taabo56 さん プロフィール

  •  
taabo56さん: 崖っぷちの3流の作業療法士
ハンドル名taabo56 さん
ブログタイトル崖っぷちの3流の作業療法士
ブログURLhttp://ameblo.jp/rintyuuhan/
サイト紹介文難聴を持った作業療法士のブログです。OTとして生き残るための方法など綴っています。
自由文先天性難聴を持ったOTとして老健で勤めています。
OTとして生き残りを賭けた熾烈な戦いが始まった今、年々増加しているOTから抜け出すには、他のOTにはない7つのUSPを作り出すこと。
ビジネス視点で生き残るためのUSPを24時間追求しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/12/18 21:32

taabo56 さんのブログ記事

  • 受動喫煙でも認知症発症リスクが30%上昇!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。今日はタバコと認知症の関係についてです。以前、喫煙してましたが、禁煙して3年ほどです。(代わりにアルコールを飲む回数が増えてしまいましたが…。) 認知症の原因として多く取り挙げられているのは、加齢によるものだと言われていますが、特にアルツハイマー型認知症は加齢が最も大きな危険因子となっています。 それに加え、高血圧や糖尿病、喫煙、高コレステロール [続きを読む]
  • パーキンソン病ヤール重症度Ⅴの訓練内容で適切でないのは?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。国家試験に再チャレンジしますぞ!問題:パーキンソン病のヤール重症度分類ステージⅤの訓練内容で適切でないのはどれ?1.膝立ち2.座位3.寝返り4.呼吸5.嚥下正解は↓のほうへ。正解:1ステージⅤなので、介助がない限り寝たきりまたは車いす生活中心である。訓練内容としては、拘縮などの二次的合併症の予防、座位耐久性の向上などが必要となる!<ヤール重症度分類>これ [続きを読む]
  • 出題高頻度?ケアマネ試験「訪問介護に関する一問一答」
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。今日も訪問介護に関する一問一答にチャレンジしました!訪問介護は毎年出題されているらしく、高頻度のようですので要チェックですね!Q1:訪問介護では、軽微であってもやけどの処置は医療行為となるため、訪問介護員が行なってはならない。Q2:訪問介護の利用者が家族と同居している場合は、生活援助を利用することができない。Q3:糖尿病の調理をするのは、訪問介護の身体介護に [続きを読む]
  • 難聴の私が意識している3つ「配り」
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 KYTというのは、危険を予知し訓練する活動。日々の業務の中で、『何かおかしい!』『危ないんちゃう!』 …といった危険を予知する能力を高めて未然に事故やヒヤリハットを防ぎます。 KYTを意識しながら業務にあたるわけですが、私の場合は、「気配り」「心配り」「目配り」の3つの配りを常に意識しながら日々の業務にあたっています。 接客業のようなサービ [続きを読む]
  • ボタンをかけ違うこ!→認知症の徴候か?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 MCIは認知症と診断される前段階を言います。早期段階にMCIが分かれば、認知症の発症を予防できる可能性があるとされています。MCIへの予防対策を放っておくと、3,4年後には50%以上の人が認知症になると言われていますので、決して見逃してはなりませんな!今日は、身だしなみにおいて気付く認知症の徴候について勉強しました。※浦上克哉先生「MCIのうちに見つければ、 [続きを読む]
  • フロアでできる呼吸レク
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 資料を整理した時に、STとPTによる『フロアでできる呼吸レク』の資料が出てきました。過去にも投稿しましたが、リハビリ以外の人でも簡単にできる呼吸レクなので、再投稿します。ご参考になれば幸いです。 【フロアでできる呼吸レク】・目的誤嚥性肺炎の予防ポイントは?①たくさん吸って、たくさん吐ける!咳の力が弱いと、ムセによって誤嚥物を出せない。肺 [続きを読む]
  • 擬音語や擬声語で相手の感情をコントロール!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。私は利用者とお話しする時に、擬音語や擬声語などの表現技法をたくさん使っています。 私はそもそも理論的にお話しするのが苦手です…。 擬音語ばかり多用して話す人は、頭の悪い話し方とレッテルを貼られるという危惧を抱くと思いますが、その点は心配しなくてもよさそうでした! というのは、心理学者の内藤先生曰く、擬音語や擬声語は、相手の感情を揺り動かす効果 [続きを読む]
