妙円寺 さん プロフィール

  •  
妙円寺さん: 伝えたい仏教名句・名言
ハンドル名妙円寺 さん
ブログタイトル伝えたい仏教名句・名言
ブログURLhttp://ameblo.jp/myouenjiblog/
サイト紹介文心をふっと軽くする、そんな仏教の智恵をお伝えします。お経だけでなく、仏教徒の名言もご紹介します。
自由文「苦」の中でどう生きるか。これが仏教の大きなテーマです。仏道を歩んだ方々は後の人々の幸せを願い、沢山の「智慧」を残して下さいました。迷ったときの灯りとなる、そんな仏教の教えをお伝えできればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/11/27 21:50

妙円寺 さんのブログ記事

  • 妙円寺掲示板 平成29年2月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回は、俳人の野島無量子さんの言葉です。 このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12121296735.html [続きを読む]
  • 無駄だと思わないで
  •  妙円寺山門にある掲示板では、月替わりで名言を掲示しています。今回はその言葉をこちらでも取り上げます。 グルメ漫画は数多くありますが、かねもりあやみさんの「サチのお寺ごはん」(秋田書店)は世界初!?精進料理限定のグルメ漫画です。 以前お伝えしましたが(http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12091370095.html)、「仏教は肉食禁止」というのは大きな誤解で、お釈迦様も托鉢で頂いた肉や魚は召し上がってい [続きを読む]
  • 伝道掲示板②
  •  人間というのは、悲しいけれど過ちを犯すものなのですね。でも、本当に大切なことは、その過ちを犯した後なのです。 犯してしまった過ちを、どのように引き受けて、自らの生き方としていくのか。それが大切なのではないでしょうか。                                      さだ まさし(歌手) 自分の健康と幸福のために敵を許し、忘れてしまおう                 [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板 平成29年1月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回の言葉の出典は、「サチのお寺ごはん」かねもりあやみ(秋田書店)です。 このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12121296735.html [続きを読む]
  • 敵ではなく自分と同じ
  • 相手のことを「敵」だととらえると、「敵」のようなところばかりが目につきます。「敵」ではなく、「自分と同じように、悩み、苦しみから解放されて幸せになりたいと願っている、一人の人間だ」、そんな風にとらえると、自分の感情も、「怒り」から「慈悲」に切り替えることができます。          吉田昌生 「マインドフルネス瞑想入門」   現在世界的なブームとなっているマインドフルネス瞑想は、仏教の思想、 [続きを読む]
  • 殺さぬをよきにして
  • ぬすみせず 殺さぬを よきにして われ罪なしと 思うはかなさ               徳本行者   徳本行者は、江戸時代の浄土宗の僧侶です。 悪いことをした事がない、と言い切れる人は少ないと思います。しかし、逮捕されるような経験がなければ、自分に大きな罪があるとはあまり考えません。 勿論それが間違いではないですが、自分の罪、自分の過ちに思いを馳せる事も時に大事ではないでしょうか。  故意に [続きを読む]
  • 笑みて向へ
  • 親によき物を与へんと思ひて、せめてする事なくば一日に二三度笑みて向へ                日蓮聖人 「上野殿御消息」  親孝行したい、と思い立っても、実際何をすればいいか迷う事は多々ありますね。予算や時間の問題が気になるかもしれません。 日蓮聖人は、とりあえず1日に2、3回笑いかけるだけでもいいじゃないか、とおっしゃいます。これならすぐにでも出来ますね。子供が笑いかけてくれれば、それ [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板 平成28年12月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回の言葉の出典は、法句経(ダンマパダ)です。 このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12121296735.html [続きを読む]
  • 顔も見たくないけど
  •  仕事の上で、或いは普段の生活で、できれば会いたくない人はいますか? 大嫌いで顔も見たくない、そんな人がいるかもしれません。  仏教では、「会いたくない人に会わなければいけない苦しみ」をとても大きなものだと考えていて、こうした苦しみを仏教語で「怨憎会苦(おんぞうえく)」と言います。 皆さんよくご存じの四字熟語、「四苦八苦」の八苦の一つに数えられるのがこの怨憎会苦です。ちなみに四苦とは生老病死の四つ [続きを読む]
  • 私を謙虚にさせてくれる
  • 日が当たるわけでなく、地道に利他の心で活動しておられる方は本当にたくさんおられる。そういう方に出会う中、自分の小ささや足りないところを教えられる。かなわない。利他の心に生きている方の存在は、私を謙虚にさせてくれる。       紺野美沙子(女優)  「月刊住職」平成28年12月号  紺野美沙子さんは朝ドラのヒロインも務めた人気女優です。テレビ・映画・舞台で活躍する一方、国連開発計画親善大使に任 [続きを読む]
  • 伝道掲示板 ①
  • 妙円寺では年に4回寺報を発行しています。檀信徒の皆様にお送りしている他、境内でも配布しています。毎号最終ページには、各界の名言を紹介する「伝道掲示板」というコーナーがあります。今回はそこに掲載した名言をご紹介します。 負けるのはつらい。しかし、正しいと思うことの為に戦うのは価値がある。そう信じ続けてほしいです。                          ヒラリー・クリントン [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板 平成28年11月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回の言葉の出典は、漫画「さくらん」(作・安野モヨコ)です。 このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12121296735.html [続きを読む]
