Yoshi@LC5820osaka さん プロフィール

  •  
Yoshi@LC5820osakaさん: MINTETSU teacup AutoPage
ハンドル名Yoshi@LC5820osaka さん
ブログタイトルMINTETSU teacup AutoPage
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
サイト紹介文私が大好きな近鉄電車を中心に鉄道など乗り物の話題を取り上げていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2014/12/14 17:29

Yoshi@LC5820osaka さんのブログ記事

  • 区間準急に充当される東武10030系50番台
  • [画像] 1997(平成9)年3月のダイヤ変更で誕生した東武伊勢崎線・日光線の区間準急も今年で20周年を迎え、当初は北千住〜南栗橋間の運行がメインでしたが現在は浅草〜館林間の列車や太田始発の列車もあり、中〜長距離を走る種別にもなっています。2013(平成25)年3月のダイヤ変更で日中の運行が無くなり、朝と夕方以降のみになりましたが見慣れた6両編成のほか8両編成もあるので趣味的には面白く、東上線から転属した10000系8両固定 [続きを読む]
  • 近鉄一のハイグレード車両、50000系しまかぜ
  • [画像] 近鉄の特急車は22000系・22600系のようにレギュラーシートのみの汎用タイプから21000系・21020系のようにデラックスシートのあるタイプまで様々で、撮影は勿論乗るのも非常に楽しいですがその中でも50000系「しまかぜ」だけは例外で、デラックスよりも更に格の高いプレミアムシートに加え個室やサロンも備えているので本当に特別な存在に感じられます。定員外のカフェ車両も1両組み込まれており、食事をしながら景色を眺め [続きを読む]
  • 今後が気になる東武350系と特急しもつけ
  • [画像] 4月21日に行われたダイヤ変更で500系リバティがデビューし、入れ替わりに300系が引退しましたが同系の4両固定バージョンである350系は残り、宇都宮線直通の特急しもつけも残りました。真っ先に500系に置き換わって「けごん」か「きぬ」と連結するか列車そのものが廃止されるかもって思っていただけに意外でしたが東武鉄道が発表している新中期経営計画の中に500系の増備とフラッグシップ特急の導入があるため350系の引退が [続きを読む]
  • 格差が大きい近鉄大阪線の阪伊間急行と区間準急
  • [画像] 近鉄大阪線の急行は阪伊間列車を含む多くが河内国分で区間準急に連絡していますが同駅で追い抜きを見ていると急行より区間準急の方が車両のグレードが高いことがあり、「何で遅い列車の方が良い車両なんだ?」って思ってしまったことがありました。例として出すと五十鈴川行きの阪伊間急行が2610系で榛原行き区間準急が5200系になりますが2610系はトイレが1箇所しか無く、しかもX24とX25以外は和式なので車両を入れ替えて [続きを読む]
  • 東武特急の新しい顔、500系リバティ
  • [画像] 先週の話になるのですが急に横浜へ出張することになり、宿泊先が鶴見だったので時間があれば東武線方面へ行けるなって思い実際に京浜東北線〜常磐線経由で北千住から東武入りしました。私が東武の本線系統を撮影するのは2007(平成19)年以来10年ぶりのことで、昔のように楽しめるか心配だったのですが新しい顔になる500系リバティや10030系リニューアル車の区間急行など多く記録出来たので満足でした。ただ500系就役と入れ [続きを読む]
  • 阪伊乙特急に充当される近鉄23000系赤色編成
  • [画像] デラックスシート車とサロンカーを連結し、土休日は停車駅の少ない甲特急にも充当される近鉄23000系伊勢志摩ライナーですが両先頭車にパノラマデッキを備えたこの車両は甲特急にこそ相応しいっていつも思っており、昨年の夏に4500レで賢島から大阪難波までデラックスシートを利用した時は最高でした。プレミアムシートと個室・サロンで構成された50000系「しまかぜ」には及びませんがレギュラーシートが有ることで汎用形の [続きを読む]
  • 名伊間急行に充当される近鉄1233系&5211系
  • [画像] 名古屋と伊勢地区を直通する近鉄の名伊間急行は鳥羽まで直通する列車が少数あるものの多くが五十鈴川までの運行で、無人駅の朝熊や池の浦では6両分あるホームを持て余しているように感じますがここ数年のダイヤ変更を見ていると鳥羽直通の急行は微妙な増減だけで本数はそれ程変わっておらず、今後もこの状況が続くと見ています。私としては宇治山田や五十鈴川へ直通していれば普通電車へ乗り継いで賢島まで行けるので良く [続きを読む]
  • 近鉄阪伊間急行に充当される珍しい編成
