HAPPY-GO-LUCKY! さん プロフィール

  •  
HAPPY-GO-LUCKY!さん: HAPPY-GO-LUCKY!
ハンドル名HAPPY-GO-LUCKY! さん
ブログタイトルHAPPY-GO-LUCKY!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/19960408
サイト紹介文E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/11/25 16:56

HAPPY-GO-LUCKY! さんのブログ記事

  • 逃げ恥、異聞の巻
  • そんなに熱心なファンでもなかったけど、これ、わりと見てました。http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/設定も面白かったけど、ガッキーが圧倒的に可愛らしかったよね〜。で、今朝の朝刊各紙を読んでびっくり。TBS系で昨年10月クールに放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のDVDが29日に発売されることを受け、28日付の一般紙に全面広告が掲載された。インターネット上では、同作のファンから歓喜の声が上がって [続きを読む]
  • 少しずつだけど…の巻
  • 実に無慈悲なぎっくり腰、ようやくボクの身の上から去って行こうとしています。少しずつだけど、フツーに動けるようになってきました。いやあ、辛かったなあ。今後、再発を防ぐためにも、運動して筋肉を付けなきゃです。とゆーことであれば、やはりこれだよね。ロードバイク。今のままでは、まさに「床の間バイク」。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/e890482f38ec49748c63b47b74e0b807せっかく何台もあるんだから、この春、ちゃ [続きを読む]
  • あれから一年…の巻
  • FBっていろんなコトを思い出させてくれるわけです。強制的にw開くと「1年前のあの日」って感じのアップがなされるのよね〜全部が全部楽しくてかなわないって話じゃないわけで、時にシミジミいたします。で、今回の「あれから一年」ってのは、異動の話。そーいえば今日、内示があったんだった。その辺はこれ。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/d262d4bb7720355394fddf7d5ebfa860「いやあ、一年経ったんだ〜」とも「まだ、一年 [続きを読む]
  • 求む、赤い糸…が、つながった!の巻
  • 以下のようなことを書いていたのですが、21日朝、吉報が!保護センターから「譲渡先が見つかりました」って。相手については言えないけれどってことでしたが、「ちゃんとお世話してくださる方と判断致しました」とのことです。飼い主さんが現れたら、状況に応じて、そちらにお戻しになることもあると。どちらにしても、よかった、よかった。皆さん、ご心配お掛けしました〜。金曜日、犬友さんから「場所が近そうだけど、何とかな [続きを読む]
  • ぎっくりこん!の巻
  • お父さんが動けなくなりました。うふふ。だから今日はあたしが報告します。あのね、お父さん、ぎっくり腰になったの、バカだから。もともと、ブルベを断念するほど喉が痛くて、咳をこんこん。ソファをリクライニングさせてテレビを見てる時に咳が出て、「ピリッ!」。あれれ?って感じでベッドの部屋に行ったけど、そのまま出てきません。そして次の朝、お父さん、呻いてます。わーい!乗っちゃおう。でも、「うう〜」だって。ホン [続きを読む]
  • 憂鬱な日々…の巻
  • 憂鬱な日々を過ごしている。喉の痛みが治らないのだ。夜中に咳が出て、眠れない。うーむ、なかなか辛いぞ。で、さらにこの憂鬱を加速させているのは、週末のこと。何かと申しますとね。ここで閑話休題。先日、抜歯したころっけのその後を診てもらうために、パル動物病院(http://paru.hospital.ipetweb.jp/)に。予後は順調らしく、ホッとしたのです。で、高齢犬に与えるご飯とかアドバイスをいただきました。そして先生が「ほかに [続きを読む]
  • 春はそこまで…の巻
  • 喉の痛みに苦しんだ週末。発熱はないんだけど、とにかく喉が痛いなう。そんな週末はおとなしく過ごしたのだ。とはいえ、ころっけの朝夕の散歩は欠かせません。「まだぁ?」って。彼女中心の暮らしですね。じゃあ、行こうか。で、早速、真っ昼間っから「ルネッサーンス!」近所のマリオですね。「ちょーだい!」ってうるさい。「何を頼もうかなあ」ってさ。しばらくすると、カフェマットで落ち着きましたよ。さらにころっけの冒険。 [続きを読む]
  • 男は外に出れば…の巻
  • 「男は外に出れば七人の敵」とは、よく申します。まあ、言わないか、最近はw正確には「男は敷居を跨げば七人の敵」っていうらしい。http://kotowaza-allguide.com/o/otokowashikiiwomatageba.htmlで、最近、いやあ…って思ったことなんですけどね。ある日、そろそろ会社にでも、って、とことこ家を出ました。すると、「シロナガスクジラ」みたいな車が滑るように…。そして、そのままウチのマンションの前に横付けなさいました。 [続きを読む]
