きものかわむら さん プロフィール

  •  
きものかわむらさん: かわむら呉服店ブログ
ハンドル名きものかわむら さん
ブログタイトルかわむら呉服店ブログ
ブログURLhttp://kimonokawamura.i-ra.jp/
サイト紹介文世界遺産のまち富士宮から、キモノにまつわる話をいろいろと綴っていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/12/11 21:12

きものかわむら さんのブログ記事

  • 菱健 京友禅訪問着
  • 二日間、短い夏のおやすみをいただいていました。こちらも更新がないことで、心配してくれた方もいたようです。告知もせずに申し訳ありませんでした。休み明けの第一弾は訪問着を紹介します。菱健製作の一品。丁寧な筆致、鮮やかな発色、雅なモチーフと合わせて、いかにも京友禅らしい仕上がりになっていますね。霞たなびくような情景を連想させる柔らかな遠山ぼかしの表現も美しい。それにプラスして、周りを明るくする若々しさや [続きを読む]
  • 美山織紬ちりめんと川島織物つづれ八寸帯
  • 久しぶりに、今日は組み合わせ例で。紋意匠の生地などに面白いものが多かったブランド、美山織による紬ちりめんの着尺に、川島織物の紋つづれ八寸帯を合わせてみました。一見、普通の無地に見えますが、所々に入った節が独自の表情を表します。青みがかった灰色の地と横段の色を合わせて、この袋なごや帯を選んでみました。すっきりとした印象の着姿になるでしょう。色目と生地感から、男物としても使えそうな感覚でもあります。幅 [続きを読む]
  • 振袖 満開の梅文様
  • こう振袖を続けていると、しゃれ物好きな講読者の皆様方からは本当にお叱りを受けたりします。ただ、この夏休みで振袖を探しているという方にとっては、こうやって載せてある情報も有益であることが多いらしく、結果として当店に足をお運びいただく機会につながったりもします。よって、今日も振袖を取り上げます。満開の梅が咲き誇る振袖。一年のなかで最も早く、それも厳寒のなか美しい花を咲かせる梅は、古来より「百花のさきが [続きを読む]
  • 今日も振袖で
  • 時節柄、振袖が続きます。しゃれ物系をもっと取り上げてという声も届いていますが、営業面の都合上もう少しお待ちください。今日の一品は十日町青柳のものです。絞り、手描き、金彩と、職人の手による加工がしっかりと施された一品。そんなことは当たり前じゃないかと言いたくもなりますが、そういう品物が加速度的に少なくなってきているのが現状です。プリント物ではなく、伝統工芸的価値のある技を施されたものを、より多くの人 [続きを読む]
  • 総絞り振袖
  • お盆を控え、最近また問い合わせが増えてきている振袖を取り上げます。定番にして不変、総絞りの振袖です。ご家族でご来店されると、お祖母様からの支持率が非常に高いということを何度も書いています。スタンダードな存在ゆえに若い人からは少し敬遠されるきらいもありました。しかし、こうして写真に撮ってみるとよく分かりますが、絞りにしかない存在感、ボリューム感というものは確かにありますよね。施されている仕事量は、や [続きを読む]
  • ちりめん刺繍ショール
  • 非常に暑い日が続いている時に恐縮ですが、今日は当店の隠れたヒット商品、ちりめん刺繍ショールを一点紹介します。シボの高い重目のちりめん地に、蘇州の熟練職人による刺繍が丁寧に施された一品です。当店では振袖姿に合わせる方が多く、自然と振袖向きな明るいものを多く揃えていますが、落ち着いたベージュ地のこの一品は珍しい部類に入ります。約170×60センチの大判で、肩から背中にかけてのラインを上品に包んでくれる [続きを読む]
  • 濱本信博 手描き友禅振袖
  • 京友禅の作家として活躍されている、濱本信博さん制作の手描き友禅振袖を取り上げます。濱本さんの作品は当店でも長く扱わせていただいています。どちらかというと訪問着や色留袖が多く、振袖が複数在籍するのは珍しいですね。そのうちの一品です。あっさりとした柄付けながら、強い存在感を感じさせる仕上がりです。確かな素材と技法に裏打ちされた発色の良さがうかがえます。濱本作品に特徴的な地の吹雪加工。これも全体に奥行き [続きを読む]
  • 男物長襦袢 七福神
  • 今日はこんな一品で。キングサイズの長襦袢地。幻想的な暈しと共に表された七福神文様です。そのまま長襦袢として、または半分を使い羽裏として利用することができます。さらに、この生地は裏物としては非常に厚さと重さもあるため(むしろ羽裏としては重いくらいと感じる人もいます)、当店のお客様のなかでは羽織の表として仕立てる方もいます。他にも数点入れてみたので、またここでも紹介させていただきますが、なかなか面白いも [続きを読む]
