手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さん プロフィール

  •  
手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログさん: 手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ
ハンドル名手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さん
ブログタイトル手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/8mg-xiu
サイト紹介文頭に浮かんだイメージを、あらゆる方法で具現化したい…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/28 21:45

手作り雑貨『ふぉっくす・わ〜くす』のブログ さんのブログ記事

  • 本革:手縫い:電子パイポ・ホルダー:自分用に作ってみた♪
  • 実を言うとこないだ、いわゆる電子たばこの電子パイポなるものを買いまして、余りポケットの着いた服を着ない・・・というか、暑いときはTシャツ、寒けりゃその上にトレーナーな感じの春の装いな私は、買ったは良いけど使わない時に入れておく場所がないので、せっかくだし、今、絶賛マイブームだしというわけで、型紙を作り、罫書き、切り出して、電子パイポ・ホルダーを作っちゃいました♪。このところ訳あって腰に提げるタイプ [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプC:試作:完成〜♪。
  • 気を取り直してタイプCの完成記事です。とはいうものの、こちらも少しやらかしたことが・・・。・・・というのも、いつものごとく画像の取り忘れ。そのため工程を示す画像が、ちょっと縫い始めちゃったところになってしまいました。とはいえしかし、完成品は良い感じ。ええ、ええ、もちろん自画自賛です。でもでも、ボタンを外した状態もトートバッグっぽいし、裏から見るとまさに!・・・な感じがしませんか?。実に楽しい制作で [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA:試作:完成〜♪
  • 今シリーズの第1弾『スマートキー・ケース:タイプA:試作』の記事です。前回、ニートフットオイルを塗った革にミンクオイルを重ね塗りした革が乾いたので、全体的に縫い穴を開け、縫って縫って縫いまくり、完成〜♪。中身はというと、こんな感じに仕上がりました♪。実を言うとコレに関しては、試作の試作があってサイズ変更しての試作なので、まぁ、出来はだいたい予想通りです♪。 [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプD・・・なるか?
  • 現在進行形のシリーズ、スマートキー・ケース:試作ですが、ミニチュア・デザインのタイプC作りが思いのほか楽し気なので、タイプDとしてランドセルのミニチュアなケースはどうだろうと思い、型紙を作ってみたのですが、本当のミニチュアと違って中にスマートキーが入んなきゃなので、妙に長いデザインになってしまいました。う〜〜〜〜ん・・・。変。これをランドセルのミニチュアというのは違う気がする・・・。どうしたもんか [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA・B・C:試作 2
  • 昨日は3つに分けて記事にしたスマートキー・ケースの試作ですが、今日は行程の関係で一つにまとめて記事にします。・・・というわけで本題。まずはタイプA普段ならこちらはすぐに縫い行程に入り、また そうなると個別に記事アップするべきなのですが、いかんせん端っこの革を使っているので固く、縫い難そうだったので、普段は最終工程のニートフットオイルの塗布(完全な素地仕上げの場合は塗布しませんが・・・)を前倒しし、 [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプC:試作
