あぢさゐ さん プロフィール

  •  
あぢさゐさん: みなそこゆ
ハンドル名あぢさゐ さん
ブログタイトルみなそこゆ
ブログURLhttp://minasokoyu.blog.jp/
サイト紹介文鬱系文語日記です。よろしくお願ひいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/12/20 15:23

あぢさゐ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 院墟
  • にはのことしたる時、とみにおよびをきりて、ちのいたうはしりたれば、すなはちにてあてして、くすしをききたづねたれど、日曜といふひなれば、いづれのところもやみふたがりたるを、やうやうありけるは、なき人のつひのところなりけり。くるまをかりて、かつてしりたるみちをはふはふにゆきて、みれば、人もなく、あれはてたるを、おもてにかかげたるふみにいはく、しかしかのところにうつりきといふ。故、くるまにもとりてそのと [続きを読む]
  • あらし
  • かぜのあらきこと、あきののわきににたり。くももなきそらなれど、つちけぶりさわきてあめのいろにごる。露地のまよりふきとほるかぜ、たぎるかはのごとくして、かれえ、おちば、くさぐさのちりあくたをしてをどらしむ。御はかのところ、をちこちの供花、香臺のはひ、 ことごとくちりにたりけり。卒塔婆つねにもにずとよめきなりわたりたれば、あゆみがたきほどにありておもしろくもおぼえて、おのおのにあひしらひつつ、亡き人が [続きを読む]
  • 雨と靈
  • あけぼののさきよりこさめふる。みやこなるいもきたりて、一周忌のことものせむと、御はかにいたれるときに、あまあしいたくなりぬ。御たまのうるみたまへるにや。こぞのけふみいきたたししときにしてみまへにたてばあめぞふりしくことをへたるすなはちあめあかりて、ひのあし、ゆききしたまひしみちにとほらす。 [続きを読む]
  • 朝霧
  • ひごとに日のいでおそくなりもてくれば、つとめての御はかまゐりには、供花のいのちものびつつ、かぜのつめたきにあふことふえぬ。けふはあさよりきりたちこめて、とほからぬあかりもめにいらねば、おもむろにゆく。淨苑にいたれば、あめにいたりたまひつべき御ほとけの御すがたはかげにもみえず、めぐりのこだち、をかなども、きりにしづみて、 われのありかのみほのだちて、くもゐにうかべるをぶねのごとし。なき人もまた、きり [続きを読む]
  • うひぼに
  • つとめて、御はかのきよめにまゐる。盂蘭盆會のときなれば、ひなかは人さはにありて、ゆだにもえかたらふまじとてなり。あけそめたるころにいへをいでて、やうやういたりぬれば、人かげはみえず、をちこちに、さきのひにそなへたらむ佛花どもの、あさひににほへるのみ。きのふ御とものふたりみたりとぶらひきたまひて、新盆の御しな、御うつしなどかたじけなくしたることなどもまをし、もちかねたる花をもそなへまつりて、すこしか [続きを読む]
  • 過去の記事 …