レム さん プロフィール

  •  
レムさん: レムの楽愁日誌〜介護にめげず、親屋片して菜園に
ハンドル名レム さん
ブログタイトルレムの楽愁日誌〜介護にめげず、親屋片して菜園に
ブログURLhttp://ameblo.jp/dsp7d2/
サイト紹介文四人の年老いた親達を週末巡回しながら、実家を片付けて家庭菜園を始めました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/11/30 22:15

レム さんのブログ記事

  • いつもと違う朝
  • 難聴になって困ることは色々あるのだが、1番困る事の一つに目覚まし時計に気付きにくいことがある。もうこれは、仕事の遅刻に直結するゆえ切実だ。普段自宅では目覚まし時計に気付かなくても家族(主にカミさんだが)が声をかけてくれるので安心である。ところが、そのカミさんが昨日から実家に行き義父のフォローをしている。故に朝起きる自信があやしい。目覚まし時計と携帯とタブの3つをセットした。バイブする携帯とタブは右手 [続きを読む]
  • 家か連れ合いか?
  • 人生最後の時間はずっと暮らしてきた自宅で過ごしたいか?それともずっと一緒に暮らしてきた連れ合いと一緒に過ごしたいか?私は後者、カミさんと過ごしたいと、今は思っている。老いた親はどうだろうか?実父母の場合だが、二人同時に自宅からサ高住に移らせた。父にとっては母と一緒なことが大切だった。母は自宅派かな。父と一緒のことが負担だった感じもするが、こだわりはあまりなかった。さて、義父母はどうなんだろ。ガンが [続きを読む]
  • 在宅の義父、介護申請が違う
  • 日曜の退院後に自宅に戻った義父。昨日の朝食はお粥にバナナ一本、昼食はお粥にツナ缶一つと味噌汁、夕食はお粥に宅配便のおかずとスープとヨーグルトとメイバランス。お粥は自分で炊いて茶碗一杯食べるらしい。昼前から夕食過ぎまで見舞った義姉からの情報だ。ちなみにメイバランスは明治の栄養食品でかかりつけ医の処方。明らかに入院中より食べている。老人ホームに入れられないようにがんばってるのかねぇ、とメールにコメント [続きを読む]
  • 収穫途中
  • 今週は九州の方から雨雲がやってくる。 今年は梅雨入りしてから雨があまり降っていない。ファームの作物の育成は良くないように感じる。(手入れがほとんど出来てないこともあるけれど)先週末6月17日土曜、耳鼻科のあと高速を飛ばし母の施設で訪問リハビリの先生やケアマネと話をすませ、ファーム入りしたのは16時過ぎだった。毎度作業時間が少なく収穫も予定通りには進まない。3月5日に植えたジャガ芋がそろそろ収穫期になってきた [続きを読む]
  • 緊急性が高いのはあなただ
  • 義父が日曜午前中に退院してきた。カミさんと義姉が迎えに行った。義弟と私が自宅側で受け入れの準備を進めた。義父は病院でも自宅でも何とか自力歩行で車の乗り降りをこなした。義父は帰宅してすぐに風呂を希望した。入院中はずっとシャワーだったらしい。ただ入浴中は姿勢によっては肺が圧迫され呼吸が苦しくなるようで介助が必要だった。入浴後は昼ご飯を挟み3時間ほど椅子に座っていたがその後は夜までベッドに入っていた。昼 [続きを読む]
  • 誤診!?二度目の告知
  • 05/30より地域拠点病院に入院している義父、家族から希望し主治医との面談があった。家族だけが部屋に呼ばれ主治医からの説明が始まった。主治医「僕の考えではお父さんは肺ガンです」同席した家族が固まった。義姉「あのぉ、昨年、細胞をとって検査した結果からそのように伺ってます。」主治医が固まった。義父は2014年に暮れにかかりつけ医から地域拠点病院のこの主治医に紹介された。当時、間質性肺炎が明らかになり、疑われた肺ガ [続きを読む]
  • 買い替えを断念する
  • 自家用が間もなく9年目の車検を迎える。乗っているのは日産のセレナ。走行距離10万弱。ボーナス時期にも重なり買い替えにはちょうど良いタイミングだと営業マンが一生懸命だ。9割は夫婦二人の移動なのでサイズを小さくしたい気持ちもあって色々と調べていた。が、もうちょっと乗ろうかと。このセレナ、前半の4年半で4万?、後半の4年半で6万?乗った。後半はほとんどが実家回り、つまり親の生活フォローである。親の生活フォローは [続きを読む]