  • 辛いときは
  • 辛いときは先を見ると嫌になる。自分の足下だけを見て一歩ずつ進んでいくんです。          関口兼一   (栃木県高根沢町妙福寺檀徒・日蓮宗新聞 28年6月20日号)   日蓮宗新聞は月三回発行されていて、どなたでもご購読いただけます。この新聞には日蓮宗内のニュースほか、史跡紹介、ためになる仏教講座など、様々な記事が掲載されています。  今回取り上げた言葉は、檀家さんにご自身の信仰、体験を [続きを読む]
  • 仏教的「成功・幸せ」への道
  • 最近カラオケに行く機会はありましたか?私、学生時代に比べると人前で歌を歌う事も少なくなりましたが、お寺の行事などで歌わせていただく場合、「津軽海峡冬景色」をよく選曲します。老若男女に愛され続けている名曲ですね。  津軽海峡の作詞家、阿久悠先生がお亡くなりになったのはとても悲しいニュースでした。 阿久先生は、自宅で仕事をする時はパジャマを着たままの事も多かったそうです。恐らくその方がリラックスして筆 [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板10月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回の言葉の作者は不詳です。 仏教を多くの方に知って頂きたく、ブログ村及び人気ブログランキングに参加しています。是非応援の をお願いいたします。 このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblog/entry-12121296735 [続きを読む]
  • ジャングルで思うこと
  • ガダルカナルのジャングルでのお話しです。収容されたご遺骨の前で読経していると、ふとある事が頭をよぎりました。 それは「自然葬」についてです。自然葬は最近何かと話題になっており、ご存知の方も多いと思います。ご遺骨を山に撒いたり、海に撒いたり、今はカプセルに詰めロケットで宇宙に打ち上げる、という方法もあるようです。宇宙にずっと漂うなんて嫌だな、と私は思いますが、思い出深い所に眠りたい、という気持ちが分 [続きを読む]
  • あなたと分かり合えますか?
  • ある日お釈迦様の元に一人の男が怒鳴り込んできました。仲間が仏教教団に入った事を不快に思っていたのです。 男は次から次へとお釈迦様に悪口を投げつけましたが、お釈迦様は平静を保ったまま、何も言い返す事がありませんでした。  その様子をみた男は、お釈迦様が何も反論できないと勘違いし、「あなたは負けたんだ。わたしが勝ったんだ」と言い放ちました。 そこでお釈迦様はようやく口を開き、こうおっしゃいました。「悪 [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板平成28年8月
  • 妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています今回の言葉は、作者は不詳です。 仏教を多くの方に知って頂きたく、ブログ村及び人気ブログランキングに参加しています。是非応援の をお願いいたします(人気ブログランキングのバナーはページ左側にあります) このブログの目次http://amebl [続きを読む]
  • 第7回 戦史検定
  •  妙円寺では以前から戦没者の慰霊供養、遺骨収容を続けています。 各地の慰霊碑は老朽化が進んでおり、慰霊の面ではもちろん、「歴史の風化」という観点からも大きな問題となっています。 旅行でかつての激戦地を訪れた折、慰霊碑を目にして歴史に関心を持つ、という方も少なくないと思います。  各地の慰霊碑の保全、修復の費用捻出のため、「戦史検定」という取り組みが行われております。 スタッフは全てボランティア [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板平成28年7月
  •                  妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています 仏教を多くの方に知って頂きたく、ブログ村及び人気ブログランキングに参加しています。是非応援の をお願いいたします(人気ブログランキングのバナーはページ左側にあります) このブログの目次http://ameblo. [続きを読む]
  • お釈迦様が伝える「幸せになるための秘訣」②
  •  先日の続きです  我々は「恐れ」から悪い事をしてしまう場合もあります。何かを強く恐れている時も、正しい判断ができません。恐れを動機とした行動も多くの場合、適切ではないでしょう。正しい判断が難しそうな時は、信頼できる人や専門家に相談した方が良いかもしれません。 あらゆる恐怖や不安から完全に離れる事は難しいですが、できるだけそれらの影響を受けないように心がけたいものです。「悪いものに自ら近づかない」 [続きを読む]
  • お釈迦様が伝える「幸せになるための秘訣」①
  • 好み、怒り、恐れ、無知によって、正義を踏みにじるならば、黒分の月のように、その人の栄光は失墜する。好み、怒り、恐れ、無知によって、正義を踏みにじらないならば、自分の月のように、その人の栄光は成就する。   「シガーラ教誡経(善生経)」 ある日お釈迦様はシガーラという青年に、「どうすれば人生で成功できるか」をテーマにお説法しました。この内容を記した経典が「シガーラ教誡経」です。 親の務め、子の務 [続きを読む]
  • 執着をなくすには
  • 皆さんに名前をよく知られたお坊さんの一人に、瀬戸内寂聴さんがいます。 瀬戸内さんは元々小説家で、ご存知の方も多いと思いますが、お若い頃はスキャンダルもありました。  小学生の頃から「将来作家として身を立てたい」と思っていたそうで、人生のある時期、それまでのご主人と当時まだ4歳のお子さんと別れてまで新たな道を歩み始めました。  やがて念願かない、国民的な人気作家となった瀬戸内さんでしたが、や [続きを読む]
  • 妙円寺掲示板平成28年6月
  •           妙円寺山門横の掲示板には、月替わりで名言を掲示しています。仏教にまつわる名言はもちろんの事、各界の著名人の言葉や、マンガの中の名言なども取り上げています 仏教を多くの方に知って頂きたく、ブログ村及び人気ブログランキングに参加しています。是非応援の をお願いいたします(人気ブログランキングのバナーはページ左側にあります) このブログの目次http://ameblo.jp/myouenjiblo [続きを読む]