阿波の局 さん プロフィール

  •  
阿波の局さん: 阿波の局の隠れ家
ハンドル名阿波の局 さん
ブログタイトル阿波の局の隠れ家
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/awanotubone/
サイト紹介文屋根部屋の皇太子2次小説など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/12/05 16:08

阿波の局 さんのブログ記事

  • 近況報告とお詫びとご挨拶
  • みなさん、こんにちは。大変ご無沙汰でございます。暑いですね。こんなんで暑いなんて言ったら西の方の方には怒られるかもしれませんが、今日なんかはもう息をしているだけで疲れますところで、近況報告…です。近頃記憶が全く当てにないのでこちらのブログでつぶやいたこと... [続きを読む]
  • あかん…
  • こんばんは帰ってきました。帰りの船で久しぶりに船酔いしました揺れは大したことなかったのですが、風邪をひいていたのが原因かと。ほぼ頭痛のみの風邪なんですが、鎮痛剤はなるべく使いたくない。(せっかく改善した低体温症ぶり返してしまったので)それで、あまり効果... [続きを読む]
  • 今日から
  • おはようございます。寒暖差が大きい日が続いております。皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか。さて、さて、今日の夜の船で北海道に参ります。ゴールデンウィークで旅行っていうわけではなく、我が家にとっての大事な用事を済ませに行きます。ついでにちょこっと観光もい... [続きを読む]
  • 胃腸炎?
  • 皆さま、大変ご無沙汰しております。お元気でお過ごしでしょうか。昨日の朝、若干頭痛がしまして、昨夜そんな飲んだ?と反省しつつ通常業務をこなしていたんですが、なんだかだんだん気持ち悪く…「お父さん、ごめん。今日一人で行って。」はい、私旦那の専属運転手でして、毎日送り迎えしてます。旦那を送り出して横になっていたのですが、なんだかよくなる気配がない。頭痛に吐き気ってやばいかも…くも膜下出血とかだったら大変 [続きを読む]
  • 祈りが希望に
  • 絶対絶命の時、それでもなお"祈れる"ということが、どれほどの希望になるか、身を以て知った。〜五年前、妻が肺炎をこじらせ、呼吸困難意識不明の重体に陥った 経験を持つ76才開業医青江肇さんの言葉    2015年12月23日聖教新聞より重病すら善医(ぜんい)に値(あ)うて急に対治すれば命猶存す何に(いかに)況や軽病をや     可延定業書にほんブログ村  [続きを読む]
  • (たぶん)しばらく休止のお知らせ
  • 皆さんこんばんは。いつ更新されるのかわからないブログへの訪問ありがとうございます。只今新幹線の中です。やっと更新されたかと思えばカッコつきのたぶん、のついた休止のお知らせってなに?でございますよね〜。本当に申し訳ありません。あれもこれも放置状態なのが大変心苦しいのではありますが、しばらく(年内、あるいは来年3月いっぱい)お休みをさせていただきます。家族が病気とか私自身が…ではありませんのでどうかご心 [続きを読む]
  • タイヤ交換はお早めに!
  • って、まるで◯リジストンかなんかのCMのようですが…皆さん、こんばんは。あっという間に月日が過ぎ、半月のご無沙汰でございます。ついこの間、暑い暑い真夏日だ…といっていた気がするのに、とうとう反射式ストーブでは間に合わずファンヒーターが稼働始めたのが我が家でございます。この数年11月中に積雪があるので、今年も16日にもう予約してあります。一度降ってからだといきなり混みますのでね。我が家がある住宅地は丘(山 [続きを読む]
  • イ・ガク 18
  • 1日でもいい、妻でありたいと…同じことを…言うのだな…そして、私を見るその真っ直ぐな瞳も…「…せっかくのおむらいすが冷めてしまう…食べよ。」「はい…。本当に美味しゅうございます。300年後の世とはこのように美味な食べ物が多くあるのでございますか?」「そうじゃな。たくさんある。食べる物が溢れておって飢える者などなく、むしろ食べ過ぎて太ることを恐れているくらいだ。だいえっとなどと申してな、わざわざ痩せるた [続きを読む]
  • 飛び立つ前の雛たち 14
  • 「ごめんなさい。母が変に気を回して…」裕子の部屋で 2人は向き合い…戸惑っていた。「やっぱり、僕も皆んなと一緒の部屋で寝るよ。寝袋があるから車の中でもいいし…」 「1人に…しないで…」部屋を出て行こうとするユチョンの袖を裕子が掴んだ。「一晩中余震があって、怖いの。ずっと母と一緒に寝てた。お願い…」 蝋燭の灯りが背後にあって裕子の表情は窺えない。袖を掴んだ手が震えていた。「ごめん、気がつかなく [続きを読む]
  • ばあばの時間 2
  • 1番下の孫ちゃん(9ヶ月)が寝てくれたので、その隙にちょい書き込みを…この夏に仙台に遊びに来ていたので、上の2人は覚えていてくれてすぐに歓迎のお出迎え。下の子だけは「知らない人がいる〜」と泣き顔になったものの ん?でも見たことあるような〜 と微妙な表情。でも、昨日のうちにすぐ仲良しになれました。長男くんは風邪を引いてしまったらしく、冷えピタをおでこに貼って今日はおとなしくしております。今日は雨で運動会が [続きを読む]
  • 「勇気の証言 ホロコースト」展
