雑魂 さん プロフィール

  •  
雑魂さん: 雑学の魂
ハンドル名雑魂 さん
ブログタイトル雑学の魂
ブログURLhttp://ztama.com/
サイト紹介文雑学に関する記事と、今日の一枚としてきれいな写真をお届けしております。
自由文雑学を学んで、いろいろな知識をつけましょう。
そして、きれいな写真を見て心を落ち着けましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/12/05 14:44

雑魂 さんのブログ記事

  • ブービー賞の由来。元々はビリから2番目を指す言葉ではない
  • ゴルフなどでビリから2番目の順位になると、ブービー賞といって特別な賞品を受け取ることができるのをご存知の方は多いと思います。しかし、ブービー賞は元々はビリから2番目を指す言葉ではないことをご存知でしょうか?ブービーの語源ブービーは英語の「booby」からきた言葉です。まぬけを意味する「bobo」に接尾語の「-y」が付いた言葉で、「最下位」を意味します。ブービー賞は英語で「booby prize」と表記され、最下位の人にジ [続きを読む]
  • スタジオジブリは本当は「ギブリ」だった
  • 「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」など世界を代表するアニメを製作しているスタジオジブリ。実は本当の名前はジブリではなくギブリであることをご存知でしょうか?ジブリはGHIBLIと書いてギブリと読むスタジオジブリの「ジブリ」は、綴りを「GHIBLI」と書きます。この単語はサハラ砂漠に吹く熱風を意味するイタリア語です。またイタリアで仕様されていた軍用偵察機の名前でもあり、飛行機マニアの宮崎駿が名づけまし [続きを読む]
  • 恋は万能薬、風邪にも効果がある
  • 何となく体調が悪い時でも、好きな人を前にすると急に体調がよくなる事はないでしょうか?恋は病気を治す魔法の薬なのかもしれません。脳内物質が風邪を抑える恋をすると、脳内でPEAとエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。PEAはフェニルエチルアミンといい、恋愛の初期段階でおこるドキドキ感を引き起こす物質です。エンドルフィンはよく聞く名前だと思いますが、別名をハピネスホルモンといい、名前のとおり「幸せフェロ [続きを読む]
  • 卒業アルバムで笑顔の女の子は幸せになる
  • 笑う門には福来たるということわざがありますが、心理学者のリー・ハーカーはある追跡調査を行い、笑顔と幸せの相関を調べる研究を行いました。笑顔の女性は幸せになるのか?リー・ハーカーはある女子大学の卒業アルバムに目をつけ、卒業アルバムの写真が笑顔かそうでないかを確認し、その後30年間の追跡調査を行いました。その結果、笑顔の女性のほうが幸せな結婚生活を送っている人が多いという結果が出ました。笑う門には福来た [続きを読む]
  • 亀の性別は生まれるときの温度できまる。オスメスの見分け方は?
  • 亀の性別は受精した状態では決まっておらず、孵化するまでの卵周辺の温度によって決まるのをご存知でしょうか?卵の温度で性別が決まる不思議なことに亀の種類によらず、ほぼ全ての亀が卵の温度で性別が決まります。しかし、その温度は様々で、例えばアカウミガメなどは28℃以下ならオス、28〜29℃ならオスメス半々、30℃以上の高温だとメスという風に性別が分かれます。他にカミツキガメなどでは、20℃の低温と30℃以 [続きを読む]
  • ゴキブリの名前の由来
  • 皆に嫌われ者のゴキブリ。大きいものでは40?〜48?にもなるワモンゴキブリなるゴキブリも存在するようです。ところで、嫌われ者で繁殖力も半端じゃないゴキブリ、その名前の由来を知っていますか?誤字が原因で「ゴキブリ」と呼ばれるようになった元々は御器(ごき:食器の意味)をかぶる(かじる)虫という意味で御器噛り(ゴキカブリ)と呼ばれていました。残飯だけでなく、野菜を盛る食器までかじったことからこの名前が付いた [続きを読む]
  • 人間のせいで絶滅させられた動物
