鑿の柄付け職人の日常 !! さん プロフィール

  •  
鑿の柄付け職人の日常 !!さん: 鑿の柄付け職人の日常 !!
ハンドル名鑿の柄付け職人の日常 !! さん
ブログタイトル鑿の柄付け職人の日常 !!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshitoshi39
サイト紹介文手道具存続の為に頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/12/10 17:45

鑿の柄付け職人の日常 !! さんのブログ記事

  • 木彫鑿
  • 何とか間にあいました。木堀鑿はアール・幅等で種類が多いです。これだけあっても同じ物は無いように思いました。時間との戦いで綺麗に合うとすごく充実感があり、気持ちがいい物です。夕方、トイレで家に入ると長女がピアノを弾いていました。アナログの音を聞くとよけいに癒されます。 [続きを読む]
  • 鍛冶でっせ ! カウントダウン
  • ついに今週末になりました。鍛冶でっせ!展示用の鑿の柄付けも終盤に来ました。 まだ残ってますので、もう数日はかかかり付けです。今回の鍛冶でっせ!では自分は柄付け実演しません。イベントのつ使う氷鑿の柄付け等、間接的に協力させて頂きました。やる事が一杯あるので、今年はゆっくりさせて頂いて、また来年です。その合間にこう言うのもします。前回の古い口金をつかった木彫彫刻鑿。綺麗に合いました。  [続きを読む]
  • 古鑿 28
  • 古鑿が来ました。輪と口金は再利用です。一つの輪は頭がつぶれているので交換します。口金の再利用は厚みが薄いのでつぶれそうになります。以前、合わせ目が割れた事も有りました。非常に気を使いますが雰囲気ありますね〜。これはどんな感じになるのでしょう。これもうまく合えばいいのですが。 [続きを読む]
  • 珍品
  • 先日の仕事の中に久しぶりに見た鑿がありました。普通の鏝鑿ですが、軸(マチ)が非常に細いです。三木の一番小さい口金より細いのです。木彫り鑿ではちょくちょく有りますが鏝鑿は初めてです。磨り合わせが出来ないので合わせ仕込みにしました。叩く鑿ではありませんが、口金の中に入り込んでしまう可能性があるので木を長めにして持たしております。壺鑿も有りました。ふごく久しぶりに見ました。建具屋(向行待ち)鑿は珍しくな [続きを読む]
  • 古鑿 28
  • 先日の仕事の中に久しぶりに見た鑿がありました。普通の鏝鑿ですが、軸が非常に細い。三木の一番小さい口金より細いのです。木彫り鑿ではちょくちょく有りますが鏝鑿は初めてです。磨り合わせが出来ないので合わせ仕込みにしました。叩く鑿ではありませんが、口金の中に入り込んでしまう可能性があるので木を長めにして持たしております。壺鑿も有りました。ふごく久しぶりに見ました。建具屋(向行待ち)鑿は珍しくないですが、1 [続きを読む]
  • 播州三木の定番品
  • ややこしい中に普段から慣れた物があると何故がふぉっとします。写真の1・4枚目は磨り合わせ前ですが。難しいのをする事で製品の仕上がり具合の変わって来たように思います。 [続きを読む]
  • 新品のシューズ
  • 高校からバレーボルを始めた長男、1人だけが初心者なので体育館シューズで部活してます。何とかしないと言う事で購入。やっぱ自分が憧れてた物を履いてもらおうと購入。 シューズ入れも。ミズノは多いけどアシックスは無いのでネットで購入。アシックスのこのタイプはとにかく柔らかくて軽い。これで1足分?って感じです。クッション性を補強する為バレーボール用のインソールも調達しました。ついでに自分用にもリーズな物を購 [続きを読む]
  • ヤスリ掛け2
  • 今回のは輪もヤスリ掛けです。口金も。全体像です。輪と口金が黒と比較した見て下さい。イブシと比べてちょっと雰囲気も変わります。柄は6寸です。古くなってくるとどの様になってくるのでしょうね。ちなみにイブシタイプです。 [続きを読む]
  • 虫との戦い
