鬼神お父さん さん プロフィール

  •  
鬼神お父さんさん: 鬼神お父さんのブログ
ハンドル名鬼神お父さん さん
ブログタイトル鬼神お父さんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kijinnotousann/
サイト紹介文数々の修羅場。不貞裁判、同居調停。逆ギレ不貞妻、子供の連れ去り引き離し、義実家籠城。子供に会いたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/12/07 23:37

鬼神お父さん さんのブログ記事

  • 有責配偶者からの離婚協議通知書
  • 2017年2月我が子よお父さんは47歳になってしまった。君たちを連れ去られてから4年が経過しようとしている・・・長男Dは13歳か。そろそろ声変わりの年齢だな。髭が生え始め、そんな自分に嬉しかったり、戸惑ったり。親と歩いている姿を同級生に見られると恥ずかしかった記憶がお父さんにはある。少年から青年になる時期。思春期!悩ましい・・・お父さんの記憶の長男Dは9歳のまま。時間が止まったまま。もしかしたら、もう身長も抜 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染26〜我が子へ
  • 2017年1月我が子へお父さんは君たちを片親にしたくなかった。長男D9歳、長女A7歳の時にW不倫にのぼせ上ったお母さんとお母さんの一族にお父さんは騙されてしまい、君たちと離れ離れになってしまった。もう4年になるのか・・・長男は13歳、長女は11歳か。きっと大きくなっているんだろう。どんなに「お父さんが君たちに会いたいと思って」も、「君たちがお父さんに会いたいと願って」も、日本という国は、「子供の福祉」の名のもと [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染25〜最終
  • 2013年2月<結論>僕は妻と「妻のW不倫についての解決」の話し合いはできなかった。今でも忘れられない妻とのやり取り僕「浮気相手はパート先の上司か。それもエリアマネージャーということは店長より上の役職か」妻「お願い、あの人は良い人なの。だから何もしないで」僕「嫌です」妻「この鬼〜!」この会話は、会話として噛み合っていません。僕はこの時点で、最悪はこのパート先上司とは裁判になると思っていました。むろん、最 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染24〜妻が不貞腐れる
  • 2013年1月子供たちを片親にはできない。僕さえ我慢すれば、子供たちの笑顔を守ることが出来る!そのためには、子供たちに「お母さんのW不倫がバレてはいけない」苦しかった・・・僕は不意に襲ってくる吐き気と闘わなければならなかった・・・あんなに吐くとは思わなかった・・・家でも、仕事場でも吐いた・・・通勤中もいきなり襲ってくる・・・しかし子供たちの前では平然を装っていた。妻とも色々と話し合わなければならなかった [続きを読む]
  • ”【拡散希望】”
  • 2017年 2月僕はあなたを責めることは出来ない。子供が連れ去られ引き離され日から、辛くて悲しかったよね。その気持ち分かります・・・ポチっと応援宜しくお願い致しますm(__)m    ↓人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染23〜再構築だ
  • 2013年1月下旬妻の不倫相手が職場の上司で、しかも女子高校生、女子大生二人の娘を持つ妻帯者ということが分かった。W不倫家庭持ち同士の不倫をW不倫と言います。僕は妻にW不倫相手との接触を断つように厳命した。<結論>障害の多い恋愛は、燃え上がるようです。僕は妻の大恋愛?の火に油を注いでしまったようです・・・アイフォンの設定をサイレントモードにしてまでW不倫相手と連絡を取っていたようです。妻がサイレントモード [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染22〜バカか?
  • 2013年1月上旬当時の僕は妻の不倫を全く理解できなかった。なぜ妻が不倫をしたのか?なぜ妻が不倫相手を庇うのか?世の中に不倫があることは知っている。しかし・・・自分の行いを振り返ってみたが、分からない。・夫婦喧嘩はいつも妻の勝ち・楽しい家族の時間をたくさん過ごしてきた・僕は妻に対し「信頼」「尊敬」「感謝」の念をいつも持っていた・妻をリスペクトしていた・若い時にお金で苦労かけたので、一生懸命に働いて結果 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染21〜妻の自白
  • 2013年1月上旬結果的に僕はバカママ友の自宅に単独で突撃した。・・・・・・・・・・・・・・・分かったこと・妻が僕に嘘を吐いていた・バカママ友は「不倫」は止めなよと妻に説教していたらしい?これに関しては、信じていません。子供を実親に預け、自分は六本木のディスコで朝まで踊っている。しかもお持ち帰りされたことを恥ずかしげもなく僕に話すような女だから。我が子の寝顔は宝以上の宝です。寝顔を見ながら我が子の頭を [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染20〜泣きたいのは僕だ
