東京昆虫記 さん プロフィール

  •  
東京昆虫記さん: 東京昆虫記
ハンドル名東京昆虫記 さん
ブログタイトル東京昆虫記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kojeee
サイト紹介文都内の片隅に残された自然のなかで生きる昆虫たちの写真 ...Represent Real in Tokyo...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/28 22:12

東京昆虫記 さんのブログ記事

  • 邪魔な存在
  • コサナエ ♂D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED今年こそコサナエのメスの産卵飛翔をカメラに収めたく羽化の撮影をした池に訪れ、池のほとりで縄張り占有するオスたちと一緒にメスを待ち伏せた。滞在中、3度にわたりメスが産卵に飛来。かなり用心深く何処から来るのかも分からず気づけばいつの間にか池に現れホバリングしている状態。撮影を急いで近寄るも、僕より早くメスに到達してコサナエのメスを追い払ってしまうトンボがいた.. [続きを読む]
  • 迷いに迷う
  • コサナエ ♂ (羽化)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDゴールデンウイーク中に撮影したものの掲載しそびれてしまったコサナエの羽化。撮影してから既に2週間が経過しているので水辺には成熟した個体が姿を見せているに違いない。このコサナエを含めた春を代表するトンボたちはいま活動最盛期を迎えている。この時期はどれを優先して撮影しようか迷いに迷う。撮影日:5月4日撮影地:東京都多摩西部 [続きを読む]
  • アケビの葉で
  • この週末は天気が悪かったので久しぶりにトンボ以外の昆虫にカメラを向けた。アカスジキンカメムシ(成虫)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDアケビコノハの幼虫を探したものの発見できず。そのかわりに見つけのがアカスジキンカメムシ。いつ見ても派手でな美しさを持つのでカメラを向けずにはいられない。撮影日:5月14日撮影地:東京都区部 [続きを読む]
  • 飴色の羽化
  • 前回の探索でいくつかの羽化殻を発見。すでに川辺には成虫の姿がちらほらと見られ、もう羽化の時期は過ぎてしまっていると判断。また来年に期待を委ねていたところ。しかし、諦め切れずに再び羽化殻が在ったポイントをチェックしに訪れてみると、なんとラッキーな事にまだ羽化をおこなっていた個体を発見。ミヤマカワトンボ ♂ (羽化)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED+12"Reflector初めて見たミヤマカワトンボの羽 [続きを読む]
  • 難しい
  • シオヤトンボ ♂D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED谷に到着すると湿地でシオヤトンボが活動の真っ最中。打水した直後に飛ぶ水滴まで写し込みたくメスの産卵撮影にもトライ。シオヤトンボ ♀(産卵)D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDしかし、打水する場所を予測して置きピンしながら、打水の瞬間に合わせてシャッターを切ったが、タイミングもピンも合わずマグレ当たりもなし。一年ぶりにその難しさを痛感した。成虫が活動 [続きを読む]
  • 止めどなく
  • ゴールデンウイーク 4日の朝は、まだ撮影が叶っていないミヤマカワトンボの羽化探索とその他の羽化状況をチェックしようと中流域に訪れた。早速、見つけたのは枯れたツルヨシの幹で羽化を行っていたトンボを発見。アサヒナカワトンボ ♂ (羽化)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED発見した時は時期的にアオハダトンボのオスかと思ったが、時間の経過と共に翅の斑紋が現れたのでアサヒナカワトンボである事が判明。鳥 [続きを読む]
  • 疑似オスで実験
  • アジアイトトンボのオスがメスの背後から近づいて交尾を仕掛ける時にメスがお断り!と翅を開いて腹部をそり上げて交尾を拒否するポーズがある。それを何とか撮影できないものかと今までチャンスがあった時にはトライしてきたが、近づいた途端に危険を察知したオスはメスから離れてしまい、それによって交尾拒否ポーズをやめさせてしまう結果になり撮影が叶わず終い。何とかヤラセで撮れないものかと娘たちと実験を試みた。アジアイ [続きを読む]
  • アシの茂みでひっそりと
  • アオヤンマ ♀ (羽化)D810+Cosina Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2今のところ不調な様子で見つからないと舌を巻く撮影仲間からの声を聴きながら、経験と引きの強さを味方にして今年も逃さずに撮影が叶ったアオヤンマの羽化。D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDこの日も朝から羽化を探して数人のトンボ撮影仲間が池を巡回する中、それらの目を掻い潜りアシの茂みでひっそりと羽化を行っていた。美しさも手強さも随 [続きを読む]
