手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さん プロフィール

  •  
手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログさん: 手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ
ハンドル名手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さん
ブログタイトル手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/8mg-xiu
サイト紹介文頭に浮かんだイメージを、あらゆる方法で具現化したい…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/28 21:45

手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さんのブログ記事

  • 失敗した革で色々試してみました
  • 昨日、記事にしたスマートキーケースの赤なんですが、実はアレの大外の革は2枚目で、運よく・・・、いや実力で、1枚目の革と同時に染めた他のパーツと色ムラ無く染められたので、完成品となった訳ですが、今日は致命的な失敗をしてしまった1枚目に革を使って色々と実験してみました。まずはその第1弾『刺繍してみた』これは革を縫い合わせる時、あるいは縁を飾り縫いしている時にいつも糸が隙間なく繋がる線になるなら絵も描け [続きを読む]
  • 本革:手縫い:スマートキーケース・タイプA:新色追加♪
  • 最近ちょっぴり革の染色にハマっている私。&出品作品の点数を増やすため、スマートキーケース・タイプAの新色を追加することにしました♪。・・・というわけで、ピンク。青。赤の3点を作ってみました♪。これらは今日出来たばかりなので、まだクリーマには出品しません。以前、仲間に茶色に染色した財布をすぐに送ったところ、染料の匂いが作品本体と箱内にこもっていたと聞いたので、3日ほど小屋で放置して匂い抜きをします。 [続きを読む]
  • 作って食べてみた♪:トマトの酢漬け(孤独のグルメより)
  • 超〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜久々の、作って食べてみたシリーズです。参考・・・といっても、元々イメージだけで作っているのですが、今回もまた、私の大好きなテレビドラマ『孤独のグルメ』よりです。今回作ったのは〜、・・・って、タイトルにも書いてるからモロ分かりですね。ジャンッ♪。トマトの酢漬けです。今期(シーズン6)で五郎さん役の松重豊さんが食べてたのを見て、イメージだけで作ってみました。なので本当にそうかと言 [続きを読む]
  • 発砲しまくってた・・・(汗
  • クリーマに作品を出品する際の送料などの備考欄に、『作品本体を薄い発泡シートで包み、緩衝材(プチプチ)付きの封筒に入れて、定形外郵便でお届けします』と入力してるのですが、『作品本体を薄い"発砲"シートで包み・・・』と漢字を誤変換して入力しまくっていました。今は気付いた限り修正しています。 [続きを読む]
  • 本革:手縫い:シンプルデザインの小銭入れ:ポケット付き
  • 考えたら同じ形の2つの型紙を使って革を切り出すより、1つの型紙を表裏にして革を切り出した方がより同じ形が切り出せるので、内側の型紙をそのままに、外側の型紙は切ってポケットの型紙として作り直し、裏面にポケットが付いたタイプを作ってみました♪。ちなみに表側は、前回の記事でアップしたものと同じ。中も形は同様なのですが、ナチュラルカラー(素地状態)は若干ノッペリした印象が強かったので、ポケット回りも飾り縫 [続きを読む]
  • 本革:手縫い:シンプルデザインの小銭入れ
  • こないだ材料屋に買い出しに行った際に新色の染料を手に入れたので、試し染めと混色染めを兼ねて、シンプルなデザインの小銭入れを作ってみました。まずはなんと言っても型紙作りですね。・・・で、新色のピンクと、青とピンクを混ぜて染めた紫・・・と、おまけにスタンダードな茶色で染色。それが乾くのを待って裏面の処理と表面の仕上げをし、パーツに切って、ピンク完成〜♪。紫完成〜♪。茶色完成〜♪。ホントいうと一番最初に [続きを読む]
  • ふしぎ不思議〜
  • 実は今さっきね、スマートキーケース:タイプAの製品版を作っていたんですよ。プロトタイプの型紙を使って皮を切り出し・・・、プロトタイプと同じ手順で作業して・・・、なのになのに、なぜかプロトタイプとは鏡写しの作品に・・・。わたくし今、キツネにつままれた気分でなりません。『ふぉっくす・わ〜くす』だけにね。とりあえず この作品は、左利きさん用として販売しよう。 [続きを読む]
  • 本革:手縫い:電子パイポ・ホルダー:自分用に作ってみた♪
  • 実を言うとこないだ、いわゆる電子たばこの電子パイポなるものを買いまして、余りポケットの着いた服を着ない・・・というか、暑いときはTシャツ、寒けりゃその上にトレーナーな感じの春の装いな私は、買ったは良いけど使わない時に入れておく場所がないので、せっかくだし、今、絶賛マイブームだしというわけで、型紙を作り、罫書き、切り出して、電子パイポ・ホルダーを作っちゃいました♪。このところ訳あって腰に提げるタイプ [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプC:試作:完成〜♪。
