soma さん プロフィール

  •  
somaさん: 3歳児&1歳児の子育て〜カウンセリング勉強中!〜
ハンドル名soma さん
ブログタイトル3歳児&1歳児の子育て〜カウンセリング勉強中!〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/somatopus/
サイト紹介文3歳の男の子と1歳の女の子を育てています。 カウンセリングとカラーセラピーの勉強をしています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/11/27 10:28

soma さんのブログ記事

  • 『キレる私をやめたい』田房永子
  • 田房永子さんのコミック『キレる私をやめたい』を読みました。すごく良い本でした。元々は田房さんの『母がしんどい』などお母さんシリーズからはまってこのコミックに辿り着き。田房さんのお母さんにまつわる苦しみを読んでいたからこそ、そこからの再生に胸を打たれっぱなしで…。私にも田房さんと重なる経験が色々。もう10年くらい前になりますが私も結婚当初、夫によくキレてました…。キレる根本的な原因も田房さんと似ていま [続きを読む]
  • 下の子の入園後の一人時間
  • こんばんは。先週は突然溶連菌を発症して久々に高熱に苦しみました。子供たちはこれまでも何度か罹ってきてんですが私にはうつったことはなくちょっと油断してました…。苦しいですね、溶連菌!連休の疲れもあって発症したかもしれません。今はだいぶ落ち着きました。話は変わって、、下の内容を4月からずっと下書き保存したままでした。この春からパートする予定だった先の都合が変わり、私の採用がしばらく保留になってしまいま [続きを読む]
  • 高い!
  • 東京ドームシティで子供たちがトランポリン?をしてきました!高い!いつの間にか新緑が美しくつつじも満開ですね最近ブログを書く時間をうまく作れなくなっていました。時々来てくださる方本当にありがとうございます。今年度も細々とですがブログを続けていきますよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 下の子も入園!
  • 今週、3歳の下の娘が入園しました。式で先生方がようこそ!と演奏してくれて、泣きそうになりました。お兄ちゃんの行事で 何度も来ている園。娘はすでに色々なことに慣れていて入園式では泣いて親元から離れなかったお兄ちゃんの場合より、妹の方が得?性格もあるけれど物怖じせず教室ですでに活き活きと活動に参加。頼もしい!手遊びなんて、やりたかったんですっ!!と言わんばかりの勢いで参加してました。式の翌日の幼稚 [続きを読む]
  • 触れる、ハンドマッサージ
  • 先日は障害者の方々の作業所にてハンドマッサージのボランティアの日でした。肘より下から指先までのマッサージ。いつも先生やメンバーさんと一緒に参加しています。いつも利用者の方がハグして歓迎して下さり嬉しいです。真っさらな気持ちで、嬉しくなります。毎年作業所の2階からは桜がよく見えて絶景なんです。窓枠とその先が絵画のよう!窓も開いていると風通しも良く、時間が止まるような気がする場所です。昨年もこの景色を [続きを読む]
  • 息子のお陰で急行に!
  • 私は電車の急行や快速が苦手です。その理由は普通の人にとっては多分は?なんで?というものなのですが。働いていた頃まではなんとか乗れていたのですが仕事を辞めて主婦になって電車通勤をしなくなってからはどんどん乗る機会から逃げられるようになってそして乗れなくなりました。怖いんです。特急や新幹線には渋々乗らざるを得ない状況が時々あり、強いストレスを感じながらもなんとか乗ってきましたが、(乗る予定の1カ月前く [続きを読む]
  • 一緒にいると楽な人
  • 自分の弱点やダメなところをわかっていて、ある程度自分も人も許せている人は適度な距離を「冷たく」ではなく愛情を込めて「温かく、柔軟に」保ってくれるように思います。漠然とした言い方ですが、「自分をある程度受け入れている人」と付き合うことは本当に楽です。こちらがちょっと言葉間違えたかな…と反省するような時も笑って受け流してくれたりすることは秘めたる自信や強さがあってこそ。反対に自分の弱点やダメなところを [続きを読む]