  • 絞り振袖 当店のオリジナル制作です
  • 当地の夏祭りも今日が最終日。すこしの寂しさと年々増してくる疲労感を感じております。大学生の皆さんは今時分になってやっと帰省するという方も多いようで、成人式関連の話をいただくことがまた増えてきました。感じるのは、子供の成長の早さです。あんなに小さかったのにと思う子が立派なお嬢さんになって顔を見せてくれたりして、驚かされることも屡々。その度に我が子を振り返り、きっとあっという間に大きくなるのだろうなと [続きを読む]
  • 新粋染 白地かんざし柄
  • 富士宮の夏祭りは、今日と明日でいよいよクライマックスを迎えます。天気にも恵まれましたし、楽しみですね。熱中症には十分に気を付けて楽しんでいただきたいです。そんな日なので、今日はやっぱり浴衣です。新粋染の一品。かんざし柄の単色です。子供さん向きにも、若い方にも向く感覚ですね。若い世代のお嬢様には合わせ方や着方によって、粋な感覚にも今風の感覚にもできるんじゃないかな。シンプルな構図と色使いだからこそ、 [続きを読む]
  • 塩瀬染帯 菱若松
  • 今日は染帯を取り上げます。手描き友禅による塩瀬の一品。品名通り、菱形取りのなかに若松を表しています。直球ど真ん中の古典的文様を題材としていながら、とてもスタイリッシュな印象に仕上がっています。「伝統は新しい」なんてキャッチコピーを目にしたことがありますが、この一品を見ているとその言葉がよく分かる気がします。モダンさというものは、単に新しいことを追求するだけで表現できるものではないのですね。(ハラ文) [続きを読む]
  • 岡重着尺と杉村すくい帯
  • 明日から始まる商店街の夏祭りに向けて、準備に忙しい一日を送っております。祭りが始まると日曜日までの三日間は当商店街が歩行者天国になりますので、特にお車でお越しのお客様は気を付けてください。事前にご連絡いただければ近隣駐車場をご案内いたしますので、ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。さて、今日は組み合わせ例で。以前にも紹介したことがある一品ですが、岡重の花丸文着尺に杉村のすくい織九寸帯を [続きを読む]
  • 振袖 金彩友禅
  • 今日も振袖を紹介します。ストレートな古典文様。金彩加工が特徴的な一品です。古典が見直されているとは言われるものの、職人さんが手をかけて制作した振袖は年々少なくなってきているのが現状です。一見そういう顔つきに見えても、インクジェットプリントで作られたものが圧倒的に増えてきています。当店のような小売店では、プリント物には手を出さず、工芸的価値のある加工を施されたものをより多くの方に提供できるよう努めて [続きを読む]
  • 京友禅 振袖
  • 今日は振袖です。京都の仕事。やわらかな色使いに優美な意匠。若い時代を彩る衣装として、本当に相応しい一枚だと思います。手描き友禅、絞り、金彩と、きっちりとした仕事が施され、見ていてほっとしますね。最近特にこういう振袖に目が行きます。あくまでも上品に、だからこそ目を引くという着こなしを目指したいですね。大勢が集まる成人式会場の中で、お一人でもそういう人を増やしていきたいものです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • かんざしを色々と
  • たまには小物もということで、今日は新しく入ってきたかんざしの一部を紹介します。下手なコメントも不要だろいと思い画像を並べてみましたが、今回の入荷品はなかなか好評いただいています。まだまだ他にも数多く揃えていますので、どうぞ店頭にてご覧ください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 総刺繍振袖と帯清袋帯
  • 今日は振袖で。加飾のほとんどを刺繍で施した振袖。帯は西陣帯清の袋帯を合わせました。艶のある紺の地の上で、ボリューム感に富む刺繍の存在感が際立ちます。色のバランスもとても良いですね。身にまとってみるとまた違う魅力を発見することと思います。刺繍のボリュームに負けない帯をということで、大振りな文様が特徴の帯清の袋帯を選びました。全体の着姿を明るく見せる効果もあります。若い時代を彩る衣装として相応しい、華 [続きを読む]
  • 紋紗着尺と猫の染帯
