むさしのけん さん プロフィール

  •  
むさしのけんさん: むさしのけん
ハンドル名むさしのけん さん
ブログタイトルむさしのけん
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ooguisyuu
サイト紹介文還暦を過ぎて剣道を再開した男の物語
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/12/02 16:37

むさしのけん さんのブログ記事

  • 全身強烈パワー打ち始まる
  • 先重の古刀作り竹刀にも、大分慣れてきました、面もどんどん遠くに飛ぶようになり、小技小手打ちも、思ったところに、剣先が飛んでいくようになってきました。しなりも少しずつ生まれてきています。基本稽古の効果は絶大です、今日で3回目、今日は早めに行き、スタートに間に合う事ができました。基本稽古の一番いいところは、直したいところを集中して直せます。先週は、胸で上げ胸打つ意識で打ちました。今週は、胸の意識プラス [続きを読む]
  • 球体バリヤーへ
  • 仏作って、魂入る、見た目の姿勢から始まって、ついに、力パワー鉄の塊の細胞エネルギーが生まれだしました。往年のむさしの打ち方、腕に頼らず、肩胸で振り上げ、肩胸で振り下ろす、体幹・全身で打つ、パワー剣道、完全に戻ってきています。偶然です、奇跡です、この鉄の塊り、細胞の力パワー、戻ってきました、腕手に頼らず、楽々、竹刀が上がります、完全に忘れ去っていた、上半身と一体化した腕、むさしのけんパワーを取り戻す [続きを読む]
  • 強力、左胸肩背中パワー刀法甦る
  • 打たない、振りかぶるだけの、直立気エネルギーを溜めるだけの、鉄板細胞エネルギーの塊を作るだけの、左右それぞれ片手素振り、そして、両手素振りをする内に、左肩胸鉄の塊が始まり、次に、肩甲骨背中、脇に至るまで繋がり、左上半身、エネルギーの集中、細胞の鉄板化が進んできました。もう全く、腕手の力に頼らずに、竹刀は、楽々、持ち上がります、左胸が張り出し、左肩、左肩甲骨背中、左脇の細胞の力、全てが繋がり集まり、 [続きを読む]
  • 腰と首の2極集中
  • 腰の据わりと、首の据わりを意識して、稽古しました、大分固まってきつつあります、ようやく、腰が、平行移動、捌けてきました。もう骨盤の緩みは無くなったみたいです。後は、太腿脚との連動一体化が進めば、完成です。首の座りは、まだまだ始まったばかりですので、意識が途切れると、少し緩みます。まあ時間をかけなくては、直りません。でも、姿勢が良くなるたびに、視界が良くなり、間合いが遠くなり、剣道の動きも一段一段と [続きを読む]
  • 鳥人へ、胸の鉄板化始まる
  • 全く無意識で、面の早い大先生に、出小手、面返し胴、出頭面それぞれ一本ずつ出ました。それぞれ、空いた瞬間に、剣が上がった瞬間にむさしのけんが、勝手に伸びていました、同時に体も瞬間移動していました。明らかに、打とうとして打った、力の入った打ちではありません、なんか打ったという感触のない、不思議な剣と体の動きでした、むさし自身が、威力を感じない、勝手に剣先が飛んで行った打ち方だった為、三本とも、むさし自 [続きを読む]
  • 小手が打てました
  • 古刀作りの竹刀の先が重くて、2週間ほど、小技小手には中々当たりませんでしたが、やっと竹刀に慣れてきたのか、今日は、大先生方々相手に、小手が決まりだしました。初めて使った時は、小手で止められずに、滑っていたのに、今日は何とか、幾度か綺麗に、小手を決めることができました。やっと重い剣先に慣れてきたのか、剣先を捌くことができてきましたが、まだまだ全体的に、重くて、かつ竹刀が、鉄棒のように、しならないので [続きを読む]
  • 腰が据わる
  • 一刀両断の姿勢をとろうとして、腰が据わり始め、腰の鉄の細胞化が、背骨から背中へ、上体と繋がり始めました。肩甲骨が寄り、背骨が伸び、胸が前に押し出され、首筋が後ろに伸び、偶然両肩を押し下げました、ああ来た!首の据わりによる、なで肩が出来上てきました。やはり首の付け根と両肩を結ぶ頸椎背骨に力が凝縮されています。この首の据わりが、上体胸を前に押し出しています。むさしが本能的に、求めていたイメージ、首の付 [続きを読む]
  • 一刀両断、新むさしのけん誕生
  • 腰の細胞鉄の塊を意識して、腰腹まで、斬るつもりで稽古しました。浮いていた、腰の据わりが良くなり、足腰が、どっしりと威圧しています。面の早い大先生に、先の面が何度も決まりました。まあそれ以上に返されましたが、ほとんど、むさしのペースで、稽古ができた気がしました、攻めていたのは確かです。素晴らしい大先生にも、押し込んで、構えを崩すことができました。なかなか打たせてもらえませんでしたが、重い引き面が一度 [続きを読む]