  • 5月後半になってくると、特にグミの木から虫が飛び出します。グミの薄皮の中で越冬して成長します。木を製材した時にも虫が居そうな穴はよく見ます。虫退治と被害拡大を抑える為、出来るだけこの時期に丸めます。2度手間ですが。強い薬ってのもあるんでしょうけど人体への被害があるといけないので。丸めていくと虫が出てきます。成虫になる前には奥深く入って行きます。虫がつぶれた跡がありますが、しっかり奥まで穴が開いていま [続きを読む]
  • ヤスリ掛け
  • 鑿にヤスリの掛かった物はよく見ます。ごく稀に依頼で口金や輪にヤスリを掛ける事があります。黒の手打ち輪に輪にヤスリを掛けている途中。仕上がりです。左からイブシ・ヤスリ掛け・磨きとなります。追入れ鑿に4寸5分丈で付けてます。夜に撮ったので写真が暗いですね〜。色々と感じが変わって面白い雰囲気をかもし出してます。 [続きを読む]
  • 太鼓のバチ 3
  • こんな感じに変わった子供用バチ。持って行って見たもらうと。頭をもう少し丸くだそうでした。旋盤ではさんでセンターを出したので爪の痕は行ってしまいましたが。太鼓を叩いてる子に感想を聞くとこれでいいって事。2組の加工っだたのでこれでお役目ごめんです。また、来年。祭りを楽しみます。 [続きを読む]
  • 太鼓のバチ 2
  • うちの町の太鼓のバチを子供用に改良です。子供様に5?短くすると言う事でした。元はこれです。だいぶ前の物で、町の方が毎年ポケットマネーである所で作成され寄付された物です。材料は朴です。変更詳細は握る所は細い所からまっすぐで、野球のバットの様な形。頭はあまり丸くならなくてよい。こんな感じでいいのだろうか?比べて見るとだいぶ感じが違います。バランスを見ると変更した方が少しだけ頭が重い感じです。持って行っ [続きを読む]
  • バレーボール
  • すっかり遠ざかっていたバレーボール。子供の部活には全然縁がありませんでした。自分が中学でしていて背が伸びたのが判りませんが、母親が孫にバレーボールを薦めます。長男が高校バレーをしだしました。親としてはちょっと不安です。野球しかした事のない子が中学からしていた子に追いつけるのかと。大人でやっていた時に高校から初めたバスケとサッカーの子が凄くうまかったのを見ていたので何とかなるのかな?と。???昨日の [続きを読む]
  • 太鼓のバチ
  • 豊年万作の秋祭りが多い中、うちの町は春祭りです。三木の中でも感じは違うけれど同じ名前の神社は比較的春が多いです。今年はポスターが出来ました。消防団を退団してからは宵宮の町内巡行は行ってませんでした。今年は隣保長が当たってるので参加する予定です。太鼓の練習の当番になった時に行くと太鼓のバチの話になりました。大人用を使うので短く加工しようかと。町には大変世話になっているので太鼓のバチの作製・メンテナン [続きを読む]
  • 削り肌
  • 柄付け依頼がありました。以前に「のら」の鑿を見せて頂いた方です。細いのが好みだそうです。三木の鑿でかなり古い物でした。マチが太かったので口金の大きい方一杯まで細く出来ました。それよりも細ければ輪が無いんですよね〜。輪も口金も加工そのままを使用しました。白樫も削ったままの木肌です。初めはこちらの方が簡単かな〜?って思っておりましたが、ごまかしが出来ないので帰って大変でした。口金加工したらバリが出ます [続きを読む]
  • 仕込み
  • 以前修理した氷鑿を持って行かれた卸さんに教えて頂きました。「突く鑿は仕込みで切れ方が変わるんや〜!って持ち主の料理人さんが言われてた」と。重くて過酷な状態で使われる氷鑿ははなおさらかと思いましたが。叩く鑿の仕込みの大事さは以前にもお聞きしてましたが突き鑿もとは?これからも期待を裏切らない様、気を引き締めて使われる方の身になって仕事したい物です。鍛冶屋さん+柄屋+大工さん=4や5になれるよう。地場産 [続きを読む]
  • 旬もの
  • 春と言えばタケノコ?のイメージですね〜。知人から頂きました。ワラビです。母親曰く「こんな太いワラビ店に売ってない!」との事でした。幸いうちには灰があるのであく抜きには困らないらないようです。春の物は勢いあるので、アクが強いとか?同じ物でも旬ものはおいしいですよね。叔父さんが畑をされていて出来た旬ものをちょくちょく頂きます。季節を味わいたいと思います。 [続きを読む]
