mizuchan80 さん プロフィール

  •  
mizuchan80さん: 祇園精舎の鐘の声
ハンドル名mizuchan80 さん
ブログタイトル祇園精舎の鐘の声
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mizuchan80
サイト紹介文仏像彫刻を趣味にしています。
自由文十一面観音を先日彫りました。
今は不動明王にかかっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/12/01 19:11

mizuchan80 さんのブログ記事

  • 朴葉寿司 飛騨からの贈り物
  • 田植えの頃、あぜ道で食べる朴葉寿司が今年も送られてきました。新鮮な朴葉に包んだ田舎のお寿司で海がない地方なので鱒をつかいます。毎年、飛騨に住む義兄から送られてきて楽しみにしています。家だけでは食べきれないので早速ご近所にお裾分けしました。美味しかったです。 [続きを読む]
  • モリアオガエルの住む池
  • 山の中にある池にモリアオガエルの産み付けた卵の入った白い泡状のものを見つけました。私の家からちょっと山奥に入ったところにある池です。数えると10個以上あるでしょうか。ソフトボール大の白い泡の塊りです。だれも知らないところでモリアオガエルは静かに生きていました。山の斜面にはのじぎくの群生があります。 [続きを読む]
  • モリアオガエルの住む池
  • 山の中にある池にモリアオガエルの産み付けた卵の入った白い泡状のものを見つけました。私の家からちょっと山奥に入ったところにある池です。数えると10個以上あるでしょうか。ソフトボール大の白い泡の塊りです。だれも知らないところでモリアオガエルは静かに生きていました。山の斜面にはのじぎくの群生があります。 [続きを読む]
  • モリアオガエルの住む池
  • 山の中にある池にモリアオガエルの産み付けた卵の入った白い泡状のものを見つけました。私の家からちょっと山奥に入ったところにある池です。[[attached(0,width="560" height="420" class="popup_img_600_450")]]数えると10個以上あるでしょうか。[[attached(1,width="560" height="747" class="popup_img_600_800")]]ソフトボール大の白い泡の塊りです。[[attached(2,width="560" height="747" class="popup_img_600_800")]]だれ [続きを読む]
  • モリアオガエルの住む池
  • 山の中にある池にモリアオガエルの産み付けた卵の入った白い泡状のものを見つけました。私の家からちょっと山奥に入ったところにある池です。数えると10個以上あるでしょうか。ソフトボール大の白い泡の塊りです。だれも知らないところでモリアオガエルは静かに生きていました。山の斜面にはのじぎくの群生があります。 [続きを読む]
  • 奈良快慶展
  • 先日に続き、今度は教室の生徒さんと一緒にバスで研修旅行です。最高齢は90歳の生徒さんのご婦人を筆頭に総勢25人です。お天気も回復してきたみたいだし楽しい旅行になるといいな。 [続きを読む]
  • いいなぁ〜仏像ポスター
  • 昨日、快慶展で奈良に行った時探していた奈良大和路仏像ポスターを3枚買い求めました。B1の大きいもので私がずっと集めているポスターです。写真が素晴らしく毎年楽しみにしています。独りいいなぁーいいなぁーと、見入っています。 [続きを読む]
  • ボール盤が入りました。
  • といっても中古の機械です。ボール盤といって穴を開ける機械です。今までは手で持つ電動ドリルで穴を開けていたのですがまっすぐ垂直に穴を開けるのが難しいので探していました。中国製の粗悪な精度のものでなく日本製を探していました。ようやく届きました。今日は一日かかって調整をして彫刻部屋に設置しました。 [続きを読む]
  • 昨日の教室
  • 勢至菩薩の首飾りを彫りました。三千院に見に行くと現在は首飾りも王冠もしていませんが古い写真には金属の飾りが付いています。そこで写真とは形が異なりますが今回は首飾りを付けてみました。まだ未完成ですがこんな感じにします。この日は六甲に沈む夕日を浴びて赤く染まっています。 [続きを読む]
  • 彫刻の生徒さんが家まで持って来てくださいました。自分ちで家庭用に作っているイチゴです。露地栽培で作っているそうです。大きいものは赤ちゃんの握り手ぐらいの大きさ。みずみずしくてとっても美味しかったです。ごちそうさまでした。 [続きを読む]
  • 今日は一日猛烈に彫り進みました。