  • 人のことが羨ましい時
  • 私は人が自分の頑張ろうとしていることを批判したりやめなよ無駄だよと言うのを見る時、ここにその人の劣等感があるのかな…と密かに思います。もちろん経験から真摯なアドバイスをくれる方もいると思うので、そう思うのは相手がムキになっている気配を感じた時です。あなたのため、の言葉の裏には自分が果たせなかったことや私を出し抜くなんて許せない、本当は認めて欲しかった、などの気持ちが隠れていたり。人がする批判と劣等 [続きを読む]
  • ララランドと春と入園
  • 先日娘の保育園託児が抽選で当たったので映画ララランドを観てきました。下の子の託児の日はお兄ちゃんの送りとダブルになるので朝からバタバタ。部屋散らかしっぱなし…洗い物もたまってる!久しぶりの映画と楽しみではあってもやっぱり家にいて用事済ませようかな…と心折れそうになり、けれど思い切って行って来ました。そして行って大正解。気分が変わりました。夢の世界でした!美男美女がプラネタリウムの中飛んだりするんで [続きを読む]
  • 娘心の複雑
  • 遅くきた反抗期のごとく30過ぎて今、母に対してここには書けないような気持ちをたくさん持っています。持てるようになりました。けれどふと老いてきた母の弱さを垣間見た時ぞくっとするような愛を感じて怖くなることがありました。焦りました。いつか喪うということ。守ってあげなきゃという焦りとまだある自責と今から初めてできるかもしれない何かと。愛しさと後悔と優越感と。小さな頃、母が死んでしまうと想像した時の底なしの [続きを読む]
  • インナーマザーは変わる?自分の中で完結する母娘関係
  • 先日植本一子さんの「かなわない」というエッセイを読んだ中で、「自分の中にもう一つの親子関係が存在する。自分という1人の人間の中に母親と娘の2人が存在する」という記述があり、ふと自分の中の「お母さん」と「娘」を想像してみました。インナーマザーとインナーチャイルドのことですね。 すると私の中の「お母さん」は優しくて、寛容で、何でも許してくれる、一緒に楽しんでくれる、抱きしめてくれる、踊ってくれる、好 [続きを読む]
  • 未就園児2人との生活がつらかった頃
  • 先日、写真家の植本一子さんの『かなわない』というエッセイを読みました。植本さんの2011年から2014年の日記が主な内容です。本は1ページ二段構成でかなりの分量ですが、読み始めると止まらなくなりました。内容は植本さんの結婚生活、お母さんとのわだかまり、写真家としてお仕事、好きな人のこと、そして育児。中でも私にとって一番印象的だったのは植本さんの育児に関することでした。育児が辛いという描写が非常にリアルでこ [続きを読む]
  • 娘のメガネとハンディキャップ
  • 昨年の3歳児健診で娘の遠視が発覚しました。強度の遠視、多少の乱視、そして視力も弱いということで、検査するまで全く気づかず、青天の霹靂でした。ものをはっきり見ないと脳や視力の発達に良くないということで急遽、治療用のメガネを作り。これまで子供メガネ専門店は見かけてはいましたが、まさか我が子がお世話になるとは 思ってもいませんでした。私たち両親は日々メガネやコンタクトのお世話にはなっていないので尚更 [続きを読む]
  • 気持ちを受け止めてもらうこと
  • 自分の気持ちを受け止めてくれる人が いるかいないか、そのことは人生の中でとても大きなことなんじゃないかと最近思います。「私はこれが楽しい!」という気持ちを共有したかったり、あるいは「私はこれがどうしても許せない!」「私はあの時悲しかったんだ」という気持ちをただ受け止めてほしい人に受け止めてもらえたらそれだけで世界は変わったのにそれを何年望んでも拒否され続けたら自分の気持ちはこじれてしまいます。 [続きを読む]
  • 誰にも預けられないものを
  • 先月の紅白歌合戦で宇多田ヒカルさんが「花束を君に」を歌ったシーンが好きで…疲れた日の夜、録画したものを時々観ています。何度観ても惹きこまれます。凝視しすぎてつい口が開いてしまう…。華やかな紅白の舞台とは対照的にロンドンでのシンプルなスタジオ、そしてシンプルな衣装。最初はあれ?声出てない…と思ったのですが、声の調子より懸命に歌う姿に目が釘付けになりました。この人は成功して、多くの称賛を得て、赤ちゃん [続きを読む]
  • 人生の資源ごみ?!