  • 一刀両断の素振り
  • 全ての素振り鍛錬を、腰の備え骨盤の意識始動で行っています。すぐに全ての動き、腰主導でできてきました。このまま鍛錬を練り続ければいい、腰骨盤に気を集中、鉄の塊の細胞を作り、爆発させる要領が、解ってきました、すぐに、これだ!戻ってきました。腰のパワーが戻ってくると、今まで腰に、全く力を入れていなかったことが解りました、だから上半身が微妙に揺れる、相手に、動き起りを見られてしまうことが、解りました。焦っ [続きを読む]
  • 腰骨盤が入っていない
  • 新しく買った、重い古刀型竹刀で、久しぶりに、高齢の高段者に、打ちを診てもらいました、、何度も、その場で、面打ちをしましたが、相当痛いはずなのに、不十分だと言われました、もっと手首も使って、打てと言われました、痛いので、空降りに変えられましたが、今度は、スナップまで入れると、竹刀が止まりません。まるで鉞、竹刀を途中で止めることは容易にできません。腰に力入れ、しっかり、剣の勢いを止める備え意識を持つと [続きを読む]
  • 一刀両断の竹刀届く
  • 一刀両断の古刀タイプの竹刀を、ネットで買いました、今日届きました、ずっしりとして、持ちこたえのある竹刀です、まるで鉄棒そのもの、これなら、そう簡単には割れないでしょう。むさしが剣道を始めた頃は、これが当たり前でした、今のように、胴張りにして、先を軽くした竹刀は、あまり見かけなかった様な気がします。これで小手を打たれたならば、間違いなく、痛い!肉厚でぎっしりした、強い竹です。この剣先の重み、これで、 [続きを読む]
  • 竹刀が割れた
  • 初めて、体当たり備えの姿勢構えを、できるだけ意識して、稽古しました、鉄の塊・上半身の細胞で打つ、重い重い、強烈な打ちが、自らの竹刀を割ってしまいました。出頭面で、相手の出て来る動きとむさしの剣が、相まって、強烈になりすぎ、竹刀を割ってしまいました。出会い頭の、首迄一瞬に斬っていまう威力、竹刀の負担はいかほどのものか。昨日は、古い竹刀を使ったため、一瞬に割れてしまいました、もう古い竹刀は遣えません、 [続きを読む]
  • 鉄の塊りで打つ
  • 嬉しくて嬉しくて、仕方がありません、これ以上ないという位の、強烈な打ちが戻ってきました。6年かけて辿り着いた、むさし本来の、体当たりの備えの姿勢構えで、素振りをして見ました、腰の用心の為、まだ下半身の踏み込み飛び込みは使わず、上半身だけの打ちですが、上半身の全細胞のエネルギーが鉄の塊そのものとなって、今までに、見たことも、感じたことのない打ち方パワーが、生まれています。竹刀を、振っていません、竹刀 [続きを読む]
  • 両腕が繋がる
  • 上半身の力・気エネルギーが完全に、肉体骨格筋力パワーエネルギーの塊として、復活しました。肘の緩みの克服から、両腕それぞれの一丸化そして、両肩が前に締り、胸迄が、両肩から締められ、一体化繋がりました、そしてついに、、脇の締め、胸が出てきて、完全な鳩胸に、辿り着きました。これで、上半身全てにねじり絞りが入り、上半身の姿勢構えは完全に一丸化しました。脇肩胸のアーチ型の鉄板化が出来上がっています。強力なパ [続きを読む]
  • 腰痛再発
  • 腰を曲げて、床洗いをしていて、再び、腰に痛みが来ました、前回より痛みはひどく、歩けません、仕事も休みました。念の為に、整形外科で診てもらったところ、腰の筋肉の捻挫負傷という事で、しばらく安静にしていれば、良くなるとのことでした。やはり、運動のし過ぎでした、又、腰椎の一番下の軟骨が、すり減っているとのことで、加齢によるものでもあり、仕方がないが、坐骨神経痛に、気をつけなさいという事でした。背筋のやり [続きを読む]
  • 腰は大丈夫でした
  • まだ、先日痛めた、腰痛筋肉痛は少し残っていましたが、稽古に行きました。別段、不自由はなく、稽古の後も、悪化する様子も有りませんでした。やはり、きつい腰背中脇の筋肉痛でした。腰というより。脇腹近くが痛かったので、やはり、背筋のし過ぎですね。稽古では、今日は、左足膝と左太腿ばかりを意識して、稽古しました、膝から太腿を、内側に、捻じり絞り、体重を片足で支えられるくらいに意識しながら、準備の素振りと、稽古 [続きを読む]
  • 腰痛筋肉痛
