「サッカー文化フォーラム」夢追い人 さん プロフィール

  •  
「サッカー文化フォーラム」夢追い人さん: 「サッカー文化フォーラム」夢追い人のブログ
ハンドル名「サッカー文化フォーラム」夢追い人 さん
ブログタイトル「サッカー文化フォーラム」夢追い人のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jsicfoot
サイト紹介文Jリーグ誕生で芽生えた日本の「サッカー文化」映像・活字に記録されている歴史を100年先まで伝えます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/12/19 11:06

「サッカー文化フォーラム」夢追い人 さんのブログ記事

  • 「たらればドリーム」C大阪の場合
  • 当プログでは、あまり「たられば」式の言い方をしないことにしていますが、それは過去のこと、終ってしまったことについて「もしこうだったら」とか「あれがこうなっていれば」と言っても仕方がないからです。ところが今後のこと、近い将来のこと、願望することなどについては、結構「もしこうだったら」とか「こうなれば」と楽しく書けます。最近思うのは、海外組を輩出しているC大阪に、彼らが全員、同じ時期に戻ってきてくれる [続きを読む]
  • 今日も大一番、リアルタイムで書き込みたいと思います。
  • アウェーゲーム(会場はイランですが)イラク戦、いよいよ「ロシアへの道」を左右する大一番。ハリル監督はまたもや大胆な選手起用を打ってきました。中盤の底の組み合わせを井手口陽介選手と遠藤航選手にしたのです。あまり想定できない組み合わせですよね。井手口陽介選手は、私が前回テーマにした押しメンですが、この大一番に起用してくるとは思いませんでした。けれども、この試合におけるハリル監督のコンセプトは、厳しい気象 [続きを読む]
  • Number誌で見つけた「新旧『KOH』取扱説明書 」という記事
  • 前回、Number誌928号の表紙とトップ記事を飾った吉田麻也選手のことを取り上げました。そのNumber誌に「新旧『KOH』取扱説明書」という記事を見つけました。北條聡氏によるレポートです。このタイトルだけで新旧「KOH」が何のことかわかる方は、相当のサッカー好き人間だと思います。要するにバルセロナなら「MSN」でありレアル・マドリーなら「BBR」なのですが、日本代表には従来も「KOH」がいて、新時代も「KO [続きを読む]
  • 世界基準で見たほうがいいのか、鹿島の監督交代
  • 鹿島の石井監督が突然更迭されました。ACLでグループリーグ敗退の責任を問われたと言えます。これまでのJリーグの感覚でしたら驚きのニュースですが、さっそく、どういうことなのか、解説コラムを探してみましたところ、簡潔に説明してくれているコラムを見つけました。webGOALサイトの「なぜ今、大岩剛監督なのか?鹿島アントラーズ監督交代劇の真相text by田中滋」です。コラムのリード文に「鹿島を継続的に取材している田中 [続きを読む]
  • U-20W杯終戦、致命的だったエース・小川航基選手の離脱
  • 欧州サッカーシーンがレアルの連覇で幕を閉じようとしています。国際大会ではU-20日本代表の挑戦が終わり、国内では鹿島の監督交代など、どのジャンルでも材料が次から次と出てきます。ところが、なかなか時間が作れず、書きたいテーマが溜まってきました。ちょくちょく訪れてくださる読者の方に申しあげます。「もう少しお待ちください」と。今度の週末には、ある程度まとまった時間が作れそうですので、その時ぐらいまでお待ち [続きを読む]
  • 日本代表発表、常連組落選理由を明快に語るハリル監督
  • 5月25日、日本代表の発表がありました。6月に行われる2試合の代表です。とりわけアウェーのイラク戦は、ロシアW杯出場権獲得に向けた胸突き八丁の一戦です。今回のメンバーリストの中に、常連組の3人が見当たらなかったのは、少なからず驚きでした。西川周作選手、森重真人選手、清武弘嗣選手の3人です。特にGKとDFの二人は守りの要でもあるわけですから「大丈夫なの?」と思わざるを得ませんでした。そこで、ハリル監督 [続きを読む]
  • アジア20ケ国でプレー、流浪のサッカー選手・伊藤壇選手のこと。
  • スカパーさん、Jリーグ放映権を失ってからサッカー関係の番組が手薄になっているかといえば、そうではなくトーク番組系のものを、いろいろと投入して放送してくれています。その一つに「スパサカライブ」という1時間半の番組があります。ジョージ・ウイリアムさんという人が司会進行役ですが、サッカー番組に次から次と登場する外国人の一人なのでしょうか?それとも知らないのは私だけだったのでしょうか。その「スパサカライブ [続きを読む]
