味わい一筆 さん プロフィール

  •  
味わい一筆さん: 味わい一筆
ハンドル名味わい一筆 さん
ブログタイトル味わい一筆
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/8090yo
サイト紹介文毎日をほっこり楽しむアドバイス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/12/08 22:18

味わい一筆 さんのブログ記事

  • 美味しい牛肉弁当見つけました
  • 宮崎空港オリジナルの宮崎牛弁当は、とても美味しかったです。さすが日本一の牛肉、自慢できる弁当と嬉しくなりました。宮崎牛は大変高価で日常的ではないのですが、せめて非日常空間の空港、贅沢にいただきました。1080円でした。南九州の懐かしい昭和の甘辛い味でした。( ;∀;) [続きを読む]
  • 「南郷道の駅」、幸島(猿島)まで行ってきました
  • 行楽日和に誘われて日南海岸を南下して、「南郷道の駅」、幸島(猿島)まで行ってきました。「南郷道の駅」からの眺めは雄大で、海がとても綺麗に輝いていました。お勧めのマグロ丼を美味しくいただきました。途中夫婦浦に立ち寄り、砂浜を散策しました。夏休みは、磯遊びで賑わうそうです。幸島(猿島)は大潮で、陸続きになっていました。猿が陸地に移動しないように監視員の方がおられて、「今日は体重測定日なので [続きを読む]
  • パセリ消費食まだまだ続いています
  • きょうは、一日中しとしとと春雨でした。降ったり照ったりの最近の天気でますます庭のパセリが盛り上がってきました。ちょっと、肌寒い雨の日は、オーブン料理です。アルミホイルいっぱいにパセリを散らし、ウィンナーソーセージを乗せ、ちりめんじゃこ、ピザ用チーズでおおって、オーブントースターで焼いて出来上がりの簡単パセリ料理です。香味野菜のパセリは、ウィンナーソーセージやちりめんじゃこ、チーズの塩分とよくマッ [続きを読む]
  • 緑を活かして、パセリオープンオムレツ
  • 桜の花が終わったら、新緑ですね。辺りは初夏の光でいっぱいです。庭から元気な声が聞こえてきました。「パセリ早く食べないと、とうがたつよ」(食べ頃を過ぎる)と、夫。急いで、収穫しましたが、パセリは、そう大量に食べられません。それで、パセリいっぱいの(普通の卵焼きの味付けで)オープンオムレツにしたら、結構美味しく頂けました。( ;∀;)焼き立てのパンと一緒に、お昼はこれで簡単に済ませました。緑を活か [続きを読む]
  • 野の花とともに陽春のお茶会
  • 春のお茶会に出かけてきました。「陽春のお茶会」とあるように今日は、ポカポカの陽気で、車はクーラーをつけて走りました。小林市の会場は、受付、薄茶席、待合、濃茶席のいたるところに春の野山の花で飾られていて、豊かな自然を感じました。皆さん、どの花の名も御存じでびっくりしました。「女性の品格」の本に花の名前を知っていることとありましたが、その通りですね。「おとし文」のお菓子がとても美味しかったです [続きを読む]
  • フラ日和
  • きょうは、春うららのフラダンス日和でした。フローランテ宮崎の芝生広場には、朝早くから、フラダンスチームが日頃の練習成果を熱心に発表し合いました。36ものチームが2〜3曲披露しますのでほとんど一日フラダンス一色でした。私たちのチームも、今日が最高の出来でしたと慰労していただきましが、まだまだ、そぞろ歩きで、フラに全てをかけておられる方には、申し訳ない気持ちでした。帰りしな、英国庭園を散策しまし [続きを読む]
  • きょうは、穀雨
  • きょうは、二十四節気の「穀雨」とか、朝は少し薄曇りでしたが、苗を潤す雨が昼前から降ってきました。最近は、大忙しの毎日、お茶会に出かける準備、フラダンスのリハーサル、それに短歌大会の案内も届き一つ遠慮すると、楽になるのにと思いながらも、つい多忙の道を歩いています。友人の誰かが言っていました、「現職時代より、ガソリン使う」と。その通りです。通りがかりの田んぼに、小さな雨が降っていました。一つ一つ [続きを読む]
  • うちの一日一菓
  • 毎日の生活の一つの楽しみお菓子、お茶のおもてなしには、お菓子はつきものです。家のお菓子は、お茶会のお土産のお菓子、毎月の朔日参りのお菓子、子どもたちが帰省の際、空港で時間を気にしながら求めたであろうお菓子、それに旅行のお土産親戚やお客さんの手土産、お隣さんからおすそ分けにいただいたお菓子などです。名前のある名品はそうありませんが、どれもシニア夫婦の生活にうるおいをもたらしてくれた品ばかり [続きを読む]
