目指せ! 標高1122メートル さん プロフィール

  •  
目指せ! 標高1122メートルさん: 目指せ! 標高1122メートル
ハンドル名目指せ! 標高1122メートル さん
ブログタイトル目指せ! 標高1122メートル
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aim1122
サイト紹介文山の神にお供して歩きつづける、ある山のぼら〜の記録。山と冒険の本もとりあげるよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/12/07 21:57

目指せ! 標高1122メートル さんのブログ記事

  • 祝!南谷真鈴さん北極点到達
  • 「エクスプローラーズ・グランドスラム」達成! なんのことだろうと思ったら、世界七大陸最高峰と北極・南極の極点に立ったということだった。昨日4/19(水)は、弱冠20歳の日本人女性が世界最年少でこれを成し遂げたとして、世界中をこのニュースが駆け巡っていた。私は北極点到達は、まだまだ先だと思っていたので、かなりびっくりしてしまった。なぜって。それは先週ニューズウィーク日本版のサイトで「世界最高峰に立つ日本人 [続きを読む]
  • 春爛漫
  • 4/9(日)野川の桜。あいにくの雨春といえば桜。今年も山の神との花見はかなわなかった。イオンで白ワインを買って準備していたのに、、、天気が悪いとねえ、なかなか外でお花見という気分にはならない。今週は晴れたけれども、もう葉桜。うまくいかない。代わりに山中湖方面に行ったので、次回に報告しますね。左:ドウダンツツジ 右:桃(観賞用)桜が咲いていると、そればかりに気をとられるけれども、春爛漫という言葉があ [続きを読む]
  • 滑落事故があった天祖山へ
  • 標高 1723.2m 東京都2007年5月27日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 八丁橋駐車スペース8:50--9:20尾根9:25--天神神社(大日大神)--10:10休憩10:20--11:20休憩11:25--11:43天祖山山頂・天祖神社--13:00分岐(昼食)13:45--14:05八丁橋10年前の山行記録。この前年にここで滑落事故があったのだが、すっかりそんなことは忘れていて、遭難場所をおっかなびっくり通過した(後述)。さてこの日は6:00に山 [続きを読む]
  • あの陶板を見にウトウノ頭へ
  • ウトウノ頭 標高 1587.9m 篶坂(すずさか)ノ丸 1456m 金袋山 1325m 人形山 1176m 東京都2017年3月20日(月・祝) 晴れ メンバー 私単独コースタイム 6:29日原駐車スペース6:35--7:38一石山・籠岩分岐7:42--一石山--ミズナラの巨木--8:38金袋山8:44--9:06篶坂ノ丸9:11--9:50ウトウノ頭9:54--篶坂ノ丸--10:26昼食11:03--11:14金袋山--一石山--11:45一石山・籠岩分岐11:50--12:25駐車スペース今回は、花粉症 [続きを読む]
  • 2百名山も盛りがった『グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き』
  • 『グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き』田中陽希(NHK出版)昨年NHK-BSの番組が終了したときは、ほんとうに「あまロス」ならぬ「陽希ロス」。終わっちゃったなあという喪失感がすごかった。公式HPで、いまこの辺まで来たんだ、明日はここに登るんじゃないかと山の神との食卓の話題にも上った。本の巻末にある「222日間の行動記録」を見ると、スタートは2015年5月25日北海道宗谷岬、そして最後は2016年1月1日九州最南端 [続きを読む]
  • 花粉症には漢方!?
