シオン さん プロフィール

  •  
シオンさん: ケローナの丘の上から
ハンドル名シオン さん
ブログタイトルケローナの丘の上から
ブログURLhttp://daihime.com
サイト紹介文自然がいっぱいのカナダの町、ケローナで家を建築中。町の様子や家づくりの様子を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/12/06 09:05

シオン さんのブログ記事

  • 部分日食でした
  • 旅レポの途中ですが、昨日は部分日食だったので、その話題を少し。皆既日食であれば肉眼で太陽を見ることができますが、部分日食の場合は無理です。ダンナが段ボールで日食を見る装置を作りました。箱に開けた針の穴を通して、太陽の光が下に置いた紙に反射します。もうすでにほとんどが月の陰に入っています。下がその時の周りの様子です。ほんの少しだけの日射でこんなに明るいのです。暖かさはいつもより減っている気がしました [続きを読む]
  • ふたたびふなたび
  • 次の目的地はバムフィールド(Bamfield)という町です。車でも行けるのですが、道路が舗装されていず、ガタガタボコボコ道だそうなので、船を使うことにしました。ポートアルバニーから海の入り江を航行します。Mosshavenさんとご主人にフェリーの船着き場まで送っていただきました。しばしの別れを惜しんだ後、のんびりと船の旅を楽しみました。この船、人だけではなく、荷物も配達するのです。小舟で荷物を受け取りに来ました。水 [続きを読む]
  • バンクーバー島上陸!
  • バンクーバーの義姉宅で一泊させてもらった翌朝、フェリーでバンクーバー島に渡りました。義姉の家はフェリーの乗り場に近いので、至極便利です。ちょっとした船旅気分を味わっている間に、フェリーはナナイモに着きました。ナナイモの町を少々散策。可愛いお茶屋さん。柴犬のティーカップを探したのですが、ありませんでした。カナダで柴犬グッズを見つけようというのに、無理があるのかも?こちらは七色の横断歩道。人種や宗教の [続きを読む]
  • バンクーバー島へ
  • バンクーバー島に遊びに行っていました。10年以上振りです。バンクーバーからのフェリー、昔に比べて、ずいぶん綺麗になっていました。素敵な方々にお会いして、綺麗な海を堪能し。太古の森でたくさん深呼吸してきました。詳細は後ほど。とりあえず、ただいま〜まで。 [続きを読む]
  • 相変わらずの煙空とペンキ塗り
  • 7月から全く雨が降らず、カラカラに乾燥しているケローナです。ここだけでなく、周辺地域も同じ天気なので、あちらこちらで山火事が勃発しています。その為、母が到着した日も周囲が煙で霞んでいました。ところが、次の日からはすっきりと晴れて、遠くの湖まできれいに見渡せる天気でした。母が帰った途端に、また煙くなりました。お天気女だとは知っていましたが、山火事の煙も避けてしまうとは。ウチの母、天気の神様と友達なの [続きを読む]
  • 母の訪問とハプニング
  • 母が日本から遊びに来てくれています。3年前は妹家族と一緒でしたが、去年からは英語を話さないにもかかわらず、ひとりで飛行機に乗り、ひとりで乗り継ぎもこなしてしまいます。周りはハラハラしていますが、本人は何故か自信満々。ところが、今年はバンクーバーからケローナへの乗り継ぎ便がキャンセルされてしまうというハプニングがありました。便がキャンセルされたのは事前にわかっていたのですが、念のために空港まで行くと [続きを読む]
  • 洪水の次は
  • この間まで洪水の心配をしていたと思ったら、今度は山火事です。BC州でなんと180カ所の山火事が起きているそうです。我が家の地域は大丈夫なのですが、煙が流れてきて、こんなことになっています。外に出ると空気が煙い。大気汚染注意報が出ています。こんな日は家でダラダラしているのがいちばんです(笑)ゴルフに出かけたダンナは大丈夫かーと少々心配。暇なので、先日バンクーバーで手に入れた酒粕を使って、酒蒸し饅頭を作っ [続きを読む]
  • 特別なカナダデー
  • 義姉夫婦が働き過ぎの甥っ子を引き連れて、先週の木曜日から遊びに来ていました。7月1日はカナダデー。今年は連邦成立150周年記念とかで盛り上がっていたのですが、150年といっても、1867年にNova ScotiaとNew Brunswick、現在のオンタリオとケベック州という東の方の州が合併しただけで、全部の州が加わるのは1873年、イギリスが正式にカナダの「独立」を認めたのは1931年のことでした。なんて若い国なんでしょねー。どの時点を実 [続きを読む]
  • 男の料理?