  • アクティビティは自己実現欲求を満たしてくれる!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。もう昔の話のことですが、デイ利用者Oさんが割り箸モザイクを約3か月間、熱心に取り組まれておりました。そして、やっと完成した作品をご自宅に持ち帰っていただきました。後日…、利用者Oさんのご家族様から私宛にお手紙を頂きました。手紙には、次のように書かれてありました。『いつもお世話になりありがとうございました。先日、持ち帰りました、モザイクの作品、主人共ども初めて [続きを読む]
  • 財布に小銭がたくさんたまってる!→MCIか?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 MCIは認知症と診断される前段階を言います。早期段階にMCIが分かれば、認知症の発症を予防できる可能性があるとされています。今日は、買い物において気付く認知症の徴候について勉強しました。※浦上克哉先生「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できるvol.5」より参照。浦上克哉先生(医学博士、日本認知症予防学会理事長)の話によると…、MCIになると、買い物に行って目的 [続きを読む]
  • ザイオンス効果で親近感UP!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 利用者を受け持つようになったら、必ず1日に2,3回会うようにしています。いや、会うと言うより偶然と見せかけて何度も顔を合わす、とういう表現の方が適しているかな?新規の方ですから、当然ながら私のことを知りません。少しでも私のことを知ってもらいたく、1日に数回顔を合わすようにしています。1日も早く良好な関係を築けば、新規利用者にとっては初対面よりも親しみが湧 [続きを読む]
  • 普段の習慣にある変化が出てきたらMCIかも?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 MCIは認知症と診断される前段階を言います。※MCI=Mild congnitive impairment(軽度認知障害)早期段階にMCIが分かれば、認知症の発症を予防できる可能性があるとされています。MCIと診断された場合、3,4年後には50%以上の人が認知症になるという報告があります。今日は、習慣の変化において気付く認知症の徴候について勉強しました。※浦上克哉先生「MCIのうちに見つ [続きを読む]
  • 上から添える握手で心地よさを!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 私はスキンシップをしながらコミュニケーションを取るように心がけています。肩に手を触れたり、背中にポンポンと優しく叩いたりと…。 なかでも私は握手を通して、コミュニケーションを図ることが多いです。 選挙活動中に、道行く人と握手をしている候補者が見かけますよね?たくさん握手をすると票を入れてくれやすくなるという心理効果が実際にあるそうです。  [続きを読む]
  • 天使の笑顔の下に隠れる小悪魔
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 顔のシワが目立つ女性利用者Aがいます。シワは女性にとって悩みの種ことと思います。 Aさんはおでこや目元、口元、そして首下にもシワがたくさんあるのですが、笑わせると、「これでもか!」と言うくらい、シワがたくさん現れてきます。 しわくちゃ顔って、どこか愛嬌があって素敵だと思います。自身も年を取ったら、Aさんのような可愛い”しわくちゃおじいちゃん”に [続きを読む]
  • カルテによくでる英単語
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 カルテによくでる英単語を再確認してみました。略語の意味は分かるけど、正しい名称で書きなさいと言われたら、多分書けないと思う^_^; みなさんも一緒にどうぞ♪ 1.U/E  upper extremity2.L/E  lower extremity3.W/C wheelchair4.LLB long leg brace5.SLB short leg brace6.FO foot brace7.KO knee brace8.OA osteoarthritis9.RA rheumatoid arthritis10.BP blood [続きを読む]
