私の国内旅行より さん プロフィール

  •  
私の国内旅行よりさん: 私の国内旅行より
ハンドル名私の国内旅行より さん
ブログタイトル私の国内旅行より
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tonoguchi
サイト紹介文私がこれまでに行った国内旅行の模様を写真とともに紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/12/08 22:10

私の国内旅行より さんのブログ記事

  • 妻・再入所後の容態(76)
  • 最近の妻の病状(131) 昨日(3/26)、いつものように2週間ぶりに次男とともに妻の許へ。 妻は相変わらず元気だ。息子の顔を見るなり、「Hくん、来てくれてうれしい!」と言った。これには息子も感激、これまでは嬉しそうな顔はするものの、それを口に出すことはなかったのでーーー次いで「今日は日曜日ね」と言う。続けて「日曜日だからH君来 [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(75)
  • 最近の妻の病状(130) 今日(3/12)は日曜日なので、いつものように2週間ぶりに次男とともに妻の許へ。 スタッフに付き添われて面会コーナーに現れた妻もまたいつものように息子の顔を見るなり、「今日は日曜日ね」というものの、日にちを聴くと、これもいつものように「わからない」と言う。 自分の誕生日を [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(74)
  • 最近の妻の病状(130) 妻の病状を記すこと130回目となった。当初はある程度まとめて記してきたが、最近は面会の度に書くようになっている。 今日(2/26)は日曜日なので、いつものように2週間ぶりに次男とともに妻の許へ。 以前はスタッフの方に腕を支えられて歩いてきたものだが、最近は完全にスタスタと一人で歩き、スタッフの方はそれを見守りな [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(73)
  • 最近の妻の病状(129) 今日(2/12)は日曜日なので、いつものように2週間ぶりに次男とともに妻の許へ。 ふと見ると施設の入り口のところにお雛様が飾ってあり、そういえば、もうすぐ桃の節句であることに気付いた。 妻は、次男が来るときは日曜日だということは頭に入っているらしく、次男の顔を見るなり、「今日は日曜 [続きを読む]
  • ミステリーツアー
  •  昨2月6日、C旅行社のミステリーツアーに参加してきました。参加者は40名、概ね年配者が多い中で、9名の若い男女のグループがいたのには驚きましたが、行先不明のミステリーツアーに魅力を感じたのでしょうか? 私はこれまで行先が意に沿ったツアーだけを選んできましたが、たまには、この種のツアーも意外性があって面白かろうと参加してみることにしました。 この行先ですが、事前に全容を把握しているのはツアーディレクタ [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(72)
  • 最近の妻の病状(128) 今日(1/29)は日曜日とあって2週間ぶりに次男が同行してくれたので、私にとっては4日ぶりの妻訪問となった。 ところが、4日前に義妹と来たこと、妻は全然記憶になかった。会ったときはあんなに大喜びしていたのに。 記憶を司る海馬の機能がそこまで衰えてしまったのだろうか? 記憶には取り込み・保持・再生の3段階があると言わ [続きを読む]
  • 日光散策とスカイベリー狩りの旅
  •  去る1月13日、T旅行社の馴染みのT添乗員から、1月27日にいちごスカイベリー食べ放題と日光の各寺社を巡る旅を企画したので、参加しませんか、とのお誘いのメールが入り、ちょうどその日は非透析日の金曜日とあって、即OKした次第です。 当日は、最寄りの初石駅からアーバンパークラインで春日部に出、ここで浅草から来る団体専用列車でツアー本隊と合流し、一路、日光に向かいました。 車両は3両編成で、スカイツリート [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(71)
  • 最近の妻の病状(127) 今日(1/25)は今年になって3回目の妻訪問。昼過ぎ、今回は次男ではなく、久方に義妹が同行してくれた。 妻はいつものように嬉しそうに義妹を迎えた。10日前来たときは、義妹そのものの存在すら知らないと言っていたのにー―― 実は今日は、もう一人(?)連れて行った。しゃべる人形である。これは、かつて在宅看護してい [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(70)
