ひかリッチくん さん プロフィール

  •  
ひかリッチくんさん: 「 もしトコ 」
ハンドル名ひかリッチくん さん
ブログタイトル「 もしトコ 」
ブログURLhttps://ameblo.jp/hikarich3808/
サイト紹介文史上最強セミナー参加で、ジリ貧理容店の奇跡の復活なるか?奇跡が奇跡を呼ぶ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/12/01 23:42

ひかリッチくん さんのブログ記事

  • 「もしトコ初! 『R指定』 でご鑑賞ください」
  • わたしのお歌の芸域をなかば強引に押し拡げて下さった恩人に海たんさんというコメ友がいらっしゃる。 前回ハードロックという予想外のリクエストにかろうじてお応えしたわたしに海たんさんは、 「演歌歌手の高山 巌に似ている。」 という評価をしてくださった。(ハードロックを歌って演歌歌手に似ているって・・) ・・いや、これは褒め言葉なのだ。 海たんさんは褒めておられるのだ。 わたしはそう自分を信じこませ、「次なる [続きを読む]
  • 「にじいろギイン」
  • 今朝の一番乗りのお客は地元の議員さんだった。 元気な議員さん。 「朝のあいさつ運動」 と称して毎朝自宅近くの通学路に立ち、 登校する子供たちに声をかける。 もう9年になると言っていただろうか。 理屈抜きにこれは素晴らしい。 「下心」 があろうがなんであろうが素晴らしい。 未来を託す子どもたちを大切にし、 これまで頑張ってこられたお年寄りをねぎらう。 親・先祖を敬い母国を心から愛する。 世間でいうところのバ [続きを読む]
  • 「覆水盆にかえらず ブラジルお盆に帰る」
  • お盆のこの時期は普段見かけないお客が来られる。 3日前は同級生の旦那さんが名古屋から来られた。 そして一昨日はヨーロッパ系の顔立ちの青年が・・。 聞けばブラジル人なのだという。 うそ!明らかにヨーロッパじゃん! もっと細かく聞いてみるとお母様がイタリア人で移民なのだという。 「ブラジル、移民いっぱいいるよ。」 なるほど。 んで日系ブラジル人のお父様と知り合い、この青年が生まれたということだ。 でも・・全然 [続きを読む]
  • ー 対話小説 ー 「あくまでもトコやです・・」
  • ひかリッチ 「あんた誰?」 悪  魔  「オレ?悪魔だよ。」 ひかリッチ 「はあっ?悪魔ってなんか黒いマント着て口が裂けてて羽根が生えてて・・。」 悪  魔  「あんたにそんな大物が来るかよ。思い上がるんじゃないよ。        オレみたいなやつで十分に決まってるだろ?        でもね、あんた結構イイ線いってるらしくてね。        つい最近超小物のやつからオレに代わったんだよね。      [続きを読む]
  • 「若者を馬鹿者というなかれ」
  • 先日地元青年部の総会に出席してきた。 上部組織である組合全体の総会より少人数ではあるが、さすがにメンバーが若々しい。 席に着いて見渡してみてもどこかすがすがしい。 青年部からはビミョーにはじき出されそうなわたしは(笑)会議室の最後列の端っこに座る。 意見を言うというより皆の意見を聞きたいおもいで端っこに座る。 青年部は組合の下部組織であるため上のお偉いさんもお目付け役として参加する。 まずはそちらの [続きを読む]
  • 「 自分を卑下するな 人様のヒゲを剃れ 」
  • 剃刀(かみそり)で顔剃(そ)りをするのは理容業だけに与えられた仕事だ。 危険な刃物を人様の顔や喉元(のどもと)にすべらせながらすやすやと眠っている・・。 これは匠(たくみ)の技のひとつといっていいかもしれない。 それはわれわれ職人の側にそこはかと快感が流れる瞬間でもある。 だが最近はわれわれだけに許された資格であるがゆえにシビアでハードな来客もぐっと増えてきた。 シビアでハードな来客・・それは超高齢者 [続きを読む]
  • 「史上最年少記録更新!」
  •  朝早くから軽快に自転車を漕いでお店の前を通り過ぎる子ども達を目にする。  今、外の世界は彼らのもの。  夏休みの到来だ。  うちのお店にもおじいちゃん、おばあちゃんの元に旅行を兼ねて帰省する家族連れがやってくる。  今日も暑い中おばあちゃんが中学2年になるお孫さんを連れて散髪にやってきた。  おとなしくてどこか品のいい立居振舞いの男の子だ。  聞けば住まいは大阪だという。  「へえ〜っ。あんまり関西関 [続きを読む]