  • 連日蒸し暑い日が続きますが、お祭りや花火など夏のイベントも盛りを迎え、楽しみな季節になってきましたね。同時に、夏こそ和装を楽しもうという方も最近は増えてきています。定番的存在になった浴衣はもちろんですが、それよりすこしグレードアップしたところを目指したい方も多くなっていますね。今日はこんな組み合わせで。紋紗の着尺に紗紬の染帯。どちらも以前取り上げている同士ですが、今日のテーマにはふさわしい組み合わ [続きを読む]
  • 男の小物を追加
  • 今日は男物小物を追加したので、その中から少しご紹介します。先ずは信玄袋を色々と。革もの、正絹(絣)、印伝など、それぞれに魅力的なものが入荷しました。当店が定番としているトカゲ革の草履と合わせて撮ってみましたが、幅広く合わせられますよ。もちろん、普段使い(洋装)にもOKです。今年は夏物とともに、男物の好調さが目立っています。以前からネットなどでは言われていましたが、当店の周辺でも和に目覚める男性が増えてき [続きを読む]
  • 浴衣もまだ間に合います
  • 当店の和裁士さんたちからのブーイングを覚悟の上で申し上げますが、これから迎える夏祭りシーズンに浴衣の仕立てもまだ間に合います。仕立てるものはもう間に合わないんじゃないかと思って、今年の新調はあきらめていたという声を耳にしたので、あえて書かせてもらいました。東京、新粋染浴衣の後期入荷分の一部を上げてみます。流行にも左右されず、小粋な良い柄が多いですよ。浴衣が夏のアイテムとしての定番となってかなり経ち [続きを読む]
  • よろけ縞小紋と紹巴九寸帯
  • 地域によっては既に夏休みに入っている学校も多いのでしょうね。ここ富士宮市では今週中に入るところが多いようです。夏休みとは無縁の大人、しかも自営業者となってからも、この時期を迎えると何となく心踊るものがありますね。人が楽しんでいる姿を見て自分も喜べる、ある意味良い性格になったと言えるでしょうか。お盆の頃にちょこっとだけある休みを楽しめるよう、今日も一日がんばります。今日は組み合わせ例です。縞の小紋に [続きを読む]
  • 無地感覚振袖
  • 今日は嫁が投稿させていただきます。夏休みで帰省されている皆さんが、当店に遊びに寄ってくださいます。まだまだ学生さんと思いきや、久しぶりにお会いした姿はとてもしかっりされて、頼もしくかんじました。その分、自分は年をとっているのだなーと実感いたしました。さて今回の投稿は、色無地感覚の振袖をご紹介いたします。一見、バラ柄の地紋の赤い振袖ですよね。これは、これで「色で着る」という感覚の振袖です。帯や小物で [続きを読む]
  • 絽付下げ 手描き友禅
  • 朝のニュースで「この夏いちばんの暑さになる」なんて言っていましたが、たしかにそのようですね。近づいてきている夏祭りの準備などもあるのですが、午前中ですでにバテ気味です。今日は夏物で。ちょうど今時分の花、サギソウを描いた絽の付下げ。夏物らしく涼やかに、柔らかい筆致で描かれています。京都の工房による仕事です。サギソウという名は、白鷺が羽根をひろげた形に似ているところから付けられたそうですね。ウィキペデ [続きを読む]
  • 綿大島
  • 最近では当地周辺でも、普段着物を楽しまれる方が増えてきました。呉服店としても、そういった注文をいただくのは楽しいものです。着物を好きでいてくれる方の存在は心強いものですね。というわけで、今日は木綿の着物。それも綿の大島です。80番手という非常に細い綿糸を使用することにより、綿織物でありながら大島らしい軽やかな風合いを再現しています。大島とはいえ絣でなく縞や格子なので、値段的にも比較的値ごろです。綿 [続きを読む]
  • 角帯を色々と
  • 最近は、比較的若い男性でも和装を楽しもうという方が増えてきているようですね。当地周辺でも、以前に比べると関心が高くなってきているのではと感じます。ネットなどで積極的に情報を集めて、その上で面白い要望を言ってくださる方もいて、こちらとしても刺激を与えてもらうことも多いですね。そのわりにはこのブログで男物を取り上げることが少ないじゃないかと、お叱りの言葉をいただくこともしばしばです。理由は女物に比べて [続きを読む]
  • 振袖 刺繍と金彩
  • 今日は振袖です。鮮やかな緑の地に、金彩と刺繍をふんだんに施した熨斗目文様が映える一品。仕事量の多さは説明しなくとも伝わるでしょう。豪華さが際立つ振袖です。緑は未来を表す色、という人もいます。二十歳の節目を祝う成人式の衣装としては本当に相応しいのでは、と思う一品です。にほんブログ村 [続きを読む]