  • 昨年は花粉症がひどく、じんましんにまで発展して、なかなか治らなかったこともあって、昨秋くらいから漢方を試してみることにした。漢方といえば、体から毒素を抜き、肝臓と腎臓の調子を整えて、体全体をよくしていこうという流れになるけれども、そんなホリスティック医療でも、局所的に粘膜を強化できるものもある。それがイスクラの衛益顆粒(えいえきかりゅう)。花粉症に効くのだという。いま服用している「イスクラ 衛益顆 [続きを読む]
  • 那須SHOZO CAFEで一服
  • 那須平成の森でスノーシューを楽しんだ後は、宿で教えてもらった豊富な地酒の品揃えを誇る月井酒店へ向かった。店内に入ると、すでにお客さんが2組いて、熱心に日本酒をセレクト中。山の神と私も、ラベルを端から順繰りに見ていく。先ごろワインの格付けで有名なパーカーポイントの日本酒版が発表されて、栃木では「クラシック仙禽(せんきん)」が高得点を上げていたのを思い出し、その名前を反芻する。そのうち店主が寄ってきて [続きを読む]
  • 那須 平成の森スノーシュー
  • 平成の森 標高 約1000m 栃木県2017年2月12日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 10:20平成の森フィールドセンター10:50--道間違いで戻る--道標2--四阿--道標3--道標4(分岐)--11:35駒止の滝観瀑台駐車場--駒止の丘--道標5--11:53四阿(行動食)12:05--12:13フィールドセンター前泊は、山樹庵。どこかの企業の保養所を改装したようなこんぢんまりとした宿で6部屋しかない。静かで落ち着けていい。温泉が引か [続きを読む]
  • 那須 八幡園地スノーシュー
  • 八幡(やはた)園地 標高 約1000m 栃木県2017年2月11日(土・祝) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 11:00那須高原自然の家駐車場11:30--11:40中央展望台(昼食)12:02--(外周をたどる)--四阿--つつじ吊橋13:07--13:27自然の家駐車場当初の計画では、那須温泉ファミリースキー場に車を停め、峠の茶屋までスノーシューで歩くつもりだったのだが、10:00くらいに彼の地に到着すると、すでに満車。しかも路肩までも [続きを読む]
  • 洞窟探検の魅力が詰まった『洞窟ばか』
  • 『洞窟ばか すきあらば、前人未踏の洞窟探検』吉田勝次(扶桑社)表紙を見ただけで、思わず吸い寄せられ、手にとってしまった。この引力はすごい。ページを開くと、洞窟のスケールの大きい写真、神秘の世界を切り取った写真と圧倒される。口絵に続いて読み始めると、期待にそぐわず面白い。著者の吉田さんは、いきなり洞窟探検にハマったわけではなく、スキューバや登山をやっていたそうな。その経験がいかんなく洞窟探検には活 [続きを読む]
  • BRUTUS「星野道夫」特集
  • なんともいい感じの表紙。BRUTUS 2016年9/1号しばらくツン読になっていた「BRUTUS」に気づき、喫茶店でパラパラめくって眺めて読んだ。昨年は星野道夫さんの没後20年。このBRUTUSと同時期にcoyoteもとり上げていた。彼の著作では、『イニュニック』くらいしか読んでいない(読んだけれど、忘れているだけなのかもしれない)ので、まだまだ星野さんのことを知らないのだが、星野ワールドにはとっても惹かれるものがある。この特集 [続きを読む]
  • 奥日光庵滝スノーシュー
  • 庵滝(いおりだき) 標高 約1660m 栃木県2017年1月22日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 8:33赤沼茶屋9:02--10:00小田代ヶ原展望台10:08--弓張峠--外山沢入口--11:30庵滝11:45--12:15昼食13:07--13:20外山沢入口13:28--14:33赤沼茶屋山の神がたまたまWebで見つけた氷瀑。調べてみると、ヤマレコにいくつも山行記録がアップされていた。私はまったく存在を知らなかったのだが、案外メジャーなのだ。5:00 [続きを読む]
  • 新宿山ノ手七福神
  • 新宿山ノ手七福神 東京都2017年1月15日(日) 晴れメンバー 山の神と私コースタイム 11:45頃 牛込神楽坂駅--善国寺(毘沙門天)--経王寺(大黒天)--牛込柳町駅〜東新宿駅--稲荷鬼王神社(恵比寿神)--永福寺(福禄寿)--厳嶋神社(弁財天)--法善寺(寿老人)--西向天神社(弁財天の御朱印)--昼食--太宗寺(布袋和尚)15:00山の神の膝痛も私の腰痛もひと段落ということで、今年も七福神めぐりに出発した。ついに途切れるか [続きを読む]
