新潟の野鳥・フィールドノート さん プロフィール

  •  
新潟の野鳥・フィールドノートさん: 新潟の野鳥・フィールドノート
ハンドル名新潟の野鳥・フィールドノート さん
ブログタイトル新潟の野鳥・フィールドノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/koumisuzume
サイト紹介文新潟で観察した野鳥を写真で紹介.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/11/25 09:28

新潟の野鳥・フィールドノート さんのブログ記事

  • カンムリカイツブリ 何を食べてるの
  • カンムリカイツブリ 学名・Podiceps cristatus 英名・Great Crested Grebe 小さな漁港で,1羽のカンムリカイツブリが浮いていました. 潜水を繰り返し,小さな魚をくわえて浮き上がりました. なかなか,魚を呑み込みません.何回も,何回も魚を海水につけては首を振ります. 画像を拡大して,ようやく解りました.捕らえた魚は,ヒイラギのようです.ヒイラギは,体表面がヌメリで覆われています. カンムリカイツブリは [続きを読む]
  • ソデグロヅル 華麗な舞い
  • ソデグロヅル 学名・Grus leucogeranus 英名・Siberian Crane 思い出のソデグロヅル. 田圃を舞台に,突然に舞いはじめました. 飛び,跳ね,羽ばたき,空に向かって鳴く.内から沸き上がる激しい衝動.孤独な越冬地で,恋の予感に突き動かされたのでしょうか. 1分間弱の華麗な舞いでした.200枚を超す連写でした.全てが終わった後,ソデグロヅルと激しい疲労感を共有した思いでした.ソデグロヅル 若鳥撮影日時 201 [続きを読む]
  • トビ 意気揚々
  • トビ 学名・Milvus migrans 英名・Blkck Kite 羽ばたきながら一直線に飛んでくるトビ. 足には,魚が見えます.尾の形からサワラのようです. つがい相手へのプレゼントでしょうか. ここから海まで,最短距離で約2キロメートルあります.このトビは,獲物を見つけ,意気揚々として帰ってきたのでしょう.トビ撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟トビ撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟 [続きを読む]
  • ベニマシコ
  • ベニマシコ 学名・Uragus sibiricus 英名・Long-tailed Rosefinch 柔らかな口笛を吹きながらベニマシコがやってきました.「フィッ フィッ」「フィッ ホ」. 姿は見えなくても,いることがわかります. 赤い小鳥は,人気者です.ベニマシコ 雄撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟ベニマシコ 雌撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟 [続きを読む]
  • オオタカ
  • オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk 枯れた松の木にオオタカの姿がありました. 鋭い目で辺りを見回します.オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.03.11 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.03.11 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.03.11 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • オカヨシガモ
  • オカヨシガモ 学名・Anas strepera 英名・Gadwall カモ目カモ科のオカヨシガモは,新潟では冬鳥です.珍しいカモではありませんが,渡来する数は少ないようです.佐潟,瓢湖,福島潟などで観察しています. いつもカルガモたちが群がっていた小さな漁港.この日は,オカヨシガモのペアしか浮かんでいませんでした. 雄は,胸の灰色と黒褐色の鱗模様が特徴的ですが,雌はこれといって目立つところがありません, でも,出会え [続きを読む]
  • ミヤマホオジロ・雄 海岸松林にて
  • ミヤマホオジロ 学名・Emberiza elegans 英名・Yellow-throated Bunting 海岸松林の小道を歩いていると,草むらから小鳥が飛び立ちました.輝く黄色が目に飛び込んできました. ミヤマホオジロの雄でした. 黄色に白と黒,冠羽を戴く優美な小鳥です.ミヤマホオジロ 雄撮影日時 2017.03.11 撮影場所 新潟県新潟市ミヤマホオジロ 雄撮影日時 2017.03.11 撮影場所 新潟県新潟市ミヤマホオジロ 雄撮影日時 2017.03.11 [続きを読む]
  • ウミスズメ−2
  • ウミスズメ 学名・Synthliboramphus antiquus 英名・Ancient Murrelet ウミスズメは,新潟では冬鳥です.海上で生活する海鳥で,ほとんど姿を見ることができません. 若い頃,もう数十年も以前のことになります.海辺に打ち上げられた海鳥たちを拾い集めたことがありました. オオハム,シロエリオオハム,フルマカモメ,オオミズナギドリ,ハシブトウミガラス,マダラウミスズメ,ウミスズメ,カンムリウミスズメ,コウミス [続きを読む]