  • 先ほどの記事に続いて第三弾。スマートキー・ケース:タイプC:試作の記事です。こちらは正直、タイプBと工程的には変わりないのですが、デザイン・コンセプトが『ミニチュア』・・・ということで、トートバッグっぽいデザインにしました。・・・というわけで、本題まずはもちろん型紙作りです。で、革に罫書き、切り出して、染色(一回目)。コレを染めることにしたのは、っぽいから。素地(ベージュ)のトートバッグも探せばある [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプB:試作
  • 今回のシリーズの第二弾、スマートキー・ケース:タイプBの記事です。こちらも作業の始まりは、型紙作り。そして、革に罫書き、切って、・・・とここで、タイプAとは違う工程。タイプAは程度が良くないと言っても まだマシだったのと、完成後にモニタリングしてもらう予定の仲間が素地タイプ派なので、すぐに裏面の処理を施しましたが、Bは、練習も兼ねて染色。ここは好き好きが分かれる部分で、人によってはハズレ判定してしまう [続きを読む]
  • スマートキー・ケース:タイプA:試作
  • 本日、新しい革が手に入ったので、端っこの、あまり程度の良くない部分で さっそく試作です。その第一弾が、スマートキー・ケース:タイプA。AというからにはBやCなんかもあるわけで、今回は、革が届くまでの間に複数デザインしていたこともあって、3つのタイプを並行で記事にしていこうと思います。・・・というわけで、本題。まずはなんと言っても型紙作り。・・・で、型紙が出来たら、革に罫書き、パーツを切り出して、裏面の [続きを読む]
  • 本革×ビーズのブレスレット
  • なんか ふと、思い付いてしまったので作ってみました♪。革を縁取り縫いするついでにビーズを通して縫い付けた、本革×ビーズのブレスレット。糸だけで縁取りするより華やかで良い感じ。でも今回はある材料・・・子供たちの手作り体験教室で使っているビーズで作ったので、若干ビーズが飛び出し過ぎな気がしなくもない・・・。次に作る時は専用の材料を買ってきて、より馴染んだデザインにするのも良いかな。あと今回は縁取りだけ [続きを読む]
  • 余った革でキーホルダー作りをしました♪
  • 今回仕入れた革が中途半端に余ったので、店名を刻印したキーホルダーを作ってみました♪。作る工程は例のごとく画像に収めていませんが、大体いつもの工程です。・・・で、普段と違うところは、文字を刻印してから色を染めたこと。元々は染める気がなく、素地のまま仕上げようと思っていたのですが、それだと文字が見え難かったので、上からサッと染料を擦りつけたら文字が白浮きするんじゃないかと思い試したところ、バッチリ望み [続きを読む]
  • 本革:二つ折り財布:タイプB:販売用補足記事
  • こちらの記事は、手作り作品販売サイト『creema』で販売するための補足記事です。閉じた状態の正面。大外のボタンを外して、小銭入れとカード入れが見えた状態。中ボタンを外して、サブのカード入れが見えた状態。札入れには中仕切りがあります。小銭入れにも中仕切りがあります。各所の縫い終わりには、炎で溶解留めした際に溶け出るロウやナイロン(糸)による変色があります。また財布の端部分には、不規則に、磨いた際に出来た [続きを読む]
  • 本革:二つ折り財布:タイプA:販売用補足記事
  • こちらの記事は、手作り作品販売サイト『creema』で販売する作品の補足用記事です。閉じた状態の正面画像。メインのカード入れと小銭入れが見えた状態。サブのカード入れが見えた状態。札入れには中仕切りがあります。小銭入れにも中仕切りがあります。各箇所の縫い終わりには、炎で溶解留めした際に溶け出るロウとナイロン(糸)による変色があります。財布の端部分(コバ)には、不規則に、磨いた際に出来る変色があります。その [続きを読む]
  • 本革アイコスケース:タイプB
  • 前回作ったアイコスケース・・・、・・・は、しっかりとホールドされて、それはそれで良い感じなんですが、仲間 I が使っているところを眺めていると、ふと、本体(葉を温める器具)を取り出すときに ちょっと取り出しにくそうかな・・・と思ったので、ケース本体デザインを少し変更。いつもの流れで作業を進め、取り出しやすさに特化したタイプBを作ってみました♪。あとはコバを磨いて完成です♪。 [続きを読む]
