市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight School さん プロフィール

  •  
市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight Schoolさん: 市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight School
ハンドル名市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight School さん
ブログタイトル市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight School
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tubaman
サイト紹介文顧問が感じた事を書きます。 An advisor writes that I thought about ISHSB
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/12/01 12:46

市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru Hight School さんのブログ記事

  • 市川市消防音楽隊との練習
  • 市川市消防音楽隊との練習。本当に上手です。高い音が出るとか、テクニックが、あるとか、そういう事では無く隊員の方々はすぐに音楽の特徴を掴むのです。音楽性です。サックスのソロ本当にご機嫌です。ドラムの痒いところに届く演奏。 予定にありませんでしたが、休み時間にディープパープルメドレーの合奏をお願いしました。とても楽しい時間でした。この写真のガードは、市川昴高校吹奏楽部です^_^ [続きを読む]
  • 漢祭り報告
  • 昨日は、漢祭りに来ていただいてありがとうございました。見てください。漢祭りに来ていただいた、一年生から、女子だけのは、ありませんかという事で、本日急遽「美女祭り」を企画しました。 [続きを読む]
  • クサイ会
  • 今日は、クサイ会をやりました。質素で明るいクサイ会でした。11人のメンバー良く頑張りました。久しぶりに会った卒業生。とてもさびしいですね。みんな良い部員達だったな。 [続きを読む]
  • 歌の練習
  • 歌の練習こそ、少人数でやるとソルフェージュの力がよくわかります。自分で楽器を演奏するときは、自分の歌に乗せて吹くことが1番大事です。なんとなく歌うことと自分を持って歌うこは、だいぶ違いますが、歌うことと歌わないことの違いははるかに大きいと思います。 [続きを読む]
  • 入学式
  • 今日は入学式でした。演奏した曲は、『スピットファイア 』(英語:Spitfire Prelude and Fugue)は、イギリスの作曲家ウィリアム・ウォルトンが作曲国民の象徴作曲者:エドウィン・バグリー(1857〜1922) アメリカを代表する名行進曲でこの曲はかっこいいです。 入場する前に、自由の鐘(じゆうのかね、英語: The Liberty Bell )は、アメリカ合衆国の作曲家ジョン・フィリップ・スーザが1893年に発表した行進曲。フィラデルフィ [続きを読む]
  • 卒業生の結婚式
  • 今日は、吹奏楽部卒業生の結婚式に行って来ました。幸せをもらい、みんなでたくさん笑いました。新婦の同期もたくさん来て、高校時代の部活の話しで笑いました。楽しい一日でした。部活で忙しく、久しぶりに会った同期の卒業生達。まるで現役の時と同じように話すことが出来ました。ところで、ブーケトスは、本校ガード、コントラバスの卒業生がゲットしました。^_^そして、新しい試みがありました。これは、何よりも部員に話した [続きを読む]
  • 第6回定期演奏会
  • 昨日、第6回 定期演奏会に来ていただいて、有り難うございました。部員ともども、雨の中わざわざ私たちの演奏を聴きに来てくださりとても感謝しています。すばらしい定期演奏会を経験できた私たちは、保護者の方、学校の先生方、事務職員の方、地域の方のおかげだと思います。卒業していった3年生、君たちのおかげで定期演奏会成功しました。この貴重な経験を第7回定期演奏会に生かしていきたいと思います。この経験を来年に生かし [続きを読む]
  • 最後の練習
  • 今日は最後の練習でした。いろいろ胸に迫るものがありました。3年生が一生懸命やったことを1年が引き継いでくれることを期待するし、引き継いでいるところが時々見られるようになりました。 [続きを読む]
  • 東京大学卒業式の学長の式辞
  • とても大切なことが書いてあると思いました。私も、気をつけていかないといけないなぁと思いました。すばらしい内容なので、ここに掲載します。3月25日に行われた東京大学教養学部の卒業式で、学部長の石井洋二郎さんが卒業生に送った式辞が、ネット上で話題になっている。「肥った豚よりも痩せたソクラテスになれ」という名言にまつわる間違いについての話をきっかけに、インターネット時代における情報の扱いについて述べている [続きを読む]