  • カウンセラーの先生から名言をいただきました。「クズはリサイクルできるのよ!」嫌な経験、嫌な人との関係は資源ごみだと!人生のネタになるし、リサイクルしていつかは人の役に立つものに変わるのだと。自分の経験から人の気持ちを理解したり励ましたりできるようになる。たとえ乗り越えるのに時間はかかってもリサイクルができると思えばしたいし、頑張れます! [続きを読む]
  • 自分を活かす
  • あっという間にお正月も終わってしまいましたね!毎年、年初めは今年はどんな年になるかなと考えますが考えた通りにいくことはないので(目標の達成はまた別で…)なるようになる!の気持ちでまた年末まで元気で過ごせたらなと思います最近は「自分を活かす」という言葉が好きです。きっとそれぞれの人にその人にしかできないことが あるのだと思います。私はまずは子供たちを育てる(に含まれる家事なども)を主軸に心理の勉 [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  • 今年もあと少しで終わりですね。今大好きな紅白を観ています。日付がただ1日変わるだけなのに年の瀬はいつも感慨深いです。今年は私にとって大きな変化の年でした。要らない価値観を減らせました。人との縁が切れたこともあれば大きな出会いもありました。今年もブログを読んで下さった方、本当にありがとうございました。読んで下さる方がいたから書くことの楽しさを感じられました。良いお年をお迎え下さい!今年もお義母さんが [続きを読む]
  • 心屋さんブログ「お母さんを幸せにできなかった罪」
  • 先日、全く別のことを検索していた際に偶然心理カウンセラーの心屋仁之助さんのブログに出会いました。何気なく開いて読んでみると、「なんかすごいことが書いてある…」と思いました。(ファンの方にとっては今更なのかもしれないけれど…)今読んだからこれ、わかる…、読むのまさに今だった…と。今年はネット上の引き寄せのようなことを何回か経験しました。不思議です。リブログさせていただきます。上の記事を私なりに要約さ [続きを読む]
  • 願うことから始まった
  • これだ!と思った自分の夢、あるいは人への好意や嫌な感情、仕事でも個人的な思いでも「夢が叶わない」「相手に思いが伝わらない」「病が治らない」といった悩みを抱えた苦しい期間をこれまでに何度か 経験してきました。最近悩んでいたことがあって自分の思いを手帳に書いたり小説を読んだりする中でふと思い出したことがありました。それは叶わなくて苦しかったことが実は3、4年後に叶っていた、時には少し形を変えて、とい [続きを読む]
  • 『逃げるは恥だが役に立つ』の自尊感情
  • TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が昨日で終わってしまい寂しいです。本当に面白いドラマでした。みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)が契約結婚を始めて夫婦や結婚について考えていく、というお話でした。二人の不器用なシーンが観ていてドキドキし過ぎて疲れたり(きゃー!と恥ずかしくなって見てられなくて何度手で顔を覆ったか…)日々生活する中で漠然と感じてきた疑問がみくりの言葉で問題提起されていて その答え [続きを読む]
  • ムーミンカフェ☆
  • 東京ドームシティーにムーミンカフェというお店があります。席に大きなぬいぐるみが来てくれます。親子共々大好きで、今日で4回目でした。平日だと11時頃行けば並ばず入れましたが土日は11時に行くともう行列。30分くらい並びました。。料理が美味しいし店内の雰囲気も店員さんたちの接客も温かくて来ると必ずホッとします。本当に、大好きなカフェです。ぬいぐるみはその都度色々な子が来てくれます。デザートのカップは持ち帰れ [続きを読む]
  • 「何もできないお母さんでもいい」
  • 息子の幼稚園の園長先生のお話はいつもとても魅力的です。先生は四十代後半の男性で、理論派な先生です。私が息子の幼稚園選びをするまでは抱いていたいわゆる園長先生像、「優しいおばあちゃん先生」というイメージとは違いました。熱い教育理念をお持ちで毎月のお便りも親として勉強になるものが多いです。(ただ資料の数や字数が多いので読み切れず数ヶ月放置のことも…)保護者会でのお話は毎回子育てセミナーに来たみたい…と [続きを読む]
  • 心理職の国家資格
  • 来年度ついに、心理職の国家資格が誕生するそうです。公認心理師というそうです。士ではなく師というところに若干違和感も感じますが…。これまでは心理職の中では一番認知度の高い臨床心理士も国家資格ではなかったので、心理の世界にとって大きな一歩ですね。実は私は肝炎で入院する前までの数ヶ月ほど、うっすらですが心理の世界をより広い範囲まで勉強してみたいという気持ちが芽生え始めていました。トラウマ治療と出会ってよ [続きを読む]
  • 痛みと再生
  • 心理学の学びや人との出会いから自分の中の欠落を知って、けれどそれは再生できるものとも痛みとともに知りました。自分の中にも人の中にも奈落の底はあって、その怖さとそこからの可能性の両面を見つめることでシビアになった自分もいます。そんな自分をまだ持て余している自分もいて、だからこそ未来の自分の姿が全くわからない。自分に欠けているからこそ頑張れることもある。そのことを後ろ向きではなく前向きに捉えられるよう [続きを読む]