新村正幸S さん プロフィール

  •  
新村正幸Sさん: 人間力を育てよう!
ハンドル名新村正幸S さん
ブログタイトル人間力を育てよう!
ブログURLhttp://blog.kuruten.jp/pekepeke
サイト紹介文人が社会で一番最後に信用されるのは、才能でも能力でもなく人間力です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/12/12 13:30

新村正幸S さんのブログ記事

  • 風化(時は流れる)
  • 時間がたてば記憶は薄れる。風化、時は流れる。いつまでも鮮明に憎しみの感情を持ち続けても、人は先を急ぐ。人は忘れてゆく、大切な記憶でさえ。新しい風に吹かれてこの記憶を洗い流したい。化石の浦島太郎になった気分。玉手箱を開ければ時間が経過したつじつまが合う。若い奴らがうらやましい、妬みもあるさ。自分が過ぎてきた時間が歯がゆい。うろたえ恐怖してあえいだ昨日はもう帰りはしない。決して後悔は無いように生きて来 [続きを読む]
  • 健康になりたい
  • 健康になってやる。誰よりも健康に、キチ○イの病気だと馬鹿にした奴らを見返すほど。健康、それは万人の理想、憧れ、望みあがなうもの。もう病気に苦しめられるのは嫌だ。健康になって働いて家庭を持ちたい。もう50歳だからそんなに長くは働けないとしても、一生精神疾患で人生を棒に振るのは嫌だ。「ああ健康」「なりたい健康」「つかめ健康」働くだけの人生に憧れた人生だったが、叶わぬ夢だった。清く貧しく美しく生きてきた [続きを読む]
  • 似顔絵を描くと喜んでもらえる
  • デイケアに今は週一位で通っているのですが。スタッフとかメンバーさんとか看護実習生の似顔絵を描かせてもらうと。その際に大変喜んでもらえます。満面の笑みで喜んでもらえます。いやらしい顔じゃないかってくらいニヤケ顔になります。似顔絵を描かれるのはうれしいそうです。その人と一対一で面と向き合って真剣な顔で描いていると。その人の顔の特徴が見えてきます、まだまだ未熟ですが。カネを取って似顔絵を描いている人に負 [続きを読む]
  • 狭心症が楽になってきた
  • 狭心症が最近楽になってきた。胸がハラハラして息苦しいのだけど、その度合いが軽くなってきた。ハラハラしている間、胸がときめいてしまう。何でだろう?何回も胸は張り裂けたのに・・・内科の薬が切れたから受診しなければいけない。傷心の傷が癒されてきた。ゆっくりと時間が解決してくれるらしい。鬼束ちひろの新譜アルバムCDを買った。聴いてみるといまいち、残念。でも聴く、ファンだから。 [続きを読む]
  • 解放願望
  • 解放されたい。解放されたいと願う。自分を縛りつけるいっさいがっさいから。人間は絶えず何かに縛られていなければいけない。道徳や自制心、規律や思いやり。しかし必要以上の力によって縛られ過ぎると、苦痛に成る。安全で甘い苦痛は存在しない、苦痛は危険で苦(にが)いもの。地獄の底まで追いかけてくる呪縛の亡霊。逃れたい、自分を苦しめるすべての事柄から。痛めつけられた憎しみは乗り越えなければならない、慈悲の名のも [続きを読む]
  • 痛みは喜び
  • 痛みは喜び。色あせない想い。果てしのない痛みの先に絶望しかないとしても。それでも希望を信じずには居られない。痛みに流す涙は喜びの涙。恐怖の中で苦しみに耐える、ヌルイ世界を望まない。裸足で野を駆け抜け太陽に守られた昨日。過保護に育てられたぬるま湯に生きる子供は、寒い冬を知らない。厳しい冬を生きる獣は、互いの身を寄せ合う。寒さに凍え震えた人は太陽の優しさを知る。暗闇の中では、光り輝くものがまぶしく映る [続きを読む]
  • 足跡のついていない道
  • 一つの足跡も無い未開の土地。誰も歩いた事の無い道。それは細く険しいブッシュの生い茂る原野。新しい世界に飛び込みたいと願えば、願いは受け入れられる。精神がぶっ飛んでも身体が悲鳴を上げても良いから。それは先駆者の器量が問われる、特異点。異端者の烙印を押されても、心が叫んでいる。「くだらない大人なんかになりたくはない」自分の得ばかりを追い求める現代にハリセンチョップ。あなたが悲しめば私も悲しい、あなたが [続きを読む]
  • 年寄りのひがみ
  • 最近の自分の心を支配しているものは。「年とったなあ自分・・・」「若い奴らがうらやましい、希望があるからね」人生一度きりだし、やり直すことは出来ないから。時間を無駄に使って何も得るものは無かった。精神障害者で無職だから生きてて張り合いが無いけど。落伍者の生活でも、心がときめくのは平等なんだな。みじめなピエロだった、集団ストーカーに狙われなかったらどんな生き方をしていただろうか。困難なほど燃えるっての [続きを読む]
  • 集団ストーカー被害の統合失調症
  • 17歳で統合失調症になってから30年以上たったけど。20歳の時1988年にマスコミの人権侵害が始まってから集ストが始まった。世間の人間が自分の事を恥ずかしい人間だと認識している間に。集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害は恐怖だった。「あな恐ろしや」良くあんな嫌がらせが出来るなとあきれる、しつこいなんてものじゃない。最近は向精神薬を呑んで精神を鈍くさせているから、被害を感じない。それでも過去のトラウ [続きを読む]
  • 富を望むのは欲望
  • スマホの占いサイトに登録しているのですが。数多くの占い師鑑定士が、「幸せに成るのはあなたです」「使い切れない富と愛情運に恵まれる運命は欲しくないですか」「成功者としての人生を歩みたくないですか」と誘ってくる。鑑定によって運命を変え、極上の富と愛情運を授かるのは。どうもうさんくさいし、人生で最高のご褒美は苦労して得るもの。苦労した労働に見合った対価としての御馳走や快楽なら、喜んで味わおう。タナから降 [続きを読む]
  • 貰えるチョコの量=モテるのだろうか?