  • 細貝萌選手加入の柏、首位争いに急上昇、因果関係はあるの?
  • 当ブログが、さる4月8日「Jリーグ・各チームのベスト補強は細貝萌選手加入の柏?」という書き込みをしました。これは、リーグ戦が始まってから移籍交渉がまとまった細貝萌選手の柏入りが、今シーズンのベスト補強かもしれないと思っていたところに「ドンピシャの補強。「戦える」細?萌が、 若い柏レイソルの救世主に(by浅?真樹●取材・?)」というコラムがネットに流れたことを取り上げたものです。この浅田さんの分析コラム [続きを読む]
  • 人知を超えた出来事「ビセンテ・カルデロンの涙雨」
  • スペインリーグ、アトレチコ・マドリーのホームスタジアムは、ビセンテ・カルデロンと呼ばれています。バルセロナのホームスタジアムをカンプ・ノウ、レアル・マドリーのホームスタジアムをサンチアゴ・ベルナベウと呼ぶのと同じです。このアトレチコ・マドリーの、ビセンテ・カルデロンは今シーズンをもってホームスタジアムとしての長い歴史に幕を閉じるそうです。先日行われた欧州チャンピオンズリーグ準決勝2Lgは、欧州戦とし [続きを読む]
  • 柴崎岳選手の真実を現地に行って確かめてくれた人
  • テネリフェ島といえば、サッカーの世界では知名度の高いところなので、ついつい日本のジャーナリストたちも多く出入りしているものと考えていますが、実際は現地で報じられている内容の引用が多かったり、日本から見れば意外に情報過疎の地域なのだと思い知らされてしまうコラムを読みました。5月11日付けで「サッカーダイジェストweb」が掲載してくれた佐藤香織さんというライターのレポートです。題して「テネリフェに行ってみて [続きを読む]
  • 日本から世界に打って出る監督がいても不思議でない時代に・・・。
  • 本日のタイトルは、前回「欧州5大監督時代が8大監督時代に入るか注目・・」について書いた延長上のお話しです。世界の名監督に関心を持てば、当然「日本のJリーグで指揮を執る監督に、そういう人材はいないのだろうか」というところに思考が向かいます。現在、Jリーグの青年監督たちの中で評価が高いのは、昨シーズンまで川崎Fを率いていた風間八宏監督、広島を4年間のうち3度Jリーグチャンビオンに導いた森保一監督、G大 [続きを読む]
  • 欧州5大監督時代が8大監督時代に入るか注目です。
  • 16-17欧州チャンピオンズリーグも、いよいよ準決勝に突入、まずレアル・マドリーVSアトレチコ・マドリーのマドリッドダービーは、C・ロナウドのハットトリックでレアルが圧勝、決勝に大きく近づきました。レアル・マドリーを率いるのは、44歳のジダン監督です。今回は、欧州の名門クラブを率いる名だたる監督たちの中で、私が5大監督と評価する監督を取り上げ、それに3人が加わり8大監督時代になるかどうか注目です、という話 [続きを読む]
  • キング・カズ選手、CMでもキングですね。
  • 50歳にしてゴール、50歳にして見事なボディ、いろいろな形容詞で称賛されている三浦カズ選手、いまやフランスW杯日本代表、直前落選という悲劇のヒーローは完全に過去のものとなりました。まだ10歳台だった1980年台後半、ブラジルでプロ契約を勝ち取り、以後、常に日本サッカーの牽引者であり続けたカズ選手は、1993年10月のカタール・ドーハの悲劇や、1998年6月日本代表の合宿地フランス・ニヨンでの落選発表など、長い間、悲劇 [続きを読む]
  • Jリーグアンセム「Jのテーマ」が無性に聴きたくなる時があります。
  • 「Jのテーマ」って曲、ご存知ですか?もし「聴いたことない」という方は、簡単です。ネットで「Jのテーマ」で検索すると「春畑」とか付いた項目がヒットしますので、YouTubeの画像を選んで聴いてみてください。おそらく「あぁ、これ聴いたことある」と思いますョ。私は最近でこそ年に1回ぐらいに減りましたが、以前は毎日のように流していました。これを聴くとパッとあの時代に遡れます。Jリーグ草創期の時代です。音楽の持つ [続きを読む]
  • C・ロナ、メッシ超えをめざすスター候補生が揃う準決勝
  • 我らが二人のシンジ選手のいない準決勝になっていました欧州CL。組み合わせはマドリードダービーと、ユベントスvsモナコとなりました。一昨シーズンはバルセロナvsユベントスの決勝となり、バルサが圧勝しましたが、今度はそうはいかないのではないかと思います。つまり、ユベントスが決勝に勝ち上がって、スペイン勢のどちらかを迎え討つという展開を予想するわけですが、今シーズンのユベントスは前回とは違う気がします。まぁ [続きを読む]