RGMー79[G] さん プロフィール

  •  
RGMー79[G]さん: むりやリウム.com
ハンドル名RGMー79[G] さん
ブログタイトルむりやリウム.com
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/diskveraquarium/
サイト紹介文むりやりな環境でアクアリウム生活。『むりやリウム』実施中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 186日(平均6.7回/週) - 参加 2014/12/19 06:52

RGMー79[G] さんのブログ記事

  • トランプタワーならぬ
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。トランプタワーならぬ…さて何タワーなのでしょう。まぁまず100円均一の容器タワーであることは間違いない事実。さてその住人はと言うと、1F:ゴーストザリガニ ♂2F:アメリカザリガニ ♂3F:ウーパールーパー ブラック4F:ウーパールーパー リューシ5F:ゴーストザリガ [続きを読む]
  • 未亡魚
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。未亡人ならぬ未亡魚。と自分で記しておきながら、個人的には生理的に好ましからざる単語表現。さて本日話題にする魚はこちら。レインボーラムのメス個体です。先日ペアで我が家に迎え入れたばかりなのですが、オスが先だってしまいました。よって残された写真のレインボーラム [続きを読む]
  • 【三代目】
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。【三代目】と言ったら世間では【J Soul Brothers】が定番なのかも知れませんが、自分にとっては間違いなく【ゼブラアーチャーフィッシュ】なのです。これ、まったくもって個人的な話の流れです。掲載した写真のゼブラアーチャーフィッシュ。我が家においては三代目になると記 [続きを読む]
  • 【黒子の】
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。【黒子の】と言ったら、アクアリウムやってる限り【バスケ】なはずは無く。とうぜん話題は【らんちゅう】です。メダカと一緒に飼っていた黒子のらんちゅうが、ようやく色を出しました。こんな感じです。らんちゅう育てるのは苦手なので、このまま順調に大きくなってくれればい [続きを読む]
  • 三人寄れば…
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。【3人寄ればモンジュの知恵】なんてことを言いますが、【3匹寄ればつっ突き合い】これがシクリッドと言うものです。顔を合わせれば追っかけ回すか、つっ突き合うか、まぁまったく懲りずによくやるものだとあきれて水槽を眺めていた日々。しかしそれにしても【いい加減にせい】 [続きを読む]
  • これは【むりやリウム】っぽい。
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。【エンドラーズライブベアラー】と言うことで購入、その後かれこれ何ヵ月が経過しているでしょうか。導入当初から【むりやリウム】環境での生活を送っている彼。10cm角のアクリルケースに水を入れただけの水槽とはとても言いがたい水槽で、濾過装置もヒーターもエアレーション [続きを読む]
  • 大改修
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。ベランダの発泡スチロールで飼育していたメダカたちですが…わけあって、下のような改修をいたしました。メダカはもちろん、ホテイ草や藻なども一掃。まさにこれ【藻抜け】の殻。さてどんなわけでそんなことをしたかと言いますと、上の写真にも小さく写っていますがアリゲータ [続きを読む]
  • 2度目の脱皮
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。脱皮2度目、成功したようです。球型水槽の1/3くらいを占める体長になってきたので、なかなかの大きさに成長。脱け殻は左の水面に浮かんでいるやつですね。大きくなったために捕食行為が容易になったのか、はたまた純粋に上達したのか、メダカを入れるとすぐに捕まえるようにな [続きを読む]
  • それが落ち着くのか?
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。ツノガエルの日々の水換え。水だけ入れ換えることはしていません。もうひとつ同じ飼育容器を用意しておいて新しい水をはり、ツノガエルをそちらに移動させる、そんなやりかたをとっています。それを昨夜もやろうかと思いきやできませんでした。なぜか。器用にウールマットを二 [続きを読む]
  • 貝の子
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。濾過装置なし、ヒーターなし、エアレーションなしのプラケースで【むりやリウム】飼育をしているアフィオセミオンガードネリー水槽があります。そこに残り餌処理を目的として入れていたレッドラムズホーン2匹、子ども産みました。もう1匹います。この水槽では貝類を増殖させる [続きを読む]
  • ようやくここまで来ました!
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。過去に飼育していたアリゲーターガーの画像です。この後、不運にも同居人オセラータスの毒牙にかかり絶命するのです。それからどれほどの時(とき)が経過したでしょうか。ふたたびアリゲーターガーを入手し、100均ケースでの隔離飼育。そしてようやくあのときの姿が戻ってまい [続きを読む]
  • 【種】は不明
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。わかりづらいのですが、小さな魚が2匹写っています。【ピラニアSS】として売られていた魚です。以前に購入した全長2.5cmほどのピラニアナッテリーが☆になってしまっていたので、その【ロス感】からすぐさま入手しました。しかしさきぼども記した通り、なにせ【ピラニアSS】で [続きを読む]
  • 小さいカエルの話。
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。じゃん。ニューカマーです。急遽【クランウェルツノガエル】を導入。店頭では【グリーン】と記されていましたが【ペパーミント】っぽいような気もします。サイズはご覧の通り。4cmの【ファンタジーツノガエル】より、ひとまわり小さいです。という小柄さが原因なわけでは決し [続きを読む]
