人形町治療院 さん プロフィール

  •  
人形町治療院さん: 鴻巣市 人形町治療院ブログ
ハンドル名人形町治療院 さん
ブログタイトル鴻巣市 人形町治療院ブログ
ブログURLhttp://www.nhq.jp/wordpress/
サイト紹介文埼玉県鴻巣市、人形町治療院のブログです。 最新の鍼灸、マッサージ、リハビリ情報等をお届けします。
自由文人形町治療院は、治療院内での鍼灸、マッサージ、整体は勿論の事、往診治療にも対応しております。
また、厚労省と保健所の許可を得た治療院なので、医師が発行した診断書があれば医療保険(健康保険)を適応し、通常の1割〜3割程度の負担で高レベルの治療を受けることが出来ます。
近年では、刺さない鍼治療や、様々な特殊療法を取り入れる事により、多くの患者さんの症状が改善しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/12/06 16:33

人形町治療院 さんのブログ記事

  • 読売新聞にYNSA本の広告が!
  • ついに読売新聞に、山元敏勝先生が書かれた一般向けYNSA(山元式新頭鍼療法)の解説本、「あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る! 」の広告が掲載されました。これで3大紙全てに掲載された事になります。大変わかりやすく、万人にお勧めできる書籍だと思いますので、まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。なお、私の知る限りですが、鍼治療に特化した書籍の広告が3大紙全てに載ったという話は聴いたことがありません [続きを読む]
  • 逆子治療のバイブル
  • 当院は相変わらず逆子の患者さんが多いのですが、この1週間で逆子に関するアクセス数が急に伸びたので詳細を調べた所、「イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療」という書籍の第2版が発売されたことが分かりました。一般向けではなく、治療者側が読む専門書なのでアクセス増加の原因は、「関係者」となります。 ともあれ、業界内でも逆子治療を行える施術者は少なく、注目されるのは良いことですね。因みに、私は8年位前に発売され [続きを読む]
  • 名刺を新調
  • 新しいデザインの名刺が出来上がりました。デザインの変更は漢方薬店しんあい堂を開設した時以来ですので、約2年ぶりでしょうか?フォントサイズの修正や微妙な配置変更を行ったマイナーアップデートなのですが、もし、新しいデザインの名刺が欲しい方がいらっしゃいましたら、治療の際にでもお声がけ下さい。 [続きを読む]
  • 訪問マッサージ対応エリア縮小
  • 超多忙につき、2017年7月から健康保険を使った訪問マッサージ(鍼灸、リハビリ)治療の対応エリアを、当院から約2キロメートル以内に変更致します。対象となるのは新規の患者さんのみです。また、ぎっくり腰、逆子治療等、健康保険を使わない往診治療に関しては、今まで通りのエリア(原則16キロメートル以内)で行っておりますので、希望される方はご連絡下さい。※健康保険を使った往診治療は、脳卒中、パーキンソン病、小児麻痺、加 [続きを読む]
  • 神仙太乙膏(小) 8g 新発売
  • 小太郎漢方製薬から発売している「神仙太乙膏」に、新しいラインナップが加わりました。現存のラインナップは、大(500グラム)、中(20グラム)なのですが、今回新たに、小(8グラム)が追加された次第でございます。「神仙太乙膏」は何度も当ブログで紹介しておりますが、生薬成分で出来ている漢方軟膏で、かゆみ、床ずれ、アトピーに有効とされております。「ちょっと試してみたいな。」と言う方には打って付けの容量だと思いますので [続きを読む]
  • 枸杞の木の盆栽を購入
  • 数年前に購入した紅葉の盆山が、病気にかかり枯れてしまいました。気に入っていたので意気消沈していたのですが、心機一転、新しく枸杞(クコ)の木を購入した次第でございます。ミニ盆栽ですが、ちゃんと実がなります。枸杞の実と言えば、中華スープに入っている飾りと思われがちですが、実は立派な生薬のひとつで、滋養強壮効果が期待出来ます。治療院の玄関に置いてありますので、来院際はご覧ください。 なお、木が小さいので、 [続きを読む]
