trp さん プロフィール

  •  
trpさん: TRPの模型ブログ
ハンドル名trp さん
ブログタイトルTRPの模型ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kushinidanngo
サイト紹介文スケールモデル(プラモデル)をまったりと作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/11/29 10:40

trp さんのブログ記事

  • フジミ HONDA CR-X Si制作④
  • エンジンの方はインマニとデスビの作成。エンジン側のプラグコードのキャップは上にカバーが付き見えなくなるため省略しました。車台の方はボンネットの可動軸を取り付け一見、前につき過ぎ?と思われるかもしれませんがこのキットは下の写真のようにワイパーの取り付け部分がウインドウパーツの方についていますので止む無くの処置です。おかげで位置合わせが非常に難しくなり本体取り付け後はたして稼働してくれるのか正直判りま [続きを読む]
  • フジミ HONDA CR-X Si制作③
  • エンジン関連はチョット後回しにしインテリアを作成と言っても市販車はあまり作る事がないのでじみにフロアマットとメーターの透明パネルのみ自作(写真ではわからないかも)し、後はパーツの塗り分けだけです。見栄えはしませんがあまり見えなくなってしまうのでこの程度で満足しちゃいます。ホイールは気に入らないので別パーツに変更します。何が気に入らないのかというとデザインではなく純正ホイールなのにインチアップしてい [続きを読む]
  • フジミ HONDA CR-X Si制作②
  • キットはエンジンレスですのでネットの実車画像を見ながら作成大まかですがエンジン本体(B16A)とエキマニまで終了しました。エキマニは見た目よりも作るの難しいのですがターボがないだけでずいぶん楽です。(ターボが加わると滅茶苦茶難易度が上がりますので)それでもこんな程度にしか出来ていませんが今回も配線と小物パーツで誤魔化していきたいと思いますちなみにエンジン取り付けベースの元はこのパーツです。下部はそのま [続きを読む]
  • フジミ HONDA CR-X Si制作①
  • 久しぶりに市販車を手掛けたいと思います。制作するのはフジミのHONDA CR-Xです。自分は旧車が好きなのでどうしてもキットも古いものになりますがどうもフジミのキットとは相性が良くないようであまり上手くいった記憶がありません。パーツを見てみると点数も少ないので問題もないように感じますがはたして今回はどうなるでしょうか?とりあえずボンネットのカットだけしてみました。 [続きを読む]
  • TOYOTA TOM'S 84C#36 完成
  • 3月中の完成を目指しましたが終盤アクシデントが相次ぎようやく完成となりました。資料が乏しく仕様の違いなんかもあると思いますのでこの際どうせならとタイヤに落書きをして雰囲気を出してみました。今気づきましたが落書きに夢中になり本来のタイヤロゴ貼るの忘れていますわ(汗)後ほど貼っときます。今回はTS020の時のように手抜きせずフロントも実車同様パーツを分解↑がワイパー取り付けパーツがない所で↓が取り付けた所。 [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑩
  • ボディ塗装を開始しました。久々にシルバー(メッキ系ではない)の塗装をしましたがやはり難しいですね!まずペーパーを当てられません。2000番で試みましたが傷が目立ちます。コンパウンドで磨くと傷は目立たなくなるものの色むらが出ます。元々傷を探すのにも用いる色なんで当たり前と言えば当たり前なんですが結局再塗装した吹きっぱなしの状態が自分の腕ではベストの様です。(クリアを吹くと塗料が流れそうで今から今から [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑩
  • ボディ塗装を開始しました。久々にシルバー(メッキ系ではない)の塗装をしましたがやはり難しいですね!まずペーパーを当てられません。2000番で試みましたが傷が目立ちます。コンパウンドで磨くと傷は目立たなくなるものの色むらが出ます。元々傷を探すのにも用いる色なんで当たり前と言えば当たり前なんですが結局再塗装した吹きっぱなしの状態が自分の腕ではベストの様です。(クリアを吹くと塗料が流れそうで今から今から [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑧
  • フロントカウル内を着手。車台側と車体側の双方を合体させる感じで制作いたしますが今回は車台側から制作いたしました。時間がなかったのでプラ板を使った簡単な工作のみです。残念ながらほとんど見えなくなってしまうのですが重要な部分なので手抜きは出来ません。少々アバウトですが実車写真を見たままに一応仮組をするとこんな感じになりますが塗装をして精度を上げていけばそこそこいい感じになりそうです。 [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑧
  • フロントカウル内を着手。車台側と車体側の双方を合体させる感じで制作いたしますが今回は車台側から制作いたしました。時間がなかったのでプラ板を使った簡単な工作のみです。残念ながらほとんど見えなくなってしまうのですが重要な部分なので手抜きは出来ません。少々アバウトですが実車写真を見たままに一応仮組をするとこんな感じになりますが塗装をして精度を上げていけばそこそこいい感じになりそうです。 [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑦
  • ブレーキ冷却ホースの吸入口とミッション周辺の配線を行いました。吸入口の作りはかなり雑になりましたがペーパーをかけて整えれば多少はマシになりそうです。一応エアフィルターも再現しましたが実車がどうなっているかは資料がなく妄想です(笑)。もう少し手直しが必要かもしれませんがこれでほぼリアカウル内の制作が終了です。残すはブレ―キと電気系の配線少々ですがこれは後に回しまして次回はフロントカウル内の制作に移り [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑦
  • ブレーキ冷却ホースの吸入口とミッション周辺の配線を行いました。吸入口の作りはかなり雑になりましたがペーパーをかけて整えれば多少はマシになりそうです。一応エアフィルターも再現しましたが実車がどうなっているかは資料がなく妄想です(笑)。もう少し手直しが必要かもしれませんがこれでほぼリアカウル内の制作が終了です。残すはブレ―キと電気系の配線少々ですがこれは後に回しまして次回はフロントカウル内の制作に移り [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑥
  • エキマニ下の断熱版の作成しました。はめ込むのにもはや知恵の輪状態でしたがこれしかないというポイントで上手く収まりました。接着痕もなくこの時ばかりは何かが降臨したようでした。(笑)フランジは六角棒の切り出しから行いましたがちょいと面倒になり途中から”さかつう”の素材を使いました。でもこれ結構コストかかるんですよね。私のような貧乏人はやはり切り出しからやる方が性に合ってそうです。今日はここまで [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑥
  • エキマニ下の断熱版の作成しました。はめ込むのにもはや知恵の輪状態でしたがこれしかないというポイントで上手く収まりました。接着痕もなくこの時ばかりは何かが降臨したようでした。(笑)フランジは六角棒の切り出しから行いましたがちょいと面倒になり途中から”さかつう”の素材を使いました。でもこれ結構コストかかるんですよね。私のような貧乏人はやはり切り出しからやる方が性に合ってそうです。今日はここまで [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑤
  • 配線を開始いたしました。その前にキットのリアカウル内を作成マフラーエンドは極限まで薄く加工エキゾースト系はあまり派手にならない程度に焼き色をつけサスペンションを組立、取り付けたらキットのリア周りパーツは全て終わりです。ちなみに↓の写真はずいぶん以前に作成したものです↑の写真とほぼ同じパーツ構成ですが物凄く質素に感じませんか。作り手の上手い下手は当然ありますがキット通りの作成だと、どなたが作られても [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作⑤
  • 配線を開始いたしました。その前にキットのリアカウル内を作成マフラーエンドは極限まで薄く加工エキゾースト系はあまり派手にならない程度に焼き色をつけサスペンションを組立、取り付けたらキットのリア周りパーツは全て終わりです。ちなみに↓の写真はずいぶん以前に作成したものです↑の写真とほぼ同じパーツ構成ですが物凄く質素に感じませんか。作り手の上手い下手は当然ありますがキット通りの作成だと、どなたが作られても [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作④