  • 大きいカエルの話。
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介…を主題としていましたが、もはや関係なく【なんでもあリウム】な記事の更新になっています。先日導入したファンタジーツノガエルが、この短期間ですでに結構な成長を遂げたような気がします。しかしよくよく計ってみると、おしりから口の突端まで約4cm。これは導入時とほぼ変わらない数字。それでも大きくなったように感じるのは、つまり横に太ったということなのでし [続きを読む]
  • 謎。
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。サンショウウオというやつは成長過程において、当初の水棲生活を終えると主な活動の場を陸上にうつします。ところがそれとともに餌まで変わってしまう点が、飼育する者としては面倒なところ。トウキョウサンショウウオです。これは水棲生活時代に冷凍赤虫を食べてくれていたおかげか、めずらしいことに陸上生活の現在も冷凍赤虫を口にしてくれます。しかし問題はこいつ [続きを読む]
  • 君の名は。
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。どうやら某店舗ではブルータイプを【ミステリーザリガニ】と呼び、そうではない地味目な色合いのものを【ミステリークレイフィッシュ】と呼び分けているようです。となると我が家で飼育しているのはブルータイプなので【ミステリーザリガニ】となります。ところがこやつ、最近徐々に色合いが変わりつつあります。最新画像はこちらです。背中が地味目な色に変色しつつあ [続きを読む]
  • くだらない水槽
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。いや、【むりやリウム】ってわけではないんですけどね。この水槽についてです。中央にドカッと石を置いただけの水槽。住んでいるのはレッドジュエルシクリッド。そして身を守るように岩の下に潜む、まだ青色をしたゴールデンゼブラシクリッドの幼魚と…すでに体色が変化したゴールデンゼブラシクリッド。この水槽で生活しているのは、いまのところこの3匹だけ。色で言 [続きを読む]
  • 【タッパールーパー】改名
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。しばらく前までウーパールーパーをタッパーウェアで飼育していたものですから【タッパールーパー】との愛称で呼んでいました。しかしわずかながらも成長してゆくにつれ、そのタッパーウェアでは充分な水量が確保できなくなりましたので少し大きめの容器に変更。と言うことで【タッパールーパー】との愛称からは卒業。ふたたび【ウーパールーパー】に戻りますかね。それ [続きを読む]
  • 意外な組合せ
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。プラケースに濾過装置なし、ヒーターなしの【むりやリウム】水槽でミナミヌマエビの繁殖および白メダカの稚魚飼育をしています。その水槽上面の写真です。よくよく見てもらえればミナミヌマエビが水面を複数泳いでいるのがわかるかと思います。これは数秒後の写真。同アングル。各ミナミヌマエビの位置が変わっています。それだけ短時間でいそいそと移動していることに [続きを読む]
  • カニだんご
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。我が家で飼育している生体の話ではありません。たまたま通りかかった中華料理屋の店先に置いてある水槽を写真におさめました。ときに【さるだんご】という言葉があります。複数の猿たちが身を寄せ合っておしくらまんじゅうのように暖をとる様子をさす言葉だそうです。となれば、こちらはさながら【カニだんご】。飼い主もいったいどうしたというのか、飼育個体数に対し [続きを読む]
  • おそらく甲殻類が好き
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。おそらくは甲殻類が好きなのだと思います。ですから現在飼育している生体たちのうち、甲殻類に分類される種がそれなりに多いのではないでしょうか。ヤマトヌマエビミナミヌマエビベルベットブルーシュリンプオレンジチェリーシュリンプブラックビーシュリンプルリーシュリンプロックシュリンプアメリカザリガニメキシコオレンジドワーフザリガニミステリーザリガニバン [続きを読む]
  • ずるい!ずるい!
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。こちらのカニたち、覚えておられるでしょうか。小さくて黄色い3匹のカニたちです。近所の河川敷で捕獲した彼ら、その黄色い体色のめずらしさはバンパイアクラブにもひけをとらないと驚いていました。そして数日経過した現在の姿がこちらになります。あっという間に普通のカニに成り下がりました。ずるい!いったいどういうことですか!?同じカニとはまったく思えない [続きを読む]
  • ずるい!
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。こちらの姿、覚えておられるでしょうか。オフブラックのボディに真っ赤なハサミ、奇抜なイエローのマスクとなかなかサイケデリックな色合いのこのカニ。先々成長するとともにカラーリングが変化するかどうか関心をもっていたわけですが、いま現在の姿がこちらになります。もう変色している!黄色いマスクがなくなっている!ずるい!当初の見込みでは、色が落ちるとして [続きを読む]
  • 番外編?
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。と言いながら【アクアリウム】の部類に入るのか不明ですので【番外編】といたします。めでたいことに脱皮に成功しました。【タガメ】です。水面に黒っぽくクシャクシャっとなっているのが脱け殻です。きれいな黄緑色。詳しくは知らないのですが、これが二令幼虫か三令幼虫あたりになるのでしょうか。成体に至るまではあと数回の脱皮を経ると思われます。 [続きを読む]
  • オールスター☆夢の共演水槽
  • むりやりな環境でアクアリウムを行う【むりやリウム】の紹介。水槽、何本か稼働しておりますが、そのうちのひとつに彼らが住まわっております。パントドン。魚類代表。ミシシッピニオイガメ。爬虫類代表。アカハライモリ。両生類代表。これらがひとつの水槽で仲良く共存しています。もっと言えば、写真はないのですが甲殻類代表のロックシュリンプも潜んでおり、それはそれはバラエティーに富んでいる、ちょっと風変わりな水槽です [続きを読む]