東アジア歴史文化研究会 さん プロフィール

  •  
東アジア歴史文化研究会さん: 東アジア歴史文化研究会
ハンドル名東アジア歴史文化研究会 さん
ブログタイトル東アジア歴史文化研究会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kirakiraboshi31
サイト紹介文日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう 歴史の書き換えはすでに始まっている
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/12/04 07:22

東アジア歴史文化研究会 さんのブログ記事

  • 韓国の方が歴史問題を直視せよ (阿比留 瑠比)
  • 韓国の方が歴史問題を直視せよ次は徴用工問題…日本は事実を主張し続けよ実は産経は、これらについて少なくとも過去3回報じてきたが、せっかくなのでおさらいしたい。朝日の記事は「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」「戦時徴用は245人」との見出しで、外務省の報道発表に基づき、こう記している。「韓国側などで『在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要に [続きを読む]
  • 大英帝国の栄光と挫折(宮崎正弘国際ニュース早読み)
  • BREXITで景気停滞かと思いきや****************************************ロンドンのホテルでこの原稿を書いている。猫の目のように天気は氷雨かと思えば雹(ひょう)に変わる。まるで英国の政局を彷彿とさせてくれる。昨年のBREXIT(英国のEU離脱)という衝撃は世界の経済秩序への挑戦となった。同時にグローバリズムに対する英国民衆の反撃でもあった。この反グルーバリズ [続きを読む]
  • 国際共産主義はグローバル資本が生み育てた
  • 「グローバリズムは日本の敵である」と、元ウクライナ大使馬渕睦夫氏はこのように主張しておられる。そもそもグローバリズムの本質とは何かが、われわれ日本人には理解できない。国際主義、国際強調という言葉だけを考えば別に悪いものではないように思える。しかし、グローバリズムを標榜するグローバル資本家が国際共産主義を産み育ててきたといえば別である。今までの歴史認識でもっとも難解なところであり、隠されていた事実が [続きを読む]
  • 「テロ等準備罪」は国際常識、成立を急げ(櫻井よしこ)
  • 『週刊新潮』2017年4月13日より「テロ等準備罪」について「朝日新聞」や「東京新聞」などが相変わらず全面否定の論陣を張っている。  テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法の改正案は、日本が「国際組織犯罪防止条約」を批准するために必要な国内法である。  日本周辺の国際情勢の厳しさを見れば、なぜいま同条約を批准しなければならないのかがわかるはずだ。北朝鮮の脅威、不安定さの中で左傾化する韓国情勢などが懸念される [続きを読む]
  • 北朝鮮に通じるか、トランプの手法(櫻井よしこ)
  • 『週刊新潮』 2017年4月27日号4月6、7の両日、フロリダで開かれた米中首脳会談で、米中関係はどこまで進展したのか。そのことについてヒントになる事例が目についた。マイク・ペンス米副大統領のソウル訪問に合わせて、4月16日、ホワイトハウスが同行記者団に行ったブリーフィングである。ホワイトハウス高官はアメリカが急いできた韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備及び運用開始の時期について、作業を急がないと [続きを読む]
  • どこまで続く、トランプの世界(櫻井よしこ)
  • 『週刊新潮』 2017年4月20日号4月7日(日本時間)のアメリカ軍によるシリア攻撃は驚きだった。シリアで化学兵器が使用されたとの第一報が入った4日(現地時間、以下同)、トランプ氏は声明で、「許せない」とし、シリアや後ろ盾のロシアではなく、オバマ前大統領の「弱腰」を非難した。声明には犠牲になったシリア国民への特別な同情の言葉は全くなかった。ところがそれから53時間後にトランプ氏は豹変し、シリア攻撃命令を下した [続きを読む]
  • 台湾、蒋介石の銅像が斬首され血だらけに!さらに「殺人魔」の落書き
  • やらかした連中は日本人技師・八田與一の銅像の斬首に対する報復だとFacebook上で声明を発表してるようです。 銅像受難の時代? 陽明山の蒋介石像も頭部切られる/台湾(台北 22日 中央社)台北市の陽明山で22日、公園付近に設置されている蒋介石元総統の銅像の頭部が切断されているのが発見され、警察は容疑者の行方を追っている。銅像は、首が切り落とされたほか、上半身を中心に赤いペンキをかけられ、台座には「228元凶」、「 [続きを読む]