  • はい、もうすぐバレンタインデーですね。毎年の如く私は一つもチョコ貰えません、義理も無しです。若い頃から女性にモテないのは良く分かっているつもりですが。人生においてもらえた義理チョコが三個のみで本命はナッシング。若いイケメン男子が今年も沢山チョコレートをもらえるのでしょうね。俺チョコとか言って自分でチョコを買う男子も居るそうですが。流行りすたりに呑まれた若い世相が繰り広げる喧騒でしょう。酒でも呑んで [続きを読む]
  • ワイン苦い
  • 今日は日曜日なので森町のほうまでドライブして。毎日発泡酒ばかり飲んでいるので。帰りにコンビニで500円の安いワインを買って呑んだ。味が苦い、フルーティな舌触りだが苦い。酒だもんね。これが大人の味なのね。甘いワインが飲みたいんだけど。晩御飯と一緒に呑んですぐに酔ってしまった。漫画家志望の友人との電話も言葉が詰まってお互い無言。ワインペットボトル一本720ミリリットル飲んでもほろ酔いにしかならない。泥 [続きを読む]
  • 鼻で笑う
  • お店とかに行くとトイレに良く入るのですが。他の客に出くわすことがあります。男性用小便器なのですが。その際に良くその赤の他人の客に鼻で笑われます。「フンッ」て感じに。若い男性が多いですね。嫌そうな顔をする客も居ます。ワザと唾を吐いてきた男も居ました。そんなに怒れませんがいい気分はしません。「ああこいつ俺の事を誤解してやがるな」と感じます。「あなたと私は一生関わらないのだとしても、失礼な態度は辞めたほ [続きを読む]
  • 霊感があるゆえに困った事
  • 自分は子供の頃から霊感が人より多くありました。それによりかなり困りました。テレパシーが聴こえて他人がいやらしい顔でニヤニヤ笑ったり。海賊放送で人権侵害されたり。とんでもない苦痛。心配事。他人に興味を持たれるのはうれしい反面重圧です。「どんな手段でも良いから有名になりたい」とか言う奴は無いものねだりの身の程知らず。誰も自分の事を知らない世界へ行きたいと願った。人生の体験から人はつながっていると確信し [続きを読む]
  • 波瀾万丈に憧れる世間
  • とかく順風満帆が良い、金持ちが良いと申しますが。その反対に、波瀾万丈の激動の生涯に憧れる人は古今東西多く居ます。眼の前をクリアブルーのレーザー光線が横切った時のあの衝撃とか。すみません、冗談です。風はいつでもあなたの味方ではなくて、数知れない試練を与えてくれます。時と場合によってはその風に命を取られることも。向かい風は鬼のように厳しいのに、追い風は心強い味方のように優しく微笑む。数多くの困難を乗り [続きを読む]
  • もしもあなたが世界平和を望むなら
  • 大昔から日本でも世界でもメディアでは人が争う事を肯定している。暴力をふるって他人と争う事が当たり前に描かれている。平和な日常が嫌になったのではないにしろ、刺激を求める。核保有国は何百回も世界を死滅させるだけの核を保有する。恥ずかしい核コレクターのくせに北の赤貧国に意見する。国会で安倍総理が北朝鮮の事を敵と名指ししていた。敵って何だろう?自分に危害を加える恐れのある相手の事を言うのだろうか。だから襲 [続きを読む]
  • 人の痛み
  • 車を運転中にカーラジヲを聞く。NHKも好きだからAMのNHK第一放送でいつも深夜に「ラジオ深夜便」と言う番組を聞いている。夜中から明け方まで放送している。スマホのらじるでラジオをつけっぱなしで布団で寝ていると。欽ちゃんファミリーの香取慎吾さんの声が聞こえてくる。数年前に最愛の娘さんを交通事故で失くした時の話をしている。嗚咽が混じるその話は、家の前で愛娘が交通事故に巻き込まれた時の事を生々しく語る。涙が枯れ [続きを読む]
  • 漫画家志望の友人が出来た。30代の彼は、昭和や平成の漫画やアニメ全般に詳しい。ネームを切り漫画を量産するのだが、評価してくれる人が居ないと嘆く。郵送して東京の出版社に漫画原稿を送るのだが何も評価が無いと言う。彼のアパートへお邪魔する度に漫画を見せてもらうのだが。ひとつひとつの絵のセンスはかなり良い、問題は完成度が低い点。スクリーントーンを一切使用しないし。プロの作品と比べても、何かが足りない。それ [続きを読む]