  • 気を取り直してタイプCの完成記事です。とはいうものの、こちらも少しやらかしたことが・・・。・・・というのも、いつものごとく画像の取り忘れ。そのため工程を示す画像が、ちょっと縫い始めちゃったところになってしまいました。とはいえしかし、完成品は良い感じ。ええ、ええ、もちろん自画自賛です。でもでも、ボタンを外した状態もトートバッグっぽいし、裏から見るとまさに!・・・な感じがしませんか?。実に楽しい制作で [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA:試作:完成〜♪
  • 今シリーズの第1弾『スマートキー・ケース:タイプA:試作』の記事です。前回、ニートフットオイルを塗った革にミンクオイルを重ね塗りした革が乾いたので、全体的に縫い穴を開け、縫って縫って縫いまくり、完成〜♪。中身はというと、こんな感じに仕上がりました♪。実を言うとコレに関しては、試作の試作があってサイズ変更しての試作なので、まぁ、出来はだいたい予想通りです♪。 [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプD・・・なるか?
  • 現在進行形のシリーズ、スマートキー・ケース:試作ですが、ミニチュア・デザインのタイプC作りが思いのほか楽し気なので、タイプDとしてランドセルのミニチュアなケースはどうだろうと思い、型紙を作ってみたのですが、本当のミニチュアと違って中にスマートキーが入んなきゃなので、妙に長いデザインになってしまいました。う〜〜〜〜ん・・・。変。これをランドセルのミニチュアというのは違う気がする・・・。どうしたもんか [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA・B・C:試作 2
  • 昨日は3つに分けて記事にしたスマートキー・ケースの試作ですが、今日は行程の関係で一つにまとめて記事にします。・・・というわけで本題。まずはタイプA普段ならこちらはすぐに縫い行程に入り、また そうなると個別に記事アップするべきなのですが、いかんせん端っこの革を使っているので固く、縫い難そうだったので、普段は最終工程のニートフットオイルの塗布(完全な素地仕上げの場合は塗布しませんが・・・)を前倒しし、 [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプC:試作
  • 先ほどの記事に続いて第三弾。スマートキー・ケース:タイプC:試作の記事です。こちらは正直、タイプBと工程的には変わりないのですが、デザイン・コンセプトが『ミニチュア』・・・ということで、トートバッグっぽいデザインにしました。・・・というわけで、本題まずはもちろん型紙作りです。で、革に罫書き、切り出して、染色(一回目)。コレを染めることにしたのは、っぽいから。素地(ベージュ)のトートバッグも探せばある [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプB:試作
  • 今回のシリーズの第二弾、スマートキー・ケース:タイプBの記事です。こちらも作業の始まりは、型紙作り。そして、革に罫書き、切って、・・・とここで、タイプAとは違う工程。タイプAは程度が良くないと言っても まだマシだったのと、完成後にモニタリングしてもらう予定の仲間が素地タイプ派なので、すぐに裏面の処理を施しましたが、Bは、練習も兼ねて染色。ここは好き好きが分かれる部分で、人によってはハズレ判定してしまう [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA:試作
  • 本日、新しい革が手に入ったので、端っこの、あまり程度の良くない部分で さっそく試作です。その第一弾が、スマートキー・ケース:タイプA。AというからにはBやCなんかもあるわけで、今回は、革が届くまでの間に複数デザインしていたこともあって、3つのタイプを並行で記事にしていこうと思います。・・・というわけで、本題。まずはなんと言っても型紙作り。・・・で、型紙が出来たら、革に罫書き、パーツを切り出して、裏面の [続きを読む]
  • 本革×ビーズのブレスレット
  • なんか ふと、思い付いてしまったので作ってみました♪。革を縁取り縫いするついでにビーズを通して縫い付けた、本革×ビーズのブレスレット。糸だけで縁取りするより華やかで良い感じ。でも今回はある材料・・・子供たちの手作り体験教室で使っているビーズで作ったので、若干ビーズが飛び出し過ぎな気がしなくもない・・・。次に作る時は専用の材料を買ってきて、より馴染んだデザインにするのも良いかな。あと今回は縁取りだけ [続きを読む]
  • 余った革でキーホルダー作りをしました♪
  • 今回仕入れた革が中途半端に余ったので、店名を刻印したキーホルダーを作ってみました♪。作る工程は例のごとく画像に収めていませんが、大体いつもの工程です。・・・で、普段と違うところは、文字を刻印してから色を染めたこと。元々は染める気がなく、素地のまま仕上げようと思っていたのですが、それだと文字が見え難かったので、上からサッと染料を擦りつけたら文字が白浮きするんじゃないかと思い試したところ、バッチリ望み [続きを読む]