工房アパート時々倉庫 さん プロフィール

  •  
工房アパート時々倉庫さん: 工房アパート時々倉庫
ハンドル名工房アパート時々倉庫 さん
ブログタイトル工房アパート時々倉庫
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/xb9dv5
サイト紹介文仕事半分、趣味半分。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/12/20 16:02

工房アパート時々倉庫 さんのブログ記事

  • バラ
  • バラ、今が一番。昔は十数本もあったバラも今は半分に。大変なんですよね。施肥に殺虫・殺菌、そして剪定・整枝。つるバラは枝の誘引も大切な作業ですよね。ご町内でオープン・ガーデンをやっているSさん。もう話しを聞いているだけでマメなニンゲンでないと。チャランポランなソウコオヤジにはバラは無理だと悟りました。ついつい咲き出すと次々に新しいバラを買い足したくなりますが。植える場所がそんなにあるはずもなく、今の [続きを読む]
  • 障子が屏風もどきへ
  • 工房の大掃除から次の段階へ進みました。今回も前回と同様に陶器+絵画が中心の作品展。絵画と言っても正確には陶額をメインにした「額展」でして。公の貸ギャラリーと違って作品を運ぶ手間が省けるので大物も展示可。でも、そうなると今度は場所が狭すぎるのです。そこでソウコオヤジは考えた。狭い場所でなるべく広く効率よく絵画を展示する方法とは・・・。そ、そうだ。自宅に使わなくなった障子があったはず。それをつなぎ合わ [続きを読む]
  • 掌に神と仏
  • 以前にも書いた通りソウコオヤジは節操のない日本人でして。善意に解釈すれば、全ての宗教に対して心の広い寛容な精神の持ち主。お寺で手を合わせ、神社で柏手をうち、バレンタインもハロウィーンにクリスマス。まだイスラムにはご縁がないけれど、最近はハラル・フードも見かけるようになりましたね。ところで、最近知ったウンチクを一つ。なんと、宝船に乗っている七福神は「多国籍」で日本の神様は一人だけ・・・なんだそうです [続きを読む]
  • 縦長チケット専用陶額
  • 陶器の額縁作りにハマっていた頃の作品です。アメ釉の茶色が気に入らなくて二度焼きしてやっと完成。折角出来上がったのにお気に入りのモネのチケットが無い。よ〜く考えたら3年前の個展の時に違う陶額に入れて売ってしまったのだ。あの時はまさかミニ陶額が売れるとは思っていなかったし買ったのがMさんだったので・・・確か500円で売ってしまったのだ。ほかの展覧会のチケットを探してみたけれど縦長でこの大きさが無い。そりゃ [続きを読む]
  • ミッキーマウス・カメラ
  • ディズニーランドとすっかりご縁がなくなりました。一体どのくらい今までにディズニーにおカネを落としたことやら・・・。それはさておき、本日の話題はコレ。勿論お土産、いつ誰から貰ったものやら。カメラ型ミッキーマウスのキャンディ缶です。それにしても"最盛期"には一体何十個のディズニー缶があったことやら。どなたもご経験でしょうが、あの缶、たまるんですよねぇ。 (余分な話=この場合、「溜まる」「貯まる」どっちで [続きを読む]
  • コレなぁんだ?
  • 相変わらず作品展のための準備と大掃除。そして、訳の分からないモノが出てくる×5いつもの天井裏(正確には屋根裏収納)。コレなんかいつ何のために買ったのでしょうかネ。ひょっとしたら貰い物だったのかもしれない。コレ、何だかわかりますか?昨日書いた通りヒコーキも模型も好きですが・・・。それにしても折りたたむ必要があるんですか。とにかく開くとこうなります。正解は「折り畳み式プロペラ」でした。子供の頃良く作った竹 [続きを読む]
  • TYO&NRT