  • 白樫
  • その時によっては違いますが、先週の仕事は白樫が多かった様に思います。段取りの一部工程です。珍しいサイズですかね〜?中叩きのイスカ鑿です。ロウ引き・ペーパー仕上げ色々ですが。良い道具作りの一環をになってますが、大工さんに喜んで頂ければ嬉しいですね〜。今週もがんがッて行きましょう。 [続きを読む]
  • 飲み会
  • 昨日、少年野球の飲み会(家飲み)に誘ってもらい言ってきました。子供はもう少年野球をやっていなのでもう無いかと思ってましたが、この度は他のチームや昨年一緒に審判していた方ともお逢い出来楽しいひと時を過ごせました。この冬にお世話になったチームの審判講習をし、まじめで熱心なお父さん方の上達も早く多くの審判員が出来ました。お陰で今年はあまり声もかからず、多くの人数で審判を回しているようです。試合の数だけ審 [続きを読む]
  • 色々な形のコミ(中尾)
  • 鑿のコミ(中尾)にも色々な形があります。鑿の中で一番大事だと言われる鑿鍛冶さんもおられます。それくらいこだわりをを持っておられます。この形によって開ける穴もそれぞれ違います。ちょっと短い目の物。や、ちょっと長目の物。たまに横長のこんな物もあります。平待ち鑿のコミ(中尾)の極端な物です。こんなのどの様に開けます?細くて長いのでよくキリが折れます。もっと楽な方法があるのですが、狂いやすいので。また、氷 [続きを読む]
  • 桜の通り抜け
  • 昨日は花チラシの春の嵐でしたね〜。近所の桜も葉桜になってしまいました。仕事中あまり聞こえませんが、ラジオをかけてます。先週に流れてたのが、「桜も金曜・日曜日が最後」という情報で、大阪の大川河川敷きの桜は見事だという事。日曜日、朝にあった町の掃除を終え早速にも嫁・末娘3人で造幣局へ。今年は少年野球の審判が無いので精神的にもすごく楽です。こんな色の桜の花は初めて見ました。しだれ桜は見事でした。桜もすご [続きを読む]
  • 春休みの出来事
  • うちの次男坊が小学校6年生で書いた将来の夢?自分の場合は「大工になる!!」でした。叔父さんの2人が大工と1人建具屋でして、子供の頃によく仕事風景を見ていたので影響を受けたのかもですが・・・。うちによく出入りされてた卸さん所は子供さんがよく仕事を持って来られてました。今はみんな学校の先生になっておられます。当時「これでご飯食べてるんや!」って親が手伝いをさせておられた様に思います。子供さんも両親を尊敬し [続きを読む]
  • ペーパー当てとロウ引き
  • 自分がこの仕事に入った頃は非常に忙しくまとまった仕事が多かったです。その頃ずっと思ってた事は「数するとどうしても荒くなってしまう」と言う事。柄屋さんでも色々有って荒く数する所。その中間・その上と。その頃から自分の狙う路線は「丁寧で早く」でした。同業者からもそれは無理。と言う事でした。しかしその頃からしていた異業種交流で、これをしている人が居たんですよ。目標になりましたね〜。最近は小ロット多品種にな [続きを読む]
  • 花見
  • 我が家はイベント大好きです。特におがかから無しのは特にです。夕方、嫁が夕食の準備中に話をすると、「長女の予定で夜開いてるのは今日だけ!」って聞いた。早速、今日は企画花見しよ!っと。長女にメールすると20時頃に帰って来ると言うので、ちょっと肌寒いが決行。19時過ぎに仕事を置き、子供と弁当を買いに行くと30%OFFのシールが。ラッキー!!早速レジに行こうかとすると知り合いに出会い。「やっさんもちょっと待っとき、 [続きを読む]
  • 材料の乾燥
  • 材料(樫)が入ると乾燥させる為に木積みと言う作業があります。反っておくとカビが生えて使い物にならなくなるんです。この度は白樫で数が少ないのでまだ楽です。赤樫は入ってくる量が多いので積むのも大変な作業になります。木を積むのは仕事を終えてから。今回は子供に木を突き出してもらいました。子供の頃は兄弟でよく積まされた物です。一時的に保管しておきます。こんな感じで積んで乾燥させていきます。使えるのは2年後位 [続きを読む]