Yumina さん プロフィール

  •  
Yuminaさん: 古城と湖の町、イタリア ブラッチャーノ通信
ハンドル名Yumina さん
ブログタイトル古城と湖の町、イタリア ブラッチャーノ通信
ブログURLhttp://ameblo.jp/yumitomo-roma/
サイト紹介文ローマ近郊ブラッチャーノから、日々の暮らしや、旅に役立つイタリア情報をお届け!
自由文ローマ近郊の町で料理教室をしています。ツアーでローマにいらした方が対象ですので、旅も途中で市場に行ってみたい!地元食材で料理をしてみたい!イタリア家庭料理を食べてみたい!という方は、ぜひご連絡ください。
http://acquacitta.com/bracciano/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供691回 / 365日(平均13.3回/週) - 参加 2014/12/11 01:09

Yumina さんのブログ記事

  • エトルリア人のライフスタイルと死生観
  • 死者の町、バンディタッチャのネクロポリスから発掘されたものは、チェルヴェーテリの町の広場に面したお城のなかに展示してあります。チェルヴェーテリ 聖なる空気が流れる1000年前の教会この教会のちょうど前にある建物です。 とっても有名なエトルリアの夫婦の彫像。お墓の石棺の上に乗っていたもので、2人で仲良くそこに眠っていたと考えられています。これは最重要文化財ということで、ローマのヴィッラ・ジュリアの考 [続きを読む]
  • カフェのパスタもあなどれない美味しいイタリア
  • バンディタッチャのネクロポリス、死者の町は見どころ満載。あっという間に時間が経つし、周りには何もないので、バールは必須! ネクロポリスのなかにあるバールでは、カッフェを飲むだけでなく、ランチをすることもできました。見学に時間を割きたかったので、私たちは軽くプリモピアットのみにしたけれど、セコンドやコントルノも準備してあって、ネクロポリスの職員の写真食堂も兼ねているような感じでしたメッザマニケの [続きを読む]
  • 死者の町 バンディタッチャのネクロポリスへ
  • ブラッチャーノからクルマで30分ぐらい、チェルヴェーテリには世界遺産があります。バンディタッチャのネクロポリスです。 エトルリア人が作ったお墓で、それがまるで当時の暮らしを再現したかのような遺跡となって残っています。ネクロポリス、死者の町と呼ばれるのはそのためです。このあたりは火山灰が積もってできた凝灰岩が多くあるエリアです。凝灰岩って、掘り出すときは軟らかいけど、そのあと風雨にさらされると強固 [続きを読む]
  • 廃墟の町 ベルニーニの噴水の現物はここに!
  • 廃墟の町、モンテラーノ。廃墟好きにオススメ!本当に消えてしまったイタリアの町 今回も訪れたのですが、その前に!カナーレ・モンテラーノの市役所に行って、ベルニーニ設計の噴水2つの本物を見てきました。ライオンの噴水。今もモンテラーノにありますが、ライオンの彫像はレプリカなんだそう。 本物は市役所のなかにありました!これね。思ったより大きかったです。素朴なお顔。そして、そんなに細かく彫られてるわ [続きを読む]
  • トロペアの赤い玉ねぎと出来立てチーズ
  • お料理教室用の食材たち。トロペアの赤い玉ねぎがあったのでゲット。生のままサラダにしても美味しいけど、火を通すとグッと甘くなってさらに美味しい出来たてリコッタはまだ温かかったです。ミルクの香りの優しい味わい。モッツァレラも出来たて。噛むと中からジューシーなミルクが出てきます。お城と湖の見えるテラスでの教室はこれでおしまい。これまで来てくださった皆さま、ありがとうございました [続きを読む]
  • 紀元前7世紀、2700年前に栄えた港町ピルジへ
  • 今から2700年前、エトルリア人が暮らしていた中部イタリア。ブラッチャーノはローマよりも北に位置しているので、がっつりエトルリア文化圏です。この周辺には古代ローマより古い歴史があり、それが今も目に見える形で残っているのが面白いところ。 私のところへいらっしゃるお客さまのなかには、歴女も少なからずいらっしゃいます。そんな方々にとって、エトルリア文化にひたれることは貴重な体験。古代ローマに関する本や資 [続きを読む]
  • 地元感たっぷりなブラッチャーノのトラットリア