  •               最近の妻の病状(126) 今日(1/15)は今年になって2回目の妻訪問。昼過ぎ次男と共に行く。 妻は相変わらず元気だったが、元旦に長男も来たことをもはや覚えていない。「Kくん、何百年ぶりね」といった言葉はどこへやら、忘れてしまったとは! 昨年12月3日に餅つき大会があったこと、我々はエレベーターホールの掲示板で知ったが、それも覚えてないという。写真を見せて、「これ、だぁーれ?」と言 [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(69)
  •             最近の妻の病状(125) 昨日は元旦とあって、普段は忙しくて来れない長男も参加し、次男と共に男3人で14時近くに妻の許を訪れる。 昼寝してるとばかり思いこんでいたが、ガラス壁越しにふと見るといつもの指定席に座っており、妻もこちらの姿を認めて嬉しそうに立ち上がりこちらに来ようとした途端、センサーが作動して警報が鳴り、スタッフの方が駆けつけてきたので、そのままこちらで身柄を引き取 [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(68)
  • 最近の妻の病状(124) 今日(12/25)、次男と共に、1週間ぶりに妻の許を訪れる。いつものようにスタッフの方に手を引っ張られて速足で面会コーナーで待つ我々のところへやってきた妻は、昼寝の途中で起こされたにもかかわらず、満面の笑みでご機嫌だった。何の不満もなく、幼児のような屈託のない様子を見ると、この施設に入れてよかったとつくづく思う。 「 [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(67)
  • 最近の妻の病状(122) 今日(12/11)、次男と共に、18日間ぶりに妻の許を訪れる。いつもなら、スタッフの方にドアを開けてもらい、挨拶すれば、阿吽の呼吸で面接コーナーで待っていれば妻を連れてきてくれたのだが、今回は初対面のスタッフだったので、慣れていないのか、こちらの意図が通じなかったようなので、息子が部屋まで迎えに行って連れてきた [続きを読む]
  • 錦秋の京都と天空の竹田城跡
  •  先々週及び先週の旅の疲れも癒えぬ11月27~28の二日間、またまた旅好きの虫が蠢き、C旅行社による「錦秋の京都と天空の竹田城跡」のツアーに参加してまいりました。 京都は何度も行っておりますが、今回は紅葉最盛期を狙ったもの、一方、竹田城跡は山の上にあることから、ある程度の脚力を必要とするので、まだ何とかなる今の内にと、このツアーを選んだわけです。 ただ、事前の天気予報では、我々の行く日(11/27)、京都は雨と [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(66)
  • 最近の妻の病状(121) 今日(11/23)、次男と共に、17日間ぶりに妻の許を訪れる。実は、9日前の14日、ちょうど私が旅行中で、足助の飯盛山を下山中に妻の入所先の看護師長さんから電話が入り、妻の右足親指が巻き爪で腫れてきたので、塗り薬などで対処しているが、一向に腫れが引かないので、提携病院の皮膚科に連れて行く予定である旨を伝えるものだ [続きを読む]
  • 花桃植樹祭と草木湖ハイキング
  • 去る11月20日の日曜日、かねてより馴染みの添乗員を通じて申し込んであったT旅行社の「花桃植樹祭と草木湖ハイキング」のツアーに参加してきました。 いつものように、東武アーバンパークラインから春日部で伊勢崎線に乗り換え、東武動物園駅から、浅草からのツアー本隊に合流し、特急りょうもう3号にて相生駅に向かいました。本日の参加者は40名と満席で、キャンセル待ちの人も多かったとか。 あいにく霧が立ち込めてい [続きを読む]
  • 紅葉真っ盛り
  •  一昨日(11/16)の午後、友人と会食後、天気が良いので柏の葉公園まで足を延ばし、30分ほど散策しました。 運良く、ちょうど紅葉が見ごろで、まさかこんなに近いところでこんなにも美しい紅葉が見られるとは嬉しい誤算でした。 紅葉見物には、先日も愛知県豊田市の香嵐渓にも行ってきましたが、それにも勝るとも劣らぬ見事さで、近隣にもこんな素晴らしいところがあることを実感した次第です。          [続きを読む]
  • 紅葉の香嵐渓と遠州三山めぐり
