そらまめ さん プロフィール

  •  
そらまめさん: そらまめ〜楽しみのかけら探し
ハンドル名そらまめ さん
ブログタイトルそらまめ〜楽しみのかけら探し
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/351960
サイト紹介文生まれ育った松江に多くの人が訪れるよう松江紹介。日々、手編みとガーデニングを楽しむ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/12/20 07:15

そらまめ さんのブログ記事

  • タマスダレの花咲く頃
  • 夏の終わり、ヒガンバナ科のタマスダレが、家の周りをぐるりと咲き始めます。松江は、今日最高気温35度予想。残暑厳しき日は、庭の花を切り取って、コップに挿し込み、パーシャルから食パンを一枚引き抜いて、ひとりで、自分のサンドイッチを作り、庭のルッコラを添えてみる。家の中で、自分を自分で癒す夏の日。 [続きを読む]
  • 花壇を縁どる〜宿根トレニア
  • 暑さに弱い宿根トレニアは、日中ぐったりとして、夕方水をかけると、すっくと立ちあがり夏を越している。地を這う習性で、株が大きく広がり、それをニコニコと眺めている。挿し芽で増やした株は、花壇を縁取るまでに成長。水やりは、これからは控えめで良さそう。甥家族が来訪して、楽しかった。お盆が過ぎて、ひと段落。今日はひとりで、息抜き。たまには、いいのか。自分の心の洗濯。(スカラベ136の抹茶クレープ) [続きを読む]
  • ツートーンのダリアの花咲く
  • 明るい桃色紫の花を咲かせたダリアが、夏の盛りを過ぎて、花の色が段々と色落ちしている中、一輪が、きっちりと2色に分かれているダリアの花が、出現。育てている私への「夏のご褒美なのかな?」と、嬉しく感じました。新しく植えた3つの球根のうち、2球のダリアは、まだ蕾。何色の花が、咲くのだろう。シジミチョウが、ハタハタ遊びに来ています。 [続きを読む]
  • 夕暮れの夕顔
  • 夕方父の墓に花を入れて、家路につくと、「夕顔が咲いている!」と驚いた。「ずっと前から咲いてるよ」と夫から言われて、私の目は、毎日どこを見ていたんだろう。背面から見る、夕顔の大きな白い花も綺麗です。空の色や空気の感じが涼しさを増し、秋に近づいているような。 [続きを読む]
  • 夏の奥大山〜木谷渓谷
  • 奥大山スキー場の駐車場のすぐ傍にある木谷渓谷は、奥大山の水のCMの撮影の風景に似ているらしく、写真を撮りに来る人が、以前より増えているようです。川がいくつかの堤防で、滝を作り、雪解け水が流れているので、空気がひんやりとしています。丸い石に苔や草が付いているのが、この谷らしい風景かな。帰りは、桝水高原から大山ガーデンプレイスに降り、値段がとても安かったので、野菜をたんまり買って帰りました。 [続きを読む]
  • 川路ゆみこさんのミニドイリー
  • 台風5号の雨で、松江は気温が下がり過ごしやすくなりました。本棚から、大好きな川路由美子さんの本を引っ張り出して、残り糸で、花のミニドイリーを、編みました。縁取りのスカラップ模様が、縁を持ち上げて、ティーカップのお皿のようなフォルムです。これまで、川路さんの作品を色々編んで来たのですが、花をモチーフにした作品やベビーや子供用の服のシックで可愛らしい色の使い方が、素敵です。 [続きを読む]
  • ミョウガの初収穫
  • スーパーの店頭で見かける旬の野菜ミョウガ。我が家の地面から、なかなか出てこなかったのですが、やっと初収穫の日を迎えました。ミョウガのシャキシャキした食感と苦味が、好きです。今朝採ったフレッシュエンサイとルッコラと 1本だけ生き残ったべんり菜。ミョウガのポテトサラダ。卵と相性の良いエンサイは、卵スープにして頂きました。***昨夜は、松江水郷祭の花火大会。マーブルテレビ生中継で、楽しみました。テレビで [続きを読む]
  • 涼を求めて〜不動滝のそうめん流し
