noki さん プロフィール

  •  
nokiさん: サラリーマンnokiの骨董・古民具コレクション
ハンドル名noki さん
ブログタイトルサラリーマンnokiの骨董・古民具コレクション
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/masaki1234512345
サイト紹介文海外駐在員の余暇を活かした骨董収集ブログ。中国少数民族及び江戸・明治期の希少性の高い古民具を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/12/21 02:12

noki さんのブログ記事

  • (世界各地)Noki馬コレクション
  • さて、前回、馬鞍を紹介したので、その勢いで、今回は馬がテーマ・・・と思ったのだが、さすがに馬をキーに収集しているわけではないので、数が全然揃わなかった(笑)そこで、「馬がかすっていさえすれば、何でもあり」、と大きく間口を広げて、これを「Noki馬コレクション」と言い張ることにする。以下、今日は疲れているので、何も考えず、順不同でランダムに掲載していきたい。いずれも私がどこかに惹かれて集めた思い入れのあ [続きを読む]
  • 日本 蒔絵書見台(明治〜大正期)
  • 最近は、立て続けに馬具を紹介してきたので、今日は、馬続きということで、馬の蒔絵が施された、蒔絵の書見台を紹介したい。黒漆の下地に対し、桜の中を駆け抜ける馬の姿が躍動的に描かれている。馬の筋肉を、高蒔絵の厚みでよく表現されている、と思う。なお、家紋も入っており、下がり藤の紋。古来、藤原家系の家でよく使われることが多いが、今日ではより幅広く使われていると思う。金具も下がり藤。細かなところまで凝った作り [続きを読む]
  • noki馬鞍コレクション
  • 前回は、日本の馬鞍を紹介したので、今回はこれに続き、nokiコレクションから、馬鞍だけを並べてみたいと思う。といっても、馬鞍としてコレクションしたわけではなく、あちらこちらで、気に入って蒐集した品々の中から、馬鞍を抜き出した、というだけなので、数は無い。しかし、いずれもその地域・時代の特色を色濃く反映した、個性ある品々。やはり、マニアックというか、私らしさが前面に出ているなあ、と思う。以下、蒐集時系列 [続きを読む]
  • 日本 M藩T家の馬鞍一式(寛文9年=1669年)
  • 今回も、nokiコレクションから、最近入手したお気に入りの一品を紹介したい。それは・・・日本の馬具一式揃い(M藩を治めたT家)である。この後に出てくる家紋やエピソードから、伏字にしなくてもバレバレなのだが、一応伏字にしておく。今回は、久々に読み物仕立てにしてみた。私には、なじみの骨董屋さんが、数件あるのだが、この骨董屋さんはこれまでに当ブログにも何度も登場した、最も信頼のできる骨董屋さんである。私との付 [続きを読む]
  • 日本 M藩T家の馬鞍一式(寛文9年=1669年)
  • 今回も、nokiコレクションから、最近入手したお気に入りの一品を紹介したい。それは・・・日本の馬具一式揃い(M藩を治めたT家)である。この後に出てくる家紋やエピソードから、伏字にしなくてもバレバレなのだが、一応伏字にしておく。以下、久々にノンフィクション風に書いてみる。私には、なじみの骨董屋さんが、数件あるのだが、今回登場する骨董屋さん(今回は、「彼」として登場)はこれまでに当ブログにも何度も登場した、 [続きを読む]
  • 日本:金襴手の袈裟(正徳五年=1715年)
  • 今日は、またnokiコレクションから、面白い!と思うものを、紹介してみたい。それがこちらの箱。こういう古めかしい箱を見かけると、中に何が入っているのか、ドキドキする。やはり変人だ・・・とも思うのだが、このブログを読むような方の中には、この気持ちをわかってくれる方もいるのではないだろうか(笑)さて、開ける前に、注意深くこの木箱をひっくり返すと、箱の裏側に何か書いてある。アップしてみると、正徳五乙未年来之 [続きを読む]
  • 日本 木曽漆器の花見重(江戸後期〜明治期)
  • 今回も、気軽に楽しめる一品を紹介したい。それが、この木箱。これだけ見ると、透き漆塗りの単なる箱だが、蓋を開けると、小さな箱がいくつか。この左側の蓋は外すことができ、外すと中からお椀が・・・そして外した蓋も、よく見ると2つに重ねられたお盆。順々に、中の物を取り出していくと・・・収納、実によく考えられてます。これは、江戸後期から明治初期くらいの、中間層クラスの人たちが使用した小型(2−3人前)の花見箱 [続きを読む]
  • インドネシア nokiインドネシア・コレクション