  • 『切ってほしい』は悲しすぎる
  • 腰椎の椎間板ヘルニアの診断から3年ほど経つが今日は約ひと月ぶりに整形外科に通院した。いつもの低周波とマッサージを受け、ひと月分28枚の湿布をもらってきた。湿布もこれだけあれば2〜3カ月は持つのだが、月1回の通院は欠かせない。 というのも、通院間隔を開けてしまうと再度レントゲンを撮ったりして手間がかかるので必ず月1回は通院が必要なのである。 その後は、地域の集まりに顔を出してきた。来週のイベントの役割 [続きを読む]
  • 夜取り、有機野菜セット
  • 今日の日記、格好つけて書くとこんな感じか。 『第2農園では梅の収穫を行った後に下草を刈って圃場を整えた後、第1農園で有機栽培の野菜セットの収穫を実施。梅は梅干し用に天日干しにして、有機野菜は箱詰めにして都市部へ出荷。』 義実家は庭いじりの好きな義父はいろんな植物を育てている。例年この時期は梅の収穫時期であり義父は梅干しを漬けていた。だが、今年は体調を崩し10日ほど前から入院している。 時期を迎えた梅を [続きを読む]
  • お義父を見舞う
  • 昨日は出張帰りにお義父さんの病院に寄った。通常より早い17時にターミナル駅に着いたのでそこから30分程の病院へと向かった。病院の夕食に被りそうなので自分のお弁当を持ち込んで一緒に食べることにした。お義父さんと二人だけで食事したことはそう何度も無い。同居してない男にはハードルが高いイベントである。今回はちょっと頑張ってみるかな、くらいの思い切りが必要だった。一応肺炎で炎症値が下がらないゆえ入院が続いてい [続きを読む]
  • 初恋の人の今、、、その2
  • 前回の続きである。親対応の出来事で昔を思い出したアラフィフオヤジ。彼女の今が気になっていた。先週末、家庭菜園をやっている自分の実家からカミさんの実家へ単独で移動する機会があった。県北から県東への移動となるが主なルートは3つある。このうち、一番距離がある新バイパスルートはあまり利用しないが、気晴らしを兼ねて走ることにした。途中ナビを操作していると、懐かしい駅名が目にはいった。そう、彼女の自宅兼店舗が [続きを読む]
  • 初恋の人の今、、、その1
  • 初恋の人は高校2年の頃だから、かれこれ三十数年前の出会いだった。男子高のむさ苦しい生活が続いていたが、部活動で市内の女子高と交流会があって彼女と知り合った。そして意気投合して付き合うようになった。国鉄利用の私が私鉄利用の彼女が良く待ち合わせたのは駅南口前の公園だった。携帯電話が無い当時、どうやって約束を取り付けたのか記憶は定かでないが、想いを伝えようと下手くそな文字で必死で手紙を書いていた気がする [続きを読む]
  • 今春は乗りきれなかった私の体調
  • 過去をふりかえると、3月末から6初旬と、10月から11月の年2回の季節の変わり目が私の聴力が変動する時期であり、注意しなければならない。が今春は自分のガン疑惑や父の入院他界に伴う諸々、さらには実父の入院としんどい出来事が重なっている。精神的にも身体的にも負担がとなって休まらない日々が続く中、聴こえが更に悪化した感じだ。5週間ごとに通院して調べているオージオグラムは高低音の大小の音を聞き取る検査である。この [続きを読む]
  • 義父の決断
  • この週末、レム夫婦は手分けしてそれぞれの実家で作業をした。草木の成長が著しく、半月手を入れないとたいへんである。継続して作業してきているレムの方が早く作業がおわり、日曜のお昼にはカミさんの方に合流した。カミさんの方は義姉弟の3人が新緑の刈り取りを進めていた。例年なら早い時期から手入れがなされていた庭だが、今年は手付かずのまま6月を迎えている。義父の衰えの証左であろう。30袋分のゴミは一度に出せない量で [続きを読む]
  • あっちの庭とこっちの庭
  • この週末はカミさんと別行動となりそうだ。草木の成長が著しいこの時期は庭の手入れを怠ると大変なことになる。毎週末の手入れが欠かせない。法事だった先週末はちょっと手抜きだった。その分今週は大変なはずだ。一応都市部住まいのレムはマンション族であり庭が無い。気にしているのは実家の庭、菜園を作ってる庭(ファームと呼んでいる)である。ともう一つ、今年はカミさんの実家の庭も気にしている。今週火曜から義父が入院して [続きを読む]
  • ミステリーツア!?
