ゆあ(UR) さん プロフィール

  •  
ゆあ(UR)さん: かせっとB面
ハンドル名ゆあ(UR) さん
ブログタイトルかせっとB面
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/urcstb/
サイト紹介文HIPHOPやアイドルなどから仏教を味わう真宗法話を書いています。真宗大谷派僧侶。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/12/09 11:12

ゆあ(UR) さんのブログ記事

  • 夏の仏(ぶっ)っとび読書感想文 - 「ガイジン夏遍路」を読む
  • こんばんは、ゆあ(UR)です!夏といえば読書感想文!そして、旅行ですね!日本の旅行のルーツには宗教的な巡礼が挙げられ、宗教と旅というのはなかなか関係が深いものです。人びとはその信仰心からいろいろな”聖地”を巡り、旅をしたのですね。江戸時代に入り、伊勢神宮への”おかげ参り”などをはじめとして庶民にも旅行が普及していきました。ということで、今回取り上げる御本はクレイグ・マクラクラン(訳:橋本恵) /「四国八 [続きを読む]
  • 「和菓子と仏教の甘い関係」- 禅僧が伝えた羊羹と饅頭とおやつタイム
  • 乃木坂46@nogizaka46【ブログ更新 秋元真夏】 ぽいっヽ(。・ω・。)ノ https://t.co/v7VbrA122P https://t.co/aw9RpNveaH2017/08/10 23:47:09こんばんは、ゆあ(UR)です!昨日更新のまなったんのブログ、めちゃかわいすぎじゃないですか???やばいかわいい。。というわけで、本日はまなったんがはむってるもちもちのお菓子にちなんで、和菓子と仏教について、今月発売されたばかりでちょうど読んでいました御本を参考にしてみていきた [続きを読む]
  • 仏教由来の地名「国分寺(こくぶんじ)」
  • こんにちは、ゆあ(UR)です!今回取り上げる仏教由来の地名は、国分寺(こくぶんじ)です。 東京都多摩地域には国分寺市があり、その名は、かつてここに「国分寺」というお寺が置かれたことに由来します。もともと国分寺は741年(天平13年)、鎮護国家を目的に聖武天皇が全国に建立したお寺です。男性の僧侶が管理する国分寺と、女性の僧侶が管理する尼寺の国分尼寺(こくぶんにじ)。この二つが計画的に日本各地に置かれ、また、寺 [続きを読む]
  • ボストンお絵描きキャンペーン!
  • 東京都美術館で現在開催されている、「ボストン美術館の至宝展」。(公式サイト)この展覧会に合わせてボストンお絵描きキャンペーンという企画がtwitterでありまして!名画を自分なりに描いてみよう的な感じです!それで僕も参加しましてお絵描きいたしました。だいぶアレンジしちゃったんですけど、有難いことに参加賞に選んでもらえました〜!展覧会のチケットも頂いちゃいました。ペアチケットだから・・・・・・二回も行けま [続きを読む]
  • 夏の仏(ぶ)っとび読書感想文 - 「怪異」の政治社会学を読む
  • こんにちは、ゆあ(UR)です!もう八月になりましてすっかり夏本番でございます。夏といえば読書感想文!そしてホラー!というわけで、今回の読書感想文で取り上げますのは高谷知佳(2016)/「怪異」の政治社会学-室町人の思考を探る(講談社選書メチエ)です!不可思議で不気味な出来事のことを僕たちは「怪異」と呼びます。そうした「怪異」から、当時の社会や人々の姿を読み解いていこうとするのが当書です。まず、「怪異」につい [続きを読む]
  • 仏教用語小話「知事(ちじ)」
  • こんにちは、ゆあ(UR)です!本日ご紹介する仏教用語は知事(ちじ)です。現在は都道府県のリーダーを表す職名としてお馴染みですね。この知事という言葉はサンスクリット語の「カルマ・ダーナ」を漢訳したもので、「事を知る」という意味になります。もともと、この「知事」は寺院における役職名でした。たとえば、食事を作る役目の人は「典座(てんぞ)」という知事です。そこから日本では現在、この知事という言葉が都道府県の首 [続きを読む]
