 が気になって注文したのだが・・・ それがどういうわけか 送られて来た小包に 同じ本が2冊入っていた どうやらやっちまったらしい・・・ 以前にも した本を削除し忘れて 他の本を注文する時 ダブって買ってしま [続きを読む]
  • DVD-RAM
  • 5年くらい前にパナソニックのDVDレコーダーが壊れた その少し前に地上波デジタルに対応した ブルーレイレコーダーを買っていたので 別に支障はなかったのだが 今回のレコーダーはシャープだったので DVD-RAMには対応していない せっかく撮りためていたDVDを 観ることができなくなって 半ば諦めていたのだが 録画していたクリントイーストウッドが製作した 「ピアノ・ブルース」を諦めきれなくて そう・・・劇場公開されていないし [続きを読む]
  • 情熱のナポリタン
  • 先日2ヶ月ぶりに馴染みのBARによった歳とともに店に寄ることが少なくなっている が 家でワインを一本空けて勢いがついてしまって 夜中10時を過ぎてから出かけてしまった いい歳をしてなんか恥ずかしいが こればっかりは辞められない カウンターで呑んでいると こちらは見覚えのないお客さんから 親しく声を掛けられる 以前酔った勢いで話をした事があるらしい 続いて入店して来た若者にも 久しぶりですと声を掛けられた(女の子なら [続きを読む]
  • カイガラムシ
  • 実家は農家なので農作業に度々帰っているが 稲作中心で野菜などにつく病害虫についての 知識はほとんど無い しかし カイガラムシについては何度か聴き 名前だけは知っていた 今日思いがけない場所でカイガラムシの話を 耳にした 今日 倉敷天満屋で開催中の音楽市場に行って レコードを買った 同時開催の高級オーデオ視聴コーナーで シュヴァルツオーデオの店長と話している時に SPレコードの話に飛びSP レコード素材に使われてい [続きを読む]
  • 高校生直木賞
  • 今日書評を見て気になった森沢明夫の「あおぞらビール」を すぐに読みたくて近所の書店に走った が数軒回っても在庫切れという 事で仕方なくいつものAmazonに注文した その途中宮脇書店で見つけた 木下昌輝「宇喜多の捨て嫁」を買って来た この本5冠達成とある 高校生直木賞 オール讀物新人賞 舟橋聖一賞 咲くやこの花賞 歴史時代作家クラブ賞を獲得したらしい で 高校生直木賞???とは何??? 高校生作家の作品か?と勘違 [続きを読む]
  • ジャボンの味
  • 先日長女が博多に独りで呑みに行ったと云う さすがおいらの娘だ 蛙の子は蛙 まっ仕方ない血は争えないのだ そんな訳でお土産を沢山買って来てくれた その土産がごちゃごちゃカウンターに放りぱなし それもおいらの遺伝 何気に手に取ったお菓子の袋を開けて 一口???もう一口 咀嚼して違和感 げーー!流しに走って吐き出した 固形石鹸をお菓子と勘違いしてしまった 慌てて口をゆすぎ歯ブラシを使ったけど 後の祭りだった その夜 [続きを読む]
  • 観音寺市銭形公園
  • 岡山香川JR周遊フリーきっぷで電車旅をする事にした お天気は最高 瀬戸大橋線からの眺めも最高だ マリンライナーでまず高松に行った後香川の西の端観音寺琴弾公園の銭形を観に行った ここでロト6ダブル当たりが出たことを知っていたので タクシー運転士に聴くと その宝くじ売り場をおしえてくれたのだが家人の許可が出ずスルーしてしまった残念 [続きを読む]
  • 高梁蔦屋図書館
  • 田植え後一週間経ったので 初期除草剤を散布した 早めに済ませたので 気になっていた高梁蔦屋図書館へ 高梁駅と並んでとても便利な所にある 駐車場も2時間無料で有難い 目当ての「綱島梁川全集」にも目を通すことが出来た これからはこのコースも有りだ 蔦屋でついつい買ってしまったのは 柴崎友香の芥川賞受賞作「春の庭」 少し季節を逸したかな? [続きを読む]