  • 日本からローマへアリタリアの直行便で来ると、19時にフィウミチーノ空港に到着します。そして、入国手続きを済ませ、荷物をピックアップ、専用車でブラッチャーノへ来れば、20時半ごろまでには宿にチェックインが可能です。この時間ならレストランも開いているので、貴重なイタリア滞在時間を有効に使えます。 今回のお客さま、そんなにお腹が空いていないとのことなので、滞在アパート近くのこちらへ。本当に住宅地のなかに [続きを読む]
  • 一見の価値あり!ローマ郊外ファルネーゼ宮殿の螺旋階段
  • ローマ郊外カプラローラにあるファルネーゼ宮殿。規模が小さいので、お屋敷って感じかな。先日は中庭の部分を紹介しました。ローマ郊外ファルネーゼ家のお屋敷に行った! とにかく、どこもかしこも美しくて、写真をたくさん撮りまして今日はなかでも、とくに素晴らしかった螺旋階段を紹介したいと思います。 建物自体が2階建てなので、らせんの長さはそうでもありません。でも、これ1580年ぐらいの建築なんですよー!古 [続きを読む]
  • チミーノのチョコレート工房とヘーゼルナッツ
  • ブラッチャーノ近郊チミーノは、ちょっと標高の高いところに位置する場所です。ラツィオ州とウンブリア州との境目あたりにある、Vicoヴィーコ湖を望む丘の上の町。ブラッチャーノもそうですが、このあたりは、ヘーゼンルナッツの一大生産地なんです。ヘーゼンルナッツは、ずっとピエモンテの特産品と思っていて、温かいローマ周辺にはないと思い込んでました。 ちょっと郊外を走ると、こんなふうにヘーゼンルナッツ畑が広がっ [続きを読む]
  • アパート探し10☆家電は好きですか?
  • いまのアパートには冷蔵庫と洗濯機が備え付けてあっただけで、昭和の家電3種の神器のテレビがなかったんですよねクーラーもなかったんですが、先日、オール電化住宅にリフォームされたときに設置されました。今さら、ですよ今度の家も古い家をリフォームしたばかり。冷蔵庫はあったけど、それ以外の家電は何もなし。でも、洗濯機は交渉してつけてもらえることになりました。 そんなわけでテレビ!!引っ越しを機に、テレビを [続きを読む]
  • 沼サンもどき☆レタスいっぱいなサンドイッチ
  • レタスがまだまだ残っていて、もうこの手で消費するしかないと、初挑戦。沼サン本当は千切りキャベツのサラダをたっぷり挟むらしいです。思いっきり野菜を積んでいいそうなので、日本で売られてるサイズのレタス1個分ぐらいをのせて??上からギュウギュウ押してラップ材できっちり巻いたら、あら不思議。落ち着きました。スライスチーズハム茹で卵きゅうりのピクルスレタスです。 yuminaさんのお料理をも [続きを読む]
  • アパート探し9☆新市街の集合住宅の暮らしと人付き合い
  • いま、私が住んでいるアパートは1970年ごろに建てられた物件なので、築45年ぐらいになります。日本じゃ、すごく古い中古物件のうちに入ると思いますが、こちらでは比較的、新しいうちに入るんですよね 4つの棟が中庭を囲むように配置されていて、ここからもお城が見えます。専用駐車場もあるし、エレベーターもある、これまで見てきた旧市街の物件と比べると比較にならないほど現代的。ただし、家賃以外に管理費が発生するん [続きを読む]
  • ニンファの庭園にある和な植物と甘露の泉
  • ローマ近郊ニンファの庭園。 イタリアでもっとも美しい庭園へ行ってきた!カエターニ家が繁栄へ導いた中世の町ニンファニンファのお屋敷でリストの弾いたピアノを見た! 今年の一般公開日、今サイトを見たら6月3日まで完売でした(汗。そして残りの公開日もほんと、数えるほどしかないです最下段に予約方法と合わせて載せておきますね。 さて、ニンファの庭園には世界から集められた植物が植えられています。なかに [続きを読む]
  • ソラマメとグリーンピースのスープパスタ
  • 今の時期、小さなソラマメの出回るイタリア。生でペコリーノチーズと一緒にいただくのが、春の定番です。でも、そんなにいっぱい食べられるものでもありません。フレッシュなうちじゃないと、えぐみも出てくるし。私はとりあえずサヤから外して、冷凍保存しておきます。そして、スープやパスタに使うんです。イタリアのソラマメなら皮をむかなくても、そのまま茹でてパクパクいけます。……皮付きなんて、イタリア人にはムリでし [続きを読む]
  • ニンファのお屋敷でリストの弾いたピアノを見た!