  • 蒜山の不動滝に、家族で行ってみました。(松江から、高速を使わないで行くと2時間。結構遠かった)駐車場から上がってすぐそうめん流しの小屋があり、そこから更に10分歩けば、大きな滝が、見えます。涼しい滝のシャワーを浴びて、気持ちがひんやり。冷たい水に足をつけて遊んだりして、引き返し、お目当てのそうめん流しを頂きました。お店の方が、手で少しづつ樋に落とすタイプのそうめん流しは、初めてで、「お〜い。ド〜ンと [続きを読む]
  • クリプタンサスの花が咲く
  • クリプタンサスに、蕾が出て来ました。脇芽が出て花が咲くと、親株になった証です。7日ほどたち、白い可憐な花が開花。親株から切り取られた子株、花が咲くまでおよそ2年。ゆっくり、ゆっくり成長する植物です。 [続きを読む]
  • ゴーヤの実り
  • 今年は、2階の東の窓の朝日を遮ろうと、前庭のプランターから、支柱&紐を組み合わせて、ゴーヤのカーテンを設えました。外から眺めると、ゴーヤの綱渡りです。このところ車庫の高さまで伸びて、やらやっと、ゴーヤが実ってきました。2階まで伸びるのには、まだまだ時間がかかりそうです。南側に植えたグリーンカーテンのキュウリは、次々収穫中。 [続きを読む]
  • 水に浮かべるガラス細工
  • 7月中旬から、暑くてたまらなかったのですが、月曜火曜と、まとまった雨が降って、松江は朝夕涼しくなりました。気持ちを入れ替えようと、ガラス細工の小物を引っ張り出して、水に浮かべました。見ていると、自分が水に浮いて涼んでいる気持ち。夏バテ=お腹具合不調から脱出して、早朝散歩を再開したい。歩いて、夏を乗り切れたらな。 [続きを読む]
  • ブルーベリーの収穫の日々
  • 夫が育てているブルーベリーが、沢山実ってきました。徐々に粒が大きく甘さを増している。今日は、ざるにたっぶり収穫できたので、ジャムを作ってみました。ブルーベリーは食べると、何故か元気が湧いて来ます。連日のあまりの暑さで、庭の植物たちが「ヘタッ」としてきました。水やりしても、枯れゆく花たちが続出中。何とか、生き抜いて欲しいものです。 [続きを読む]
  • 由志園のこびと探し
  • 絵本「こびとづかん」のこびとを探す由志園の企画展に、出かけました。私と娘は二度目、夫は初めて(シブシブ)参加。園内は、霧のシャワーが以前より増えて、涼しさが倍増。あちこちに、こびとさんが設置。スマホでも、貸出タブレットでもこびとをキャッチ出来ます。可愛いと言うより、シュールな愛すべきキャラクターです。滝の前には、滝に倒れ込むこびとを発見。由志園の7月の池には、レモンイエローの水連が沢山咲いていまし [続きを読む]
  • 桃色ジニアとカマキリ
  • 雨が降らず、水やりに勤しむ毎日。暑さに強い百日草の改良版のジニアが、満開の時を迎えています。4株の桃色ジニアが、花の数を増やして咲いています。「ああ、これは!!」小さなカマキリが、虫を食べに来ていました。小学生の頃の夏休みは、兄と二人で、セミ、トンボ、アゲハを追いかけて過ごしました。だから、今でも昆虫を見つけると、感動してしまうんだな。梅雨明け、そして子供らの夏休みが、始まるようです。 [続きを読む]
  • 夏ひんやり〜きまち大森の湯
  • 「涼みに行きたい」と「気分転換」を兼ねて、来待にある大森の湯に出かけました。6月26日から8月末迄、露天風呂が源泉かけ流し(32度)に変わります。内湯で温まって、ひんやりとした露天風呂に入ると、さっぱりした心持ちがして、何度も入り直したくなる夏の温泉です。風呂上りは、寝ころべる畳部屋を通り過ぎて、奥の木の椅子のある部屋で休憩して、気分転換。隣接する「いろり茶屋」は、屋根改修中ですが、大森の湯の和室にて、 [続きを読む]
  • チランジアの小さな子株出現
  • 松江は、日中35度を超える日があり、夏バテ、夏のだるさをひしひしと感じます。梅雨の気候が大好きなチランジア、突如小さな子株を生み出しました。長い間チランジアを育てていますが、出た瞬間の株を見つけたのは初めてかも。朱色の花を咲かせているチランジアは、上の方にも開花。花火のようで、見ていて楽しいです。 [続きを読む]
  • フレッシュエンサイの収穫