  • またしてもアクセス数急増
  • 5/18日頃から急にアクセスが伸び始め、本日ついに平常時の3倍のアクセス数を記録致しました!YNSA(山元式新頭鍼療法)の新聞広告の件もあり、「今度こそ鍼灸の時代が来たか!」と思いつつ、ワクワクしながらアクセスログを解析した所、「シミ・そばかすには紫雲膏」のアクセスが伸びているだけでございました。 もしかして、紫雲膏の有効性がTVやラジオで取り上げられたのでしょうか?少々残念ではありますが、この記事を通して漢方 [続きを読む]
  • 御嶽山 百草目薬プラス 取り扱い開始
  • 患者さんからのリクエストにより、日野製薬株式会社が販売している「御嶽山百草目薬」の取り扱いを開始致しました。当店は、老舗の和漢薬問屋を始め、富山の薬問屋とも付き合いもあるため、マニアックな処方も比較的容易に取り寄せる事が出来ます。「昔使っていた○○が欲しい!」と言うリクエストにも可能な限りお答えしますので、ご入用の方はお気軽にお問い合わせ下さい。以下、百草目薬の製品紹介です。御嶽山に古くから伝わ [続きを読む]
  • レモンの苗木を購入
  • 実がなる木が欲しくなったので、レモンの木を購入しました。当院には樹齢30年近くになるミカンの木があるのですが、毎年沢山の実を付けるので家族や患者さんから好評(?)を得ています。レモンの木も沢山の実を付けてくれると良いのですが、果たしてどうなりますでしょうか?結構な数の花が咲いているので、今年から実がなるかも?? [続きを読む]
  • 逆子治療 2017年 春の陣
  • また逆子のシーズンがやってまいりました。今シーズンは、妊娠後期に突然逆子になってしまう患者さんが多く、治療が難航しております。赤ちゃんが大きくなってしまうと、お腹の空きスペースが狭くなってしまうため、当院秘伝の灸を施しても改善率が下がってしまいます。ですが、35や36週目以降でも改善する可能性は十分ございますので、婦人科で逆子と言われたら直ぐにでも当院までご連絡下さい。「お灸」と聞くと、古臭い、ハード [続きを読む]
  • 薬膳 八珍湯スープ
  • 姉が香港旅行のお土産で珍しい物を買ってきてくれました。なんと、漢方薬の八珍湯です。聞き慣れない名前の漢方薬ですが、それもそのはず、日本国内では生薬を調合しないと手に入らない超マニアックな処方です。普通に煎じてしまっては面白くないので、折角の連休と言う事で、今回は薬膳スープを作ってみました。以下、手順です。=材料=※(4~6人前)・八珍湯の生薬一式・生薬を入れる袋(ティーバッグか、手ぬぐい等で作る)・水1.5~2 [続きを読む]
  • 2017年度のGW
  • 5/3(水)〜5/5(金)は休院となります。休院中は電話に出ることが出来ませんので、ご用の方はメール(Webフォーム)かLINEにてご連絡下さい。その他、臨時休院情報はこちらをご覧下さい。 [続きを読む]
  • 伝説の漢方湿布 糾励根(キュウレイコン)
  • 「伝説の膏薬 下呂膏」に続き、今回は糾励根(キュウレイコン)と言う漢方湿布を紹介致します。糾励根は、10種類の生薬を配合した粉末湿布です。粉末剤なので使用の度に水を加えてゲル状にし、専用のシートに添付して使用します。この様に手間はかかるのですが、100年も売れ続けているロングセラー品でして、その効果は目を見張るものがあります。筋肉の痛みや神経痛に効くのは当然として、風邪や乳腺炎にも使用できる事が最大の特徴 [続きを読む]
  • [結構イケル!] ペヤング 背脂MAXやきそば
  • チョコレート味やショートケーキ味(ペヤング)等、妙にイロモノな新味が多いインスタント麺業界ですが、「マミーマートで背脂MAXやきそばが売っている!」との情報を患者さんから頂いたので、早速購入してみました。その名の通り、背脂を最大限投入した脂ギトギトなやきそば(?)なのですが、これが思いの外、美味しいです。やきそばと言うよりも、汁のない豚骨ラーメンに近く、かなり濃い味付けとなっております。私個人としては、以 [続きを読む]
  • 医道の日本 2017年5月号 YNSA特集!