  • ニンファは、何世代ものカエターニ家によって愛されてきた場所。庭園内には中世の遺跡だけでなく、後世になって造られ、今なお現役のお屋敷もありました。 実は私、アートスクールの先生に誘われて行ったのですが、この日は一般公開日ではなく、Amici di Ninfaというニンファ友の会みたいな、会員専用公開日でした。なので、こうしたお屋敷の中にまで入れたのかもしれません。 こちらでウェルカムドリンクをいただいて [続きを読む]
  • イタリアの地獄谷カルダーラに行った!動画付き
  • ブラッチャーノ湖は火山湖なんです。むかーし昔、火山が噴火してできた湖なので、中央辺りがムチャクチャ深く、なんと、160メートルもあります! 残念ながら数字だと今ひとつ、ピンと来ない それがどれくらいの深さなのか、分かりやすい比較をピックアップすると……大阪の中之島ダイビル160メートル名古屋のザ・シーン城北 アストロタワー160メートル東京の住友新宿ガーデンタワー160メートルですって そんなわけ [続きを読む]
  • ステキな卵をゲットしたので久々にTKG
  • ブラッチャーノ・ドゥエにある近隣の農産物を販売するお店で、産みたて卵をゲット。イタリアの地産地消!ブラッチャーノ・ドゥエの有機農業ショップ スーパーで売ってる卵はイマイチ信用できないから、生食はしませんなので、ここぞとばかりに久々にコレ!!TKG!卵かけゴハンでーす! 美味しかったことはいうまでもないですね。せっかくなので和食メニューに。 こちらは有機栽培農家から買った野原の野草、野生ほ [続きを読む]
  • イタリアの地産地消!ブラッチャーノ・ドゥエの有機農業ショップ
  • ブラッチャーノ・ドゥエは、言わば第2ブラッチャーノ。戦後の高度経済成長期に宅地造成されたエリアです。駅から離れているので歩いて行くことはできません。でも、駐車場がいっぱいあるので、クルマのある人には住みやすいエリアです。集合住宅エリアにはお店もひと通り揃っています。最近では、エコ流行りで有機農業や地産地消をうたったお店も続々と登場。比較的新しくできたお店に行ってみました。収穫されたばかりのイチゴと [続きを読む]
  • カエターニ家が繁栄へ導いた中世の町ニンファ
  • カエターニ家は中世に栄えたローマ貴族。領地はローマからナポリへ向かう途中の海や小高い丘を有するエリアだったので、ブラッチャーノ周辺ではあまりなじみのないローマ貴族です。これはカエターニ家の紋章のひとつ。波型模様で、領地の海辺の地域を表しているとか。 その後、Fontiフォンティというやはりラツィオ南部に領地を持つアクイラ家からお嫁さんをもらいまして、そちらの紋章がアクイラ、鷹だったんですね。 [続きを読む]
  • イタリアでもっとも美しい庭園へ行ってきた!
  • 何年か前、イタリアでもっとも美しい庭園に選ばれたニンファ。アメリカの新聞で世界の庭園ベスト10の一つに選ばれたこともあるらしい。冬季は休園。さらに開園時期も週末しかオープンしてないうえ、予約でいっぱいになると入園すらできない。ここ3年、ずーっと行ってみたかったニンファの庭園に行くことができました!まずは写真だけ……ニンファ、妖精が出てきそうな雰囲気をお楽しみください。 [続きを読む]
  • ローマテルミニ駅のボヤ?で州内電車がすべてストップ!
  • 私はいつも、ほとんどブラッチャーノにいるのですが。今日はニンファというステキな公園へ行ったんです。で、その帰り、このアクシデントにすっかり巻き込まれてしまいました INCENDIO ALLA STAZIONE TERMINI: CAOS E TRENI FERMI PER OREテルミニ駅で火事:カオス、そして今も止まっている電車http://www.leggo.it/news/roma/stazione_termini_incendio_treni_fermi_guasto_tecnico_ritardi_blackout_foto_video_roma-245057 [続きを読む]