  • さて、月曜日から本日のタイトルの意味が解る人。ヒコーキ・マニアならばすぐにピンと来るスリー・レター。なぁんだ、ただの荷物タグじゃないか。TYOは東京、NRTは成田でしょ、と思ったアナタは初心者。じゃあ、東京ってどこの空港?羽田はHNDだし・・・。正解は成田空港が開港する前、羽田空港が東京国際空港だった頃のもの。ソウコオヤジが若かりし頃、上海からDC8で帰国した時の思い出の品。もう一つ、黄色のNRTのタグはNORTHWES [続きを読む]
  • 冥途の飛脚
  • ご存知、近松門左衛門原作の人形浄瑠璃「冥途の飛脚」。浄瑠璃に歌舞伎に文楽に薀蓄を傾けたいところではありますが・・・。残念ながら、今までに歌舞伎をたった一回みただけでしてせいぜい落語と大相撲観戦がソウコオヤジ全ての日本文化体験。従いまして「冥途の飛脚」なんて「メイド・カフェ」と間違えるくらい。(このウソにはちょっと無理がありましたが・・・・)閑話休題実は毎度お馴染み Painter Ⅸ で絵を描きまくっていた [続きを読む]
  • 怒り+悲しみ=6/1
  • さて、本日のタイトル、意味わかりますか。それほど大きな話題にもなっていないけれど・・・。第一、ソウコオヤジにとっては最悪のタイミング。6月10日から「作品展」をやるってこの時期にど〜して値上げ?そうなんです、ハガキと52円切手の値上げです。マスコミ関係には既にお知らせ葉書は発送済みだけれど。個人+生徒の皆さんにはこれから案内ハガキを発送予定。あまりに早いと忘れてしまうので一週間前くらいがいいんです [続きを読む]
  • 「おとめ」その後
  • おとめはおとめでも「とちおとめ」ですよ。4月に紹介したあの花壇のイチゴ畑のその後のハナシです。そうなんです、その後すくすくと育った長女。小粒ながらなかなかの美人。何処に出しても恥ずかしくない娘になりまして。花壇畑ではポツンとこんな感じで育っていたのであります。さてさて、その後の畑は次々と娘たちが育ちまして。もう、その賑やかな事といったら・・・。オヤジは放っておいてもムスメは育つ、なんて諺どおり・・ [続きを読む]
  • フェイク・ナポリタン②
  • さて、今回使用するウツワは色をつけた半磁器土×2。大はスカイブルー、小は白に見えますが薄いピンク。スカブルーは写真以上に青いのでナポリタンのオレンジ色との相性や如何に。本当はレモン・イエローを使ってみたかったんですが大きさが合わず断念しました。それはさておき、箱から材料を取り出してお湯を沸かして制作開始。以前に「ラーメン」を作ったので一通り作り方は理解しておりまして・・・。お湯の中で「麺」をほぐし [続きを読む]
  • フェイク・ナポリタン①
  • 先週の水曜日、楽家の茶碗を観に国立近代美術館へ。6月からの作品展では「抹茶」もテーマのひとつでして。それからツレアイは根津美術館へ。ソウコオヤジはカッパ橋道具街へ。なぜ、カッパ橋?それは、コレを買うため。そうです、食品サンプル。切ったバナナ・ミカン・リンゴ・・・そして肉じゃが。そして、自分で作るナポリタンのセット。みんないいお値段ですが。これも作品展のため。多少難のある器でもこれさえあれば・・・。 [続きを読む]
  • 不揃いのアスパラたち
  • 本日のタイトルは山田太一さんのテレビドラマ名のパクりです。確か「不揃いのリンゴたち」だったような・・・。学生+独身時代=テレビなしの11年間だったので見てないないんです。金八先生も東京ラブストーリーも北の国からも・・・いいドラマあったんですね。さてさて、また昔話になりそうなので現在進行形の実話「不揃いのアスパラたち」へ。毎年、相変わらずの猫額畑のアスパラガスは只今ご覧のような状態です。太さ・長さ・形 [続きを読む]
  • 工房を掃除をしていたら・・・
  • 作品展まで一か月を切り「作業場」の方も本格的に大掃除開始。もう去年から少しづつはやってきたけれど・・・ここに来て焦ってます。ここは当然のことながら普段扱っているのは土と水と火。汚いのは当たり前だし、綺麗にしておく必要がないのであります。それを承知で「展示室」にしようとするのだから・・・。今更ガタガタ言っても始まらないので、まずは脚立と梯を用意して天井からスタート。まずは梁につもりに積もった埃をブロ [続きを読む]
  • そんなにくっつきたいか?
