KYさん さん プロフィール

  •  
KYさんさん: カリフォルニアの青い空
ハンドル名KYさん さん
ブログタイトルカリフォルニアの青い空
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/halic/
サイト紹介文南カリフォルニアに住んでいる退職者のブログです。 トルコ人の妻と二人暮らしです。
自由文日常生活や趣味の事などをつずっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/12/20 10:36

KYさん さんのブログ記事

  • ドレーク R4C AGC 時定数切り替え
  • Sherwood の AGC 回路は、全部で時定数が 5 段階に切り替わるようになっています。オリジナルの回路では、ファースト、ミドル、スローですが改造の後はファースト、ミドルの間に一つ、またミドル、スローの間にまた一つ時定数が加わっています。時定数の CR と、PTO の出力のローパスフィルターを載せるために、一つボードを作りました。PTO の出力のローパスフィルターをこのボードに載せたのは、元々このフィルターがオーデ [続きを読む]
  • シノハラとアトラスの線路接続
  • 以前から HO のレイアウトを作ったら、ぜひダブルクロスオーバー設けてみたいと思っていました。思いの外ダブルクロスオーバーは少ないようで、フライッシマンにはありますがアメリカでは入手難です。そこで前回日本へ帰国した時に、シノハラのダブルクロスオーバーを購入しました。レイアウトを作るときに全部シノハラのレールを使えばよいのですが、簡単には入手できません。アメリカでは Walther が代理店ですが、ウェブで見る [続きを読む]
  • 久しぶりの友人
  • 友人のご両親が久しぶりにアメリカへ来たので会いに行ってきました。前回は 2013 年の秋にイスタンブールでお会いしたので、実に3 年半ぶりです。ご主人はイスタンブール大学の教授を最近退職されました。イスタンブール滞在中は市内を案内していただいたりお世話になりました。十数年の知り合いですが、親戚のようなもんです。今年は近々日本へ行くので来年あたりトルコへ行ってみたいですね。 [続きを読む]
  • ドレーク R4-B キャパシター取り替え (2)
  • 古い電解コンデンサーを外したました。取り外した電解コンデンサーです。これはオーデイオトランスです。新しいコンデンサーをつけようとして思いついたのですが、またシャーシに直接はんだ付けをすると取り外しが面倒です。もしシャーシをメッキすることにでもなれば、全部の部品の取り外しが必要です。そこで電解コンデンサーのクランプをネットで探してみると、意外でしたがまだ簡単に手に入ります。そこで直径 1.5 インチの物 [続きを読む]
  • ドレーク R4-B キャパシター取り替え (1)
  • 早速キャパシターを取り替えます。下の画像の右中央がキャパシターです。飛んでいるのか、電解コンデンサーを抱き合わせて修理しています。このキャパシターはネジ止めではなく、シャーシに直接はんだ付けされています。通信機では見たことがありませんが、昔のテレビ、ラジオの手法だったのでしょうか?ヘッドフォン出力端子が邪魔なので取りました。出力オーデイオトランスも取ると、やっと目的のキャパシターが見えます。しかし [続きを読む]
  • ドレーク R4C オーデイオアンプ (2)
  • これがオーデイオアンプのキットで LM386 を使っています。簡単に組みあがります。オリジナルのオーデイオアンプは取ってしまったので、取り付け用のフレームを作りました。この画像の上はオリジナルのオーデイオアンプです。下の画像の右側が新しいオーデイオアンプで、右側は AGC の時定数回路ですが、これについては別途書きます。 [続きを読む]
  • ラスベガスへ行ってきました。(最終回) Bellagio
  • 今、5V7P を呼びながら書いていますが、多分無理でしょう。さてべラジオ ホテルの中には日本庭園のような場所がありますが、ちょっと変わっています。まあ見てください。金閣寺のつもりでしょうか?星条旗の前を飛ぶ丹頂鶴。何だか戦闘機でも吊るした方がふさわしいですね。お茶室なのかなぁ〜?べラジオのマークがついている鳥居です。意味不明です。という訳でかなりの違和感がありました。わびさびとか完全に無視されていますが [続きを読む]
  • またまた腰痛になってしまいました。
  • またまた腰痛になってしまいました。暖かなりバーベキューの季節になったので、張り切ってグリルを清掃したのがいけなっかたようです。座ってから立つときにかなり痛みますが、幸いなことにくしゃみやせきができないほどの痛みはありません。車の運転もできるし、家の中では動けます。しかたがないので当面安静ですかね。これからは危なそうな作業は休み休みするとか、二、三日に分けるとかしないとダメですね。まだぎっくり腰まで [続きを読む]
  • さあどうする、ドレーク R4B?
  • ラスベガスのハムフェストで買ってきたドレーク R4Bの中を見てみると、次の二点が気になりました。シャーシの上面がかなり錆びています。(下側はきれいです。)電源の電解コンデンサーがいかれているらしく、100uF 200Vのコンデンサーが追加されています。一個は現存のコンデンサーにタイラップで抱き合わせ、もう一個はシャーシの下側についていますが、空中配線で危ないです。電解コンデンサーは、eBay で売っていたので購入し [続きを読む]
  • 久しぶりの鉄道公園
  • 先月は歯の治療や体調が悪かったので鉄道公園には行けませんでした。そこで今日は久しぶりの鉄道公園でした。私のパートナーだった人は仕事の都合でやめてしまっているので今日は初めての人でした。やはり機関車が思うように動かせず苦労していますね。運転のコツは教えてはいますが、自分で運転して習得してもらうより仕方がありません。負荷に対して機関車のパワーが少ないので余裕がないのが原因です。体調は歯の治療が終わって [続きを読む]