  • アビ 冬羽
  • アビ 学名・Gavia stellata 英名・Red-throated Loon アビは,当ブログでは初登場です. アビ目アビ科のアビは,新潟では冬鳥です.主に海上で生活し,近くで目にすることの少ない海鳥です. オオハムやシロエリオオハムより小さく,嘴が上に反っているように見えるのが大きな特徴です. 遠くに浮かんでいたアビ.潜水を繰り返しながら,徐々に近寄ってきました.上に反った嘴がはっきりと見えます.そして,悠々と泳ぎ去っ [続きを読む]
  • ウミスズメ−1
  • ウミスズメ 学名・Synthliboramphus antiquus 英名・Ancient Murrelet ウミスズメは,当ブログでは初登場です. 港で待つこと数時間,「チュッ・チュッ」となきながらウミスズメが泳いできました.近いです.思わず,連写しました. いつか・・・と待ち続けた瞬間でした. ウミスズメは,岸壁に沿って泳ぎ去りましたが,もう一度戻ってきてくれました.しかし,無情な雨,そこで別れを告げざるを得ませんでした. 出会えた [続きを読む]
  • アカエリカイツブリ 羽ばたき
  • アカエリカイツブリ 学名・Podiceps grisegena 学名・Red-necked Grebe 港に浮かぶアカエリカイツブリ. 突然,伸び上がり,羽ばたきました. 翼前縁と次列風切の白が印象的でした.アカエリカイツブリ 冬羽撮影日時 2017.03.04 撮影場所 新潟県新潟市アカエリカイツブリ 冬羽撮影日時 2017.03.04 撮影場所 新潟県新潟市アカエリカイツブリ 冬羽撮影日時 2017.03.04 撮影場所 新潟県新潟市アカエリカイツブリ 冬 [続きを読む]
  • コガモ・雄 求愛ディスプレイ2
  • コガモ 学名・Anas crecca 英名・Teal コガモたちは,北に帰る季節を前に集団で求愛ディスプレイを繰り広げています. 雄たちは,雌を取り囲み,ポーズを決めて猛アピールを続けます.コガモ 雄撮影日時 2017.03.02 撮影場所 新潟県新潟市コガモ 雄撮影日時 2017.03.02 撮影場所 新潟県新潟市コガモ 雄撮影日時 2017.03.02 撮影場所 新潟県新潟市コガモ 雄撮影日時 2017.03.02 撮影場所 新潟県新潟市コガモ  [続きを読む]
  • ハヤブサ 幼鳥
  • ハヤブサ 学名・Falco peregrinus 英名・Peregrine Falcon 川岸を歩いていると,川面すれすれに2羽のコガモが飛んでいきました. その後を,ハヤブサが猛スピードで追いかけていきます. しばらくすると,ハヤブサが舞い戻り,僕の頭上を越えて飛び去っていきました. お腹の縦斑が目立つ幼鳥でした. 狩りは,失敗でした.ハヤブサ 幼鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所 新潟県新潟市ハヤブサ 幼鳥撮影日時 2017.02.27 [続きを読む]
  • カルガモ 交尾行動
  •  カルガモ 学名・Anas zonorhyncha 英名・Eastern Spot-billed Duck カルガモの交尾行動をはじめから終わりまで観察することができました. カルガモの交尾行動は,雄と雌が向き合い,互いにお辞儀をするように頭を上下させる行動(ポンピング)ではじまります.次に,雌が体を伸ばし,背まで水中に沈めて交尾の受け入れ姿勢をとります.雄が雌の背にマウントし,雌の後頚の羽毛を嘴でくわえます.  マウント状態が安定した [続きを読む]
  • 新潟市に飛来したコウノトリ(個体番号J0127) その後3
  • コウノトリ 学名・Ciconia boyciana 英名・Oriental Stork 新潟市西区の上堰潟で,思いがけなくコウノトリ(個体番号J0127)と出会いました. 突然,大きな影が空をよぎり,ファインダーに飛び込んできたのです. コウノトリ(個体番号J0127)は,2月26日に新潟市の福島潟で確認されています(水の公園福島潟自然情報).新潟市の佐潟,上堰潟を中心に行動しながらも,福島潟などへと移動範囲を広げ,やがて新潟から飛び去 [続きを読む]
  • オオタカ 幼鳥
  • オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk 河川敷の大きなヤナギの木に,オオタカの幼鳥がいました. カラスがオオタカに向けて,急降下を繰り返します. 飛び立ったオオタカは,旋回しながら僕の頭上を越えていきます. 大きく開かれた尾羽の先端が痛んでいます.過酷な冬を生き抜いた証です.オオタカ 幼鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 幼鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所  [続きを読む]
  • ソデグロヅル
