楊名時太極拳のここが知りたい@goo さん プロフィール

  •  
楊名時太極拳のここが知りたい@gooさん: 楊名時太極拳のここが知りたい@goo
ハンドル名楊名時太極拳のここが知りたい@goo さん
ブログタイトル楊名時太極拳のここが知りたい@goo
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshiekato1
サイト紹介文楊名時太極拳のこの型のここは、正確にはどうするのだろう。 そんな疑問を解決したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/11/25 11:14

楊名時太極拳のここが知りたい@goo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 腕によりをかける
  • 腕によりをかけるのは料理ばかりではありません。太極拳でもいろんなよりを掛けます。1.肘から下によりをかける両手を前に出して肩甲骨を開いて掌を上向きにする。右肘が下向きになっているのを確かめてから、左手で右肘を持って固定する。手首は伸ばしたままで、右肘から下を回転させて掌を上向きにする。2.腕全体によりをかける?(壓) ピンインyā  鎖骨の付け根から指先までを使って半円を作る(ポン形)。肘から手首の [続きを読む]
  • 鞭杆 基本8法
  • 仙川カルチャー教室で鞭杆を習っていたのですが、都合で教室に通えなくなって早数年。土曜日の太極拳の後で、皆と自主練習をしていました。始めは、私が先生役をしていたのですが、そのうち、鞭杆の講習に通う人に色々教えて貰ったりして、今も練習を続けています。その中の一人が16式のDVDを買ったので、皆とDVD鑑賞しつつ練習しています。先週は、1、戳 Chuō 突く位置は自分の顔の高さ2、?(壓) ピンインyā   重心を [続きを読む]
  • 押し買いの新手
  • 押し買いって知ってますか?高額な物を捨て値で買い取ることを目的とした商売です。しばらく前は、「破れたサンダルを500円で買取ます。」と、あからさまに怪しい電話が掛かってきました。昨日掛かってきた電話は、新手で、『この電話を受けて騙されるひともいるかも知れない』と思ったので、記事にします。「ご近所を回る予定なのですが、文庫本1冊から買取してます。」と言うものでした。本ならどのご家庭にも読み終わって長いこ [続きを読む]
  • 六段錦は脇を伸ばす運動
  • アサヒカルチャ―の楊慧先生のお教室に通っているお友達が、4月20日(木)に聞いた話。六段錦は脇を伸ばす運動です。両手を肩より上に上げる時は、真上ではなく少し体から前に離すように斜めに挙げてください。脇を伸ばす意識を持って行うことが肝要です。この時、左手を先に挙げます。左手→右手→左手→右手→左手→右手→左手→右手と三回ずつ小刻みに動かす。六段錦の最後は、先に両手を床に着けてから、アキレス腱をぎゅっと [続きを読む]
  • カセットテープをデジタル化
  • カセットテープをCD-R(DVD-R,DVD-RW)に録音しました。オーディオキャプチャーを持っていないので、オーディオケーブルを使いました。用意するもの1.カセットテープレコーダー2、オーディオケーブル3、ブルーレイレコーダー4、テレビ録音方法1.ブルーレイレコーダーをテレビに接続します。2.カセットテープレコーダーのイヤホンジャックにオーディオケーブルの3.5ミリステレオミニプラグを差し込みます。反対側のRCAプラグ [続きを読む]
  • 気の流れを良くする
  • 節分立春を過ぎると日の光が輝きを増し、穏やかな春の到来を感じます。立春の前日の節分では、「鬼は外」と、邪鬼を祓います。これは穢れを外に出すということで、大掃除も欠かせません。良く玄関は幸せの通り道とか、トイレには神様がいるとか言うのも同じ思想からです。汚れやすい所こそ綺麗に保ち、余分な物を置かないで空気の通りを良くする。そうすると、家族皆が気持ちよく過ごせ、心身の健康を保てます。家の穢れを祓い、空 [続きを読む]
  • 肩関節を緩めてダムを作ろう
