新潟の野鳥・フィールドノート さん プロフィール

  •  
新潟の野鳥・フィールドノートさん: 新潟の野鳥・フィールドノート
ハンドル名新潟の野鳥・フィールドノート さん
ブログタイトル新潟の野鳥・フィールドノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/koumisuzume
サイト紹介文新潟で観察した野鳥を写真で紹介.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/11/25 09:28

新潟の野鳥・フィールドノート さんのブログ記事

  • チュウサギ 田圃に群れる
  • チュウサギ 学名・Egretta intermedia 英名・Intermediate Egret 秋の連休を前にした15日,田圃では稲刈りが進んでいました. チュウサギ10数羽の群れが,刈り取られた田圃でカエルを追いかけていました. 米所,新潟に新米の季節がやってきました.チュウサギ撮影日時 2017.09.15 撮影場所 新潟県新潟市チュウサギ撮影日時 2017.09.15 撮影場所 新潟県新潟市チュウサギ撮影日時 2017.09.15 撮影場所 新潟県新潟 [続きを読む]
  • クマタカ 飛翔
  • クマタカ 学名・Nisaetus nipalensis 英名・Mountain Hawk Eagle タカの渡りを待つ僕の目の前を,1羽のクマタカが悠然と飛び過ぎました.クマタカ 成鳥撮影日時 2017.09.16 撮影場所 新潟県クマタカ 成鳥撮影日時 2017.09.16 撮影場所 新潟県 [続きを読む]
  • コゲラ
  • コゲラ 学名・Dendrocopos kizuki 英名・Japanese Pigmy Woodpecker 「コツ・コツ・コツ」と木をたたく音が聞こえました. 顔を出したのは,コゲラでした. 日本で一番小さなキツツキです. このコゲラ,今では街中でも,どこでも見られます. でも,今から数十年前(1970年代),都会に進出してきた野鳥として話題になったことを知る人は少ないでしょうね.コゲラ撮影日時 2017.09.14 撮影場所 新潟県新潟市コゲラ [続きを読む]
  • アカメガシワとエゾビタキ
  • エゾビタキ 学名・Muscicapa griseisticta 英名・Grey-Streaked Flycatcher 公園のアカメガシワの実が熟しました. その実を求めて,エゾビタキがやってきました. エゾビタキのクリクリした目と,アカメガシワの種子が,秋の光を受けて輝いていました.エゾビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟市エゾビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟市エゾビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟 [続きを読む]
  • アカメガシワとコサメビタキ
  • コサメビタキ 学名・Muscicapa dauurica 英名・Asian Brown Flycatcher アカメガシワの果実が熟し,黒紫色の輝く種子が裸出してきました. その種子を求めて,コサメビタキがやってきました. ソッと,ソーッと,覗いてみました.コサメビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟市コサメビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟市コサメビタキ撮影日時 2017.09.13 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • エゾビタキ
  • エゾビタキ 学名・Muscicapa griseisticta 英名・Grey-Streaked Flycatcher 公園にエゾビタキがやってきました. この公園には,毎年,9月10日頃に姿を現します. 枝にとまっていても,片時も動きを止めません. 頭は,上下左右,よく動きます. 大きな目で,飛ぶ昆虫を探し続けます. 空中に飛び出し,枝に戻ってきても嘴が獲物を捕らえていることは稀です. それでも,エゾビタキは,挑戦を続けます. エゾビタキ撮 [続きを読む]
  • キリアイ 幼鳥-2
  • キリアイ 学名・Limicola falcinellus 英名・Broad-billed Sandpiper 小さな漁港にいたキリアイの続きです. 画像は,全て同一個体なのですが,光の当たり具合によって羽色が微妙に違います.キリアイ 幼鳥撮影日時 2017.09.09 撮影場所 新潟県新潟市キリアイ 幼鳥撮影日時 2017.09.09 撮影場所 新潟県新潟市キリアイ 幼鳥撮影日時 2017.09.09 撮影場所 新潟県新潟市キリアイ 幼鳥撮影日時 2017.09.09 撮影場所 [続きを読む]
  • エゾビタキ 今秋(2017)の初認