  •  このところ比較的体調がよく感じられるので、出かけるのは今の内との思いから、今回も透析連休の日・月を利用してC旅行社の香嵐渓と演習三山めぐりの一泊二日のツアーに参加してまいりました。 バスは、当然、相席になることを覚悟していましたが、参加者が28名とこの種のツアーにしては少なかったので、単独参加者には2座席を割り当てられ、走行中ゆったりとできたのは幸いでした。 私は最寄り駅のひとつ隣の江戸川台駅前か [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(65)
  • 最近の妻の病状(120) 今日(11/6)、次男と共に、2週間ぶりに妻の許を訪れる。介護士さんに連れられ、笑顔で現れたはいいが、またまた例のセリフ、「今、旦那さんと息子さんが来られましたよって言った人、だれ?」と訊く。どうして、「今私を連れてきてくれた人、なんていう人?」という風に言えないのか、不思議でならない。 機嫌は相変わらずよく、 [続きを読む]
  • 時間と人間
  •  一昔前までは人生八十年といわれてきましたが、ここ数十年の間に日本人の寿命は大幅に伸び、今や人生八十年を超えるのが当たり前になってきつつあります。 「八十年」というといかにも長いように聞こえますが、日数に直すとわずか三万年足らず、「オギャー」とこの世に生を受けてからこの三万日のうちに大半の人はこの地球上から姿を消してしまうことになります。一日を過ごすということは、まさに持点三万点を一点ずつ取り崩し [続きを読む]
  • 上野動物園へ
  • 10月26日の水曜日、上野動物園に行ってまいりました。えっ!その歳でなぜ今更? 孫でも連れてったのかと思われる方が多いと思いますが、実は、これ、毎年、NPO流山市国際交流協会の日本語講座事業部の年間行事の一環で、外国人に日本の文化の一端に触れてもらう「体験学習」なのです。 私は都合で参加しませんでしたが、昨年はつくば植物園、一昨年は柴又に行っています。 上野動物園は交通の便が良く、格好の体験場所とし [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(64)
  • 最近の妻の病状(119) 今日(10/23)、次男と共に、13日ぶりに妻の許を訪れる。介護士さんと共にすたすたと歩いて現れた妻は、相変わらず元気な様子だったが、髪を引っ張る癖(本人は否定するが)に対する対策からか、以前より短く刈られていた。 この間のビデオ通話のことを尋ねると、私だと分かったと言う。それではなぜ返事しなかったのかと重ねて [続きを読む]
  • 一本のローソク
  •  私は毎朝、仏壇にお線香をあげているが、その際、必ず一本のローソクに火を灯す。以前は燭台の大きさに見合った小さくて細いローソクを使っていたが、数か月前、あるいはもっと前か、まだ予備があると思っていたら、使い切ってしまっていたので、止むなく停電用に備えて用意してあった大きな太目のローソクを使うことにした。燭台に比べて大きすぎるのだが何とか嵌っているので、敢えてそのまま使っている。 一回の点灯時間は、 [続きを読む]
  • 私の文章表現力
  •  以下は、35年前、N社在職中に管理者研修の一環として、「私の文章表現力」という課題を与えられた際に書いた私の原稿です。 古書類を整理していた時に見つかったもので、ここに披露する次第です。 毎朝、朝日新聞23面の連載漫画「フジ三太郎」(サトウサンペイ作)を読むたびにつくづく感心させられる。それは、たった4コマの素朴な絵の羅列でありながら、その中にたゆまざるユーモアと社会風刺が滲み出てるからである。いつも [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(63)
  • 最近の妻の病状(118) 今日(10/11)、透析から戻り、着替えをしていると、15時過ぎに妻入所中の施設のW事務長から電話が入り、これからスカイプを通じて妻と対面していただこうと思っているが、都合はいかが?とのこと。即OKし、パソコンをオンにして待機していると、スカイプに呼が入ったので、応答すると、W [続きを読む]
  • 妻・再入所後の容態(62)
  •               最近の妻の病状(117) 今日(10/10)、正午前に次男と妻の許を訪れる。10月からはインフルエンザ警戒期間に入ったと見え、入所前に体温を測って面会名簿に記入するようになっていた。今は額に当てただけで一瞬で測定できる体温計があるようで、ちょうど我々が行った時、先生が出てこられて、図らずも実験台になる羽目になったが、時間を要しないので便利である。 いつもより訪問時間が早かったせいか、 [続きを読む]