  • ソデグロヅル 学名・Grus leucogeranus 英名・Siberian Crane ソデグロヅル.元気で冬を越しています. 北に帰るまで,暖かく見守りましょう.ソデグロヅル 若鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所 新潟県新潟市ソデグロヅル 若鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所 新潟県新潟市ソデグロヅル 若鳥撮影日時 2017.02.27 撮影場所 新潟県新潟市 [続きを読む]
  • マガモ 交尾行動・2
  •  マガモ 学名・Anas platyrhynchos 英名・Mallard マガモの求愛行動に続き,交尾行動をご紹介します. 以前(2015.03.01),「マガモ 交尾行動」と題して投稿しました.その記事を一部削除,加筆して引用します.写真は,最近撮影したものです. 「マガモの交尾行動は,雄と雌が向き合い,互いにお辞儀をするように頭を上下させる行動(ポンピング)ではじまります.次に,雌が体を伸ばし,背まで水中に沈めて交尾の受け入 [続きを読む]
  • マガモ・雄 求愛ディスプレイ
  • マガモ 学名・Anas platyrhynchos 英名・Mallard コガモ・雄の求愛ディスプレイに続き,マガモ・雄の求愛ディスプレイをご紹介します. マガモの雄は,数羽で雌を取り囲み,伸び上がって嘴で水をかける仕草をした後,お尻をヒョイッとあげます.見ていて,コガモほどの剽軽さ,派手さはありません. この求愛ディスプレイの前に,お尻をプリプリッと振ります.そのときが,シャッターチャンスです.マガモ・雄 求愛ディスプ [続きを読む]
  • コガモ・雄 求愛ディスプレイ
  • コガモ 学名・Anas crecca 英名・Teal コガモたちは,恋の季節に突入中です.あちこちで,雄達が雌を取り囲んで求愛のディスプレーをしています. 雄は,嘴で水を跳ね上げ,体を反らして雌にアピールします. コガモ 雄撮影日時 2017.02.26 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟コガモ 雄 求愛ディスプレイ撮影日時 2017.02.26 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟コガモ 雄 求愛ディスプレイ撮影日時 2017.02.26 撮影場所 新 [続きを読む]
  • オオセグロカモメ 成鳥・夏羽
  • オオセグロカモメ 学名・Larus schistisagus 英名・Slaty-backed Gull 小さな漁港にオオセグロカモメがいました.頸の辺りに冬羽の痕跡が残りますが,ほとんど夏羽の頭が白くなった成鳥でした. 春が近づくに従い,心なしか顔つきが優しくなったように感じます. カモメ類の羽の色は,光線の当たり具合によって濃さが違って見えます.このセグロカモメも背の色が微妙に違って見えますが,全て同一個体です.オオセグロカモメ [続きを読む]
  • 鷹の中の鷹 オオタカ
  • オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk オオタカ,その精悍な容貌.無駄なく研ぎ澄まされた体躯.美しい飛翔. 鷹の中の鷹です.オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ 雄・成鳥撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市オオタカ [続きを読む]
  • タシギ 雪の朝
  • タシギ 学名・Gallinago gallinago 英名・Common Snipe 雪の朝,白くなった田圃にタシギが5,6羽群れていました. じっとして動きませんが,目は僕を見ています.タシギ撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟県新潟市タシギ撮影日時 2017.02.25 撮影場所 新潟 [続きを読む]
  • ノスリ 飛翔
  • ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard 久しぶりの青空でした.ノスリがゆったりと円を描いていました. やがて,高度を下げ,僕の頭上を越えていきました. 僕などには目もくれず,まっすぐ前を見据えていました.ノスリ 成鳥撮影日時 2017.02.14 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟ノスリ 成鳥撮影日時 2017.02.14 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟ノスリ 成鳥撮影日時 2017.02.14 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟 [続きを読む]
  • チュウヒの求愛ディスプレイ 2 疑似攻撃
  • チュウヒ 学名・Circus spilonotus 英名・Eastern Marsh Harrier 「チュウヒの求愛ディスプレイ 2」は,クライマックスの疑似攻撃です. 前回「チュウヒの求愛ディスプレイ 1」で紹介した雄の急降下の直後に,疑似攻撃が観察されました. 雄が雌に向けて右足を伸ばして接近.雄と雌が互いに伸ばした足の足指をつかみ,そのまま飛翔します. 雄と雌の上下が入れ替わり,キリモミ状態で落下しながら飛翔を続けます.右下の [続きを読む]