  • Nスペ「森の王者ツキノワグマ〜母と子の知られざる物語」
  • 思わず見入ってしまった。NHKスペシャル1/15(日)に放送された「森の王者ツキノワグマ〜母と子の知られざる物語」。主人公は、もちろんツキノワグマなのだが、それを追いかけたのは、動物カメラマンの横田博(よこた・ひろし)さん。NHKが密着取材を敢行した。足尾山塊で20年前にたまたまツキノワグマを目撃してから横田さんのツキノワグマ追跡行は始まった。もう一度会いたい、写真を撮りたい、動画に残したいとの一念でただひた [続きを読む]
  • 厳冬期の月山
  • 厳冬期の月山。2011年2月20日(日)撮影月山といえば、豪雪を思い浮かべる。スキー場からして、厳冬期は雪が多すぎて滑れないのだ。今年の月山のスキー場オープンは、例年どおりの4月9日(日)という。もちろん登山者もこの時期はいなくなる。ヤマレコの山行記録も、12月初旬を最後に3月末くらいまではアップする人がいない。厳冬期は尋常ではない雪の量で、実質登れないのだ。上の写真は、2011年2月に蔵王から撮った写真。普通は [続きを読む]
  • 腰痛と打撲には勝てず、七福神めぐりは延期
  • 年明け恒例の七福神めぐりを1月4日(水)に予定していたのだが、私は腰痛。山の神は打撲で延期することにした。山の神は3日に自宅の階段をスリッパで駆け上がる時に、蹴躓いて膝をしたたか打ち、打撲を負った。足首のあたりにすりキズまでつくって、痛々しい限り。私はといえば、ずっと腰に違和感があったのだが、日常生活に支障があるわけではなく放置していて、せんだってのスノーボードでとうとう限界に達してしまった。スキー [続きを読む]
  • スノーシューはお預け、会津たかつえスキー場
  • 会津たかつえスキー場 福島県南会津2016年12月28日(水)〜29日(木) 28日晴れのち雪 → 29日晴れ メンバー 山の神と私今年は11月に降雪があって、これは楽しい年末になりそうだとほくそ笑んでいた。行くことに決めた会津たかつえスキー場は、1月中旬くらいからスノーシューガイドをしているので、あわよくば、年末でも歩けるかと期待していた。しかしそんな期待はあっけなく裏切られ、あたたかくなって降雪どころか雪は解け [続きを読む]
  • 旧箱根街道を下る
  • 標高 約730m 神奈川県2007年11月24日(土) 晴れのち曇り→メンバー 山の神と私コースタイム 元箱根13:00頃--甘酒茶屋--15:20あんの茶屋15:50頃--17:00頃 箱根湯本箱根の山は天下の険とはよくいったものだ。この箱根旧街道を歩くまでは、まったく実感がなかったのだが、歩いてみて初めて箱根の険しさがわかった。とはいえ、上ったのではなく、下っただけなのだが(笑)。左:青空に映える芦ノ湖 右:芦ノ湖を進む海賊 [続きを読む]
  • 箱根美術館で紅葉狩り
  • 山の神と大涌谷近辺をハイキング。その後紅葉狩りに箱根美術館へと移動した(15:30頃)。紅葉の名所だけあって、とってもあでやかだ。もみじは真っ赤だし、黄色くなった葉も大ボリュームで迫ってくる。東京のようにあたたかいとここまでは色づかない。朝・晩相当冷え込むんだろうね。真っ赤なもみじ黄色も映える紅葉狩の人たちがそぞろ歩きしていた山の神と茶屋「真和亭」に立ち寄り、紅葉を愛でながら抹茶と栗きんとん(¥63 [続きを読む]
  • 大涌谷から冠ヶ岳・神山
  • 標高 冠ヶ岳 1412m 神山 1438.2m 神奈川県2007年11月23日(金・祝)  くもり時々晴れ|メンバー 山の神と私コースタイム 大涌谷11:24--11:33黒卵休憩--11:50登山口(延命地蔵)--12:10大涌谷分岐12:15--12:47冠ヶ岳--13:00神山(昼食)--14:20大涌谷9年前、箱根の健康保険組合の宿がとれたので、箱根のお山へ行くことにした。気分を変えて、車を使わずにのんびりと電車で行こうとなった。奇しくもあずさ2号ならぬ8: [続きを読む]
  • 紅葉の玉原湿原と鹿俣山
  • 標高 1636.7m 群馬県2006年10月15日(日) 晴れ メンバー 山の神と私コースタイム 8:06玉原センターハウス8:20--玉原湿原--9:20ブナ平(ブナ地蔵)9:30--10:40鹿俣(かのまた)山山頂--11:20玉原スキー場ゲレンデ(昼食)12:10--12:55玉原センターハウス玉原(たんばら)湿原の紅葉がきれいだったことをよく覚えている。そして玉原湿原の先には美しいブナの森もある。なにより登山者でごった返すことなく紅葉狩りがで [続きを読む]