  • ラベンダーの収穫中です。花が咲いたまま放っておくのは良くないそうで、しかも、最初の花を早めに収穫すると、次にまた咲く可能性があるそうです。せっせと収穫して乾燥させねば。木曜日から3泊4日でアメリカ、ニューハンプシャーから友人夫妻が遊びに来ていました。ご主人は元空軍の准将(brigadier general)で戦闘機パイロット、そしてその後はサウジアラビア駐在のアメリカ大使でした。そんなマッチョなイメージの男性がパイ [続きを読む]
  • 家の外
  • 久しぶりに家の話です。外のポーチの屋根の裏側が完成しました。私が塗料を塗って、ダンナと友人が取り付けました。照明も埋め込んで出来上がり。今は9時ごろまで外が明るいので、照明はあまり活躍していません。秋が楽しみです。そして、ポーチの隣、家とガレージの間に芝生を張りました。スプリンクラーも付けて、後は1週間ぐらい欠かさず水をやり続ければ根付く予定です。庭部分にはマルチングを。雑草対策にもなるし、水分が蒸 [続きを読む]
  • バンクーバーへ
  • 遊びに行ってきました。3日間の短い滞在で、かなり忙しい毎日でした。着いた日の夜はリヤドにいた時の友人夫妻に会いに行ってきました。このふたり、今年の春にバンクーバーに引っ越してきたばかりです。旦那さんは親の代からのホテルマンで、10歳から20歳までずっとホテル住まいだったというホテルの強者です。リヤドでも1,2を争うホテルの支配人だったのですが、その後アジアのホテル支配人を経て、今年からバンクーバーの有 [続きを読む]
  • 庭が大変です
  • 庭の草花が何者かに折られてしまいました。被害に遭ったのは、ナスの苗が4本、紫蘇が3本、マリーゴールドが2本、そしてあろうことか、バラの枝も2本!はじめは根切り虫の仕業かと思っていました。ところが、泣きつきに行った近所の日本人農家、Ogiさんによると、根切り虫は地面すれすれのところを切るので、この様子はそうじゃないとのこと。それじゃあ、一体何者の仕業なのでしょう?「鳥か、退屈したマーモットかも」退屈しのぎ [続きを読む]
  • 自動車レース
  • 先週末は新移住者の会の自動車レースの日でした。レースと言っても、速さを競うのではありません。レースコースの指示に従って、質問に答えながら、町を走ります。例えば、「ハービーアベニューをまっすぐ走り、最初の信号で右に曲がる。アールデコ風の家が見える。その家の番地を答えよ。。。」と言ったような感じです。正解の多いチームがレースの勝者。同点の場合は走行距離が短いチームが勝ちです。面白そうでしょう?ところが [続きを読む]
  • 6月初めの庭(覚書)
  • 何もなかった庭に花が咲き出しました。季節の覚書としてアップ。大きなネギ坊主のようなアレウムやアイリス、ご近所さんから分けてもらった白いデージー、ラベンダー、全部鹿に食べられない植物です。その間に菊や紫陽花などを植えて、鹿の目に留まらないように隠して(いるつもり)です。先日の旅の終りに立ち寄った友人宅で、茗荷とフキも分けていただきました。フキはダメかと思っていたら、小さい葉が1本だけ生えてきました。 [続きを読む]
  • 2回目の月命日と週末
  • 姫が逝ってから2ヶ月が経ちました。まだたったの2ヶ月ですから、未だにメソメソしてても良いですよね?今も掃除をしていると、隅から姫の毛がでてきたりします。姫の毛がぁ〜と目がうるうるになり、姫の毛がなくなってしまわないように、もう金輪際、掃除をするのは止めようかしら?などと真剣に考えてしまいます。ベンチに座って道行く人や車やわんこを眺めるのが姫の趣味でした。パリで頻繁にしていたのですが、下の写真はカナダ [続きを読む]
  • 旅の終りに
  • オレゴンコースト、最後の夜はキッチン付のホテルに泊まりました。もちろん海が目の前です。遠くに小さくサーファーが見えます。波はそれほど高くなく、気温も高くないのですけれど、頑張るサーファーがたくさんいました。キッチン付のホテルにした理由がこれです。名物、ダンジネスクラブ(Dungeness Crab)♪食べたかったので、海岸線を旅する間中ずっと、レストランのメニューにないか探したのですが、見つかりませんでした。そこ [続きを読む]
  • オレゴンで寄り道
  • ケローナを立ってから9日目、オレゴンの海岸線を北上しました。この日の泊りが、シーサイド(Seaside)でした。前回の間違いを謹んで訂正いたします。そこに行きつく前に、ダンナがどうしても行きたかったのがここです。ティラムック(Tillamook)という町にある航空博物館です。展示はまあまあなのですが、格納庫自体がすごいのです。第二次世界大戦中に作られたのですが、武器用の金属を節約するために、すべて木造です。しかも、飛 [続きを読む]
