吉田 さん プロフィール

  •  
吉田さん: 初代ウイニングポストをマターリ
ハンドル名吉田 さん
ブログタイトル初代ウイニングポストをマターリ
ブログURLhttp://syodai-winningpost.seesaa.net/
サイト紹介文SFC版ウイニングポストのプレイ日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/12/16 19:01

吉田 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦⑥
  •  桜花賞は10頭立てという寂しいメンバー。当日は不良馬場であったこともあり5回ほどリセットして勝利することができた。サキュウコスモスはOP戦以上で勝利させていないため能力アップがあまり出来ていない模様。メイジビーナスは条件戦をうろちょろしているので今回は不出走。 その後はオークストライアルにも出走してサキュウコスモスを3着に沈める。 次いで、エコーミスターであるが、やはり天皇賞春は厳しい。基本的に4〜6 [続きを読む]
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦⑤
  •  最終的な初年度の成績。年度代表馬、最優秀スプリンター、4歳牡馬にエコーミスター、最優秀3歳牝馬にナチュラルフォルテが順当に選出される。 2頭の活躍もあり、最多勝利騎手、調教師も主戦の南、宇戸コンビとなった。 年明け直後の両馬の成績。エコーミスターは4歳のみで総賞金が10億円を突破。ナチュラルフォルテも重賞3勝の6連勝と文句のつけようのない成績。 年明けからエコーミスターは中1週のローテで4連勝を飾る。南の [続きを読む]
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦④
  •  菊花賞を勝利したので、試しにジャパンCに出走させたところ大外逃げで大きく離れた2着と日本馬としては最先着だが外国勢に歯が立たないため、大人しくマイルCSに出走する。 マイルCSは流石に1発勝利。 その後、有馬記念に挑戦させる。初期4歳で有馬記念を勝つのはかなり難しいのだが、50回ほどやり直して勝利する。レガシーリング以外はすべてSHという豪華メンバーではあるが、1〜3着まで4歳世代が独占する結果と [続きを読む]
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦③
  •  ダービー後も中1週のローテーションでひたすらレースに出走する。菊花賞の前哨戦である京都新聞杯はSH3頭が揃ったが、何回かリセットしたら普通に勝利できた。2,000m前後の距離ではスタミナがそれほど要求されないのでスピードさえあれば何とかなる。 菊花賞当日、長距離戦はスタミナで左右されるので簡単には勝たせてくれない。サードステージ、アウトオブには割と勝てるのだが、ユーエスがやはり強い。2着で妥協しようかと思 [続きを読む]
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦②
  •  皐月賞制覇後は、若草S〜NHK杯を連勝。6月には宝塚記念に選出されるが、日本ダービーに専念するため辞退する。 6月2週、日本ダービー当日は不良馬場で馬場適正では有利であるのだが、何度やってもユーエスに勝てない…。やはり長距離になるとSHのスタミナには負けてしまうことが多い。着差をみると粘れば1度はまぐれで勝てるのかもしれないが、大外逃げでも駄目だったので今回は2着で妥協する。しかしウイポ2でもそうだが [続きを読む]
  • 初期馬2頭で凱旋門賞挑戦①
  •  たまにやりたくなってしまうのが初代ウイニングポストということで、久々にプレイをすることに。今回は初期馬2頭で凱旋門賞制覇を目標とする。まずはいつものように初期馬の選定作業を行う。今回は2頭を同時に育成するため、両頭とも最低限、スタミナ+素質はいいものコメントがでるまで粘ることにする。この条件はかなり厳しく、3時間粘っても3歳馬にスタミナコメントが付く馬がなかなかでない。さらに2時間ほど粘ってようやく両 [続きを読む]
  • SFC版ウイニングポスト2攻略⑨(エンディング)
  •  最終年度の成績。 最終的な日本レコード。あまり意識せずにプレイしていたら、そんなに更新されていなかった…。なぜか2500mだけはレコードが更新されやすい気がする。 ついにエンディング。 牡馬3冠馬だけが30回連続で達成。最優秀馬主も初年度に頑張れば達成できたかも。 まとめてみるとあっという間だが実際のプレイ時間は初代よりかかっている。こうやってみると海外GⅠの勝利数が若干少ない…。攻略ペ [続きを読む]
  • SFC版ウイニングポスト2攻略⑧(2022年〜2026年)
  • いよいよラストスパート。2022年のSSH 牡馬…イッツマイターン、ホワイトノーズ、ミスターセザラ 牝馬…カインドヘルパー、ヒットユアハート、ムーンフラワー この世代はどのSSHもそこそこ強い。イッツマイターンはデータを見る限り国内最強レベル。2023年のSSH 牡馬…キュアリーハート、ソウルクエイカー、ターコイズブルー 牝馬…クインズショール、ティータイム、ホッピングリリィ この世代も全体的にそこそこ強 [続きを読む]
  • SFC版ウイニングポスト2攻略?(2017年〜2021年)
  •  スノーウェーブイベントも終わったので後はめぼしいイベントもなく、淡々と進んでいく。2017年のSSH 牡馬…ゴーアラウンド、パワフルフィールド、モナコマイスター 牝馬…ホワイトマーメイド、マルソー、ミッドナイトワルツ 牡馬の3頭はどれもそこそこ強い。能力的にはマルソーも強いのだが、短距離中心であるため、そこまで苦戦するイメージはない。 この世代の活躍SH。中長距離適性で普通晩だったため6歳まで活躍。同 [続きを読む]
  • SFC版ウイニングポスト2攻略?(2011年〜2016年)
  •  ここからはゲームも中盤から後半へ。2011年のSSH 牡馬…シティボーイ、タヴロマコス、マイテイラー 牝馬…エレガントメーカー、エンジェルキッズ、シャトーベール この世代はシティボーイがやや強いくらい(能力的に最強レベルだがあまり独走することはないイメージ)。一方でこちらのSHは不作が続く…。2012年のSSH 牡馬…ギンロウ、ケンタウロス、ノーザンヴァース 牝馬…ドレッドノート、ミスフルムーン、ミラク [続きを読む]
  • SFC版ウイニングポスト2攻略?(難易度の高いレースなど)
  •  ウイニングポスト2では勝ちにくいレースが存在する。以下で1月から12月までの中で勝ちにくいレース等を紹介していく。 1月 特になし。この時期はSSHも出走してこない。全重賞制覇を目指すなら平安Sの取りこぼしに注意するくらい。 2月 特になし。大半の馬は放牧明けの2月から出走すると思われる。ダイヤモンドSや東京新聞杯はこちらが70キロを背負うことがしばしば。 3月 マーチSと阪神大賞典が勝ちにくい。マーチSはSSHが [続きを読む]
  • 過去の記事 …