  • [画像] 近鉄の阪伊間急行は6両編成で運行される列車が多く、大阪方から2+4の組み合わせが基本になっていますが片道100kmを越える長距離列車であるため伊勢方の4両は必ずトイレ付きの車両が充当され、2610系と5200系がメインになっています。一方大阪方の2両は青山越えを出来る車両ならどの形式でも充当出来るので2410系から9020系まで幅広く充てられ、9020系EW51+5200系VX05(2250系塗装車)という異端車同士の組み合わせになったこ [続きを読む]
  • 快速急行に充当される阪神1000系HS54
  •  近鉄線に直通する阪神電車のラッピングはこれまで9000系に施されることが多く、1000系への施工は殆どありませんでしたが現在運行している夢を走らせようラッピングは1000系HS54に施されており、同系にもやっと華やかさが出てきた感じがしています。標準仕様車しかいなかった時は見掛ける機会が多くても地味な感じがしていたので記録程度に撮影するだけでしたがHS54にラッピングが施されたおかげで楽しみが増え、複数ある近鉄のラ [続きを読む]
  • 明和町のラッピングが施されていた頃の近鉄2800系AX11
  •  昨年の6月28日より名古屋方の2両だけ三重県明和町の全面ラッピング(祈る皇女斎王のみやこ 斎宮)が施されて運用に入っていた近鉄2800系AX11ですが当初は3月31日で終了することになっていたのが4月に入ってからもそのまま運行を続けていると聞き、運用の都合で延びたんだなって思いつつラッキーって感じていました。しかしゴールデンウイークに伊勢へ行った時は全く見ることが出来ず、その後の動きも分からないのでまだ走っている [続きを読む]
  • 出場が近い近鉄30000系新塗装車と12410系NN15
  •  ここ最近仕事や家の用事などで近鉄の撮影も控えめになりつつある私ですが高安検修場の様子を見に行くのも2週間に1回が精一杯で、何とか注目の編成が記録出来ている状況です。検修場も最近は22000系ACEのリニューアルとサニーカーのB更新、そして30000系ビスタEXの喫煙ルーム設置といった特急車の工事がメインですが一般車も1422系等の初期VVVF車が車齢30年以上なのでこれ等も合間を見て更新を行ってほしいです。[画像] 高安に着 [続きを読む]
  • 快速みえの顔、JRキハ75形気動車
  • [画像] 近鉄名古屋線〜山田線と競合するJR東海の名古屋〜松阪間(伊勢鉄道経由)はキハ85による特急南紀やキハ75による快速みえが運行され、電車の近鉄特急や急行といい勝負をしているように感じられますが全線複線の近鉄に対してJRは単線があるため本数面では近鉄の方が有利で、私もこの区間の移動時は近鉄の一択です。大阪から連続乗車する関係で近鉄週末フリーパスを利用するのも理由の一つですが本数が多いのと電車というのも選 [続きを読む]
  • 区間準急に充当される近鉄1620系
  • [画像] 近鉄大阪線に区間準急が登場してから5年が経過し、ダイヤ変更の度に本数を増やしていくので今では準急よりも当たり前の存在になっていますがこの種別の面白いところは時間帯により編成両数が4〜10両と変化することで、早起きして俊徳道〜長瀬間や長瀬〜弥刀間に行けば土休日でも10両編成の列車を撮影することが出来ます。日中は4または6両編成での運行ですが昨年3月のダイヤ変更以降6両編成の列車が増えた感じがしており、 [続きを読む]
  • 区間準急に充当される近鉄5800系DH02
  •  近鉄の上本町〜奈良間開業100周年を記念して運行を開始した5800系DH02のヒストリートレインも今ではすっかり日常の姿になり、塗装以外は他の一般車と何ら変わらない仕様になっていますが折角の特別塗装車が常に一般広告では勿体無いって思ってしまい、近鉄グループによる一社広告や運行開始当初に行っていたギャラリーなど車内も時々は特別仕様にしてくれると嬉しいです。同じことは大阪線の5200系VX05(2250系塗装車)や南大阪線 [続きを読む]
  • 伊勢菓子博で活躍した三重交通の一般車
  •  今年のゴールデンウイークは伊勢菓子博が重なったこともあって近鉄五十鈴川駅前は非常に賑わっており、正月の時より凄いって感じてしまいましたが会場のサンアリーナへ向かう直行バスが頻繁に発着していたので当然と言えば当然で、今後このようなことがあるのはずっと先になりそうな感じがします。[画像] サンアリーナへ直行するバスは有料でしたが運賃の支払いは到着後に行うよう案内があり、整理券の必要が無いはずなのに普通 [続きを読む]
  • 観光列車で活躍する近鉄2013系「つどい」
  •  近鉄の団体用車両はそれ以外の用途に使われることが少なく、乗車券だけで乗るのは不可能に近いですが2013系「つどい」だけは週末に観光列車として伊勢市〜賢島間を走ることがあるので乗る機会があり、300円の追加料金は必要なものの自由席で色々と楽しめるため伊勢志摩間だけの移動なら特急よりもこれの方が良いです。特急と普通しか無い志摩線では観光列車の「つどい」は新鮮味があり、乙特急より停車駅が少ない(鵜方のみ停車) [続きを読む]
  • 賢島で並ぶ近鉄50000系「しまかぜ」ほかの車両たち