  • 韓国料理店で宮崎ブランドポークおいも豚を
  • 上京の折、一度も本格的な韓国料理を食べたことがなかった私を、家族が新大久保の水刺斎(スランジェ)に連れていってくれました。王侯貴族が味わった料理を気軽に味わえる韓国料理店とあって、満席で大変賑わっていました。コース料理のメイン、焼肉は特に美味しくてその味わいに、東京でこんなにも美味しい焼肉・・・と思いました。お品書きに、「宮崎ブランドポークおいも豚」とあり、なるほどと思った次第です。帰りのタク [続きを読む]
  • 筍パワーを活かして3品
  • 筍を温泉の帰りに、一個300円で求めました。それを、まるごと使い切り料理にしていただきました。先端の柔らかくて風味のあるところは、筍山菜ご飯に、中間部分は、大豆と煮てシニア滋養スープに、堅い根っこのところは、あさりと蒸し炒めにしました。どれも作りすぎて何回かに分けて「ばっかり食」もまた楽しと、いただきました。簡単に筍の旬を活かせたと思っていますが、いかがでしょうか。昨年の今ごろも書きました [続きを読む]
  • 「世界一ロマンチックな花畑」に行ってきました
  • 「世界一ロマンチックな花畑」と海外メディアが絶賛する宮崎県新富町の芝桜のお花畑に行ってきました。光を失った奥様を笑顔にしたいと、愛情にあふれる「お花畑」が海外でも話題になりました。今年で30年目とか、自宅の庭をオープンガーデンとして、ボランティア開放されておられます。一面に咲き誇る芝桜に今年も感動しました。開花の時期は、桜のように予想が難しく、今年は少し早めに出かけてしまい、八分咲でした。それ [続きを読む]
  • 桜、散り始めていました
  • 「夜来風雨声 花落知多少」(昨夜は風が強く、雨も降ったようだ。せっかくきれいに咲いた花だけど、昨夜の雨と風でどれくらいの花が散ったことだろう)の意ではないですが、今朝、近くの公園に出かけると、桜の花弁が散っていっぱい地面を覆っていました。とても綺麗でしばし見入ってしまいました。これが、水面だったら、花筏になるのでしょうか。花筏って極楽浄土の意味もあるとか、ほんとうに、桜の時期は短いのですね。  [続きを読む]
  • この時期は、みな桜色のピンクなのですね
  • 日本橋三越ののれんが、桜色のピンクで思わずウキウキして元気が出ました。リビング用品のフロアの桜のミニ盆栽が、可愛くて都会の桜と、思わず撮らせていただきました。先日、夫が友人のご母堂様の葬儀に参列しました際、いただいたお返し物の袋がピンク色でした。100歳でお亡くなりなられたとのこと、周りの方の桜色のお取り計らい分かるような気がしました。「私の時も、返礼品の袋は、ピンク色がいいなぁ、桜色でさよ [続きを読む]
  • 雪の白川郷・五箇山に行ってきました
  • 先月末、飛越地方の白川郷・五箇山(しらかわごう・ごかやま)の旅行に出かけてきました。合掌造り集落は、1995年の12月9日に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、日本では6件目の世界遺産だそうです。白川郷は、多くの観光客が訪れ賑わっていましたが、五箇山合掌造り集落は、素朴な原風景見学が人気で、ゆっくりと散策できました。それから、奈良井宿に立ち寄りました。江戸時代に江戸と京の都を結 [続きを読む]
  • 「エア花見」これおすすめです
  • 明日が満開の予報ですが、今日も雨です。雨ばかりですので、つい「エア花見」にはまってしまいました。あちこちに、工夫して造花の桜を飾っています。冷たい雨の日は、「エア花見」おすすめですでもやはり外が気になり桜色の傘をさして撮影しました。(^^;) [続きを読む]
  • エア花見
  • テレビで「エア花見」が話題になっていました。宮崎の桜の満開の予想は8日頃だそうですが、まだそんなに咲いてなくて、今日は冷たい雨です。それで、造花を玄関に飾って、「エア花見」をしています。花粉症の夫は、大助かりというところでしょうか。宮崎で、こんなにも桜が咲かない年は、60〜70年ぶりくらいだそうです。微妙に私たち夫婦にも「記憶がございません」( ;∀;) [続きを読む]
  • 近くの公園で、お茶花見しました
