小黒とら さん プロフィール

  •  
小黒とらさん: 小黒とら
ハンドル名小黒とら さん
ブログタイトル小黒とら
ブログURLhttp://investoronline.blog.fc2.com/
サイト紹介文パーソナルファイナンスと悠々自適な生き方。資産運用や経済の話を中心に 悠々自適な息抜きも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/12/19 11:23

小黒とら さんのブログ記事

  • いつまでやってるのかなーと思うニュース
  • 国会では平成29年度予算案が成立し、今日は東京都で都の予算案が可決されました。議会の主要なお仕事である予算案の審議と採決は進んでいるのですが、なんだかなぁーと思うこともあります。今回は床屋政談です。豪華な出演者いつまで森友学園の問題をやるのかな。籠池氏は独特のキャラの持ち主なので、野党もメディアも取り上げるネタには困らないんでしょうね。それに安倍首相、昭恵夫人、松井大阪府知事、財務省の理財局長、影は [続きを読む]
  • 姫路市の認定保育園のニュース 昔のことを思い出しました
  • 姫路市の認定こども園で出されていた給食が劣悪だったというニュースがありました。1人分に提供する魚を6等分にしていたという話もあります。皿に盛られた給食の画像を見ましたが、数年前のスカスカおせち以上の悲しさがあります。今回は、保育園の思い出です。投資とは関係ない雑談です。(^^)こども園姫路市の施設は「認定こども園」です。認定こども園は. 「教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを [続きを読む]
  • 人に判断を委ねることについて
  • 地下鉄サリン事件から22年です。サリン事件による死者は13人、負傷者は6000人を超えます。カルト宗教集団の怖さをあらためて感じます。事件そのものの怖さもありますが、救いを求めて入信した人が加害者側になってしまうという怖さもあります。人に判断を委ねること霞ヶ関駅の助役だった夫を亡くした高橋シズヱさんの言葉です。[参照]事件によって被害者や遺族だけでなく、加害者の家族も含め、多くの人がつらく悲しい思いをしてい [続きを読む]
  • 人生100年時代? 死亡の中央値と最頻値
  • 人生100年時代とか言われてますね。思うのですが、自分の人生を終える時期が分からないのが不安の元ですね。自分がいつ亡くなるのかを事前に知ることができれば、老後の資金計画も立てやすいです。70歳なら多めに消費してもいいでしょうし、80歳ならまあそこそこ消費できます。これが人生90年時代とか、いやいや100歳だとなると不安ですね。で、今回は死亡の中央値と最頻値について命のローソクの長さ残念ながら、自分がいつ亡くな [続きを読む]
  • トンチン年金「終身型」(個人年金保険)の損得勘定
  • 前回記事に引き続き、第一生命保険の「とんちん年金『ながいき物語』」を取り上げます。前回はトンチン性年金の「10年受取型」について損得勘定を計算しました。年金の受け取りまでに亡くなる確率を考えると、私は10年受取型にそれほどの魅力を感じませんでした。今回は、どんなに長生きしても一定の年金を支払う仕組みの「終身型」の損得勘定です。商品の概要終身受取型はこうなっています。生きている限りずーっと受け取れるのが [続きを読む]
  • とんちん年金と50歳の男性が75歳まで生きる確率
  • 第一生命保険が長生きした場合に備えた個人年金保険を発売するというニュースがありました。[外部記事] 年金を10年で受け取る他、生きている限り受け取れる仕組みも選べます。今回は、この個人年金保険の損得勘定について商品の概要商品名は「とんちん年金『ながいき物語』」です。[参考リンク]人生100年時代の到来に向け、ますます長くなるセカンドライフを安心して過ごすために、「トンチン」性を高めた個人年金とのことです。ト [続きを読む]
  • 草食投資隊の記事から 国際分散投資とTOPIXへの投資
  • 東洋経済の「『ETFだけに投資する人』は何が問題なのか」を読みました。[外部記事]ん・・・ポジショントークですね。(^^;草食投資隊の本音彼らの言いたいことは「積立NISAに直販投信も入れるべき」という点でしょう。サブタイトルの「『積立NISA=インデックス投信』はおかしい」が、そのままメインタイトルでいい気がします。直販投信の営業上、積立NISAから排除されるのは面白くないと思います。なので、草食投資隊がアクティブ投信 [続きを読む]
