くすけぇ工房 さん プロフィール

  •  
くすけぇ工房さん: 亜熱帯でとんぼ玉作り
ハンドル名くすけぇ工房 さん
ブログタイトル亜熱帯でとんぼ玉作り
ブログURLhttp://kusuqe-koubou.seesaa.net/
サイト紹介文おじさんなのに新米とんぼ玉作家、山下紀文が感じた沖縄の自然や気候風土、とんぼ玉のことなどを綴ります。
自由文リアル系のとんぼ玉作りをしたくて2年近く独学で試行錯誤を繰り返して来ました。まだ中心軸がずれたりガラスが汚れたりして自信を持ってお見せできる程ではないのですが、老眼にムチ打って一生懸命作っているのでブログを通じて発信してみようと思いました。
※「くすけぇ」は沖縄でくしゃみをした時に唱える魔除けの言葉。実は「くしゃみ」も同じ意味だと知ったのはその後です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/12/17 22:17

くすけぇ工房 さんのブログ記事

  • SNS対応?既読蛾。
  • 我が家の井戸の蓋を開けたら黄色い蛾がとまっていました。キドクガっぽいので調べたらどうやらタイワンキドクガのようでした。キドクガで検索しようとしたら「既読が」。接写してみるとやはり危ない感じです。飛ぶだけで毒針が飛散しそうなのでそっと元に戻しました。内地の方でもそろそろドクガの仲間が出現しはじめるのでご注意下さい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 群れ飛ぶアオサギ。
  • 夕刻間近の西方の空に大きな鳥が群れ飛んでいました。旋回しながら北の方に移動しているようでした。どうやらアオサギのようです。群れ飛んでいるアオサギを見るのは初めてです。繁殖期と関係があるのかも知れません。大きな鳥がゆったり羽ばたきながら旋回しながら飛ぶ様を見ているとおおらかな気分になって来ます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お化粧直ししてもらって良かったのだけど・・・。
  • いつもと違う店に買い物に出かけました。その時に見つけた瓦屋根の漆喰シーサーです。防水工事の時に取り除かれることなく生き残った幸運なシーサーです。少し修理されて防水塗料を塗ってもらったようです。尻尾が太くて長くなるとワンちゃんぽい雰囲気がただよってくるような気がします。ちょっとしたことですがとんぼ玉制作の参考になるかも知れません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ランが普通に咲き誇る。
  • 那覇市に引っ越して来るまで蘭には殆んど縁が無かったのですが、素人でも水遣りさえ忘れなければちゃんと花を咲かせてくれます。一番左上の画像が我が家で咲いているエピデンドラムです。ピンク以外にオレンジや黄色っぽい花色があるようです。三月上旬位から花芽がぐんぐん伸びて花が咲き始めました。真冬?の最低気温が10℃前後、しかもそこまで冷え込むのはせいぜい2~3日。そうでなければこんな景色は拝めません。にほんブログ [続きを読む]
  • 久しぶりのクロツラヘラサギ。
  • 久しぶりにマングローブの干潟でクロツラヘラサギを見かけました。浅瀬の水の中にくちばしを差し込んで泥の中のカニ等を探りながら進んでいきます。名前はクロツラヘラサギですがサギの仲間ではなくトキの仲間です。飛ぶ時に首を曲げず真っ直ぐ伸ばしたままです。水辺に佇む姿はあまり見かけません。いつも泥の中にくちばしを差し込んで頭を左右に振りながら歩いているので遠目に見ても直ぐにわかります。世界に1600羽位しか生息し [続きを読む]
  • 紫万年青(ムラサキオモト)の花。
  • 道路沿いのブロック塀の隙間で自然繁殖している観葉植物。面白い花の咲き方をするので名前を調べてみたら紫万年青(ムラサキオモト)でした。西インド諸島、メキシコ原産の植物でした。たまたま高い場所で自然繁殖していたので気が付いた花です。葉っぱの下の根元に花が咲きます。足もとに植えてあったら気が付かなかったかも知れません。万年青(オモト)とは関係が無くツユクサ科の植物らしいのですが、変わった花のつくりや葉っ [続きを読む]
  • 予想以上の曲者。