  • 野暮用でしばらくお休みしておりましたが制作を再開いたします。本当ならば一気にエンジン関係に手を付けていきたかったのですが、組み立て工程の関係もあり止む無くコクピットを先にロールケージとエンジンルームをつなぐ敷居は一体成型でしたのでくり抜きました。と言っても敷居は作らなくてはならないのでくり抜く必要もなかったのですが、塗装の塗り分けと成型ヒケの処理が面倒なので「くり抜いた方が楽」というだけの話です。 [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作④
  • 野暮用でしばらくお休みしておりましたが制作を再開いたします。本当ならば一気にエンジン関係に手を付けていきたかったのですが、組み立て工程の関係もあり止む無くコクピットを先にロールケージとエンジンルームをつなぐ敷居は一体成型でしたのでくり抜きました。と言っても敷居は作らなくてはならないのでくり抜く必要もなかったのですが、塗装の塗り分けと成型ヒケの処理が面倒なので「くり抜いた方が楽」というだけの話です。 [続きを読む]
  • TOYOTA(GrC&LMP)のミニカー
  • 84C制作は一つ峠を越えたのでちょいと息抜きして久々にミニカーのお話。84Cといえば昨年後半から続くイグニッションの84C/85Cの販売ラッシュ、今年に入ってSARDの92C/93C、さらにはSparkのTS050とファンにはうれしいラインナップなのですが、さすがにお金が持ちません。予約分もWEC-Fuji WINNERの050と1/18の050が入っていて、さて資金繰りはどうしたものか頭の痛い日々です。おかげでTOYOTA関連のレースカーはほぼコンプされてき [続きを読む]
  • TOYOTA(GrC&LMP)のミニカー
  • 84C制作は一つ峠を越えたのでちょいと息抜きして久々にミニカーのお話。84Cといえば昨年後半から続くイグニッションの84C/85Cの販売ラッシュ、今年に入ってSARDの92C/93C、さらにはSparkのTS050とファンにはうれしいラインナップなのですが、さすがにお金が持ちません。予約分もWEC-Fuji WINNERの050と1/18の050が入っていて、さて資金繰りはどうしたものか頭の痛い日々です。おかげでTOYOTA関連のレースカーはほぼコンプされてき [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作③
  • エンジンの着手細かい点は後に回すとして、このキットの最大の難所のプラグコードの配線を行いました。プラグ側はさほどでもありませんがデスビの方の穴あけが特に難しいですね。この4TGというエンジンはツインプラグのためイグニッションコイルの配線を含めると20個の穴を開けなくてはなりません。何度やっても、全て上手く開けられる可能性は極めて少ない作業ですが今回はまずまず上手く行きました。それでもデスビ側の10個の [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作③
  • エンジンの着手細かい点は後に回すとして、このキットの最大の難所のプラグコードの配線を行いました。プラグ側はさほどでもありませんがデスビの方の穴あけが特に難しいですね。この4TGというエンジンはツインプラグのためイグニッションコイルの配線を含めると20個の穴を開けなくてはなりません。何度やっても、全て上手く開けられる可能性は極めて少ない作業ですが今回はまずまず上手く行きました。それでもデスビ側の10個の [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作②
  • 前回は制作経験が多いというだけで前触れもなくカウルの切り離しから始めちゃったわけですが、今回もいつものようにRacingOnの画像(一部当時のパンフレット)をもとに制作していきます。ご存知の方も多いかと思いますが昨年4月にTOM'S&DOME'S特集号が発売されました。私にとっては待ちに待っていた特集でした。勿論目当ては84Cだったのですが主な記事(写真)は残念ながら85CーLの2台です。しかもDOMEの方はエンジンレス、TOM'Sの [続きを読む]
  • これが最後!?TOYOTA TOM'S 84C#36制作②
  • 前回は制作経験が多いというだけで前触れもなくカウルの切り離しから始めちゃったわけですが、今回もいつものようにRacingOnの画像(一部当時のパンフレット)をもとに制作していきます。ご存知の方も多いかと思いますが昨年4月にTOM'S&DOME'S特集号が発売されました。私にとっては待ちに待っていた特集でした。勿論目当ては84Cだったのですが主な記事(写真)は残念ながら85CーLの2台です。しかもDOMEの方はエンジンレス、TOM'Sの [続きを読む]