  • 目線を変えて
  • アオヤンマの羽化を狙ったものの残念ながら空振り。。。あいまいではっきりしない手強さは例年通り。アオヤンマの羽化は諦めて池から周辺の草はらに目線を変えるとそこには...アジアイトトンボ (交尾)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDアオヤンマよりも存在感はないが姿を見るとほっとする安心感がある。撮影日:4月30日撮影地:東京都内 [続きを読む]
  • 午後からオツネン
  • アオサナエの羽化撮影を堪能した後、こちらも1週間前との変化が気になり、オツネントンボとホソミオツネントンボの集団連絡産卵が見られていた場所に訪れた。D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDここは大小さまざな池が点在し、季節によっての水位変動が見られるポンドエリア。春から徐々に水位が増えて夏場には満水。秋から冬にかけて減水し、真冬には干上がる池もある。今の時期から徐々に水量が増え、前回、集団連結産卵を撮影し [続きを読む]
  • 黄緑の羽化色
  • 是非ホンサナエの羽化撮影をという横倉君の願いで再び1週間前に訪れた河川に訪問。前夜に降り続いた雨の影響も無く次々と岸辺に上陸して羽化を開始するサナエトンボ。ヤマサナエの羽化を撮影中する横倉君D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDしかし、一向に本命であるホンサナエのヤゴが上陸して来ない。何としてでも探さねばと探索を続けているとまた別のヤゴが上陸し羽化を始めた。アオサナエ ♂(羽化)D810+AF-S VR Micro-Nikkor [続きを読む]
  • 池の一番手
  • 曇りだからスロースタートかと思い、ゆっくりとフィールドへ向かうつもりでいると、トンボ仲間のO田さんからLINEが入り、既に2頭が翅を広げているとの連絡!はや...寝ぐせのまま慌てて車をかっ飛ばし到着すると他の個体も次々と羽化を始めてくれた。その中から背景抜けの良いメスに釘付け。ヨツボシトンボ ♀D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED侵食を進めるガマやアシの影響が原因か、以前は一番手だったアジアイトトン [続きを読む]
  • 帰りしなの草はらで
  • 午後から強まる風によりトンボ撮影を諦め、帰宅途中にある河川敷の草はらに立ち寄りチョウやバッタの姿を探した。ギンイチモンジセセリ (春型)春の河川敷の草はらと言えば欠かせない人気種。毛深い顔に翅側面に入る銀白色のストライプがチャームポイント。場所を変えて今度はバッタ探し。キリギリス (幼虫)長女に背中がピンク色の個体を探してとお願いしての撮影。通称:セナピンギリス。水辺や草はらにと昆虫たちの活動がだい [続きを読む]
  • ガマに群がる
  • ガマの新葉で連結産卵をするホソミオツネントンボとオツネントンボD810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDこれを見て真っ先に思ったのがいったいどこで越冬していたのかという事。冬場に幾度となく足を運んでいたが全く見つける事ができなかった事に情けなく思う。それと同時にこんな集団連結産卵が地方ではなく東京の水辺環境で見られるとは思いもよらず嬉しくて涙が出るほど感動しながらシャッターを切った。まだまだ東京 [続きを読む]
  • 桜散る河川で
  • 東京のトンボシーズン開幕に気を良くして、翌日は長女にウェーダーデビューをさせてあげようと桜散る河川中流域に訪れた。D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED朝から気温が上昇したこの日は、到着すると早くも多数のダビドサナエが岸辺で羽化の真っ最中。ダビドサナエ ♂D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDそれらを観察しながら本命であるホンサナエの羽化に期待して羽化を始める幼虫を探し右往左往。すると...ホンサナエ [続きを読む]
  • いよいよトンボシーズン
  • ムカシトンボ ♀(羽化)今回は僕と同じく羽化の時を待ち焦がれていた若手トンボ愛好家のK君と合流。以前は採集がメーンであった彼であるが両親から借りたD90で撮影を始めた事により、今まで以上にトンボの生態知識を高めて撮影にも励んでいきたいとの事。羽化したムカシトンボにメモリーカードが満タンになるまでカメラを向け、シャッターを切っていたその情熱ぶりが頼もしい。ホソミオツネントンボ ♀ムカシトンボの羽化探しに [続きを読む]
  • 折からの雨
  • この日曜日は雨の中、ムカシトンボとホンサナエの羽化状況の確認をしたく多摩西部に向かった。そろそろ両種の羽化活動がスタートしているかと思いきや探索結果は両種とも羽化殻すら見つからず。何とも不安でならないが、ただ遅れているだけであって欲しい願い。景色に変化が無い上、それが長く続く林道で傘をさしながら数時間歩き、ムカシトンボの羽化探しに疲れた様子にあった長女。雨が止んだところで場所を中流域に移してホンサ [続きを読む]
  • 桜よりも...