  • エゾビタキ 学名・Muscicapa griseisticta 英名・Grey-Streaked Flycatcher 海岸松林でエゾビタキを観察しました.今秋(2017)の初認です. サメビタキ属のエゾビタキ,サメビタキ,コサメビタキは,互いによく似ており,ヒタキ三兄弟と称されます. エゾビタキは,活動的な次男坊,サメビタキは,落ち着いたお兄さん,コサメビタキは,可愛いやんちゃな末っ子の印象です. これは僕の個人的なもので,大きさ,羽色,行動な [続きを読む]
  • キリアイ 幼鳥
  • キリアイ 学名・Limicola falcinellus 英名・Broad-billed Sandpiper 小さな漁港の波打ち際に,1羽の小さなシギがいました. キリアイの幼鳥でした.第1回冬羽に換羽がはじまっているようです. 徐々に近寄ってきます. 幅の広い嘴.先端がチョコッと下に曲がっています. 目が合ったその瞬間,小首をかしげました. 可愛い!!キリアイ 幼鳥撮影日時 2017.09.09 撮影場所 新潟県新潟市キリアイ 幼鳥撮影日時 2017 [続きを読む]
  • コサメビタキ 今秋(2017)の初認
  • コサメビタキ 学名・Muscicapa dauurica 英名・Asian Brown Flycatcher 公園にコサメビタキがやってきました.今秋(2017)の初認です. 枝から枝へと飛び回り,時々,「パチッ」と嘴を鳴らします. これから,エゾビタキ,サメビタキと続くでしょう. 心が躍ります.期待で胸がドキドキします.コサメビタキ撮影日時 2017.09.05 撮影場所 新潟県新潟市コサメビタキ撮影日時 2017.09.05 撮影場所 新潟県新潟市コサメビ [続きを読む]
  • 佐潟で探鳥 2017.09.04
  •  久しぶりの佐潟(新潟市西区)でした.   出迎えてくれたのは,ヨシゴイでしたが,すぐにヨシの中に姿を消してしまいました. 優しいコゲラが少しだけ遊んでくれました. 秋の渡り鳥たちが姿を見せるのは,もう少し後のようです.ヨシゴイ撮影日時 2017.09.04 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟コゲラ撮影日時 2017.09.04 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟コゲラ撮影日時 2017.09.04 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟観察できた [続きを読む]
  • トビ 海辺で休息
  • トビ 学名・Milvus migrans 英名・Black Kite 海辺の流木で,トビがマッタリと休息していました. 空をユックリと旋回している姿を見ると,なんだか長閑な気分になります. しかし,そのトビも俊敏な動きを見せるときがあります. 随分と以前のことになるのですが,海上のあちこちでブリの稚魚・フクラギが飛び跳ねていました. フクラギが空中に躍り上がった瞬間,トビの足の鋭い爪に掴まれていたのです. 海を眺めている [続きを読む]
  • ミユビシギ もう冬羽に
  • ミユビシギ 学名・Calidris alba 英名・Sanderling ミユビシギの冬羽への換羽は早い. ほんの数日前に見た群れは,まだ夏色を濃く残していました. それが,もうほとんど冬羽になっていました. シギの渡りは,成鳥が早く,幼鳥が遅れるようです. トウネンの成鳥は,すでに去り,今は,幼鳥の群れになっています. ミユビシギの幼鳥は,これから姿を見せるのでしょうか. ミユビシギ 成鳥 冬羽に換羽中撮影日時 2017. [続きを読む]
  • ツツドリ 幼鳥
  • ツツドリ 学名・Cuculus optatus 英名・Oriental Cuckoo カラスに追われて枯れ木の天辺にとまった野鳥. ファインダーの中に飛び込んできたのは,ツツドリの幼鳥でした. それも赤色型. ヨシ! とカメラを構え直したところで,カラスの襲撃. 数秒の出会いでした. あれから数日,心当たりを探していますが,いまだに立ち寄り先を見つけられません. 毛虫の発生したサクラの木がないのです. カッコウの仲間にとっては [続きを読む]
  • シギ 群れ飛ぶ
  • トウネン  学名・Calidris ruficollis 英名・Rufous-necked Stintミユビシギ 学名・Calidris alba 英名・Sanderling 佐渡島を背景に群れ飛ぶシギたち. 今秋のシギ・チは,不調です. いまだ,キアシシギとも出会えていません. このまま終わってしまうのでしょうか. この群れのほとんどはトウネンですが,ミユビシギが1羽混じっています.トウネン・ミユビシギ撮影日時2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市トウネン・ [続きを読む]
  • ウミネコ 足に絡みつく釣り糸
  • ウミネコ 学名・Larus crassirostris 英名・Black-tailed Gull 小さな漁港で,足に釣り糸が絡みついたウミネコがいました. つぶらな目で僕を見つめました. まだ,飛ぶ力が残っているウミネコに対し,僕は,無力でした.ウミネコ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市ウミネコ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市 捨てられた釣り糸・釣り針は,野鳥たちにとって凶器です.捨てないことは勿論です.そして [続きを読む]