  • 世界には発見されているだけで、約175万種もの生物が存在するといわれており、発見されていないものも含めると500万種〜3000万種物生物が存在するそうです。この多様な生物の中から毎年4万種もの生物が絶滅していると言われています。絶滅した生物の中でも、人間が原因で絶滅した動物を紹介します。ヨウスコウカワイルカヨウスコウカワイルカ / CC BY-SA 3.0ヨウスコウカワイルカは中国の淡水に生息していた珍しいイルカです。淡 [続きを読む]
  • 足の数85本、お化けダコと呼ばれるタコ
  • タコと言えば、足の数は8本ですが、驚くことに8本以上の足を持つタコが存在するのです。三重県の鳥羽水族館に展示されている多足ダコ1957年、鳥羽水族館に三重県鳥羽市答志島で最終された多足ダコが持ち込まれました。その足の数、なんと85本。館内に標本として展示され、「お化けダコ」として親しまれています。何故、足の数が増えたのか?足の数は85本ありますが、それぞれの根本をたどっていくと、付け根に生えている足は普通の [続きを読む]
  • おそ松くん、登場キャラの悲惨なその後
  • おそ松くんは、天才バカボンで有名な赤塚不二夫とフジオ・プロによる日本の漫画作品です。赤塚のギャグ漫画家としての確固たる人気を確立した作品ですが、登場キャラクターのその後をご存知でしょうか?登場キャラの末路は悲惨六つ子は食中毒死昭和45年3月6日に六つ子のおそ松くんたち一家は、はじめてフグ料理を食べて全員食中毒で死んでしまいます。どんなフグ料理屋にいったのやら・・・。イヤミは歯槽膿漏で死亡出っ歯のイヤミ [続きを読む]
  • 日本の中にも韓国がある
  • 韓国は日本海の向こうにあるお隣の国ですが、日本の中にも韓国があります。「韓国岳」と呼ばれる火山鹿児島県と宮崎県の県境に、日本の中の韓国は存在します。「韓国岳」と呼ばれる火山で、霧島連峰の最高峰になり、その高さは1700mにもなります。トレッキングコースもあり登山口から山頂までおよそ90分程で到達できます。韓国が見渡すことができる「韓国岳」の読み方は「かんこくだけ」ではなく、「からくにだけ」です。日本誕生 [続きを読む]
  • トイレの臭いを一瞬で消す方法
  • トイレの臭いは、すごく気になる臭いの一つです。いやなトイレの臭いを一瞬で消す方法があるのをご存知ですか?マッチを擦れば臭いを消してくれるマッチを擦ると、リンの成分がガスを燃やして嫌な臭いをすぐに消してくれます。また、マッチを擦ったときに発生する二酸化硫黄の成分が消臭に絶大な効果を発揮するのです。マッチに火をつけたら、すぐには消さずにマッチの頭が燃え尽きるくらいまでほおっておくとより効果的です。なぜ [続きを読む]
  • チョコレートには虫歯を予防する効果がある
  • 甘いものを食べると虫歯になるような気がしますが、甘いお菓子の代表であるチョコレートには虫歯を予防する効果があるのをご存知でしょうか?チョコレートには虫歯菌を抑制する成分が含まれるそもそも虫歯は、歯についた歯垢を虫歯菌がエサにし、その際に発生する酸により歯が溶けることで発生します。チョコレートに含まれるカカオマスには虫歯菌でやっかいなソブリヌス菌の働きを抑制する効果があるため、チョコレートは他の甘い [続きを読む]
  • イカの足は10本ではなく、足8本、腕2本
  • 一般的にイカの足の本数は10本であると思っていますか?そう思っているあなた、間違いです。10本のうち、2本は腕生物学的に言うと、イカの足の数は8本になります。イカは頭足類(主に頭、胴、足からなる軟体動物)に分類されており、4対、8本の足を持っています。これは同じ頭足類のタコと同じです。イカの場合は8本の足に加えて触腕と呼ばれる、獲物を捕らえる際に使用する2本の腕を持っている為、足が10本あるように見えるのです [続きを読む]
  • 懐石料理に学ぶ、食事を食べる順番。なぜ野菜から食べるのか?
  • 食事の際、野菜から食べるとと良いと言われていますが何故でしょう?昔の人は太らない術を知っていた、懐石料理の出される順番日本の食事は健康に良いといわれています。来客をもてなすために出される懐石料理も、料理が出てくる順番は前菜、吸い物、刺身、焼物、酢の物や和え物の順に出され、その後に、ご飯、みそ汁、漬物、最後に果物というような順番で出されます。この順番、実は料理を食べる順番に関する古くからの知恵がたっ [続きを読む]
  • 納豆と豆腐の漢字の由来は?