  • 日本や中国の収集品の参考資料として集めた、インドネシアの品々を紹介したい。系統立てて収集したわけではなく、日本・中国品と比較するために、ついでとして収集した物が多く、全体としてみると統一感に欠けるきらいがある。しかし、あくまで参考品ではあるのだが、それでも自分なりに納得のいくレベルの物を厳選し、一品一品、考えて入手してきたと自負している。19Cにバリ島で製作された、ヒンドゥ教の戒律を描いた宗教画(通 [続きを読む]
  • インドネシア 操り人形(ワヤンゴレ 1940-70年)
  • さて、私の古民具・骨董収集の出発点だが・・・これまでも何度か触れてきたことだが、中国赴任中に、せっかく現地にいるのだから、何か面白い物はないかなあ、とあちこち見て回るうちに、現地の文化・風習が色濃く反映されたものや、呆れるほどの手間暇をかけて制作されたものにほれ込んだところから始まっている。特に、当時の赴任地が、上海や北京などの大都市ではなく、内陸都市西安の、そこから車で数時間の、さらに奥地という [続きを読む]
  • 日本 長崎螺鈿の小箱(幕末〜明治初期)
  • 今日は久々にnoki長崎螺鈿コレクションから、小さな小箱を紹介したい。以前も書いたかもしれないが、長崎螺鈿とは、幕末から明治中期にかけて、外貨を稼ぐために当時の工芸技術の粋を結集して製作された、輸出用の螺鈿細工である。長崎が特に有名だが、横浜でもこれに近いものが多数制作されたようだ。今回は、その中から中堅クラスの小箱を紹介したい。ちなみに、この箱は、上の長崎螺鈿コレクション写真には含まれていない。この [続きを読む]
  • 日本 相良刺繍(縫いつぶし)の紙入れ(江戸後期)
  • 本日も、noki袋物コレクションから新たに一つ紹介したい。それは・・・この、相良刺繍の縫いつぶしの紙入れである。紙入れの表側は、このように革の蓋が開かないよう、蛇腹の金具で留められている。一方、裏側は、このような透かし彫りの金具が使われている。透かし彫り部分をアップすると実にオシャレな作りである。本体の革は鹿革か。この革に織布を貼り、相良刺繍で縫いつぶしている。ちなみに、「相良刺繍の縫いつぶし」という [続きを読む]
  • 日本 龍の守り巾着(幕末〜明治初期)
  • 今週は、軽めのものとして、noki袋物コレクションから、江戸から明治初期の守り巾着を紹介したい。守り巾着は、江戸中期から江戸を中心にで流行し、その後全国に広まったもの、とされている。私の好きな龍のデザイン。アップすると、こんな感じ。これで、noki龍コレクションがまた一つ、充実することになった。表の生地は綴れ織。おそらく唐織だろう。綴れ織の龍袍の一部を巾着にしたのかもしれないが、清朝後期の龍袍の龍は様式が [続きを読む]
  • 大学のホームカミングデー(2017/5/13)
  • 毎年、卒業した大学で、ホームカミングデーなるものが開催されている。5年に1回ほど、当たり年ということで招待状が届くのだが、招待状に関係なく、いつ参加しても良いらしい。今年は、偶然、その当たり年で招待状をいただいたこともあり、大雨ではあったのだが、友達と一緒に、初めて参加してみた。東京郊外にひっそりとたたずむ大学に通ったのだが、駅前は大開発されて大きく変貌。だいたい、駅ビルなんて当時なかったが・・・ [続きを読む]
  • 奥女中の懐中物(幕末から明治初期)
  • 以前も幾度か紹介したことのある、noki袋物コレクションから、久々に1品ご紹介したい。noki袋物コレクションの一部。一山いくら、で買ったものを中心に、後から気に入った物を買い足して構成されている。ここで、一部というのは、この写真に写っているもの以外に、実家にあったり、東京にあったりでコレクションの全体像がわからないほど、バラバラになってしまっているからである。ちなみに、後から納得して買いたした物はさてお [続きを読む]
  • 東京富士美術館(17/4/16)
  • 昨日はたばこと塩の博物館で、「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」展を見てきた。戦前の袋物商・中村清氏の収集したコレクションを中心にした展示であったが、とても興味深く拝見した。私の趣味・嗜好と重なるところが多々あり、示唆を受けることが多くとても勉強になった。ただ、残念なのは、写真撮影不可であることだ・・・と、ここで思い出したのが、先月に行った八王子の東京富士美術館。こちらの美術品は、とにかく、 [続きを読む]
  • 長瀞散策(17/5/4)
