世直し一般庶民 さん プロフィール

  •  
世直し一般庶民さん: 微力ながらも発信しています
ハンドル名世直し一般庶民 さん
ブログタイトル微力ながらも発信しています
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pizzica0912
サイト紹介文コメントはクローズ中。 私以外の方が匿名で登場しますが、ご本人が迷惑等を感じた場合は連絡頂ければ削
自由文少しでも世の中がよくなれば……と、思ったこと、感じたことを臆せずに発信していきます。
結婚後に人格が変わってしまった有名私立小学校の教員をしている兄の良心の回復も悲願です。
好きな音楽のことも書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/12/11 13:55

世直し一般庶民 さんのブログ記事

  • 収納機能のあるお花台を作りました
  • 我が家の小さなサンルームの手前の空間に置くための収納機能のあるお花台を作りました。元々は既製品の収納庫の上に花を飾っていたのですが、これを別の場所にもっていき、寸法に見合った新しい木製の収納庫を作ることにしました。また、この空間は、ドクダミなど、雑草が多く、それらをシャットアウトするために、地面をモルタル処理することも併せておこないました。横幅 1600mm 奥行 400mm 高さ 800mm のを作り、地面もモルタ [続きを読む]
  • 驚くことに生きるか死ぬかの戦国時代の武士たちは鉄砲に否定的だった
  • 隣国から攻められて滅亡する危機と隣り合わせだった戦国時代にヨーロッパから伝わってきた最新兵器の鉄砲(火縄銃)に多くの武士たちが拒否反応を示していました。 どうして?現代人の視点からは、それまでの戦(いくさ)を一変する威力を持つ兵器を受けいれようとしなかったことが不思議ですが、そこには 人間の本質のある一面 が典型的に表れていると言えます。当時の鉄砲以外の主な武器には、刀、槍、弓などがありました。それ [続きを読む]
  • 糾弾を止めない理由は守銭奴教師に再び悪事を繰り返させたくないからです
  • 多くの方がこれまで、善意で同じような内容のアドバイスを私にして下さっています。「(申し訳ないですが)貴方のお兄様は最低な人間で、逆に、亡くなられたお父様に対する(弟の)貴方の行動には何も落ち度はなかったと思います。今後、更に貴方がお兄様が改心するように一生懸命に頑張ったとしても、(最低な人間性の)お兄様が改心する可能性は低く、このまま続けていくことが、貴方の身体を心を傷つける結果になることが心配な [続きを読む]
  • 綿密に計画された作戦を実行して勝利した桶狭間の戦い
  • 私の子供時代には迂回して少数の兵で背後から急襲して今川義元の首をとって織田信長が勝利したとされた桶狭間の戦いも、最近では正面攻撃を行い勝利したとの説が有力になってきましたが、織田信長は(本人も驚くような偶然の)幸運で勝利できた戦いであったように依然として評されていることが多いです。しかし、私は、そのようには思いません。歴史学者でもなく、何かの(歴史的な)証拠をもっての主張ではありませんが、後に天下 [続きを読む]
  • 早朝5時に父を見て生きていることに安心する毎日が続いていました
  • 長くとも4時間毎に痰を吸引しないと窒息死してしまう父を支えるための自宅介護が始まると、毎朝、5時に父が寝ている部屋に行き、最初に行うことは、父の 生存確認 でした。3時間前の夜中の2時には、その日の最後の痰の吸引やオムツ交換などの最後のケアは済ませていますが、それからの3時間で父が絶命してしまっている危険が常にありましたから、毎日、父の生存確認後を最初に行った後、体温や血圧の測定、痰の吸引、オムツ交換な [続きを読む]
  • 母と私の父への思いがシンクロした日
  • 写真は父の仏壇のお供えの2種類のお菓子です。洋菓子を父にお供えしようと購入した気持ちが 母と私で重なった のですが、バームクーヘンを買っていた母は、私が手に持っていたユーハイムの赤い紙袋(1写真参照)を見た瞬間、バームクーヘンで被ってしまった と焦ったそうです。 しかし、大丈夫でした。写真に写っているのは母が購入したのはバームクーヘンですがユーハイムのものではありません。そして、バームクーヘンの下に写っ [続きを読む]
  • 美を損ねる太字を使う必要性など全くありません
  • Excelに限らず多くのソフトは標準文字と太字を選択して使用できます。私は太文字を使いません。理由は 太字は綺麗でない からです。私は少しでも綺麗に見えるよう フォントの大小は細かく使い分け しますが、太字は使いません。フォントを大きくすれば、比例して文字も太くなります。太字の使用は、このバランスを崩します。印刷していただければハッキリ判りますが、(細文字に比べて)太文字は綺麗ではありません。何か強調した [続きを読む]