  • 同じ大豆から作られる納豆と豆腐ですが、なぜこのような漢字で表記されるのでしょうか?豆腐は豆を納める?納豆は豆が腐っている?納豆と豆腐のイメージからすると、「納豆は豆が腐っているから豆腐」「豆腐は豆を納めているから納豆」が正しいような気がしますが、まったく違います。それぞれ、由来があるのです。豆腐の漢字の由来諸説あるのですが、豆腐の漢字の由来は次のように言われています。1.豆腐の「腐」は中国では「柔 [続きを読む]
  • 虫に関する驚きの雑学30選
  • 信じるか信じないかはあなた次第の虫に関する雑学30選です。1.ダンゴムシは明治時代に船の荷物に紛れて日本にやってきて、あっという間に日本中に生息域を広げた2.クロカタゾウムシは硬すぎて針を通す事が出来ない。そのたためテープで貼り付けて針を刺している3.関節が歯車になっているウンカという虫がいる4.クマバチは体の大きさに対対して、羽が小さすぎて本当は飛べない。気持ちで飛んでいると思われていたが、今は科 [続きを読む]
  • 虫に関する驚きの雑学30選
  • 信じるか信じないかはあなた次第の虫に関する雑学30選です。1.ダンゴムシは明治時代に船の荷物に紛れて日本にやってきて、あっという間に日本中に生息域を広げた2.クロカタゾウムシは硬すぎて針を通す事が出来ない。そのたためテープで貼り付けて針を刺している3.関節が歯車になっているウンカという虫がいる4.クマバチは体の大きさに対対して、羽が小さすぎて本当は飛べない。気持ちで飛んでいると思われていたが、今は科 [続きを読む]
  • 韓国にはブラックデーと呼ばれるモテない人の日がある
  • 日本では好きな異性に気持ちを伝えるための特別な日があります。バレンタインデーには女の子から男の子へチョコレートを渡し、ホワイトデーにはバレンタインデーのお返しに男の子から女の子へキャンディーなどを渡します。でも、モテない人や自分に自信が無い人には無縁のイベントですよね。しかし、韓国にはモテない人の為にブラックデーと呼ばれる特別な日があるのをご存知でしょうか?韓国のブラックデーは何もかも真っ黒韓国に [続きを読む]
  • ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走る
  • 嫌われ者のゴキブリ、見つけて退治しようとしてもものすごい速さで逃げるため、なかなか退治できません。それもそのはず、ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走ることができるのです。ゴキブリが人間と同じ大きさなら平均的な人間で身長が170cmであれば、走る速さはおよそ時速20kmになります。ゴキブリ、例えばクロゴキブリと呼ばれる体長4cmの走る速さは秒速1.5m、時速に換算すると時速5.4kmになります。あの小さなゴキブリ [続きを読む]
  • 甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない
  • 甘いものが大好きで、甘いものにいっぱい群がるアリ。しかし、甘くても人工甘味料には群がらないのです。アリにとって人工甘味料は甘くない甘味料にはいろいろと種類があり、人間は甘く感じるのですが、アリにとっては甘く感じないものもあります。アリは、触覚やひげで食物に触れることによる刺激で、対象物が食べられるかどうするか判断します。人工甘味料は自然にできた甘みではなく、あくまで人間が甘く感じるように人間が作り [続きを読む]
  • 大根おろしの辛味をやわらげる方法とは
  • 大根おろしの辛味成分はいろいろと良い側面もあるのですが、この辛味が苦手という人もいるでしょう。実は大根おろしは、おろし方によって辛味が変わるのをご存知でしょうか?輪切りにした大根をゆっくりおろすそもそも、大根の中に辛味の成分は含まれていません。大根おろしの辛味は辛み成分アリルイソチオシアネートによるものですが、このアリルイソチオシアネートは大根の細胞が破壊されることで初めて科学反応を起こして生成さ [続きを読む]
  • 福井県には1店舗もイオンがない
  • イオングループの事実上の創業者である岡田卓也氏は「狸や狐の出るところに出店せよ」と命じ、その言葉のとおり、いまや地方の郊外でイオンをみないところは無くなってしまいました。しかし、実は福井県にだけはイオンが1店舗も存在しないのです。イオン出店の計画はもちろんあったイオングループが福井県に進出する計画はもちちろんありました。2006年、福井県鯖江市にイオンを出店しようとする計画があり、鯖江市もこれにとても [続きを読む]
  • 食用のアンコウは、ほとんどがメスである。悲しいオスの一生。
  • 独特の風貌ですが、鍋の具材などに使われ、食べるとおいしいアンコウ。アンコウの種類はおよそ300種類ほどいるといわれていますが、日本で食用とされているのは主に「キアンコウ」と「クツアンコウ」の2種類だけです。食卓に並ぶアンコウはメスばかりアンコウはメスに比べてオスが極端に小さいため、食用としてあまり好まれません。キアンコウに関してはメスは尾びれの根元までの体長が 1.0mから1.5m程ですが、オスは50cm前後しか [続きを読む]