  • 「初めての夜」
  •      昨日の夜      海たんさんに歌の贈り物をした夜      「狼になりたい」 の歌をプレゼントし 喜んでいただけた夜      うれしくて      もう一度スマホを取り出し      自分の書いたブログを読んでみる      「狼になりたい」 が一瞬      「猿になりたい」 に見える      『老眼』 という言葉が頭をよぎる 初めての夜      うれしさが 一瞬でせつなさへとシフト [続きを読む]
  • 「コメ友さんとの約束、はたします・・」
  • 先日あるコメ友さんからメッセージがあった。 かいつまんで内容を言うなら以下のようなものだった。    おい、ひかリッチ!    男だったら女である私の願いのひとつやふたつ、    キッチリ叶えたらんかい! こんな意味のことを上品かつ丁寧に書かれてあった。 (だったら最初からそのまま書かんかい!と言われそうですが(特に本人に)) 何の願いかといえば、まあ単純に2曲お歌のリクエストがあったと、こういうこと [続きを読む]
  • 「わたしのウエディングソング」
  • 役員仲間のお嬢さんの結婚式は地元の老舗ホテル別館のチャペル風会場で執り行われた。 静かで落ち着いた雰囲気の披露宴会場に現れた新郎新婦の初々しい姿がひときわあざやかだ。 スムーズに乾杯まで進行し、会食が始まる。 一度お色直しに新婦・新郎の順番で退席し、再び現れたそのあとに余興は始まった。 まずは地元青年部消防団に属する新郎の、消防団仲間による小芝居が始まる。 今にもブラウスのボタンがはじけそうな 「大ブ [続きを読む]
  • 「歌うたいのバーバー」
  •   「もしもし、ひかリッチくん?」   「あ、(同じ組合執行部の)○○さん?お疲れ様です。  いよいよお嬢さんの結婚式も明後日になりましたねえ。」   「う、うん・・まあね・・。」   「まあね、じゃ意味がわかりませんけど、意味わかります。」   「ところでひかリッチくん、以前飲み屋さんで歌ってくれた結婚式の歌、  あれ誰だっけ?」   「え?ああ、斉藤 和義の 『ウエディングソング』 ですか?」   [続きを読む]
  • 「ふたたび 『ともにしあわせ』 ということ」
  • 夏の甲子園出場をかけて各地で地区予選が始まった。 神宮球場で行われた東西東京大会では、高校通算103本のホームランを放つ清宮 幸太郎が 選手宣誓を行った。 昔の型通りのモノとはまるで違う、その時間なんと1分14秒の堂々たる選手宣誓である。 ここに彼の 「魂のスピーチ」 とも言える選手宣誓の全文を掲載する。    宣  誓    私たちは野球を愛しています    私たちは野球に出会い    野球に魅せら [続きを読む]
  • 「松居 一代の精神状態はマズイはずよ」
  • かつては 「オシドリ夫婦」 と呼ばれた船越 英一郎と松居 一代の泥沼劇が紙面を賑わわせている。 昨日など3面記事にデカデカと 「宣戦布告」 とか書いてあるものだから、 はじめはてっきり北朝鮮絡みかと思ってしまった。 天才少年棋士藤井4段の連勝記録が途切れ都議選も終わり、 世間のフィーバーネタが無くなりかけたところだったのでマスコミとしては大助かりだろう。 それもしばらくは次々と新たな展開を松居 一代自 [続きを読む]
  • 「みなさんへ 七夕に棚ぼたのプレゼント」
  • 今月7日の夜7時はパチンコファンが喜びそうな 「777」 、いわゆる七夕だ。 別にパチンコなんかには行かない読者の方に、わたしから何かラッキーなプレゼントはないかと 考えてみたが・・ない。(笑) それでもあえて何かないかと思案すれば・・やっぱりお歌ぐらいでしょうか。 え?そんなモノよりブツをくれって? そんな、個人情報をわたしに教えていいんですか?え?いいの?・・・え〜と、わたしのほうが ご辞退申し [続きを読む]
  • 「メチャメチャ語ったでぇ〜!」
  • 以前ブログである元夫婦を取り上げたことがある。 (2016年3月10日「メチャメチャ陰気やでぇ〜!」 5月4日「メチャメチャ陰気やでぇ〜!−その後−」  5月5日「メチャメチャ陰気やでぇ〜!−彼女の元夫編−」) あれから1年余り。 今もそれぞれが別々にわがお店に来て下さるのだが、 わたしから見るとこの元夫婦、なにげに昔と変わらず仲がいいというか、 連絡をまめに取り合ってちょこちょこ会っちゃあ食事をしたり [続きを読む]