  • 会社勤めのレムは、複数の新幹線と複数の在来線が合わせて8路線止まるターミナル駅で乗り換えて通勤している。 今日の帰宅もこのターミナル駅で乗り換え、ほぼ毎日乗るいつものホームのいつもの時間に、いつもの車両に乗り込んだ。 そして定刻通りにドアがしまって列車は動き出した。 いつもと違ったのは進行方向だった! あれ!?と事情がつかめないまま反対方向の一つ目の駅で降りた。 んが、中々戻る [続きを読む]
  • 父の希望通りに
  • 父の納骨を無事終えました。49日法要と納骨はこれまで参列したことがなく、勝手が一切わからない中、準備をしてきました。遺骨、位牌、遺影、礼服、花、供物、お布施(お車代,ご膳料)、引き出物と言った大物から、線香やマッチ、ハサミ、水、ゴミ袋など小物まで。知ってる人には当たり前なんでしょうが、花や供物はお寺用とお墓用を用意して正解。それに遠方の参列者のお車代や石屋さんへの寸志(事前に納骨費用は払ってますけど、遠 [続きを読む]
  • 「介護がラクになるたったひとつの方法」、それさえ難しいこともある
  • 高齢者に意欲を持たせるのは難しいです。こちらを見て晩年の父を思い出しました。施設入りしてた父、昼間は施設内のデイケアですごしてました。書道とか工作とか、計算や漢字など手や頭を使うイベントが盛り沢山でした。老化防止でいつまでも長生きしましょの掛け声で行われてるわけですが、昨年後半以降、こう言ったイベントに抵抗するようになりました。ガンが再発性してから、どうせやったところで長生きにはならん、と開き直っ [続きを読む]
  • 鴨かも知れない
  • 昨日、葬儀業者から新盆のお知らせがきた。まだ49日の法要も終わってないのだが、、、レム家のお墓は、建立400年ほどのお寺の墓所のど真ん中にある。とんでもなく古そうな石塔などもあるのだが文字がない。勝手な推察だか、お寺並の昔からあると思われる。推察せざるを得ないのは、お寺の住職は6~70年ほど前にいなくなって寺管理の過去帳が行方不明なこと、父が幼少のころに自宅が台風の水害で流され位牌や過去帳を失ったことで [続きを読む]
  • 畝の造成
  • 両親が施設に入った後の実家の維持管理をしなければならなくったのは2013年の暮れ。 2014年〜2015年はとにかく物を捨てることに腐心した。敷地の雑草の勢いはすごく、毎週草取りが大変だった。 2メータ四方くらいのスペースにジャガイモとかぼちゃを植えたのが2015年の春。ほんと適当だったがきちんと実がなった。 こりゃ面白いと、樹木がうっそうと茂った敷地を徐々に開墾して、家庭菜園をスタートさせた。 [続きを読む]
  • 事実上の今生の別れ
  • (前回の記事は義母です。今回は実母の記事です。ややこしくてすみません) 今日、母は父と事実上の最後の別れをした。 父の納骨は来週予定している。父の納骨には母は参列できない。 施設と実家は車で20分ほどかかかる。さらに実家からお墓までは車で30分強。合わせて片道1時間弱の車の移動は老いた母にはこの上ない苦行と思われる。 加えてお経などのイベントがある法事に母を連れて行くこと [続きを読む]
  • 母の日、ばばの日、妻の日
  • 昨日は全国的に母の日だと思ってましましたが、世界的みたいですね。国によって第4日曜の場合もあるようですが。ご存知のように母の日は、「母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日」とのことですが、日頃苦労をかけてくるのは母であり、苦労をねぎらう相手は息子のレムとかそのカミさんではないかと。まあ、屁理屈はおいておき、施設の母へは夏もの洋服を見繕ってプレゼントしました。プレゼントといえ [続きを読む]
  • 俄然、元気な母
  • 一週間ぶりに母を見舞った。昼過ぎの母はホールのベッドに横になって昼寝に入ろうとしていたが、声をかけると元気に起き上がろうとした。そこは要介護4、動作はゆっくりで危なかしく、手を添えてあげてい座位に持ち込む。靴を履かせて車椅子を近づけてゆっくりと立たせて、ズボンの腰の部分を持ってあげて安定させてあげ、本人は両手でベッドの手すりや車椅子の肘かけに掴まりながら移乗する。自室に戻って会話が始まる。先週より [続きを読む]
  • 駆け抜けたひと月
  • そうか、きょう12日は父の月命日というやつではないか。 病院から葬儀場の部屋に搬送を終えて最初の書類にサインしてた時間が23:30ころだった。 あの日、レムは新幹線を乗り継いで2時間半で駆けつけたっけな。カミさんも弟もほぼ同時に駅に着いた。長女と長男には車で来てもらって助かったな。 何せ実家は田舎だから夜中にはタクシーも来ないしな。 日付が変わるころ取りあえず誰もいない実家に行き5人で泊 [続きを読む]
  • 駆け抜けたひと月
  • そうか、きょう12日は父の月命日というやつではないか。 病院から葬儀場の部屋に搬送を終えて最初の書類にサインしてた時間が23:30ころだった。 あの日、レムは新幹線を乗り継いで2時間半で駆けつけたっけな。カミさんも弟もほぼ同時に駅に着いた。長女と長男には車で来てもらって助かったな。 何せ実家は田舎だから夜中にはタクシーも来ないしな。 日付が変わるころ取りあえず誰もいない実家に行き5人で泊 [続きを読む]