  • この土曜日はレインウェアを着てお花見がてらフィールドに出た。桜の鑑賞などそっちのけで直ぐさま いきもの探しを始める娘たち。次女が何かを見つけたらしく呼ばれたので見に行くと、そこには...なんとミミズ!全く怖がる様子もなく手で掴みながら観察をしていた次女。グニュグニュ動くのが面白いらしい。次はオタマジャクシ掬いに挑戦。娘たちが夢中でオタマジャクシを観察している間に、雨で活動ができずにいる昆虫の姿を探して [続きを読む]
  • もどかしい
  • この日曜日はトンボシーズンの開幕を願い、久しぶりにトンボ仲間の横倉君をゲストに迎えて多摩西部の水域に向かった。まずはホンサナエの羽化に期待して、午前、午後ともに河川護岸をチェックしたが上陸するヤゴはなく空振り。気温が上昇したところでオツネントンボの生息地に移動したが、こちらも残念ながら水辺に出ている個体は無く前回と同じくブッシュで日光浴をする個体の撮影を楽しんだ。オツネントンボ ♂D810+AF-S VR Micr [続きを読む]
  • 原っぱに現る
  • 展示写真の貼り替えを済ませた後、ヤブキリとキリギリの幼虫を探しに娘たちと原っぱに向かった。下草の成長具合が2週間前と殆ど変わらない様子に不安がよぎるも、足元から飛び出す新生幼虫に期待して丁寧に探すと...いた!ヤブキリ (若齢幼虫)例年通りの発生で何より。タンポポなどの花粉を食べる姿の観察が今から楽しみ。帰りぎわにポプラの根元をほじくって見つけたのはハナムグリの仲間の幼虫。指先に乗せて観察する娘たち。 [続きを読む]
  • 展示写真の貼り替え
  • 本日、冬から春の写真へ貼り替え作業を済ませてきました。今回は撮り貯めたトンボ写真の中から厳選して東京都で撮影した春のトンボ特集です。多摩六都科学館第4展示室に展示してありますので、天気が悪くフィールドに出られない日にでも鑑賞にいらしていただければ嬉しいです。 [続きを読む]
  • トンボシーズン開幕まであと少し
  • 山間部を後にしてコンビニで休憩をとり、午後からはオツネントンボが潜む場所に向かった。この日は気温が上昇した事でオツネントンボが生殖活動に入ってるのではと思い、先行して娘たちと水辺を観察したものの残念ながら全く気配が無かった。まだブッシュ付近にくすぶっているのかと、前回、発見した場所を丁寧に探索。すると...オツネントンボ ♀ (Sympecma paedisca)スポットの陽だまりで発見したが凄く敏感な個体ばかりで撮れた [続きを読む]
  • 春の山間部で
  • 春分の日は娘たちを連れて山間部へ訪問。D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED陽当たりの良い細流沿いにひとまず陣取りチョウの観察を楽しんだ。テングチョウ (Libythea celtis)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED10歩進めば面白いようにテングが足元から舞う程、この谷はテングチョウの宝庫。D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED色は地味でも体型がカッコイイので好きな種類。ミヤマセセリ (Erynnis montanus)D810+AF-S NIK [続きを読む]
  • 時期外れ
  • ケブカチビナミシャクD810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED3月はオカモトトゲエダシャクやトビモンオオエダシャクの実績があるので、それらに期待して樹木を丁寧に見て回ったところ本種を発見。蛾は全くの無知なのでいつも他の昆虫サイトを参考にさせてもらう事が多く、その中から外見でコレだと決めつけたのがケブカチビナミシャク。しかし、気になったのは本種の成虫の出現時期。5月、7月〜12月となっているので3 [続きを読む]
  • 春らしく
  • 先日、都下のフィールドでは越冬明けのキタテハに加えて、ちらほらとモンキチョウやベニシジミの新成虫を目撃していたので、そろそろ区部でも蝶の姿が見られる頃かと思いそれに期待して娘たちと観察に向うと、そこには...モンシロチョウ (Pieris rapae)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDルリシジミ (Celastrina argiolus)D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED午前中は曇り空で気温も低く飛ばす。午後から晴れ [続きを読む]