  • 幻となったレッドウッドの森
  • 長々と引きずっている旅レポの続きです。レノを立って、レッドウッド国立公園を目指しました。そびえたつ巨大なレッドウッドの森です。わくわく。4月17日、レノから西に進み、海岸線へ到達する手前、カリフォルニア州ユーカイア(Ukiah)という町で泊りました。単に中継地点なだけなので、特に写真もありません。次の日にはそこから101号線を走り、レッドウッドにお目にかかるはずでした。ところが、折からの天候不順で、崖崩れがあ [続きを読む]
  • 姫の49日
  • 過ぎてしまいました。四十九日は姫があちら側に行ってしまった日。法要の日はきっと残された者の為にあるのだと思います。段々と気持ちに区切りをつけていけるようにと。本当のところ、死後の世界はどうなっているのか誰にも分りませんものね。でも、49日の間で2回ほど、姫の姿が見えたような気がしたことがありました。最初はちらっと背中が見えて、2回目は私達のベッドの上に居たような気がしました。全くの錯覚だったのかもしれ [続きを読む]
  • リノ到着
  • 3日目、オレゴン州ベンドから、最終目的地のネバダ州リノまでは車で約7時間の道のりです。ドライブしてばかりの旅もつまらないので、この日は観光しながらゆっくり旅をすることにしました。ベンド郊外にあるHigh Desert Museum (ハイ・デザート、高地にある砂漠の博物館)、とても評判が良いので、行ってみることにしました。自然博物館って面白いのか?と半信半疑。とても楽しめました。砂漠の動植物の他、居住民の歴史の展示な [続きを読む]
  • 洪水で
  • 旅レポの途中ですが、洪水情報を。去年に引き続きの異常気象で、雨が続いていると思っていたら、小川が氾濫して、避難警告まで出る始末です。下の写真は地元のCastanetというネットニュースから借用しました。普段は水がちょろちょろ流れているだけの近所の小川もこんなです。ここだけではなく、バンクーバーやオタワ、モントリオールなど、カナダのあちこちで洪水の被害が出ています。洪水のせいで水道の水も質が低下しているとか [続きを読む]
  • ワシントン州からオレゴン州へ
  • 2日目です。この日にまず目指したのが、アラスカ州シシリーです。え?ワシントン州からどうやってアラスカまで行くのかって?アラスカ州シシリー、実は、架空の町です。1990年から5年間続いたテレビシリーズ、”ノーザンエクスポージャー(Northern Exposure)”の舞台となった町で、実際の撮影はワシントン州のロズリンという町で行われました。この番組のファンでした。寄って行かねば〜。わくわくしながら、この小さな町中へ車を [続きを読む]
  • アメリカへ
  • 旅行記です。姫がいない寂しい家に居たくなくて、空の大輔と姫に一緒に着いてきてねーとお願いして、旅に出ました。ケローナからネバダ州リノまでの車の旅です。ダンナの母がネバダでひとり暮らしをしているので、その様子を見に行くというのが目的でした。初日(4月11日)は午前中に用事があったので、お昼頃に出発しました。ケローナの町を突っ切る97号線をそのまま南に下り、国境を越えました。アメリカに入っても道の名前は同 [続きを読む]
  • 白い春
  • 丘が白い花に埋もれています。見渡す限りの花の海。空気も甘い香りに満ちています。今朝はあまりに気持ちが良かったので、ヨガマットを外に持ち出して、20分だけヨガに励みました。小鳥のさえずりを聞きながらのヨガは最高〜!去年の秋に植えた紅葉も新緑、、、この場合は新赤でしょうか?出来立ての葉っぱは何だか情けない風情です。出来立てと言えば、先日も登場したアルフィー君、今、生後11週間です。ご近所さんからSOSがきて [続きを読む]
  • スターウォーズの日
  • 5月4日はスターウォーズの日だそうです。“May(5月)the force (the forth: 4日)be with you” (フォースが共にあらんことを)という有名なスターウォーズの名セリフに引っかけているのです。そのせいで、スターウォーズ関連グッズの宣伝メールが来たり、ダンナの甥っ子がスターウォーズの仮装しているのがインスタグラムに載っていたりしています。ちなみに甥っ子は30歳過ぎています(汗)空のスターになってしまった私の大輔 [続きを読む]