  • GWも後半戦。昨日は、友人と長瀞を満喫してきた。というか、初ラフティングを楽しんできた、という方が正確かもしれない。長瀞に朝8:30集合、ということで、この日は5時起き。無事、時間通り長瀞に到着し、お迎えの車でベースへ。簡単なレクチャーを受けた後、専用スーツに着替えて救命胴衣を着用し、早速、ザバザバ川に入る。5月の川の水は、まだ結構冷たいが、専用スーツを着用していると、川の中でもあまり寒さは感じない。こ [続きを読む]
  • 中国 文人趣味の道具一式(中国清朝期)
  • このGWは、富岡・京都奈良・長瀞と、思い立ったら行動スタイルで満喫中である。ただ、GW明けの仕事量に猛烈な恐ろしさも感じるのだが、それは考えても一緒なので、今は考えないことにする(笑)さて、今日は、京都で少し前に買ったものから紹介したい。これは、木のまな板・・・ではない。厚み3cmほどの薄い木箱である。この状態で、京都の骨董市で置かれていた。単なる木箱として、普通はスルーするのであるが、今回は、少し木の [続きを読む]
  • 妙義山の花見→富岡製糸場見学(17/4/29)
  • 先週の土曜日は、友達と一緒に、富岡製糸場の見学に行ってきた。日帰りツアーなので、非常に気軽だ。朝8時に渋谷駅を出発。久々の旅行。バスの中でわいわいしていると、(いや、前日、あまり寝ていなかったので半分くらい寝てた気もするが)あっという間に上州・信州の境にある妙義山に到着。しばらく散策し、つつじや、八重桜などを十分に鑑賞した後、峠の釜めしで有名なおぎのやで昼食。タケノコ尽くし、ということだったが、タ [続きを読む]
  • 妙義山の花見→富岡製糸場見学(17/4/29)
  • 先週の土曜日は、友達と一緒に、富岡製糸場の見学に行ってきた。日帰りツアーなので、非常に気軽だ。朝8時に渋谷駅を出発。久々の旅行。バスの中でわいわいしていると、(いや、前日、あまり寝ていなかったので半分くらい寝てた気もするが)あっという間に上州・信州の境にある妙義山に到着。しばらく散策し、つつじや、八重桜などを十分に鑑賞した後、峠の釜めしで有名なおぎのやで昼食。タケノコ尽くし、ということだったが、タ [続きを読む]
  • 日本 京友禅の見本帖(明治期)
  • ようやくGWである。昨日は、世界遺産となった富岡製紙場を見学に行ってきたのだが、それは次回書くことにして、今回は、以前、京都で入手した京友禅の見本帖を紹介したい。西京 山カ 〇〇所持とある。さて、早速ページをめくると、このような金粉をまぶした豪華な見返しのあと、このように実物の見本裂が貼られている。アップで見ると、こんな感じ。絹地に、ぼかしの技法を使い丁寧に染め上げられており、実に細かい。更にページ [続きを読む]
  • 日本 木彫の海老(慶應2年=1866年)
  • さて、今日も変わったものを紹介したい。それは、この小さな木箱に収められている。木箱には「正月 御餝海老入」との墨書き。さて、どんな海老が納められているのだろうか。早速紐をほどき、蓋を開けると、裏側には、「慶應弐年 丙寅五月 畑屋三郎兵衛」とある。花押も書かれていることをみると、武家で用いられたものだろうか。慶應弐年というと、1866年。薩長同盟が締結され、倒幕の動きが確定的になった年である。前回の輪島 [続きを読む]
  • 日本 輪島塗の三つ盃(慶應元年=1865年)
  • 最近、毎日帰宅が1時頃になる。なお、昨日は翌日(今日)が休みだったこともあり、2時すぎに帰宅。こんな生活が続いている。そう若くもないので、正直、かなりきつく、自然と余裕がなくなって、疲れでいらいらし、笑顔も消える。食事は遅くなり、体への負担も大きい。少なくとも今月末までこんな生活が続くと思う。今月の深夜残業、何時間だろうか。とはいえ、今日は休めてリフレッシュできた。月末の会議に向け、これからが本番 [続きを読む]
  • 神田川クルーズ(17/4/2)
  • 先週の日曜日は、花見を兼ねて神田川クルーズ。浅草発着の隅田川クルーズは、何度も行ったことがあるが、神田川でも花見クルーズができるとは、知らなかった。都心をめぐるコース。これは面白そうだ。例年、4/2は満開だろうと思って、即申し込んでいたのだが、今年は開花の進捗が遅れていた。少し残念だが、まあ、仕方がない。出船前の和泉橋防災船着場。秋葉原駅から徒歩数分の場所にある。こんなところに船着き場が整備されてい [続きを読む]
  • 千鳥ヶ淵散歩と茶道・香道体験(17/4/1)
  • 先週のお花見がてら散歩と茶道体験などを日記に残しておきたい。先週末、友達と、千代田区共催の桜散歩ツアー・兼茶道・香道体験、というのに参加してきた。そういえば、千鳥ヶ淵とか、皇居ランのときにはそばを通るのだが、あまりじっくり歩いたことはない。良い機会だ。13時頃に千鳥ヶ淵を出発。例年は4/1というと、桜満開くらいかと思うのだが、今年はかなり遅いようだ。2分から3分咲きといったところか。日当たりの良い所の [続きを読む]