  • 製品版:アイコスケース
  • 二度目に作ったアイコスケースの試作品を仲間 I にモニタリングしてもらったところ、使い始めは少々キツいものの使い込むほどに馴染んでくるだろうとのことだったので、革を罫書き、パーツを切り出して、貼り合わせと裏面処理をした後、縫い穴を開けて、縫うべし!。・・・で、完成〜♪。試作品との違いは、開口部に飾り縫いを施したのと、金具をDカン+カラビナから、一体型の可動なすカンに変更。試作の際はあり合わせの材料で [続きを読む]
  • パーツ多いな〜(汗:補
  • 先ほどの記事で ほぼ完成を見た「パーツ多いな〜:二つ折り財布」ですが、前回作った『製品版:二つ折り財布』との相違を紹介したいと思います。まずは5mm太くしたベロ部分。数値的には5mmですが、ぱっと見でもしっかりとした印象になったと思います。5mm、侮れずです。・・・で、小銭入れのフタ。こちらはベロからフタにかけてのアールを変更。大外のデザインに寄せた感じにしました。その他としては縫い始めの位置と終わりの [続きを読む]
  • パーツ多いな〜(汗:2
  • パーツが多いと言うことは、当然、縫い穴を開ける量も多いわけで、縫う量も多いのですが、とりあえず、二日掛かりで縫い方完了〜♪。・・・で、さらに、コバ(切断面)の処理も完了〜♪。コレが乾いたら革表面に仕上げのニートフットオイルと保湿クリームを塗って完成です♪。ふぃ〜・・・、果てしなかったっす。 [続きを読む]
  • パーツ多いな〜(汗:1
  • 今回買った革も残り少なくなってきたので、そろそろ売れそうなものを作らないと・・・。・・・と言うわけで、以前一度作った二つ折り財布を、少しデザインを変えて再び作って見ようと思います。・・・というわけで、まずは革に型紙を乗せてパーツを罫書き、切り出して・・・とここで ふと思う。「パーツ多いな〜・・・」そうなんす。ここ最近、作っていたアイコスケースやウォークマンホルダーは、せいぜい10パーツくらいだった [続きを読む]
  • 本革アイコスケース:試作:第2弾 2
  • 今朝の記事の続きです。午前の作業で裏側の処理をした革が乾いたので、全てのパーツに縫い穴を開け、縫って、縫って、縫って、完成〜♪。試しに仲間 I から貰ったタバコ葉の空き箱を入れてみたんですが、今回はかなりキツメな仕上がりになりました。・・・が、使い込んで馴染むと良い感じになるんじゃないかと思います。あとフタのデザインはやはり今回の方が良い感じ♪。・・・というわけで、さっそく仲間 I に納品。またしば [続きを読む]
  • 本革アイコス・ケース:試作・第2弾
  • 以前作ったアイコスケースをモニタリングしてもらっている仲間Iから、昨夜、使い勝手などの報告をもらい、それによると全体的にサイズが大きめとのことだったので、折り目の不足分無視したジャストサイズの型紙を改めて作り、ついでに一作目で頼りなさそうに感じたボタン部分の形状を変更し、革を卦書いてパーツを切り出し、本体パーツを貼り合わせた上で裏側の処理をしました。現在は乾くのを待っている状態です。 [続きを読む]
  • ウォークマンホルダー:試作:タイプB 2
  • 先ほどの記事でチラッと話題にしました、ウォークマンホルダー:試作:タイプBですが、途中の工程を少し飛ばし、裏地処理とポイントとなるパーツに補強用パーツを貼り合わせたのが上の画像。・・・で、各パーツに一部穴を開け、縫います。上の画像はポイントパーツをホールドした状態。・・・で、今回は全体に穴を開ける前に、接着剤で本体パーツを貼り合わせました。今回はボタンを開け閉めする機構なので、少しでも本体を強化さ [続きを読む]
  • ウォークマンホルダー:試作2+タイプB
  • 昨日、発見した懸案事項・・・、イヤホンの端っこ(本体?)の処理ですが、こんな感じで切り込みを入れ、こう処理するのはどうだろう。コレなら1から作り直す必要も無いし、加工も簡単。さらに しっかりと留められました。・・・で、タイプBの話。・・・というのも、今朝方ふと私は、難しく考えすぎていたんじゃないかとヒラメいたのが、画像のデザイン。これならコードの処理パーツが無駄に飛び出さず、スッキリしたデザインに [続きを読む]