絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さん プロフィール

  •  
 絵入り随筆 エッセィ・つぶやきさん:  絵入り随筆 エッセィ・つぶやき
ハンドル名 絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さん
ブログタイトル 絵入り随筆 エッセィ・つぶやき
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuuyuutakemura
サイト紹介文自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/12/19 23:15

絵入り随筆 エッセィ・つぶやき さんのブログ記事

  • 2016秋の欧州ドライブ  道路工事で反対車線に移る。
  • 欧州ドライブでは良くこの光景に出会います。上り、或いは下り車線を閉鎖して工事を行い、車はその間、反対車線を上下線が利用するのです。日本でもやることがありますがその場合、大渋滞になります。欧州ではそんなことは滅多に起こりません。車はスムーズに反対車線を走行します。こんな感じで反対車線の3車線を二車線ずつに分け合って少し車線は狭くはなるものの渋滞にはならずに走れるのです。 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  コンクリートの高架橋
  • この辺りは山と谷が複雑に入り組んでいるから高架橋が道路と交差して走っています。日本では余目高架橋が有名ですが、その程度の高架橋はこの地にはたくさんあるようです。ローマ時代から高い橋を建設するのはお手の物でしたから、現代技術を駆使すれば造作ないことのかもしれません。珍しくトラックが追い越し車線を走っています。っダンプカーが石の塊を運んでいます。あんな石ころが落ちてきたら大変なことになるので私は後ろに [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  シンプロン トンネル 2
  • いよいよトンネルです。10kmを超える長さのトンネルです。トンネルは上下で二車線です。長いトンネルを走っていると対向車が圧迫感を持って迫って来るので威圧感があります。トンネルを通ってスイスに入りました。谷間にかすかにガスがかかっています。ガスはだんだん濃くなりました。ガスの中を進みます。下るにつれてガスは薄くなりました。やれやれです。アーチ橋は鉄道のものです。 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  シンプロン トンネル
  • シンプロン・トンネルが近づいて来ました。トンネルが動くわけは無いですから私の車が動いて近くに行ったと言うことです。イタリア・スイス・フランスなどの旗が見えます。この辺りは国境が輻輳しているからでしょうか?スイスはEUでは無いから、いろいろと面倒な手続きがあります。と言ってもパスポートの提示、場合によっては荷物を調べられる事もありますしスイスの高速道路料金を一年分徴収されることもあります。ゲートが見え [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  アオスタの朝は清々しく荘厳です。
  • アオスタはモンブランやマッターホルンの登山口ですから山が目前に聳えています。またアオスタはローマ時代の遺跡を持つ古都でもあります。今日はシンプロントンネルを抜けてフランスに入ります。トンネルに近づくにつれて山は次第に雪化粧になりました。こんな良い天気にスイス入りするのは久しぶりの体験です。ガスっていたり雪模様だったりのことが多いのです。道路左側の柵は地吹雪を防ぐ装置です。シンプロントンネルが入り口 [続きを読む]
  • ミラクルで顕微鏡を作りました。
  • 講師はそうそうたる経歴を持った方々です。リタイア後、ボランティアで科学技術の普及・啓蒙に従事されているそうです。直径3ミリのガラス玉を使って100〜200倍に拡大できる顕微鏡を作るのです。材料はたったこれだけ、参加者が払う材料代は20円ポッキリです。これが顕微鏡の本体です。ペットボトルの蓋に穴を開け3ミリのビーズをはめ込めば顕微鏡の完成です。ペットボトルの瓶の上の部分に不要なボトルの部分から切り取 [続きを読む]
  • 新しい家族が増えました。
  • PETという分類にしましたが、これはサイト内の選択肢がペットしかないからです。今はPETという考え方は人間より下の存在という意識ですから、コミュニケーションバード言う呼び方が普及しつつあります。そこで家族が増えた、という表題になりました。ご覧のように九官鳥です…ジモティーと言うサイトで見つけていただいてきたのですが元気な若い鳥です…1歳1ヶ月と言うことです。前の飼い主の方がいろいろ言葉を教えていて下さっ [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  アオスタに辿り着きました。
  • 夕方の道路標識は読みづらいですがシンプロントンネルまでもうすぐという場所まで来ました。アルプ「山の斜面の牧草地になっている場所をアルプというのです、アルプスの語源です」の部分に建つ家々はアオスタの郊外に出来た新興住宅街と言うところでしょうか?夕暮れが迫ってきてしまいました。私がラグビーのホテルと呼んでいるホテルを探しています。ホテルの部屋からの眺めです。ここへ泊まるのは3回目になると思います。斜面 [続きを読む]
  • 川越を散策しました。
  • 川越と言えば芋(サツマイモ)ですが、近年は蔵の町として観光に人気が出ています。蔵の町としてのランドマークはこの時の鐘でしょう。重厚な蔵造りの家が数多く残っています。菓子や横町も人気です。駄菓子がたくさん売られています。若い人も多く見かけます。ランチは芋尽くしの手間の込んだものでした。 [続きを読む]
  • 銀粘土でアクセサリー作りを体験しました。
  • 市の体験施設ミラクルで銀粘土細工を体験しました。銀粘土6gを丸めてのし棒で平らにしてから草の葉をプレスして模様を付け乾燥させます。乾燥はホットプレートを使います。生徒は老若男女入り交じっていますが、講師と助手は妙齢のお嬢さんたちでした。乾いたら七宝焼き用の炉で焼成します。700度で5分で焼き上がります。色付けし紐を付けたら出来上がりです。 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  ZEN宅がまた賑やかになれいました。