  • 夏の仏(ぶ)っとび読書感想文 - 「親鸞と一遍」を読む
  • こんばんは、ゆあ(UR)です!夏ですねー!夏といえば、海に花火にお祭りに・・・読書感想文ですよね!ということで、このコーナーでは最近読んだ仏教関連書籍の感想をつらつら書いていきたいと思います。それで、今回取り上げますのは竹村牧男(2017) / 「親鸞と一遍 -日本浄土教とは何か」(講談社学術文庫)です。元々は仏教書専門出版社の法蔵館から出ていた本で、今年 講談社学術文庫にて文庫化いたしました。お求め易くなりま [続きを読む]
  • 仏教由来の地名「祇園(ぎおん)」
  • こんばんは、ゆあ(UR)です!このコーナーでは、仏教がその由来となっている地名についてご紹介していきたいと思います。本日取り上げるのは京都の祇園(ぎおん)です。八坂神社を中心になぜ、このエリアが祇園と呼ばれるようになったのか順を追ってみていきたいと思います。 まず、お釈迦さま(原始仏教教団)に寄進された寺院の一つに祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)と呼ばれるものがありました。平家物語の「祇園精舎の鐘の音・・ [続きを読む]
  • 仏教用語小話「一心不乱(いっしんふらん)」
  • こんにちは、ゆあ(UR)です!日常の中にある仏教のことばを紹介するこのコーナー、今回取り上げますのは一心不乱(いっしんふらん)です。現在は「わき目もふらず、ひたすら目標に向かって頑張るさま」という意味合いで使われていますね。この一心不乱、もともとは心を散乱させることなくお念仏することを指します。そういう意味では、お念仏を頂く者にとってこの一瞬一瞬が一心不乱のただ中なのでしょう。一心不乱というこの響きの [続きを読む]
  • 仏教用語小話「正念場(しょうねんば)」
  • こんばんは、ゆあ(UR)です!本日ご紹介する仏教用語は正念場(しょうねんば)です。大事な場面、局面のことを指す言葉としてお馴染みですね。この「正念」というのは、仏教修行のガイドラインである【八正道(はっしょうどう)】のひとつ、「正念(しょうねん)」から来ています。・関連記事:「八正道」とは「正念」とは一言で申せば、正しい思いをもって人生を生きることです。仏道から外れないよう、自身の行為につねに意識を向 [続きを読む]
  • HIPHOP名盤で分かる!仏教のことば
  • こんばんわっさ、ゆあ(UR)です!突然ですが、仏教のことばって漢字ばっかりで取っ付きにくいイメージがあるんじゃないかと・・・。そこで今回は、仏教のことばをHIPHOPクラシックに置き換えて味わってみよう!と思います。(?)というのも僕自身、仏教を学び始めたときHIPHOPの曲名になぞらえて楽しんで覚えたんですよねw一切皆苦・・・・・・ああ、Life's a B※※chってことね!、みたいなwそんなわけで、とりあえず今回は仏 [続きを読む]
  • 乙女と仏教「日本仏教は乙女から始まった!」
  • こんにちは、ゆあ(UR)です!このカテゴリでは【乙女と仏教】をテーマに、女性と仏教の関わり合いについて書かせて頂きたく存じます。第一回目の今日は日本における最初の出家者、嶋(しま)を取り上げてみたいと思います。そう、日本最初の出家者は女性なんですね。それも11歳の少女であったと伝えられています。彼女の俗名(世間での名前)は嶋(しま)といい、出家した後は善信尼(ぜんしんに)と名乗りました。なぜ少女が日本最 [続きを読む]
  • HIPHOP法話「自分をディスろう!-安居(あんご)からみるHIPHOPの精神」
  • こんばんわっさ!ゆあ(UR)です。今回から↑イラストエッセイ的なものも始めてみました。さて、USの老舗HIPHOPマガジンである「XXLマガジン」。そこで今年の”フレッシュマン”(期待の新人)に選ばれたUgly God、その新曲から今日は法話を書いてみようと思います。●毎年恒例! XXLマガジンが選ぶフレッシュマン2017が発表 服が謎です。それでその新曲というのが、HIPHOP HYPE !@hiphop_hype2017年版XXL「Freshmen」に選出された [続きを読む]