  • 上京の折、近所の公園の桜の下でお茶しました。前の日に、簡単手づくり和菓子を作り、それを持って出かけてきました。桜餅といちご大福を並行して、電子レンジで作ると、一時間半で簡単に作れました。桜の名所の見物もいいですが、近くの公園のお茶花見も手軽でいいですよ。今年は、東京が桜の開花は一番早かったので、二回花見ができそうです。(^。^)y-.。o○ [続きを読む]
  • まだ二分咲です
  • 今年が一番遅い開花とか、宮崎は、まだ二分咲です。開花宣言して2日経ちますが、散歩の途中の桜もようやくという感じです。私は、このように花開いて間もなくの感じがすきですが、どなたに会っても、「咲きませんねぇ」「遅いですねぇ」「まあ、楽しみは、後にとっておきましょ」の会話です。寒に当たるのが大切とか、人も温みに浸っていたら、花の咲く時期が遅れるという教訓ですかね。夫はゴルフに出かけましたので、金沢 [続きを読む]
  • 千鳥ヶ淵の桜とても素敵でした
  • 今年の桜の花の開花は、東京が一番早かったのですね。上京の折一昨日、千鳥ヶ淵の桜を見に出かけました。さすがに桜の名所、とても綺麗でした。千鳥ヶ淵という名称のとおり、桜の木の近くの樹木にいっぱい雀がとまっていてとても賑やかでした。宮崎は今日開花宣言でした。桜の開花には、冬の寒さが必要とか、人にも共通するようですね。明日、宮崎の桜を撮ろうと思っています。(*’▽’) [続きを読む]
  • 春分の日の家ランチ
  • この連休、弟が庭の模様替えに来てくれました。大変器用な弟で定年退職した今は、自分の庭はもちろん親戚中の庭の模様替えをして、感謝されています。そのお礼にと、家ランチをこさえてご馳走しました。食べっぷりもよくて、いつも完食してくれています。今日は春キャベツならぬ、寒キャベツでロールキャベツを作り一緒にいただきました。農産物担当の店員さん曰く、「春キャベツは柔らかすぎて消えて無くなるので、ロールキャベ [続きを読む]
  • 宇佐神宮のお茶会に
  • 昨日は、大分県の宇佐神宮で行われました献茶式とお茶会に日帰りで出かけてきました。午前3時に起床して、着物着て5時に我が家を出発、宮崎駅から大分駅で乗り換えて、9時過ぎに宇佐駅に着き、そのままタクシーで宇佐神宮に向かいました。直ぐに、献茶式が厳かに始まりました。宮司の方やお家元の美しい神事に感動いたしました。宇佐神宮の参拝方法は昨年お参りしました出雲大社と同じ二礼・四拍手・一礼でした。具体的に [続きを読む]
  • シニア夫婦の水温む候
  • 3月になって寒さが少しゆるんできました。風はまだ冷たいですが、日当たりのいい部屋はあたたかく、すっかり春めいてきました。冒頭の挨拶で3月は、「水温む候」とか言います。3月1日の早朝、朔日参りに宮崎神宮出かけましたら、御手洗の水が温かったので、「やはり三月、水温む候」と呟きましたら、「これは、井戸水だからね」と夫。井戸水ってほんとうに温かいのですね。ちょうどいいその温さで、昔の人は炊事していたのです [続きを読む]
  • 釣釜の揺らぎに、春の風情
  • 先日のお茶室には釣釜が掛けてありました。釣釜の揺らぎを見ると、春の訪れを感じます。春は、何か心浮き、周りのいろいろな変化にも敏感になります。今朝パソコンを開くと啓蟄後のことでしょうか、トカゲちゃんがこそこそと動いていてその揺らぎに思わずニッコリしました。市立図書館近くの公園の桜が春風に揺らぎとても感動的でした。受験を終えたばかりの方たちは、不安で心揺れていることでしょう。この時期には、かつて受 [続きを読む]
  • 昨日は、三流派お茶会でした
  • 表千家、裏千家、お煎茶のお茶会が、昨日フローランテ宮崎で開催されました。《表千家御席》《裏千家御席》《お煎茶御席》お茶席のお手伝いの合間に、それぞれの席を回り、三つのお茶の流派の良さを味わうことができました。会場は、2月とは思えないほど花いっぱいで、日本庭園のつくばいの清水もことのほか、温んでいました。このようなお茶会では、主客と次客には、亭主の点てられたお茶が振る舞われますが、三客からは [続きを読む]
  • シニア夫のガッツリ朝食
  • 今朝偶然にも、NHKテレビの「あさイチ」で、日本老年医学会では10〜20年前と比較して「若返り」が見られるため、「高齢者の定義を75歳にしてみてはどうか」という提言が出されたと放送がありました。今朝早く夫がゴルフに出かける前のガッツリ朝食です。チーズパン2個、ミネストローネ、フルーツヨーグルト、キュウリとセロリのサラダに、キャベツの卵とじ、ゴルフの朝はお腹が空くとスコアに影響すると、ガッツリ食べて [続きを読む]