  • 以前肩の力を抜くの記事でも書きましたが、今回はもう少し細かく見ていきます。倒捲肱1.敬礼をする時、肩を上げない。肩の力を抜く。2、体重移動する前に、肩関節と股関節を緩める。この時、肩甲骨が剥がれている人は、股関節を緩めるだけで、両肩が胸より前に出て、緩やかなダム型のカーブが自然に形成されます。3.その後、体重移動と連動して、敬礼していた手を身体の中心線の延長線に移動させます。肘を下向きにすることも [続きを読む]
  • 楊名時太極拳でリフレッシュ
  • 私は、元気のない時、腰が痛い時、肩が痛い時、そんな時こそ楊名時太極拳をします。楊名時太極拳をすると、元気になると知っているからです。血行が良くなり、痛みが軽くなるのを身を持って知っているからです。但し、無理はしません。『これはもう動かないほうが良い、寝ていたほうが良い』と感じた時は、じっと寝て体力の回復を待ちます。自分の身体の調子を把握出来る様になるのも、太極拳の効用ではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 肩甲骨をはがす
  • 肩甲骨の周囲の筋肉をほぐして肩甲骨の可動域を広げましょう。例えば、定式の時肩甲骨をもっと広げられればより確実に相手に攻撃が届きます。例えば、前屈をした時、肩甲骨が剥がれていれば、床に手が届かなかったひとが、床に手が届くようになります。太極拳では、右手首は体の中心より左にいかない。上体と手頸の角度は135度を超えないとされていますが、肩甲骨を寄せた場合はもう少し広くまでとなります。今度の太極に載った楊 [続きを読む]
  • 百花拳
  • それは誤解ですシリーズ 第1回それは誤解ですシリーズ第2回それは誤解ですシリーズ第3回は、百花拳です。これは、私自身がビデオを見て誤解した話です。2年程前のことなので、うろ覚えですが、要は、ビデオではそう見えたが、本当は今までと同じ遣り方で良いという話です。何度みてもそう見えるので、お友達に頼んで、楊慧先生に直接伺って貰いました。詳しいことは後日追記します。閑話休題11月3日の全国交流大会では、この百花 [続きを読む]
  • 第一回東京ブロック大会
  • 昨日、9月16日高尾山近くで行われた、東京都ブロック大会に行って来ました。狭間駅に降り立った時から、空気が違い、「来て良かった」と思いました。プログラム進行や、準備も完璧で、大会の準備に携わった方々に感謝の念で一杯です。いつも大会に参加する度に思うのですが、参加する方々の穏やかな和の気がとても心地よく感じられます。お陰で元気を貰って帰ってきました。昨年から、ブロック制を取り入れているそうで、東京都と [続きを読む]
  • ぽっこりお腹がぺったんこ
  • 巷では腹筋女子なるものが流行っているとか。かくいう私も何故か腹筋に目覚めた一人です。方法は簡単。1.腹直筋の両側の縦の線がくっきり息を吸うときにお腹を思いっきり凹ませて2秒キープ。これを気が向いた時にするだけ。1日に30回位やったかな。3か月つづけると、効果がはっきりわかるようになりました。腹直筋の両側の縦の線がくっきり段差ができました。でもまだ下腹がでています。意識しないで普通に凹ませると御臍の上だ [続きを読む]
  • システムの復元
  • 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「system」を します。[System protection ]を System Properties が表示されます。System Protection のタブを し、「System Restore」 システムの復元を します。システムの復元ポイントを選んで 次にを し、終了を押す。 [続きを読む]
  • 楊名時太極拳の型の変遷2
  • この記事は、●楊名時太極拳の型の変遷 を転載したものです。2014年6月1日~随時更新 ■ 楊名時太極拳のここが知りたい  2006年3月2日~2014年5月31日 ■伝聞 1999年8月1日~2006年3月1日 ■昔々2006年3月2日~2014年5月31日 ■伝聞 楊慧先生の講座に出た人から聞いた話 伝聞 12 高探馬 2013年10月19日記朝日カルチャー新宿の講座で、楊慧先生から、 高探馬から、右ドンジャオに移る時、両手顔の前→体から遠ざけながら、少し(5 [続きを読む]