  • 未来の記憶
  • 漫画家志望の友人が出来た。30代の彼は、昭和や平成の漫画やアニメ全般に詳しい。ネームを切り漫画を量産するのだが、評価してくれる人が居ないと嘆く。郵送して東京の出版社に漫画原稿を送るのだが何も評価が無いと言う。彼のアパートへお邪魔する度に漫画を見せてもらうのだが。ひとつひとつの絵のセンスはかなり良い、問題は完成度が低い点。スクリーントーンを一切使用しないし。プロの作品と比べても、何かが足りない。それ [続きを読む]
  • BORN IN THE U・S・A
  • 17歳の時、引きこもりで学校を中退して、何の希望も無かった。テレビを見ていると深夜2時頃、当時流行っていたMTVからイカした音楽が聞こえてくる。30くらいの外人のおっさんが「Born in the USA!」「アメリカで産まれた!」と叫んでいる。ロックだ。自分の眉間に電光が走った。それまで死んでいた自分が蘇った、生きる気力が養われたのだ。すぐに精神病を発病して入院した。実姉に頼んでブルース・スプリングスティーンのヒ [続きを読む]
  • 声にならない叫び
  • 世界中の誰もが憂いで居る。迷える世界で、声にならない叫びを誰もが抱えている。叫びは波動となって想いを天空に運んでいる。天の龍神は波動を感じ取る、人間のまっすぐな想いも汚れた魂も。考えてみればこの世に敵なんて居ない。居るとすればそれは自分自身。自分が常識の盾を作り、怒りの剣を振る。身構える事も無く生き急ぐ事も無く、ただ呼吸をして。地球人が滅びる事も無く、未来を迎えられるように。今が危険なのは昔と変わ [続きを読む]
  • 他人の生活なんて見たくない
  • 他人の生活を隠しカメラで盗撮した映像を。テレビで垂れ流しているのかな。だとしたら人権侵害の犯罪だし、どこのテレビ欄にも乗せられない放送。そんな放送を観たいと思う視聴者が居るのかねえ・・・少なくとも自分は見たくない、赤の他人の私生活なんて興味ないし。人権擁護法も施行されたし、人権蹂躙する輩には生きにくい世情じゃないかな。人間の名誉と尊厳が大切にされるよう、ただ祈るのみです。 [続きを読む]
  • 我慢と快楽主義
  • エロを説明すると。「制限を強いられるが故の快楽へのあこがれ」でしょうか。我慢を強いられると、快楽への欲求が強くなる。普段うっ屈した人生を送る人ほどエロくなるのでしょうか。自分は変態だと思います。快感の得方は様々で、向かい風も追い風も生きる糧に変えてしまう。生きている幸せこそ快感だと思います。青い空にときめき、夕焼けに切なくなるのはこのリアルを生きる証。人生が楽しい事だらけなら、きっと感じなくなる。 [続きを読む]
  • 汚れてゆく世界
  • この世界はどこへ行くのだろうか。世界が行き先を見失って数十年、何を生きる理由にしようか。流行りすたりに一喜一憂して、戦略理論までして。1999、今は世紀末、人々が忘れ去ってしまった世紀末。誰も滅びの危機を感じない、平和と戦争の準備の間で。戦争の恐怖を忘れてしまった世相は、平和に飽きてまた争いを欲する。お互い銃口を向ける世界が、現実がそうだからって汚れ往く世界をただ肯定するのか。肉を食らい骨を切り裂く飽 [続きを読む]
  • 語り合えるものなら
  • 人生を語るには、自分はいまだ未熟だと思うけれど。振り返ってみれば一瞬の刻。目立つのが苦手なのに多くの人から注目されてしまう。だったらそれを活かして自分を理解してもらう様に努力すれば良い。同年の人達が学校を卒業してから働いて家庭を持ち、子孫を残している。自分は病気に病んで人生の大半を闘病の時間に使った。有り余る時間を働かずに慰問に費やした。襲い掛かる災難に立ち向かえば、飽きている暇は無い。自分は自分 [続きを読む]