  • 東京池袋 東京芸術劇場で開催されている「勇気の証言ーホロコースト展 アンネフランクと杉原千畝の選択」を見てきました。13日火曜までの開催だそうです。お近くの方、ぜひどうぞ。悪をなすことよりも傍観することの罪の深さ。差異を認める寛容さを持つ難しさ。どんな状況でも生きる道はあるのだということ。自分のいまできること、なすべきことを考える。知らない事がたくさんあるのだということに気づくこと。そんなことを考えさ [続きを読む]
  • ばあばの時間
  • 皆さん、こんにちは。今日もお話の更新ではなくどうでもいい四方山話でございます。先週に引き続き、週末家を空けて旅の空。今回は観光ではなく、子守りをしに息子の家に行きます。はい、ばあばの時間でございます。体育の日ですからね、上の孫の運動会(幼稚園ね)があるのですが、息子は連休中ずっと仕事なもので、3人の幼子の世話をお母さん1人では無理ということでばあばに召集がかかりました。普段離れて暮らしているので自覚が [続きを読む]
  • 『太陽を抱く月』
  • 人には皆生まれてきた意味が役目があるとおもうのに、幸せになる権利があると思うのに、ボギョンは、陽明君は死ぬことでしか安らぐことができなかったのだろうか。苦悩と後悔の念を抱えたまま逝ったヨヌの父とフォンの父王が哀れで仕方がない。この物語は月=ヨヌ、または太陽=王(父王、フォン、陽明君、ヨム?)を回る女性たちの生き様を描いたお話だと思うのだが、なんかすっきりしない。皆頑張って生きているようなのに、誰も [続きを読む]
  • 名古屋旅行記 4
  • 仙台に到着です〜帰ってきました〜日常に戻らなければ〜今日もいいお天気でした。波も静かで、のんびりと過ごすことができました。仙台はやっぱり涼しいですね。名古屋は暑かったです。まだ夏の名残が充分に。名古屋城ではいっぱい蚊に刺されました??痒いです。今度行くのは一年後かな〜。頑張って稼いで、また娘と行かないと??にほんブログ村  [続きを読む]
  • 名古屋旅行記 3
  • 時間の経つのは早いもの。楽しかった旅行も後わずか。仙台に向かう船が出航して2時間半が過ぎました。明日の夕方には仙台に到着です。今回の旅の収穫は色々ありましたが、1番は…イケメンの補給だったなぁ〜と娘と語っておりました。名古屋城で名古屋おもてなし武将隊という面々に遭遇?? きりりとした素敵な演武でした。詳しくは戻りましてから。にほんブログ村  [続きを読む]
  • 名古屋旅行記 1
  • 皆さんこんばんは。訪問ありがとうございます。娘と名古屋に来ております。今回の旅は、3年越しの計画がやっと叶ったもの。今日、その第一の目的を果たし終えました(かなり大袈裟ですが。笑)別宅に帰ってきました。(えっ?)といいましても本当に別宅を構えているわけではなく、 「御自宅に帰ったつもりでお寛ぎください。」と執事やばあやが恭しく仕えてくれる『執事の館』に帰宅してきました。(気になる方は検索してみてね)90分と [続きを読む]
  • 船内にて…
  • 只今、名古屋に向かうフェリーに乗船中。福島県沖を通りすぎたころでしょうか。先ほど、ラウンジのピアノステージでミニコンサートが。写真がなぜかアップロードできません。後であげます。見た目は冴えないおじさん風の3人が本日の奏者。夏、苫小牧から帰る時に一度聞いたことのある方々でした。ドラム、ピアノ、ベースでJAZZとポピュラーの演奏でした。昼間なのに、?でも傾けたい感じ。今日は船内も空いていて静かです。のん [続きを読む]
  • 浮気中…
  • 皆様、こんにちは。訪問ありがとうございます。あのお話、このお話、コラボ祭りの〆の歌etcみな放りっぱなしのまままた長い放置状態が続来そうな予感…申し訳ございません。阿波の局は更新もしないで何やってんだ〜とご心配頂いている(方はいないとは思いますが・・・奇特な方がいるかもしれません)ので少々ご報告。イ・ガクloveな私ですが、ただいま浮気中です。イ・フォンという名の別の王様。←韓流ファンの皆様はもうお分か [続きを読む]
  • 終わるんだろうか…
  • 皆様、こんばんは。また、少しご無沙汰をしておりました。二十日ぶりの「クリスマス…」の更新でした。もう、間があきすぎて、自分でわけが分からなくなっているという、困った状況です。書き始めたころには予想していなかった展開になってきて(えっ?)26を書きながら何度も1から読み直していました。同じことを何度も言ったり、前と違うことを書いたり、変?と思われる箇所があるかとは思いますが、どうかご容赦くださいませ。 [続きを読む]
  • クリスマスに願うこと 勝手に改ざん阿波の局バージョン 26
  • あ…、オーナメント…そういえば…「パク・ハ、オーナメント店から持ってきたよね。モミの木に飾らなくていいの? 願い事のために一生懸命探したんだろう?」 「いいの。だって、あの願いはもう…それに、教えてくださったソンさんも種明かしをしてくれたの。モミの木やオーナメントに力があるわけじゃない。本当の宝、夢を叶える力は自分自身の心の中にあるんだっていうことを気づかせるための仕掛けのようなものだって。諦 [続きを読む]
  • 音楽の力 〜 ジャズフェスに寄せて
  • 悲しみが 苦しみがすべて 消えずとも          立ち上がるとき 共にあるもの口ずさむ こだまするよに 響くよに          歌歌いながら 前に進もう音楽で お腹膨らむ わけじゃない        なのに人には なくてはならぬ癒しとか 元気の元とか あるけれど         ようは楽しくて やめられないの昨日のジャズフェスで歌った「ひとつ」 「カンターレ」は高橋晴美先生が阪神淡路大震 [続きを読む]