  • 今日は教室も無い日。生徒さんから頼まれていた1尺の瑠璃観音の荒彫り、手直しをしました。取り掛かる手順が間違っていて脇の間が大きく開いてしまっていました。どこから手を入れて行っていいのか・・・手直しはとても難しく完全なところまでいきませんでしたが、今日一日何度も線を引き直して、猛烈な勢いで荒彫りを彫り直し、ようやくまぁまぁの所まで挽回しました。削り木屑がたくさん出ました。彫る手順については説明してい [続きを読む]
  • 春野菜の緑
  • 春野菜がだいぶ大きくなってきました。緑の葉の勢いが凄いです。生命の力を感じます。美味しそう。グリーンピースです。人参です。ジャガイモです。玉葱です。あと茄子、トマト、にんにく、ピーマン、万願寺唐辛子、オクラ、ニラ、南瓜、さつまいも、里芋などを植えています。 [続きを読む]
  • 今年のさくらんぼ
  • 裏のサクランボの木にさくらんぼが実をつけています。昨年と一昨年は蜜蜂が少なかったのか受粉せず赤くなる前に落果してしまいました。今年は赤く実をつけました。しかし山鳥が来て盛んに食べています。今日はカラスまで来ていました。赤くなった実を口に入れるとさくらんぼの新鮮な香りと味わいが口に広がります。今年は食べれるかな? [続きを読む]
  • 新聞に紹介されました
  • 朝日新聞の日曜版の全国紙に娘夫婦のやっている富山県南砺市、彫刻の里、井波のゲストハウスTATEGU-YAが紹介されました。夫婦で建築士をやっている傍ら古民家をリノベーションしてゲストハウスを開いています。BED AND CRAFTというコンセプトで井波に泊まって彫刻家の指導を受けて彫刻の体験をします。今すごく人気になり外国人の方も多く訪れておられます。一日5名まで1グループのみの引き受けだそうです。私も去年2泊して [続きを読む]
  • メタセコイヤの公園
  • お茶摘みの後ももの大好きな公園へ行きました。メタセコイヤの若葉がとてもきれいになっています。ももは走り過ぎてダウン冷たい石畳に寝そべりクールダウンしてます。暫く体を冷やして復活しました。 [続きを読む]
  • お茶摘み
  • 恒例のお茶摘みをしました。 昨年は家で使うほぼ1年分のお茶が出来て重宝しました。 今日はまず一回目のお茶摘みです。(試し摘みです) 摘んだ後、ガスで熱を加え、手でしっかりと揉み、乾燥させ完成です。熱を加えると、緑の若葉が一瞬きれいな青色に変化します。まるでカジキマグロが釣り上げられた時のよう一瞬マリーンブルーに身体が変化するのをテレビで見たことがありますがそれに似ています。 [続きを読む]
  • こんな日は熱燗
  • 今夜の夕食は新鮮な鯵が手に入りましたのでメインは鯵のムニエルです。安い〜。山椒の若芽を添えていただきました。豆腐とこんにゃくとついでに竹輪を田楽にして、これには木の芽と味噌を和えた薬味を付けました。以前造って冷凍保存していた餃子を焼かずに暖かい水餃子にしてみました。サラダは裏の畑のラデッシュを間引いて添えました。南瓜も美味しいです。そして肌寒いので熱燗をいただきました。グルメとは言えない田舎料理で [続きを読む]
  • 今日も彫刻部屋
  • 青空で風もあり過ごしやすいお天気昨日の続きで勢至菩薩を彫っています。あまり昨日から進んでいないみたいに見えますが実は大変進んでいます。大和座りや先日の教室で先生から指摘された顔の修正をして随分と進みました。普段はこの彫刻部屋で彫っています。今日はとっても涼しく過ごせました。 [続きを読む]
  • 仕上げ
  • 正月過ぎにおじいちゃんが倒れて入院、1ヶ月入院して亡くなりました。今度は私の腰痛で4月の教室を休んでいました。今日1ヶ月ぶりに教室に行ってきました。ユーターンラッシュを心配していたのですが思ったより車も少なく早く着き1時から7時まで久しぶりにみっちりと彫ることができました。腰に負担がかからないように1時間ごとに休憩して腰を伸ばし白手袋をして汚さないようにして彫りました。 [続きを読む]
  • 菖蒲湯にしました。
  • 毎年この日、菖蒲湯にしています。今年も近くの畑の傍に生えている菖蒲を採りに行ってきました。昨年まではおじいちゃんがとってきてくれていましたが、今年から私の仕事です。今年も健康でいたいな。 [続きを読む]
  • 王冠の切り離し
  • 以前から台木の上で彫っていた勢至菩薩の王冠を仕上げます。注意深く切り外しました。薄いので切り離しも注意が必要です。取り付けるまではケースに入れておきます。頭に載せてみました。うまくいきました。髪の毛を梳くことにしましたので梳いてから取り付けます。 [続きを読む]
  • わらび採り
  • 蕨(わらび)を採ってきました。連休で天気がいいのですが混みますのでお出かけはしません。家の近くで蕨がまだあるかなと行ってみるとあるわ、あるわ。採りきれないのでこのあたりで止めました。明日の食卓にいただきます。 [続きを読む]