  • 気持ちとお金
  • 相手に対する気持ち(思い遣り)は、単に(気持ちなどない)お金を渡すだけの行為とは異なりますが、しかし、気持ちが全くゼロ円でお金を全く費やさずに進められる訳ではない現実が存在します。育ててもらった実の父親に対して、生前の闘病中だった頃も、死んだ後にも、全く関わろうとせず、未だに父の墓が何処にあるのかすら知ろうとさえしない有名私立小学校の教師をしている兄は、気持ち(思い遣りの心)がゼロ です。しかし、 [続きを読む]
  • 眼鏡ショップJINSさん(株式会社 ジェイアイエヌ)の神対応に感謝
  • 金曜日の東京周辺での春一番は私も今まで生きていた中で最も凄かったです。実は、突風のため 眼鏡が飛ばされてしまう という信じられないような災難に遭いました。私の裸眼の視力は 0.01〜0.02 ほどなので、飛ばされた眼鏡が何処に行ってしまったのか全く見えません。腰を屈めて探すこと3分ほど、5m近く離れた場所まで飛ばされていた私の眼鏡は、人に踏まれて右のレンズが外れ、フレームも破損した無残な姿になっていました‥‥( [続きを読む]
  • 全ての施設が受け入れを断った理由とは
  • 父の病状があまりにも酷く、4時間毎に痰の吸引をしなければ窒息死してしまう危険 があったことが大きな理由でした。父の体調が悪ければ、更に頻繁に痰の吸引をしなければならず、要は、父を窒息死させずに生命を維持させていく責任が持てない ということでした。どの施設からも、全く同じ理由で、受け入れを断わられました。当時の法律では、痰の吸引を行えるのは、医師免許所有者と看護師免許所有者、それに配偶者と血の繋がった [続きを読む]
  • 節分の余った豆を使って美味しい福茶を作る方法
  • 若い人でない限り関東人は節分は豆まきで恵方巻など食べたことは一度もないという人は多いのではないでしょうか。さて、ネットで見つけた 節分で余ってしまった豆を使った福茶 の作り方をやってもたところ、とても美味しかったです。作り方も簡単で、用意するものは・節分の豆(数粒)・梅干し(小サイズならば1個、中以上ならば断片を適量)・塩昆布(少量)・熱湯(または熱い緑茶)たった、これだけです。見事なまでに節分の豆 [続きを読む]
  • 最後の正月だけは大好きな自宅で過ごさせてあげたい!
  • 誤嚥性肺炎により入退院を繰り返して生命の危機に晒されしまっていた2002年の時に話を戻します。既に自分で喋れない、筆談も出来ない、ジェスチャで意思を伝えることも出来ない程にあまりにも病状が酷く、命の炎が終わりに近づいていることは誰の目にもあきらかでした。しかし、直接的に意思を確認できなくても、父の願いは明らかでした。このように酷い病状になってしまっても、大好きな自宅に戻りたい! という父の願いは、間違 [続きを読む]
  • 我が家に咲いている花たち(2017年冬)
  • 我が家の庭に咲いていた花たちの写真です。玄関に飾った椿の花です。(父)の仏壇の前に供えたエリカです。再び玄関に飾ったクリスマスローズです。( 続く )その他の 花や野菜の魅力 の各記事の一覧は下記のURLに載っております。http://blog.goo.ne.jp/pizzica0912/e/f062dde5f866923a99549713ea022672このBLOGの他の連載中、連載完了の各シリーズは下に紹介したURLまたは画像を すると、該当するシリーズのBLOG記事の [続きを読む]
  • 正義を貫いた男たちの銅像に彼の姿だけがありません
  • 自分が勝ち取った栄光を犠牲にすることで、人種差別を世の中に訴えなければならなった時代の話です。しかも、まだ、50年も経っていない1968年に起きた実話ですから、哀しい驚き が隠せません。 当時のアメリカ合衆国では、飲食店やバスなど、公共の場で白人と黒人の居場所が隔てられるというような差別が公然と行われる社会でした。こうした差別に反対する運動が 公民権運動 と呼ばれ、全米で盛んに行われ、人種差別に抗議していま [続きを読む]
  • せっかくだったのでジュリアンを買いました
  • 三週間ほど前に買ったジュリアンを自宅のサンルームに飾っています。店員さんは全く悪くはないのですが、書店で本を買った時のお釣りでもらった千円札が、あまりにも シワクチャで汚く 財布にずっと入れておくのも嫌な気分だった時、お花屋さんに売っていた1鉢 124円 で売っていたジュリアンが目に飛び込んできたので、これも何かの縁だと思って買いました。お花は、心を落ち着けてくれます。( 続く )その他の 花や野菜の魅力 [続きを読む]