  • ハマシギ 幼鳥 羽づくろいなど
  • ハマシギ 学名・Calidris alpina 英名・Dunlin このハマシギの幼鳥は,小さな漁港の小さな水たまりに3日間滞在しました. いつも歩き回り,嘴を動かして餌を漁っていました. 時々,立ち止まり,羽づくろいをしたり,伸びをしました. そして,3日目の朝,「ビュール」の一声を残し,飛び立っていきました. これからも孤独な旅が続くのでしょうか.ハマシギ 幼鳥撮影日時 2017.08.27 撮影場所 新潟県新潟市ハマシギ [続きを読む]
  • オオメダイチドリ 幼鳥の飛翔
  • オオメダイチドリ 学名・Charadrius leschenaultii 英名・Greater Sand Plover オオメダイチドリ・幼鳥の飛翔です. 白い翼帯が幅広く,よく目立ちます. オオメダイチドリは,新潟では迷鳥とされています. しかし,最近の観察状況をみると数の少ない旅鳥と考えてもよいようです. シロチドリやメダイチドリの群れの中にいることもありますが,その群れから少し離れて行動していることが多いようです. 広い砂浜で観察さ [続きを読む]
  • オオメダイチドリ 幼鳥
  • オオメダイチドリ 学名・Charadrius leschenaultii 英名・Greater Sand Plover この日は,意を決して浜辺を歩きました. シギ・チを求めて.その距離,5キロ超. 途中,砂浜が波,風で削られ,断崖,絶壁のような箇所もありました. そして,最後の最後に出会ったのが,オオメダイチドリの幼鳥でした. 納得できる画像は,残せませんでした. 若かりし日々の思い出をたどる一日でした. かって巡り会ったヘラシギやアメ [続きを読む]
  • オオセグロカモメ 成鳥・夏羽
  • オオセグロカモメ 学名・Larus schistisagus 英名・Slaty-backed Gull 小さな漁港にオオセグロカモメがいました. 頭が真っ白な成鳥でした.嘴に黒班も見られません.オオセグロカモメ 成鳥・夏羽撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市オオセグロカモメ 成鳥・夏羽撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市オオセグロカモメ 成鳥・夏羽撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市オオセグロカモメ 成鳥・ [続きを読む]
  • オオセグロカモメ 第2回冬羽に換羽中
  • オオセグロカモメ 学名・Larus schistisagus 英名・Slaty-backed Gull 小さな漁港にオオセグロカモメの若い個体がいました. 第2回冬羽に換羽中のようです. というよりも,ほとんど第2回冬羽に換羽を終えているようです. この日は,成鳥・夏羽と第3回冬羽に換羽中の個体も同時に観察できました.オオセグロカモメ 第2回冬羽に換羽中撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市オオセグロカモメ 第2回冬羽に換羽中撮 [続きを読む]
  • トウネン・幼鳥 跳んだ!
  • トウネン 学名・Calidris ruficollis 英名・Rufous-necked Stint 餌を漁るトウネンの幼鳥. 嘴を小刻みに動かして砂粒の間を突きます.一心不乱です. そして,走ります. 俊敏.空を跳んでいます.トウネン 幼鳥撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市トウネン 幼鳥撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • ミユビシギ 眼前を駆け抜ける
  • ミユビシギ 学名・Calidris alba 英名・Sanderling 砂浜の波打ち際. 餌を漁るミユビシギの群れ. 徐々に近づき,眼前を駆け抜ける. 群れは,次々と走り去ってゆく. 今という残像を残して.ミユビシギ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市ミユビシギ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市ミユビシギ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市ミユビシギ撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟 [続きを読む]
  • ハマシギ 幼鳥 2017秋のシギ・チ幕開けです
  • ハマシギ 学名・Calidris alpina 英名・Dunlin 2017年秋,シギ・チドリ類の渡りシーズンが幕開けしました. 最初は,初々しいハマシギの幼鳥です. 生まれ育った古里を離れ,1羽で渡ってきました.  前線が通過後,強風で砂が吹き飛ばされる海辺でした. 小さな漁港の小さな水溜まりで,無心に餌を漁っていました.ハマシギ 幼鳥撮影日時 2017.08.26 撮影場所 新潟県新潟市ハマシギ 幼鳥撮影日時 2017.08.26 撮影 [続きを読む]