  • 年金受給年齢と平均寿命の国際比較
  • 年金の受給開始年齢のデータを見つけました。平均寿命のデータと合わせて分析したところ、年金を受給できる年数という点では、日本の老後はそれほど悪くない気もしています。今回は、年金問題についてデータの出典データの出典は世界銀行です。189の国と地域が対象です。年金の受給開始のデータは、男女別にそれぞれ2つの年齢があります。日本のように基本は65歳から受給ですが、60歳からでも受給できる制度の場合"receive full be [続きを読む]
  • 「ラオスに投資すれば利益が得られる」という投資話
  • 「ラオスに投資すれば利益が得られる」と言って、高齢者の約100人から約1億2000万円をだまし取ったニュースがありました。[外部記事]投資詐欺ですね。今回は、ラオスについて事件の概要「ラオスに投資してもらえれば金利のうち0.5%を渡す」などと持ちかけたそうですが、報道を読んでもどんな詐欺なのかよく分かりません。ん・・・0.5%の金利でも預けちゃうんですかね。それとも0.5%は信用を得るための先渡し用に過ぎなくて、本当は [続きを読む]
  • 年金支給開始「67歳に引き上げ」 NZ と年金受給年齢の国際比較
  • ニュージーランドでは年金支給開始を「67歳に引き上げ」る方針が示されました。[外部記事]67歳からですか・・・今回は平均寿命と年金受給について平均寿命の時系列推移年金と密接に絡むのは人口動態ですね。年金計算では年金受給者の平均余命が重要なファクターになると思いますが、データが取れないので「平均寿命」で比べます。データ出展は世界銀行です。日本のほうがちょっと長いです。日本:83.6歳ニュージーランド:81.4歳(男 [続きを読む]
  • 働きもせず、紡ぎもしない
  • 働き方改革とか、時間外労働の上限とか話題になりますね。過労死も。今回は、労働について思うことです。働きもせず、紡ぎもしない「働きもせず、紡ぎもしない」の出典は聖書です。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。(略)なぜ、衣 [続きを読む]
  • 積立投資の魅力を複眼的に考えてみました
  • 日経電子版に「現金好きの国民 知ってほしいコツコツ投資」という記事がありました。[外部記事] 今回は、複眼的に見てみましょうという点について典型的な語り口記事を引用します。仮に、89年12月末に一括ではなく、毎月定額を買い付ける「積み立て投資」を日経平均連動型ファンドで始めたとしよう。一括購入の場合はマイナス50%であったが、積み立て投資の場合、現在の利益はおよそプラス40%になる。よく言われるドルコスト平 [続きを読む]
  • コツコツ投資が報われるかどうかに思うこと
  • 日経ビジネスに「『コツコツ投資が報われる』って誰が言った」という記事がありました。[外部記事] 個人型確定拠出年金(iDeCo)が拡大され、積立NISAも導入される流れにあって、「官民挙げて推奨されているが、素直に従って良いものだろうか。いくつか気になる点もある」と問題提起しています。今回は、この記事について今の株価は買いか?日経平均で20,000円近く、NYダウで21,000ドル台は、まあ高値圏かなと思います。今後の上昇 [続きを読む]
  • iDeCoや積立NISA 積立投資と一部売却について考えたこと
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が拡大され、来年は積立NISAも導入されます。今回は、iDeCoなどの積立投資についてこのところ積立投資を取り上げてますこのところ積立投資を話題にしています。iDeCoとか積立NISAなどの制度が充実してきます。金融庁も投信業界も、日経新聞もマネー雑誌も、みんなそろってこの流れに乗ろうとしている気がします。で、ちょっと脱線ですが・・・ゴールドラッシュで儲けた人は、実際に金を掘った人ではなく、 [続きを読む]
  • 読書感想文 「ことりのおそうしき」