  • 「ビジョンはあるのか?」
  • 東京都議選の街頭演説が宴たけなわだ。 それぞれがそれぞれの訴えを・・と言いたいところだが、 もっぱら焦点としては、築地の市場移転問題と2020年の東京オリンピック問題の2点だけだ。 「都民ファースト」 をプッシュする派と皮肉る派がいるだけ。 いつの時代も当選を第一目標に目先の問題を取り上げ手っ取り早い一票を獲得しようとやっきになる。 「より良い未来」 とか 「次の世代へより良い環境」 とか 「未来を育 [続きを読む]
  • 「 帰 天 」
  • モルちゃんさんのブログで小林 麻央さんが亡くなられたのを知った。 最近でもわりとコンスタントにご本人がブログを更新されていたので、 まさかこんな早く体調が急変されるとは思ってもみなかった。 幼いお子さんを2人残されての旅立ちなので、いろいろ心残りではあろうが、 最後まで健気(けなげ)に精一杯命を燃焼され、 麻央さんの回復を祈り、応援してこられた日本中の方々に、 「 生 き 抜 く 」 という見事な姿を示 [続きを読む]
  • 「 『 ともにしあわせ 』 ということ 」
  • 昨夜母親のいる施設を訪れた際、たまたま流れていたTVのニュースに、 築地〜豊洲市場の移転問題について小池都知事に大いなる不満を述べる 伊藤 裕康会長の姿が映っていた。 世間をあっと言わせた2市場共存計画。 築地市場の首領(ドン)が口角泡を飛ばし食ってかかるように政策への不満を述べる姿を目の前に、 ドン!と構える小池都知事の姿が堂々としていて頼もしい。 肝の据わり方がハンパではない。 おそらく練りに練って生 [続きを読む]
  • 「 天才集団の中でつき抜ける天才 」
  • 弱冠14歳の少年が将棋界を席巻している。 今や社会現象にまでなっている藤井 聡太4段のデビューからの連勝記録が止まらない。 無敗のままなんと日本記録である28連勝に並んでしまった。 達成した時の地位の違いがあるとはいえ、あの羽生3冠ですら22連勝が最高記録であることを思えば、 あまり将棋の世界にくわしくない人でも藤井4段のスゴさがわかるのではないだろうか。 当たり前のことを言うようだが、すべての棋士 [続きを読む]
  • 「 SMILE!SMILE!SMAP! 」
  • 独立騒動ののちしばらく静かだったSMAPのメンバーの動向が再び注目を浴びている。 香取・草彅・稲垣の3人がジャニーズから独立し、元女性マネージャーとともに活動していくというのは 前々から言われていた。 ジャニーズに残ることで男の筋を通すというか忠義を貫き続けてきた木村 拓哉の意志は 終始一貫まったくぶれることはなかったが、 スポーツ紙で木村と常々確執があったとされる中居 正広が独立せず、 一転ジャニーズに [続きを読む]
  • 「キミたちがいて、あボクがいる・・」
  • 2014年12月1日から始めた 「もしトコ」 というこのブログも、 6月16日の今日現在でおよそ930日を経過した。 更新したブログ数はこれで527回目をむかえた。 数多くの読者に支持されてきた・・わけではないけれど(笑)、 貴重な方々のおかげで今日を迎えることが出来たと感謝している。 その貴重な読者の中でも、わたしが勝手に女神と仰いできた 「シノレイコパンサーラミカ」 のみなさん。 トコやしか知らず、 [続きを読む]
  • 「愛とはなんだべ?」
  • 4月27日に 「愛のよくわからぬ者が愛あふれる者たちに救われる」 というブログを書いた。 その最後の一節に尊敬する桜井 章一さんの 『心温かきは万能なり』 という著書の中にある 「愛とは」 について書かれた詩を掲載させていただいた。 難解ではあったがいろいろ刺激を受けた。 「愛ってなんだと思う?」 と聞かれれば、誰だってひと言や二言は答えてくれるだろう。 おそ [続きを読む]
  • 「騒音じゃなくて躁音にして!」
  • わたしのお店はやや変形の四差路の一角に位置する。 地元一のベッドタウンなので当然この四差路には信号が設置してある。 お店の横は定期バスも運行しているし中・小型のトラックもひっきりなしに通る。 田舎にしては交通量の多いところなので多少の騒音には慣れているのだが、 ひとつだけある音というか 「声」 に毎日のように悩まされている。 お店の前の信号が赤になった。 食料 [続きを読む]