  •  昨年の夏に初めて賢島へ行き、船を見たり色々と楽しんだ私ですが真珠港駅の跡や旧1番のりば(普通ホーム)の跡を見ることが出来たので趣味的には満足で、今年も夏に行こうと思っています。昨年行った時はまだ工事中だった駅2階のサミット記念館もオープンしたのでそちらも見ようと考えており、昨年見なかった所も含めて楽しみたいです。[画像] 賢島ではお昼過ぎに観光特急「しまかぜ」が到着しますが京都からの2本目と大阪難波か [続きを読む]
  • 鮮魚列車で活躍する近鉄2680系
  •  マルーン1色の車体に前面のみ白帯が入る専用塗装の2680系を使って大阪〜伊勢間を往復する近鉄の鮮魚列車は2017(平成29)年6月現在日本で運行される唯一の行商専用列車になっており、車両と共に列車そのものも貴重な存在になっていますが平日だけでなく土曜日も運行するのでダイヤさえ覚えてしまえば沿線での撮影は難しくなく、良い感じで狙えるので楽しいです。[画像] 鮮魚列車に充当される2680系は1971(昭和46)年に近鉄一般車初 [続きを読む]
  • 特急サザンに充当される南海10000系&7100系
  • [画像] かつては全車座席指定も存在した南海本線の特急サザンも今は難波方に自由席車、和歌山方に座席指定車を連結した4+4の8両編成だけになり、パンタグラフを2基搭載する10000系のMc車(モハ10001形)は営業運転で先頭に出る機会がありませんが中間で7100系と向かい合わせになっているモハ10001形を見る度に「先頭に立てないなんて勿体無い」って思ってしまい、座席指定料金を下げた上で朝と夕方以降に全車座席指定の列車を復活さ [続きを読む]
  • 高安付近を走る近鉄の普通電車を撮影する
  • [画像] 高安検修場の様子を見た後は以前だったら河内山本4号踏切道へ移動して大阪線の列車を撮影していたのですが現在は別の場所へ移動することが多くなり、ここで撮影したのはいつだろうって思う位前のことになってしまいました。確か2年位前だったと思うのですがオールVVVF車の五位堂行き普通や1420系VW21先頭の高安行き普通など幾つか出てきたので数回に分けて取り上げていこうと思います。 五位堂行き普通は数年前から午前中 [続きを読む]
  • 事業用車ばかりだった昨年のきんてつ鉄道まつり
  •  昨年は伊勢志摩サミットの関係で毎年4〜5月頃に塩浜検修車庫で開催されるきんてつ鉄道まつりが11月に変更され、高安・五位堂と同じ時期になりましたが今年も塩浜の鉄道まつりは秋頃の開催になるようで、春は塩浜、秋は高安と五位堂が当たり前だった鉄道まつりも変わりつつあります。昨年の鉄道まつりは先に高安と五位堂で開催され、その後に塩浜でしたが今年もその順番で決行するのかが気になります。[画像] 昨年の鉄道まつりは [続きを読む]
  • 天美車庫で待機する近鉄南大阪線の一般車たち
  •  近鉄南大阪線系統は季節により臨時快速急行や臨時急行が走り、これ等は副標が取り付けられることも多いのでファンを楽しませてくれますが私は今年に入ってから南大阪線系統の撮影は全くしておらず、さくら号(快速急行)も葛城高原号(急行)も見ないまま終わってしまいました。臨時快速急行・臨時急行は土休日ダイヤの日は確実に運行されていたのでいくらでも行く機会はあったのですが大阪線系統を優先したり阪急の方へ行ったりして [続きを読む]
  • 更新工事が始まった京急新1000形アルミ車
  •  日曜日(28日)の話になりますが京急の久里浜工場(京急ファインテック久里浜事業所)で毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタが開催され、京急の主力車両を並べた撮影会やローマ字無しの旧幕を備えた800形リバイバルカラー車(823編成)の展示が見られました。私は行かなかったのですが工場内では更新工事中の新1000形1001×8の姿が確認され、まだ先だろうって思っていた私は驚いてしまいました。[画像] 私がイベントで更新途中の車 [続きを読む]
  • 近鉄高安検修場で働く青の交響曲風入換車
  •  近鉄高安検修場では25年以上前に車籍が抹消された1600系のMc車モ1654が今も入換車として働いていますが昨年16200系「青の交響曲」の登場を前に塗装試験という意味合い(?)で同系の塗装に塗り替えられ、更に装飾も施されて鉄道まつりで展示されました。あれから半年以上が経過しましたが塗装や装飾はそのままで「今年の鉄道まつりもこの姿で展示かな」ってちょっと期待しています。[画像] 青の交響曲風の入換車はキリン堂脇の駐 [続きを読む]
  • 30000系しかいない日曜日の近鉄高安検修場
  •  昨日は家の用事を済ませてから高安検修場の様子を見に行った私ですが12410系NN14が出場してからは新規に入場した編成は無いようで、屋外に30000系新塗装車がいた以外は何もいませんでした。B更新と喫煙ルーム設置工事を行っている12410系NN15はまだ入出場線に姿を見せておらず、工事完了までまだ時間がかかりそうです。[画像] いつもの場所から入出場線を眺めると奥に22000系及び12410系用と思われる台車が見えた以外は何も無く [続きを読む]