  • 近所に実っているカニステルを収穫しました。じっくり味わったことがなかったので追熟のさせかたや食べ時の判断ができません。そこで8個いただいて色々と試してみました。収穫後約10日くらいで表面まで柔らかくなってきました。その段階で試食してみました。ふかしたカボチャのような味です。なかなか美味なのですがなんだか口の中がベタベタした感じになります。歯の表面にとろけたガムのようなものが付着します。2個目は柔らかく [続きを読む]
  • コスモスの香り。
  • 沖縄では秋より春の方が勢いよく咲いているような気がするコスモス。香りはあったのかどうかあやふやだったので一応調べてみました。微香性ですが素直な良い香りがしました。下の画像は2月の下旬ですがコスモスやサルビア、スイトピー、パンジーなども一緒に咲いています。季節もチャンプルーと言えば言えなくもないのかも知れません。※撮影は2月19日と28日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アボカドが値上がりしたので・・・。
  • アボカドが以前の倍位の値段になってしまっているので種を植えて育ててみることにしました。呑気な話ですが三度目の正直でなんとか植え替えにも成功しました。種からまだ半年足らずですが大きく育ちそうな勢いです。バンシルー(グアバ)の苗も植え替えてみました。こちらも元気な株が成長しています。※撮影は2月18日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年は桜の花期が長かった!
  • 内地から桜満開のニュースが届きはじめています。沖縄は桜には暖か過ぎる気候なので桜前線が南下するという現象がみられます。しかも今年は暖冬傾向だったので開花が遅れ気味でした。近所の桜(緋寒桜)が満開になったのは2月中旬〜下旬でした。その後も周期的に寒暖の繰り返しがあったので、木によっては3月下旬まで花を楽しむことができました。感覚的にはまだ不思議な気がします。※撮影は2月17・18日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花色で香りの強さが違う?
  • 二月の中頃にはパンジーが咲き始めていました。どんな香りがするのかと思って鼻を近づけるとそれなりに花らしい香りがしました。菜の花に近い春っぽい香りです。はじめ黄色の花の香りを試してから紫の花を試したのですがあまり香りがしませんでした。嗅覚は慣れ易いので翌日試したのですが紫の花は香りが弱いように感じました。興味のある方はお試し下さい。※撮影は2月15日です。href="//oyaji.blogmura.com/oyaji_over50/ranking [続きを読む]
  • 長命草の植え替え。
  • 長命草(チョウミーグサ)の本葉が出てきたので植え替えました。まだ食す程には成長していませんが狭い庭の片隅でなんとか根付いています。今から山羊汁の薬味にして味わいたいと楽しみにしています。※撮影は2月12日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 四月三日はシーサーの日。
  • 四月三日はシーサーの日です。シーサーは街中のあちらこちらでマジムン(魔者・魔物)に眼を光らせて大活躍をしています。でも赤瓦屋根の上の漆喰シーサーは今や絶滅危惧種です。屋根の防水工事の時に取り除かれてしまったり陶磁器製のシーサーに替えられたりしてしまうことが多いようです。瓦屋根を見つける度にチェックしていると何となく残っている屋根の感じがつかめてきました。上手く説明できませんがやはり技術的に上手な職 [続きを読む]
  • パイナップルではありません。
  • アダンの木だと思ったのですがどうやら小笠原原産のタコノキらしいです。アダンもタコノキ科の植物なのでとても良く似ているのですが樹形で区別できるとか・・・。パイナップルの様な実は熟すと甘味があって食べられないこともないと言うくらいなのですが、色々な利用価値がある植物で葉はかつてパナマ帽の材料だったそうですし丈夫なロープの材料になったり色々な薬効も知られているようです。気根を叩きほぐして筆をつくることも [続きを読む]
  • 世界最古の釣り針。