  • リハビリとしての輪投げ(わなげ)
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 輪投げ(わなげ)は、スポーツ(リハビリ)の一種です。得点板の棒に投げて入れるだけのゲームですが、高齢者の方々に負担にならずに軽運動にもなります。 ルールはシンプルだけど、点数の数え方や投球回数など作戦を立てながら行えば、意外と奥深いゲームだと思います。 リハビリの一つとして輪投げを取り入れていますが、個人でプレイするよりはみんなでプレイした [続きを読む]
  • 快と無意識的行動がリハビリ成果に?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 私の癖は何かというと、「指でペンを回す」。もう一つは、手話の指文字「あ行〜ん行」まで表現すること。 誰だって、一つくらいは癖があると思います。 カルテに記録を書く前に、いつの間にかボールペンを回しています。利用者と関わる前に、手話の指文字をつい表現したりしています。 これらの癖は無意識にやっています。 篠原菊紀著の『ニューロマーケテ [続きを読む]
  • 笑顔だけでも脳が活性化される?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 デイケアをご利用されている利用者は、いつも声を出して笑っています。他利用者とのお話しする時も、1分間に必ず3,4回声を出してよく笑います。 初回利用時、診断書に”認知症”と記載してありました。 そこで、最近はどうなのかを調べるために、長谷川式簡易知能評価を行いました。 結果は、30点!!※30点満点で、20点以下だと認知症の疑いが強い。 リハ [続きを読む]
  • 会話において気付く認知症の徴候
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。MCIは認知症と診断される前段階を言います。早期段階にMCIが分かれば、認知症の発症を予防できる可能性があるとされています。今日は、会話において気付く認知症の徴候について復習しました。※浦上克哉先生「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できるvol.6」より参照。浦上克哉先生(医学博士、日本認知症予防学会理事長)の話によると…、MCIの段階で多いのは、忘れかけた言葉や [続きを読む]
  • 「大人の塗り絵」が一般人でも人気なわけ
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。書店に行くと、「大人の塗り絵」や「えんぴつで奥の細道」などといった類の本が並べていますよね? 今でも人気があり、うちの施設でも「大人の塗り絵」に取り組む利用者がいます。 指先を使うことでの手指機能への刺激や脳の活性化のために塗り絵を行うわけなのですが、一般人でも人気があるようです。 そこで、村山涼一著「売れる21の法則」を読んで、「大人の塗り絵 [続きを読む]
  • 右片麻痺の分離運動を促通する動作で誤っているのはどれ?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。今日から4月です。4月とは思えない、寒い1日でしたね。さて、今日は理学療法の国家試験にチャレンジしてみました。問題:右片麻痺の分離運動を促通する動作で誤っているのはどれ? 正解は↓のほうへ。正解:44は伸筋共同運動にあたり、分離運動の促通に適さない。1は膝関節屈曲、足関節背屈位での股関節伸展を行い分離運動の促通。2と5はブルンストローム法を用いた分離 [続きを読む]
  • 今月アクセスの多かったBEST3の記事は何?
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。 今日は今月で一番アクセスの多かった記事BEST3を紹介します。 3位は↓関節可動域の測定が嫌な利用者がいたら…。その2 2位は↓リハビリへの要望のこと 1位は↓齢者の多発骨折患者がICUで来しやすい症状は? 以上、ベスト3でした。 最後までお読みくださりありがとうございました。 ★応援1 をお願いします★★もう1 を [続きを読む]
  • 声を出すことは「行動の自己調整」につながる!
  • みなさん、こんばんは。崖っぷちのOT林です。今日は言語化→習慣化→行動の自己調整についてお話しようと思います。 アルツハイマー型認知症の利用者が初めて来られた時よりも、今の方が頭がしっかりするようになってきました。最初の時の当人は「モノ覚えが悪いし、電子レンジや洗濯機の使い方なんてできなかった」と仰っていました。また、手先のしびれや振戦(手の震え)がありました。 そこで、私は手先のしびれや [続きを読む]