Kちゃん さん プロフィール

  •  
Kちゃんさん: 泣くときは泣く、笑うときは笑う
ハンドル名Kちゃん さん
ブログタイトル泣くときは泣く、笑うときは笑う
ブログURLhttp://ioannes.hatenablog.jp/
サイト紹介文娘の写真を撮っています。ミラーレスのnikon1とフィルムカメラも使っています。 泣き笑いの成長記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/11/30 16:56

Kちゃん さんのブログ記事

  • 瀬戸内
  • 今の季節の瀬戸内はどう撮っても眠い。余りにしんどいので一人になれる時間に海を見にいってきました。海見てぼーっとしてたら気が晴れた。ゴールデンウィークも頑張ろう。緑川洋一みたいな瀬戸内の写真を撮りたいな。山陽道―緑川洋一写真集作者: 緑川洋一出版社/メーカー: 集英社発売日: 1992/01メディア: 大型本この商品を含むブログを見る [続きを読む]
  • 雨、雨
  • sigma 24mm f1.8 ex dg macroaps-cのsd Quattroで使うとほぼハーフマクロになるのですが、私ぐらいの使い方ならハーフマクロでも十分だったりする。レンズの設計自体は古いので現行のArtレンズと比べたらへっぽこなのですが、よく写ります(ちなみに中古に時々でてますが安いです。人物中心のスナップとかテーブルフォトを撮る人には現行より味があっておすすめ)。sd Quattroですが、独特の粒状感があるのでデジカメ特有のシャリ [続きを読む]
  • 春先にマクロレンズが欲しくなるのは花粉症といっしょ
  • 鼻水たれ子です。ぐすん。花粉症治ったと思ったのに・・・。娘からもらった鼻かぜより深刻な病と日々たたかっております。あー、マクロレンズが欲しい。桜はどうでもよいけど、わたわたふわふわのタンポポ撮りたいとか、雨でぬれたアジサイ撮りにいきたいなーとか、日々もんもんとしております。幸いにして、マクロレンズのリニューアルの噂はあれどまだ予定はないので、我慢できてる。あと、一時期オークションで投げ売りだった70 [続きを読む]
  • 負けるもんか
  • 下の子の方がやはり我が強いと思うのです。日々、泣かされて強くなる・・・。エントリーの一眼レフ(aps、D3000とかKissとか)に50?の明るい単焦点は子ども撮りにはおなじみのレンズだとは思いますが、コツとしては容赦なく寄って画面を整理しちゃうのがよいと思います。ただし、近づいて撮るとピントの合う範囲が狭くなるので何にピントを合わすのかは考えないとしっくりこない写真になっちゃうので注意が必要です。sigma50mm ar [続きを読む]
  • 物欲注意報
  •  疲れがたまって、たまって休みたいタイミングでの相方の風邪、そして上の子にもうつる。 体調が悪くなるのはしかたがないのだけど、私のリソースも底をついているのです。 つらい。もう無理だよ。 フィルムカメラ(中判)がちょーほしいのです。 [続きを読む]
  • おっそわけ
  • ちょっと箸休めに。金柑の甘露煮です。相方が帰ってくるなりこれもらったんだけど( ^ω^)・・・。差し出された袋の中には金柑がたくさん。通りすがりに収穫中のおじいちゃんからもらったらしい・・・。生でも食べらるのですが、甘く煮つけてあげたら娘も食べれるかもと甘露煮にしました。味は大丈夫でしたが、中の種が気に食わなかったらしく娘は食べなかった。甘酸っぱくておいしい。相方はとっても人懐っこいというか、人っ [続きを読む]
  • 宙づり
  • 気晴らしに写真を撮りにいきたいけど、そう言った自由もないので家の中のものをモノクロで撮ってみる。モノクロフィルムは使ったことがないのでどう現像していいかがよくわからん。sd Quattro sigma 50mm f1.4 dg hsm art f2.8 1/60 iso100 [続きを読む]
  • いつものことながら
  • 体に疲れがたまってしんどい・・・。休みが欲しい。娘のためだ、今週も頑張ろう。ストロボのEF-630なんですが、連続してシャッターをきると露出が暴れまくる。何カットか白飛びしてて使いもんにならんかった。ストロボの使い方まちがってるのかもしれないな。説明書もう一度よんでおこう。Sigma 50mm f1.4 artはとっても良いレンズ。換算75?にもだいぶ慣れてきた。絞り解放だとピント面が薄すぎてピンボケになるので基本は一 [続きを読む]
  • 誕生日会のご飯をどうする
  • 今週末、下の子の一歳の誕生会をするのですが、ご飯どうするかな。リゾットもどきミートボール白身魚のジャガイモあげグリーンサラダかな・・・。リゾットはチーズを入れて仕上げる前に下の子用にとりわけしよう。で、昼に誕生会なので夜をどうするか・・・・。と思っていたのだけど、お義母さんが作ってくださるので、私が作るのはミートボールとグリーンサラダのみに。助かる。 [続きを読む]
  • カモノハシ本
  • オブジェクト指向プログラミング入門作者: ティモシイ・A.バッド,Timothy A. Budd,羽部正義出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション発売日: 2002/12メディア: 単行本購入: 3人 : 195回この商品を含むブログ (41件) を見るようやく読み始めた。オブジェクト指向言語のrubyを使っていても組んでるプログラムは手続き型というかなんというか、そもそもパズルの問題解いてるだけなので対して複雑でもないのでそれで全然良い [続きを読む]
  • 紙上計算機
  • CODE コードから見たコンピュータのからくり作者: Charles Petzold,永山操出版社/メーカー: 日経BPソフトプレス発売日: 2003/04/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 8人 : 123回この商品を含むブログ (40件) を見る私の貧相な体な話ではなく今日は私の貧相な頭の方のトレーニングの話。この本なかなか面白いです。科学に興味ある中高生ぐらいからでも楽しく学べそうな感じなんですが、やってることはなかなかにディ [続きを読む]