  • ラスベガスへ行ってきました。(3) Bellagio
  • べラジオ ホテルに寄って見ました。いつの間にか駐車場が有料になっていました。プラネット ハリウッドは相変わらずただです。ホテルの前にヒンズー教の礼拝所のようなものができており、インド人らしき人が熱心に拝んでいました。なんでここにこんなものができたのか謎です。アマチュア無線情報今しがた、E51DWC と 10MHz で交信できました。これで同局と 3.5MHz から 28MHzまで全周波数で交信できたことになります。後 [続きを読む]
  • ラスベガスのハムフェスト (最終回)
  • 低調で買う物がなさそうなラスベガスのハムフェストでしたが、木陰でベンダーさんを発見しました。別に隠れていたわけではなく、単に日陰だったからでしょう。そこでドレークの R4B を発見! $250 でした。$200 でどう、と尋ねれたら、あっさりといいとのことなので購入しました。書斎で FT-DX-3000 と隣に並べてみました。ガレージで R4B と R4C を並べてみました。当たり前だけれどよく似ています。今までいろいろと R4C を [続きを読む]
  • ドレーク R4C オーデイオアンプ (1)
  • Sherwood の改造のついでにオーデイオアンプも新しくしました。オリジナルのドレークの回路は初期のトランジスターを使ったオーデイオアンプそのもので、出力トランスを使っています。下の画像がオーデイオアンプの基板です。画像では見にくいのですが、出力トランジスターはシャーシに直接取り付けられています。バリコンの横につているのが出力トランスです。昔の五球スーパー並みの大きさです。これがオーデイオ基板です。(一 [続きを読む]
  • アマチュア無線クラブのオークション (最終回)
  • 40 年ぶりに見た Robot 社の SSTV 機材です。70 年代は SSTV がはやりましたね。懐かしいです。Robot 社はアメリカの会社ですが、製造は日本でした。たしか三鷹とか国分寺にあったと思うけれど忘れました。無理もないだろうけれど、オークショナーがセキュリティ カメラと紹介していました。そういわれてみれば、昔の CCTV にみえますね。日本で販売されていたのは、アメリカに出荷される前に抜き取られていたんでしょう [続きを読む]
  • 少子化について (3)
  • 少子化について (2) の続きです。友人と話した内容です。その友人の日本の実家は地方で小規模な交通会社を営んでいます。タクシー数台、トラック数台の小さな会社だそうです。御多分に漏れず、その会社の地元でも時価が下がっているそうで、銀行だか信用金庫だかから担保の積み上げ要請があったそうです。しかし価値が下がった土地以外に担保になるような物件はないそうで、ことわったところ融資額の上限の減額を申し渡されたそう [続きを読む]
  • ラスベガスのハムフェスト (2)
  • ナショナルの古い受信機、HRO 60 がありました。バンド切り替えがプラグイン コイルです。ものすごく保存状態が良いのですが、レストアされたのかもしれません。バリコンが全面パネルと平行なのが変わっています。ネットで調べたら製造されたのは、1952 年から 1964 年まででした。リピーターの機材を売っているベンダーがいましたが、リピーターの機材の機材ってそれ程売れるのでしょうか? [続きを読む]
  • ドレーク R4C 600Hz フィルター取り付け (4)
  • 600Hz のルーフィングフィルターが載ったシールド板を取り付けます。スイッチボードとフィルターをはんだ付けします。この 600Hz のルーフィングフィルターとオリジナルの 8kHz のフィルターの切り替えスイッチですが、AGC の時定数を切り替えるロータリースイッチと一つに組み立てられています。ロータリースイッチの手前のウェファー(つまみに近い方)がAGC の時定数を切り替えで、後ろがルーフィングフィルターの切り替えです [続きを読む]
  • アマチュア無線クラブのオークション (2)
  • 東京ハイパワーのリニアアンプはよく見ますが、アンテナチューナーは始めて見ました。同社は確か倒産したと聞きました。リグにオートチューナーが内蔵されていることや、リモートチュナーの普及でアンテナチューナーもよく放出されています。ケンウッドのステーション モニターです。コンピューター モニターもいいけれどCRTで見る波形もいいですね。しかし FT-DX-3000 の 10MHZ IF とは周波数が違うだろうから使えませんね。 [続きを読む]
  • ラスベガスへ行ってきました。(2) Britney Spears
  • ラスベガスではプラネット ハリウッド ホテルでブリットニー スピアーズのショウを見てきました。別にブリットニー スピアーズでなくとも良かったのですがチケットが売り切れていたりして彼女になりました。ラスベガスへ行く一週間前に申し込んだので良い席が無く、ステージから遠かったのでテレビで見たのと同じようでした。プラネット ハリウッド ホテルの入り口です。ステージの写真ですが、ご本人が写っているのはさすがにまづ [続きを読む]
  • アマチュア無線クラブのオークション (1)
  • きのう(四月八日)は、車で一時間ほどの所で行われたEscondidoアマチュア無線クラブのオークションへ行ってきました。会場は教会の集会所でした。オークションの様子です。あまり見ないドレークのアンテナチューナーですが、$200 ほどで競り落とされました。最近はオートチューナーが主流ですが、この様なチューナーも売れるのですね。もっともコリンズやドレークは熱心なコレクターがいるのでそのせいかもしれません。こちらはヒ [続きを読む]