  • 過去記事「ゾウは おことわり!」に続いて児童文学です。文字が大きくて読みやすい。あ、いや、文庫本サイズの文字が読みにくくなっているのではありません。(^^;ことりのおそうしき「ことりのおそうしき」の原文は "The Dead Bird" です。直訳すると「死んだ鳥」なんですけど、子供向けの絵本としてはストレートすぎますね。邦題の「ことりのおそうしき」は少し柔らかなイメージになってます。命の尽きた小鳥に焦点を当てるか、そ [続きを読む]
  • 東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花
  • 東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな (菅原道真)梅の季節ですね。紅梅白梅紅白の梅白梅は美しさと可憐さが、紅梅は暖かさと可愛らしさがありますね。それぞれに魅力あります。いい季節になってきました。(^^)ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。 [続きを読む]
  • 神は、氷の冷たさでサイコロを振る
  • サイコロの期待値は3.5とは限りません。何回振っても、何万回振っても、期待値(=平均値)が3.5にならないサイコロがあります。今回は、サイコロの期待値と投資についてサイコロの期待値サイコロの期待値は3.5とは限らないというのは、サイコロの形状です。サイコロは立方体とは限りません。正二十面体のサイコロもあります。正二十面体のサイコロ(画像出典)サイコロの形状正二十面体のサイコロをたくさん振ったときの平均値( [続きを読む]
  • 高値更新の記事(前回記事)の追記
  • 前回記事:投資で「次の山はいつごろ来るか」についての追記です。試算の概念図が誤解を招きそうでしたので追記します。ケース1前回記事の例です。高値の観測を30年間にしています。この図では高値が早い時期にあります。でも、それはたまたまです。ケース2こういうケースもあります。ケース3こちらはわりとイメージに合うケースです。こういうパスを1万回発生させての集計です。観測期間を30年としたのは高値の探索を当初30年とし [続きを読む]
  • 投資で「次の山はいつごろ来るか」について
  • 株式投資では、上がったものは下がり、下がったものは上がる傾向があります。長期的には右肩上がりだとしても、中短期的には過熱気味に買われたり、安値でも叩き売られたりします。熱狂と悲観の間を揺れ動くのが相場なんでしょうね。さて、今回は、高値更新について高値更新「NYダウが史上最高値更新」とか「ナスダックが15年ぶりの高値更新」とかがニュースになります。高値更新はうれしいですね。前回の相場で高いところで投資し [続きを読む]
  • 株式投資で利回り5%を見込めますか?
  • 昨日の話題「ライフサイクルと積立投資の利益確定について」の続きです。長期投資で市場の流れに身を任せるのもいいですが、ちょっと考えたいこともあります。今回は長期投資の期待リターンの時系列変化について前回の投資の前提前回試算したデータをもう一回使います。再利用。エコですね。MSCIワールドとMSCI日本の指数を半々に投資したケースです。30年間のドルコスト平均法による積立投資です。今回は毎月1万円にしました。年1 [続きを読む]
  • ライフサイクルと積立投資の利益確定について
  • 一括投資かドルコスト平均法か。これは永遠のテーマですね。あと、利益確定を入れるか、売らずにバイ&ホールドでいくかも考え方が分かれます。今回は、ライフサイクルと投資の着地についてMSCIでまずは概念図1978年12月に30歳で積立投資を始めた人で考えます。毎月15,300円をドルコスト平均法で積立投資します。投資の想定期間は30年。60歳になったら取り崩す予定です。なんで15,300円?中途半端な金額の理由は後ほど。投資するの [続きを読む]
  • 週末の息抜き 三角形の面積の問題
  • おもしろい算数の問題を教えてもらいました。三角形の面積を求めよという問題です。今回は息抜きのお話しです。まずは問題まずは問題から(画像・問題出典)問題は「この三角形の面積を求めよ」というものです。さて、いかがでしょう。底辺×高さ÷2三角形の面積なので・・・10×6÷2 = 30ではありません。ひっかけ問題10に対する垂直線が6で、かつ、∠ABCが90度これを満たす図形はユークリッド空間(≒普通の平面)では存在しません [続きを読む]