  • おめでとうございます!の巻
  • 今日8日、愛してやまない汁なし担々麺の「キング軒本通店」がオープンします。11時からだから、これがアップされる頃にはもう列ができてるかな?さすがにそこまではいかないかw開店に向け走り回った畏友ヒゲ店長、亮介さん、おめでとうございます。とゆーことで、先日、新店に潜入した際のこと。なかなかシックなお店になってましたよ。器は同じ。キング軒のアイデンティティーだね。ヒゲ店長自作のこれがどこにあるか、探して [続きを読む]
  • 奥深い彼女…の巻
  • 週末の老夫婦、いつものように食っちゃ寝の暮らしでございます。まずは金曜日。会社とおうちが近いので、この日、ランチは家に戻りますた。田舎の村役場勤務(53歳)って感じだよね。で、ここ。「ゲルニカ ニシオ」。https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34015903/土日ともなると、結婚式の二次会で賑わうハコだね。ハンバーグをいただきました。ここはサラダビュッフェなのがよろしいね。翌土曜日。お義父さん、お義 [続きを読む]
  • 悪魔の館…の巻
  • 昨夏、ムダにあぶく銭が入ったので、いろいろと浪費。特に必要のないものばかり。この辺りですな。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/7cb4143f28551dbea57d6a6a24d6965fhttp://blog.goo.ne.jp/19960408/e/10c1acf287d5d87cada2f20c368599c0そんなイタリアのデニムやら、おフランスの靴の多くは、ここからやってきます。http://rootweb.jp/もはや「悪魔の館」ですねwとかなんとかいっても、そんなに買ってるわけでもないよ。多分、 [続きを読む]
  • 「足して二で割る」のススメ…の巻
  • ほどほどがない芸風として知られる小生。一部では、ムダに過剰な生き方とも評される。どこか欠落してるんだろうし、なにか渇望があるのだろうが、そこは深く考えない。で、そんなボクですが、一方でバランスの人でもある(ような気がする)。荒事師の側面はあるんだけど、対立はなるべく避けてきた(ような気がする)。そうでないと、自分のやりたいことが前に進まないからね。ただ、一方で、わずかながら非常に生硬な部分もあり、 [続きを読む]
  • エリザベスなあの娘…の巻
  • 飼い主の怠慢で、酷いことになっちゃったころっけ。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/557e75a3d05a635bd77f5d525934bf70そしてこの日、大穴の開いた犬歯痕を縫うことに。もちろん全身麻酔です。14歳になろうとする老犬。こちらは心配でたまりませんが、先生に委ねるしかありません。ご執刀くださるのは、パル動物病院のコト姉先生。http://paru.hospital.ipetweb.jp/ロードバイク業界ではその名も知られたハイパーレーサーでも [続きを読む]
  • 権利と義務…の巻
  • いわゆる業界用語ってのがございます。限られたコミュニティーの中で醸成されてきたワード。乱用したり、身の丈に合ってなかったりすると、失笑や反発を買いますね。僕らのギョーカイでゆーと、例えばね。新人さんがイキって、「デカのヤサが割れました」なんてゆーと、ぷぷぷって。この場合、笑われるで済めばいいけど、運が悪いとド叱られします。「わりゃ、偉うなったのう!(怒)」なんて感じで。人生イロイロでございますwで [続きを読む]
  • 「過剰」な日々…の巻
  • 3月18日に、ド久しぶりのブルベに出る予定。http://www.aj-hiroshima.org/?page_id=6276本当に憂鬱です(笑)基本的に坂がないコースだし、以前だったらちょっと頑張りめのサイクリング。「余裕っしょ!」って感じだったんだろうけどね。ただ、昨春の二度目のシンキンコーソク以来、数度しかバイクにまたがってないワシ。うーむ…な感じですなあ。今さら脚力をってのも無理だし、できることは自身の減量ぐらいかしらん?そう思 [続きを読む]
  • 魅力はトリプル!の巻
  • 楽しいお店に出逢いました。TLIPLE CAFEhttps://www.facebook.com/triple.hiroshima/?fref=ts広島のトライアスロン界のニューカマー、AIさんが旦那さんと開かれたお店。CAFEあり、ランニング系ショップあり、ラン&バイクステーションありの新形態でございます。3つの魅力が集まってる、おもしろーいお店だね。まずはカフェ。AIさんの工夫を凝らしたメニューです。アスリート系のユーザーに気を配り、ベジタリアン&グルテンフリ [続きを読む]
  • 懐かしの日々…の巻