  • どうしてこうなっちゃううんでしょうか。そりゃ、未熟だからです。もう何十回も焼いているじゃないですか。でも、ダメなんですよ。   ふうっ(-_-;)  はあっ(・_・;)またまたこれじゃあネェ。ガス窯で昇温調整の失敗はご覧のとおり。灰釉と棚板が今回も見事にくっついています。それにしても、そんなにくっつかなくてもいいじゃないですか。・・・と言いたくなるような張り付き方ですよ。一体今までどのくらい剥がしてきたやら [続きを読む]
  • 工房はこちらから
  • 新年度になって新たな方々とお付合いが始まり約一か月。・・・が、ここにきて来客に立て続けにある「現象」が発生。実は当工房はオモテの「事務所+展示」部分と窯がある「作業場」がありまして。普段は建物のウラにある「作業場」を「工房」と呼んでおります。(ちょっと解説=工房には北と南にそれぞれ出入り口があります)そのウラの工房に普通はアパート花壇がある広い北側から来ます。そして、初めて来る方用には案内板も出して [続きを読む]
  • 「個展」でなく「作品展」
  • 10年前にシティ・ギャラリーでやったのは「図工の時間」。今は亡き〇〇百貨店や問屋町倉庫では「個展」。三年前の前回からは「作品展」。この10年間で変わったことは・・・。そうなんです、自我が段々薄まっているんです。オレがオレが・・・がなくなってより自然体にモノつくりができるようになった・・・。なぁ〜んちゃってネ。でも、ずうっと変わらないのは子供の頃と同じ「プラモ・スピリッツ」。「プラモ・スピリッツ」、勿論 [続きを読む]
  • そろそろ、ひと月前、案内状
  • 6月10日から「作品展」やりますので。そろそろ一か月前、なので案内状見本を作ってみました。かつては公共施設や自前倉庫で華々しく個展をやっていましたが・・・。ギャラリー賃貸料+案内状発送費+接待費等々散財覚悟。??もうそんな余裕は何処にもアリマセン。なので、前回同様狭いけれど工房でガマン。その前回作品展の案内状をテンプレートにした手抜き案内ハガキ。前回ご来場の方には「アレッ」と思われるかもしれませんが [続きを読む]
  • 晴天続き
  • N〇Kはなんでゴールデンウイークと言わないのか知らないけれどいよいよ大型連休も終盤にさしかかり、今日は曇り空。それにしても、今年の「ゴールデン連休」は晴の日が多かったような。連休前に荒れた天気が続いていたせいか、心地よい連休でしたね。アパート中庭花壇もヒバに欅にヒマラヤ杉に新緑がまぶしい限り。サイクルポートにいつもの自転車がないのはサイクリングにでも行った?バラはまだ咲いていないけれど根元にはアネモ [続きを読む]
  • スズラン
  • 去年株分けしたスズラン。アパート中庭花壇に分散して植えておいたところ・・・。咲きました、咲きました。葉っぱをそっとめくってみると・・・いたいた。小さな白い花がぞろぞろと見えてきました。白いベルのような花からチリンチリンと音が出てきそう。この写真を撮るときには気にもしなかったけれど、なんともメルヘンチックな花に不釣り合いなソウコオヤジの指。これじゃダメじゃん。以後、気をつけますので・・・。余分なヒト [続きを読む]
  • 東海道線鈍行旅は今
  • いつの間にやら上越新幹線から東海道線へ。勿論、例の架空の線路上徒歩の旅。先月末30日に富士川到着。歩数計の旅ではありますが、昔を思い出しながら・・・。学生時代、三島にK君の実家がありまして、国府津にはミカン農家のUさん家がありまして。友達の実家にタダで泊まるのは特技でして。松阪のN君、吹田のO君、などなど・・・。やはり太平洋側の友達が多かったようで。時刻表を眺めていても懐かしさが込み上げてきます。懐かし [続きを読む]
  • スポンジきゅうり
  • ええいっ、こうなったら今日も野菜だ。タケノコ?ジャガイモ?今日はキュウリだ。エッ、これがキュウリ?そうですよ、これがキュウリですよ。ホームセンターではリッパな苗が売っているいるけれど。しか〜し、種蒔きが趣味のソウコオヤジはそんな苗は買わん・・・つもり。昨年やってみたスポンジレタスをキュウリでやってみたら・・・。出た、出た、出ましたヨ。ヨレヨレと弱弱しいけれどこれから植え替えてやればグングンと。因み [続きを読む]
  • 目標はポテチ
  • 昨日のタケノコ、今日はジャガイモ。去年作ったジャガイモ看板も引っ張り出してきました。さて、今年は少量多品種の3種類。メークイン・男爵そして自宅庭のインカのめざめ。芽が出て10センチくらいになったので余分な芽欠き作業終了。追肥もやってしまったので土寄せ作業までは見守るだけ。テレビでは盛んに去年の台風被害で北海道のジャガイモが取り上げられスーパーやコンビニからポテトチップスが消えたなんてやってますが。単 [続きを読む]
  • 2度めは皮つきで・・・
  • トッタどぉ〜。じゃなくて、貰ったどぉ〜。どうです、この立派なタケノコ。土曜の夕方、猫額畑で農作業をしているとお隣の駐車場からおいでおいでの手招き。「たくさん貰ったから1本食べて」といつものオバサン。「いただきます、大好物です」とソウコオヤジ。多分、去年夏のキユウリのお返しということで。その夜、自宅に持ち帰りツレアイにご報告。当家では今年に入ってタケノコは二度目。最初はお隣からお皿に「若竹煮」の状態 [続きを読む]
  • ムスカリなんだなぁ
  • 工房入口のムスカリです。鯉のぼり+ムスカリ、なかなか見ごろ。毎度相変わらずの球根植えっぱなしのプランター。このゴチャゴチャ感はやはりそのせいでしょうかね。もう少し植え替えるなり、多少とも手入れをしておけばいいのに。咲き始めるとオモテに出して、咲き終わるとアパート裏にほったらかしに。ソウコオヤジのやることなす事全てがコレ。そして、ポーズだけは反省しても3歩歩くと忘れてしまう。イカン、イカン。この繰り [続きを読む]