  • 2013年1月上旬僕はまだ妻が不倫をしたことが信じられなかった。僕と妻は10年間も「許し合い」「助け合い」「協力」してきた。当時9歳の長男D、7歳の長女Aと確かな時間を過ごしてきた。妻が自ら進んで「不倫」なんかする筈がない!(まだ騙されている僕はバカですね)きっと悪いママ友の入れ知恵に違いない。妻が僕に「不倫をした」と嘘を吐いているのかもしれない。(振り返ると自分自身が情けない・・・)僕の大嫌いな「あのバカ [続きを読む]
  • ”最高裁判所裁判官さま。教えて下さい!”
  • 2013年1月上旬僕はまだ妻が不倫をしたことが信じられなかった。僕と妻は10年間も「許し合い」「助け合い」「協力」してきた。当時9歳の長男D、7歳の長女Aと確かな時間を過ごしてきた。妻が自ら進んで「不倫」なんかする筈がない!(まだ騙されている僕はバカですね)きっと悪いママ友の入れ知恵に違いない。妻が僕に「不倫をした」と嘘を吐いているのかもしれない。(振り返ると自分自身が情けない・・・)僕の大嫌いな「あのバカ [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染19〜また騙された・・・
  • 2012年12月30、31日鬼神「KAZUママって誰?」妻「・・・」鬼神「付き合っていたのか?」妻「う・・・ん」当時の僕が分からなかったこと・妻が男と知り合うことは出来ないはず・子供が小学生、パートしているんだから、不倫する時間なんてない・妻は人見知りする本当に妻が不倫するとは信じられませんでした。同居している時の妻は、優しいところもたくさんありました。人間だから長所も短所もあります。短所を許し続けてきたのは、 [続きを読む]
  • ”松戸控訴審雑感”
  • 2012年12月30、31日鬼神「KAZUママって誰?」妻「・・・」鬼神「付き合っていたのか?」妻「う・・・ん」当時の僕が分からなかったこと・妻が男と知り合うことは出来ないはず・子供が小学生、パートしているんだから、不倫する時間なんてない・妻は人見知りする本当に妻が不倫するとは信じられませんでした。同居している時の妻は、優しいところもたくさんありました。人間だから長所も短所もあります。短所を許し続けてきたのは、 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染18〜私の不倫を邪魔するな・・・
  • 2012年12月30日の夜僕は妻を問い質していました。鬼神「KAZUママって誰?」妻「・・・」鬼神「今日、お前の携帯でKAZUママとメールした」妻「なんてメールしたの?」鬼神「お前の携帯で、今日は抱かれたい気分なの。早くホテルに行きたいな??」とKAZUママに送信した。「KAZUママはバカだな!直ぐに、親今日は積極的ですね。カッカッカッ??と返信してきたよ」妻「ヒドイ、何てヒドイことをする人なの。この鬼!」当時の僕は真人 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染17〜一休み
  • 2016年11月 一休みこのブログの最初の方(W不倫関係)を読み返しても、現在は大丈夫です。心が乱れることはありません。冷静な自分が怖いです。当時はあんなに心が乱れていたのに・・・僕は感情が壊れたのかもしれません。ただし子供に会わせないバカ嫁に対しては、許せません。もちろん義実家一族も入っています。司法、行政、立法、児童相談所全て連れ去った側の味方。ありえない!この日本では、最初に実施を誘拐しても合法。 [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染16〜アウト
  • 2012年12月30日・妻のパートが終わる時間は15:00・この8月の引っ越しを妻があれだけ嫌がったのは、路線が変わるからだここから僕が導き出した答えは・・・<予測>15:30から16:00に渋谷で間男と待ち合わせ22:30くらいに妻は帰宅帰宅後、お風呂に入り洗濯をして証拠を隠滅ということか・・・どちらにしても、妻の携帯に間男からメールなり電話の連絡をしてくるだろう。詳細はブログの最初の方に書いてあるので、割愛します。ただ、 [続きを読む]
  • ”’拡散お願い’ 『わが子に会えない』書籍〜2
  • 2017年1月17日一回目の配偶者による、我が子の連れ去りは合法・・・「子供の最善の利益」「子供の福祉」もう聞き飽きた・・・本音は「連れ去り親の最善の利益」「我が子は連れ去り親の交渉道具」全ての人とは言いませんが、悪用している輩が存在していることも事実です。当事者一人ひとりの力は弱いかもしれませんが、力が集まれば日本が変わる可能性もあります。AMAZONで予約購入しました。仲間にも頼んでいます。仲間全員でクチ [続きを読む]
  • W不倫ウイルス感染15〜携帯没収
  • 2012年12月29日「不倫が露呈しそうになると、嘘ばかりついてきます」<夫婦、特に不倫の場合>真実は2つしかし事実は1つです。ここら辺はブログの最初の方に書いてあるので、割愛します。僕は事実を追求しすぎたのかもしれません。なぜなら、この8月くらいから、妻は僕を無視してきました。自分自身の行いに問題があるのかもしれない。と一生懸命に僕は考え行動してきました。しかし、それが妻と間男との不倫だとすれば、僕の努力 [続きを読む]