  • 17歳。18歳。36歳。43歳。44歳。51歳。「6時スタート」の1分が待てない53歳。イマココ。 [続きを読む]
  • バカは迷う…の巻
  • ぼんやりとした日々。って、毎度毎度、こんな書き出しだから、またまたショーゲキの事実が!このバカブログにたどり着く検索ワードがこんなことになってましたよwいやはやなんともw。で、すべてに恬淡としたボクですが、迷いがないわけではありません。それはもちろんP君のこと。いまだに「良縁」に恵まれていないわけですが、思いはふつふつと。ただ、捜してもらうにあたって、条件が厳しすぎるのかなあ、とも。http://blog.goo [続きを読む]
  • 生かされているアタシ…の巻
  • いつものように早仕掛け。まだ、お昼だよね。うふふ。それにしても月曜なのに、列が長い長い!前に並んでらっしゃった大阪の飲み屋「愛媛酒場 丸富」の店主さんとお知り合いに。https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27078052/この後に転戦なさるとゆーので、アタクシの広範な知識の中から、いくつかお店をご紹介しましたw砂田さんとのプロ同士の酒談義が興味深かったな。こーゆー出会いがあるから、酒場は面白いよね。そし [続きを読む]
  • いたずら奥さん…の巻
  • この日、ふらふらと西へ。ころっけのトリミングのため、専属デザイナー「メリー」さんとこを訪ねたのです。http://blog.livedoor.jp/merionsora/じゃあね、ころっけ。しばしの別れじゃ。で、老夫婦は近くのイタリアンへ。とゆーか喫茶店っぽい、ジモティーなお店だね。ジャルディーノ。https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340201/34002375/テラスがあるんだね〜。ころっけが入れればいいんだけど、それは無理だろうな。パスタラ [続きを読む]
  • アイアム KINGER! の巻
  • 平日はふだん一日一食のアタシですが、たまにお昼も食べます。その場合、たいてい和華(https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34016231/)の陳麻婆豆腐か、キング軒(http://www.kingken.jp/)の汁なし担々麺。この日は後者でした。汁なし担々麺については、まあ数限りなく食べてきました。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/d24dc3c4ef609a698c0206ad1a017dbeそろそろ私的結論を出さねばなりません!さて、一番美味しいの [続きを読む]
  • ぼんやりした日々…の巻
  • 基本的にぼんやりした日々を送っています。何が起ころうと泰然自若。とゆーか、まるで何も起きないのですがねwで、先週を備忘録的につらつらと。週明けに、姉んとこで不幸があり、わが家の名代として奥さんが葬儀に。行き先は山梨の田園地帯。帰りに奥さんはセーネンのところに。「何を食べたらいい?」ってお言葉なので、畏友ヒゲ店長の馴染みの店を伝えました。はい、ここ。酒坊主。https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13 [続きを読む]
  • 夢の結晶!の巻
  • ここでも何度か書いてきたけれど、POGってのをやってるんですね。ペーパーオーナーゲーム。デビュー前の競走馬を指名して、その獲得賞金額を競う。そして競馬の祭典、ダービーで決算すると。http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/e49331157a8bd8465d76638ebcdb8abe社内の知己と1998年に始め、もう20年目に入ろうとする。それぞれがそれだけ歳を取り、定年を迎えられた方もいれば、諦念に包まれたヒトもいる(笑)人生イロイ [続きを読む]
  • 呑めば海路の日和あり…の巻
  • いろいろあって、ここんとこ奥さんが家を離れています。って、別に老夫婦の間にトラブルがあったんじゃないけどね〜。で、「独身」さん。いつもにもまして早仕掛けで、ふらふらしてるのさ。そんなボクはある日、ここに。ほぼ並ばずには入れたとゆーことで、その着手時間は推して知るべしw「壱度」から「参度」の黄金パターンですね。で、新たな黄金パターンも発掘!はい、そのまま「重富燗酒研究所」に横移動ですぅ。自分で燗をし [続きを読む]
  • 気楽な稼業ときたもんだ?の巻
  • 松方弘樹が世を去り、さまざまなメディアがそれを報じた。代表作としてはやはりこれ。「仁義なき戦い」シリーズであろう。後の「元気が出るテレビ」は「仁義」イメージからの変化をみなが楽しんだわけだからね。そんな作品、この度、追悼番組として放映されたので、奥さんと鑑賞しました。しかしまあ、何度観ただろう、このシリーズ。広島の少し古いサツ回りにとっては、教科書とは言わないが、副読本ほどの存在ではあった。だから [続きを読む]