  • フレッシュエンサイを初収穫しました。上の方をチョキンと切ると、その下の葉の下から脇芽が出て、一本が2本、2本が4本に倍増する野菜です。見た目は、毎年育てていた空芯菜と同じですが、生で食べれるのです。苦味もなく、普通にパリパリと頂きました。グリーンカーテンとして植えた、サンパラソルジャイアントが咲き始めました。街路樹として植えられているキョウチクトウと同じ科に属しています。「大輪の花が咲く」と書いてあ [続きを読む]
  • ルッコラの収穫
  • 庭のルッコラの背丈が、だいぶ伸びて来ました。間引きを兼ねて、収穫。噛むと独特の苦味とゴマ油のような味が、とても好き。挿し芽をした宿根トレニアが、しっかりと根付いたので、牛乳パックで作った日よけを 取りました。ここまでくれば、地を這い茎を広げ、晩秋まで花を咲かせてくれそうです。「べんり菜」は、発芽せず、もう一度種を蒔いたのに、殆ど芽が出ず、「どこが?何が?」と考える。庭の土や天候との相性が悪いのかし [続きを読む]
  • 檜垣文様バック〜仕上がり
  • 6月から編み始めた檜垣文様バックが、やっと仕上がりました。横幅28センチ高さ16.5センチの 小ぶりなバックです。交差する模様が目の錯覚で、立体的に見えるのが不思議です。内布に鍵用のポケットに加え、中身が隠れるように小さな布を付けてみました。レース編みを布に縫い付け、全体が明るくなるように工夫。青1玉、黄色1/2玉、白1/3玉と、少ない糸で完成。心が満足、しばらく休憩。 [続きを読む]
  • グラジオラスとタテハ蝶
  • 7月に入って、夏色の花(一番目の)グラジオラスが咲きました。台風も日本列島を通り過ぎましたが、タテハ蝶も、飛んでくるような季節です。名前の由来は、羽を立てて止まる事から来ているらしいのですが、案外、羽を広げて休んでいます。亡くなった兄の息子=私の甥っ子から、「お盆休みに、遊びに来ます」とメールが届きました。兄が居なくなっても、血が繋がる、命が繋がって、会いに来てくれるのは、飛び上がるくらいの喜びで [続きを読む]
  • 朱色の花咲く〜チランジア
  • チランジアの中で、唯一夫が育てている株が朱色の花を付けました。針のように細い葉先も、赤く染まって綺麗です。翌日には、花が開きました。梅雨の湿った空気は、チランジアの生育を促進するようで、株全体が大きく育ったチランジアが、紫色の花をいくつも付けました。*** ↑のチランジアが最初に花を咲かせたのは、2年前の2015年7月↓。小さな器に入るくらい株でした。 [続きを読む]
  • 檜垣文様バック途中経過
  • かぎ針の檜垣文様バックを編み始めて、はやひと月。4号針の3色使いに、難航中。糸が細いせいか、毎日3段くらいしか編めない。「すじ編みと裏すじ編みを、交互に」の指示が、大問題。初めての編む〔裏すじ編み〕は、背面から編む感じで、編み難い。〔裏すじ編みの利点〕は〜立ち上げのラインが真っすぐ立つ事。この模様の場合、一つ手前で立ち上がったり、立ち上がった後、一目多く編んだりすると、〔すじ編みだけ〕で〜立ち上げラ [続きを読む]
  • ダリアの球根は、強い
  • 去年鉢で育てたダリアの白い花が、今年花壇で咲きました。鉢では、茎がひ弱に伸びて、どうにもならなかったダリアさん。原因は、私の「水のやり過ぎ」。改めて「ダリアの育て方」を検索すると、あまり水を必要としない花。ダメもとで、4月に鉢から取り出し地面に植え込んでみると、葉や茎が元気よく伸び、白い花が咲きました。劣悪な環境で1年すごしても、球根は強く、花を開かせるのですね。雨にあたって、次々咲いてくれるダリ [続きを読む]
  • 花咲くハーブ多年草
  • 春に芽生えたハーブや多年草が、花を咲かせてきました。私の背丈よりも高く伸びた先に、フェンネルの黄色い花。(風雨に倒れないように、囲いが必要かな)宿根サルビアは、残っていた茎から葉がひゅるひゅる伸びて、青紫の花が、ニョキニョキ。ミントが、白い花をぽつぽつ咲かせてる。 越年して多年草となったセロリが、花を力いっぱい咲かせ、ミョウガは、緑色の葉を茂らせ始めています。近年6月頃に肥料を与えると、ミョウガの [続きを読む]