  • 画像は本島南部のおきなわワールド・文化王国玉泉洞のガンガラーの谷ケイブカフェの入り口にあるサキタリ洞遺跡から発掘された貝殻を加工して作られた世界最古級の釣り針です。約2万3千年前のものです。アクセサリーとして作られたものなのでは?という意見もあるようですが、2万3千年前の川や海で釣りをしたら餌を付けなくても入れ食い状態だっただろうことは容易に想像できますが、学術的にはちゃんとした証拠が必要なのは言うま [続きを読む]
  • 好きな場所です!崇元寺石門。
  • 国際通りの安里側の突き当りを泊方面に左折すると間もなく崇元寺石門が見えてきます。残念ながら建物は沖縄戦の空襲(1944年10月10日)で焼失してしまったのですが、石門は修理復元されました。以前は今の広場部分に図書館があったそうです。門をくぐると石門で車道の音が遮られて不思議な静寂に包まれます。空気も心なしかヒンヤリと感じます。そして石段の上にガジマルの木が枝を広げています。近くに出かける時は寄り道してしま [続きを読む]
  • 植物もその時々で急に変化することがある。
  • ずいぶん長い間大きなサヤエンドウのようだったホウオウボクの実が急に焦げ茶色に変色してきました。サヤの中で種が充分に育って、熟す期間に入ったのかも知れません。ちょっと茶色くなり始めたと思ったら、あっと言う間に2~3日で全体が焦げ茶色になってしまいました。植物の中では刻一刻と色々な変化が起こっているのでしょうが見た目では殆んど変化のない時期と突然変化が目に見える時があるのが面白いです。気温や紫外線、降水 [続きを読む]
  • 今回は、蕾に気が付きました。
  • マダガスカル、アフリカ東部原産のピンクボールです。冬の時季にに花が咲きます。前回まで気が付きませんでしたが、蕾は葉っぱの陰で成長するようです。花が咲くと葉陰から顔を出すといった感じです。昨年末、開花する10日前に気が付きました。蕾の時から作り物っぽい花です。香りと言うほどの香りはありません。撮影は花が1月8日で、蕾は12月29日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハイビスカスの蕾に蟻。
  • 一月の初旬のハイビスカスの蕾です。それなりに気温が低いので勢いはありませんが一週間くらいで開花するはずです。蟻が群がっていたので傍で覗くとアブラムシも群がっていました。蟻がアブラムシを守ってハイビスカスの甘い養分を手に入れているようです。那覇市内ではツツジが咲き始めました。桜でお花見という感覚が薄れてきている今日この頃です。※撮影は1月5日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 那覇市山下町第一洞穴遺跡。
  • 時々近くに出かけることがあるので見てみたいと思っていた那覇市山下町第一洞穴遺跡です。私有地を市が買い取って公園整備をしていたのでしばらく立ち入り禁止になっていました。ここで1962年(昭和37年)に約三万二千年前の日本最古の旧石器時代の人骨化石が発掘されました。精密なレプリカが展示されていました。発見の経緯がウィキペディアに書かれていてとても沖縄らしいので簡単にご紹介します。当時コザ市(現沖縄市)在住の [続きを読む]
  • 沖縄の冬の気温は信州の夏の高原と同じ位らしい。
  • 沖縄のこの冬は平年に比べて平均気温で1.5℃くらい高いようで一月の始めにはもう桜やシークヮサーやタイワンクズ?の花も咲いていました。沖縄の冬の気温は夏の信州の高原野菜の産地と同じくらいらしいです。一年目の冬はそれ程寒さを感じませんでしたが二年目位から18℃で寒くてブルブルの体質に変化し始めました。※撮影は1月4日です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蝶も日向ぼっこ。
  • 庭の小さな池のそばの蔓植物の葉っぱの上でリュウキュウミスジが日向ぼっこをしていました。割と警戒心の強い蝶で近寄れないことが多いのですが、飛び回るには少し気温が低かったようです。それでも翅の色が黒っぽい褐色の所為か熱吸収が早いようで2カット写すか写さないかで飛び去ってしまいました。小刻みに羽ばたいて滑空するあの独特の飛び方です。※撮影は1月2日です。にほんブログ村 [続きを読む]