  • 昨日来なかったマッティオの奥さんクラウディアが赤ちゃんを連れてきてくれました。ラウラが赤ちゃんをあやしています。ディアナ食もうランチの支度を始めました。ディアナは台所にいるのがバッチッと決まっています。山小屋の畑で採れたベリーで不あっペ風のおやつです。マリアーノが登場すればこれはワインが欠かせません。自家製のマリアーノのワインはとても美味しいのです。ディアナは私が欲しがった [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  ZEN宅に戻って
  • ZEN宅に戻ったら暫くしてマリアーノが親しくしている画家さんが訪れました。なにやら自作の絵を我々にくれるらしいのです。金を使って新しい技法で描いた絵のようですが、彼はイタリア語で英語も交えて蕩蕩と説明してくれるのですが、あまり理解できませんが仕方ないから頷いていました。絵に傷をつけないようプラスティック板で頑丈にプロテクトしてくれています。断るのも申し訳ないしするから有難く戴くことにしました。画家さ [続きを読む]
  • 群馬県大間々から足尾経由で日光へ行ってきました。
  • 大間々にある日本一醤油で今年分のマイ醤油の申し込みをしました。このマイ醤油は三人かけて作る本格醤油でとても美味しいのです。その後、足尾を通って日光に出ました。田舎道を走るのは気持ち胃です。仮名やホテルでランチにしました。コロッケがメインディッシュのコースにしました。コースではこれが一番リーズナブルだったのです。眺めの良いテーブルに案内されたので気分を良くしてシェリーも頼みました。昼食後、奥日光へ足 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  マルシェの駐車場に戻りました。
  • ハンギングツリーから数百メーロルのところに朝、車を置いたパーキングがあります。日常生活するな書でむごたらしい処刑が行われていたのです。道路を渡る横断地下道です。壁は大理石で化粧され、グラッパの景色が描かれたパネルが飾ってありました。北イタリアの小さな町ですが公共投資は充実しているのです。こんな立派な地下道は日本では都心の一部でしか作られていません。イタリアは貧乏国だなんて言われているのが嘘では無い [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  ハンギング・ツリー 2
  • ハンギングツリーがグラッパの町中にずらっと立ち並ぶ光景は私の心を締め付けてきました。吊されたパルチザンの苦悩、毎日それを見続けていなければならなかった町の人々の苦悩。処刑する兵士にもそれを命ずる情感にも凄まじい葛藤があったに違いないのです。日本人は戦地に赴いた兵士と沖縄の人を除いては白兵戦を目撃してはいません。私も焼夷弾に焼かれた焼死体は見ていますが、銃を振りかざしたアメリカ兵を見たわけではありま [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  ハンギング・ツリー
  • 薄暗い照明のお店から外に出ると眩い陽光の景色が飛び込んできました。半円形にカットされた並木が川岸に並んでいて穏やかな景色です。刈り揃えられた木陰から対岸の山脈を眺めると平和な光景です。マリアーノがなにやら感慨深げに景色を眺めています。並木のもとへ私を誘いました。木のプレートが取り付けられています。プレートには名前と日付が書かれています。この木はハンギングツリーなのだ、パルチザンが捕らえられこの木に [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  グラッパ橋から少し先に
  • マリアーノが案内してくれた大きなバーがに入りました。昼間なのにマスターはいてマリアーノが親しそうに話しています。大きなお店です。マリアーノがここの電気工事を行ったのだそうです。照明がなかなか凝っています。バーカウンターらみると酒をならべた棚の明かりも印象的です。ルーム  フード アンド ドリンク の文字も良いです。ペンダントライトの光も落ち着きます。最初は酒瓶に圧倒されてバーかと思いましたがフード [続きを読む]
  • わが家の庭にも春の兆しが・・・
  • 福寿草が一昨日の朝からポッカリ黄色い花をのぞかせてくれました。この葉はなんだか解りますか?彼岸花とも曼珠沙華とも呼ばれる花です。彼岸花はちょっと変わった生き方をします。秋には何も無い地面からいきなりあの華麗な花だけを咲かせます。花が終わると地面には何も残しません。球根だけが地中に眠っているのです。冬になると今度は葉だけが伸びてきます。そして暑い時期には地中にまた隠れて秋の開花を待つのです。花と葉が [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  朝市の中に遺跡博物館がありました。
  • マリアーノは外で待っているからヨシオたちだけで見ておいで、と言うのです。きっと何回も来ているのだろうし、イタリア人にとっては遺跡などどこにもゴロゴロあるのですから特別金を払って見るほどのものでは無いのかもしれません。これは遺跡ではありません。マリアーノがこの辺に待っているという場所です。石像はレプリカらしいです。出土品は立派なものです。牛をかたどったジョッキです。一つ欲しいです。大大きな壁画です。 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  朝市を見に行ったけど
  • 朝市は衣類や生活雑貨がメインで野菜やチーズなどは無く、勿論アンティークなども無い。あまり興味を引くものが無かったがせっかくマリアーノが案内してくれたのだから大人しく後を付いて回りました。まあ、こんな具合の朝市ですから駐車場は混んでいましたがマルシェの中は閑散とした感じです。ディアナはお留守番です。我々が昼で曳き上げると伝えてあるのでランチの下ごしらえでもしてくれているのでしょう。 [続きを読む]
  • 2016秋の欧州ドライブ  ZEN宅で一泊しての朝
  • 今夏の旅ではZEN宅には一泊のみで今日は午後からはアオスタに向けてドライブする予定なのでお昼にはZEN宅をお暇することにしています。マリアーノはその半日を近くの観光に連れ出してくれました。つ着いたのは車が犇めいている駐車場です。マリアーノは素早く壱台分の空きスペースを見つけて駐車します。どうやらここで青空市場が開かれているようです。 [続きを読む]