  • 業界最大手の出版社である「医道の日本社」が発行する月刊誌、「医道の日本 2017年5月号」は、なんとYNSA特集です!実は私、執筆を頼まれておりまして、僭越ながら寄稿した次第でございます。寄稿されている先生方が錚々たるメンバーなので、私なんぞが書いた文章が掲載されても良いものかと思う所はあるのですが、少しでも業界の発展に繋がればと思い、踏ん張った次第でございます。 肝心の内容ですが、2015年のYNSA全国大会で発 [続きを読む]
  • 日経新聞にYNSA本の広告が!
  • 本日(2017/04/22)の日経新聞に、YNSAの一般向け書籍である、「あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る! 」の広告が掲載されています。かなり大きく場所を取っているので、インパクト大です!大変わかりやすく、ためになる内容ですので、まだ読まれていない方は是非、ご覧下さい。 [続きを読む]
  • 2017年8月 YNSA日本語5日間セミナー
  • 急遽開催されることになった、8月の日本語5日間セミナーですが、募集1日にして満員となってしまいました。セミナーの2ヶ月後である10月に、宮崎で全国総会が開かれるので参加に躊躇していたのですが、あっという間に募集終了です。今年の2月にYNSAの一般向け書籍が発売されたのを機に、YNSAの勢いは日を追う毎に増しています。更に業界大手の専門誌である、「医道の日本 5月号」では、YNSAの特集記事が掲載されます。今、YNSAが熱 [続きを読む]
  • 2017年春 単味エキス剤 新製品
  • 東洋薬行(勝昌製薬)から新発売される単味エキス剤の紹介です。新たに、菊の花、枸杞の実、トウネズミモチ(女貞子)、カマキリ卵鞘(!)が加わりました。トウネズミモチ(女貞子)はアンチエイジングが期待できるので、女性に人気が出そうです。カマキリ卵鞘(!)は正直な所、使ったことがないので分かりません。 なお、今までは100グラムのボトルタイプだけだったのですが、新たに100グラムのアルミパックと、分包タイプ(20包)が加わりま [続きを読む]
  • 第二回 生薬研究会
  • 春と秋は勉強会の季節でして、全国津々浦々で様々な勉強会が開かれています。今日も、「YNSAセミナー」と、東洋薬行(勝昌)主催の「生薬研究会」の開催日が重なってしまい、思案した挙句、初参加である生薬研究会に参加した次第でございます。生薬研究会の講師は、ご高名な池田政一先生です。池田先生は東洋医学業界では非常に有名で、四国の愛媛県で当院と同じく鍼灸(当院は鍼灸あん摩マッサージ指圧ですが。)と漢方薬を主体とした [続きを読む]
  • 伝説の膏薬 下呂膏
  • ある患者さんの熱烈なリクエストにより、貼り薬”下呂膏(げろこう)”の取り扱いを開始致しました。下呂膏の歴史を簡単に説明しますと、江戸時代末期に名医と言われた奥田又右衛門(岐阜県下呂市)が考案した膏薬(貼り薬)で、その処方は長い間、門外不出とされていました。しかし、多数の患者さんから世に出すことを希望され、昭和に入りやっと一般に解禁された伝説的な膏薬であります。現在は、七世奥田又右衛門さんが、しっかりと技 [続きを読む]