  • 剣道再開以来、2日前に、初めての、強烈な腰痛に襲われました、今までにもいろんな鍛錬で、右腰等の筋肉痛は出ましたが、これほどの、大きな広がりのある、筋肉痛は初めてです。筋肉痛が出たという事は、使われていなかった部分が、使われ出したという事です、うれしい悲鳴で有ります。この一週間ほど前から、従来の、上体を上げる、背筋運動だけではなく、でん部太腿脚を上げる、背筋運動を何百回もしてしまいました。併せて、エ [続きを読む]
  • 肘が効いてきて、中心が取れる打てる
  • 両肘に、力を気を入れ、両腕の一体化、肘で上げ打つ意識での、初稽古、竹刀が、綺麗に相手の面の真ん中を打てるようになりました。両肘に意識が入っているので、構えたままの、竹刀がぶれずに、真っ直ぐ振れます。両肘の力が両腕を一体化、竹刀を真ん中に維持してくれています。今までの誤った、手の内手首のみに頼った打ち方では、剣先にぶれが生じて、面の真ん中に当たるときもあれば、力が入って、少し横にずれるときもありまし [続きを読む]
  • 肘が直り、上体一丸化へ
  • むさしの残された課題、打ち合いの時、右肘が曲がり、時には、左肘脇が緩む、剣道再開以来、6年間、指摘され続け、直そうといくら努力しても、直らなっかた両肘、直す方法、昨日朝方、ふと、思いつきました.右腕の力は、抜こう抜こうとして、完全に脱力するから、返って、右肘が勝手に、機に臨んで、曲がってしまうのではないかと考えました、腕の力を抜きすぎ、気を入れなかったため、腕が、バラバラになっていたのではないかと [続きを読む]
  • 間合いが掴めてきた
  • むさしが打てて、相手が打てない間合いを、朧気ながら、掴みだしました。20年住んでいて通っていた道場の、高段者の古い友達が来てくれました。最近、何か月かに一回位、来られるようになっています。彼に、往年の、遠間の、飛び込み面を、何度も打ちました、以前は、全く、届きませんでした。3年前の、左足指付け根の怪我以来、打てなくなっていた間合いが、ようやく、届き始めました。最近では一足一刀の間合いでも、届かなく [続きを読む]
  • むさしのけん一丸化成る
  • 先重の柄短の竹刀を使いこなすために、全てをリセットし、基本に戻り、体で打つ、素振り、早や素振りをする内に、如何に下半身が使えていなかったか、両足の力の溜め、土台を作ることに気がつきました。打ち方を色々試しているうちに、力のある、両足腰体幹のバネ、攻め押し出しを使った、理想的な、飛び込み面が出始めました先日の稽古で、右肘が曲がることを、再び、指摘されました。一体どうしたら、右肘が曲がらなくなるか考え [続きを読む]
  • 背が伸びてきた
  • 4月からは、正式に、所属する予定の、あこがれの大先生の道場に行きました、もう日曜日は、これからもずっと、この道場に、通うことに決めています。もう、妻の病気の時に、お世話になった、近くの道場への恩返しは終わりました。左足腰の押し出しが、少しずつ、効いててきました、竹刀が少し、相手に届くようになってきました、ここ何年と、届く間合いなのに、届かなかった、空振りばかりしていた、間合いが、少し戻ってきました [続きを読む]
  • 左脚腰の土台ができてきた
  • 基本の素振り、跳躍素振りをしています、昔慣らした、あらゆるむさしの業の原点、小手抜き面の打ち方、手首腕を先に上げます、早さを追いかけず、ゆっくり、しっかりとした打ちを心がけています。下がった後ろ脚に、これ以上ない位の力・気エネルギーを、溜めるように、時間をかけ、そして、両腕を鞭のように、振り下ろし、強烈な、スナップで打ちます。これがむさし本来の打ち方です。完璧に理論と共に、肉体の使い方に辿り着きま [続きを読む]
  • リセットする
  • 肉体の妙術、右膝を上げれば、腰が自然に入る、重力のバランスを保つ、肉体の妙術、もう、大分、前に、このブログで述べましたが、すばらしい大先生に教えていただいた、左踵を上げ、右足は、つま先から降りる足運び、よくよく、考えると、この二つ全く同じ意味、腰を入れ、バランスを保つ事でした。最近特に、左かかとを上げてからの、攻め、打ちを練習するうちに、膝と腰の連動、むさしが述べていた妙術と、全く同じ事であるに気 [続きを読む]
  • ついに目覚める、スナップが戻って来た
  • まずお断りしておきます、このブログで、むさしが辿り着いた、身体刀法を数多く、述べてきていますが、言葉通りにやれば、全て身に付くわけではありません。肉体の妙術不思議、陰陽の世界、見えない体の働きの方が、はるかに多いのです。全てを言葉に表すことは不可能なのです。右足を前に出せと言っても、前に出そうとした瞬間に、右足にはいつでも、止まる働きが生まれています、腕を前に出すと、同時に引く働きが生まれています [続きを読む]