  • 楊名時太極拳の型の変遷
  • このブログは、ウエブサイト太極拳青空教室のコンテンツの一つです。他のコンテンツは全く更新していませんが、このブログだけは更新しています。前どこかにこんな記事を書いたと思っても、昔のことなのでどこに書いたか思い出せず、探すのに時間を要します。書いた本人がそうなのですから、他人は尚更分かりません。まあ、もう10年位前の記事なので、参考にならないことも多いのですが、楊名時太極拳の型の変遷と、太極拳規範教程 [続きを読む]
  • 平目平視
  • それは誤解ですシリーズ第2回。前回の時、慧先生が一緒に話してくださったそうですが、楊名時師家がスワイショウをなさるのを見て、目と視線を下に向けていると誤解している人がいる。目は床と平行で、視線も床と平行になさっています。このような誤解をする人がいないように、太極拳5か条の一つを平目平視になさったそうです。 [続きを読む]
  • 肩の力を抜く
  • 「俺、忘れそう」「じゃー、私ブログに書いておくね」と言ったのに、忘れてしまいそうなので、記事にしてしまいます。野馬分ゾン1.弓歩の横幅は、床板2枚分開ける。2.抱球の後、足を前に出す時に、肩に力を入れない。  力を入れているように見えるのは錯覚です。  足を前に出す動作に先立って、股関節と肩を緩める。倒捲肱3.敬礼をする時、肩を上げない。肩の力を抜く。 その後、肘を下向きにして手が体の中心まで来た [続きを読む]
  • 閃通臂
  • 新しく入会した人は、経験者。「”20 閃通臂 は、敵を捕まえてぶん投げる”と、前の先生に教わった」そうです。「その先生は、もう20何年も楊慧先生に教わっている。」と、私の説明に納得いかない様子。そんなことは聞いたことがないし、理論的にもおかしい。このやり取りを見ていたお友達が、 「では、今度慧先生に聞いてきます」とその場を閉めた。そして、6月16日(木)に楊慧先生「こんなことを話している人がいます」と申し [続きを読む]
  • 9の単鞭はUから始まる
  • 8から9へ移る時、まず楊名時太極拳の転身をします。左足に重心を移した後が、注意すべきポイントです。というのも、敵を引っ張ってくるイメージで、手と上体を動かしながら、右足に移す必要があるからです。これを南から見ると Uを横に倒した形になります。これは楊式の単鞭と同じやり方です。雲手のように左の肩を脱力して円を描くのではないことを覚えておきましょう。 [続きを読む]
  • 多摩川の桜
  • 春を謳歌していた桜も昨日の雨で、散り始めています。桜吹雪もまた風流です。一昨日、多摩川まで自転車で行きました。行く途中にも、あちこちに満開の桜があり、とても綺麗でした。しかし、多摩川はそれの比ではありませんでした。多摩川には土手沿いにずらーと桜が植えてあり、その大きさもひとつひとつがすごい。皆思い思いに枝を張り巡らせています。平日だと言うのに、桜の下でお花見をしている人達を何組も見かけました。左に [続きを読む]
  • スワイショウ&24式の始めと終わり
  • 確か半年位前だったかと思いますが、アサヒカルチャ―の楊慧先生のお教室に通っている、お友達に聞いた話。1、スワイショウは最低でも40往復はする。2、並歩の時、両足をピッタリくっつけるのではなく少し開ける。3、24式の終わりの時の両手を丹田の前で合わせる時間が長い。(10秒?20秒?)今も慧先生は以上のようになさっているそうです。 [続きを読む]
  • 収臀
  • ご無沙汰しています。ブログを書いていない間も、見に来てくださった方、応援の をしてくださった方、有難うございました。さて、収臀ってご存知ですか?骨盤を、コップを傾けるように、回転させることです。椅子に深く腰掛けてみてください。背中を椅子の背につけます。椅子に着いた背中の少し下側に手を差し込んでください。手は入りますか?手を抜いて、先ほど手が入った部分も、椅子に着くように、お腹を引っ込めてくだ [続きを読む]
  • 過去の記事 …