CLASSIC ROCK LOVE さん プロフィール

  •  
CLASSIC ROCK LOVEさん: CLASSIC ROCK LOVE
ハンドル名CLASSIC ROCK LOVE さん
ブログタイトルCLASSIC ROCK LOVE
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/flamebyflame
サイト紹介文70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について 気の向くままつぶやきます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/12/21 20:23

CLASSIC ROCK LOVE さんのブログ記事

  • Europe - The Final Countdown (London 2011)
  • Europe - The Final Countdown (London 2011) この人たちは、この一曲で、北欧の英雄になったんですよねー。ハードロックマニアには有名な北欧のバンドだったんですが、こんな大成功をおさめるとは思いませんでした。テレビの映像のバッキングにもよく使われます。若い人も良く知ってる曲だと思います。いい曲はほかにいっぱいあるんですが、やはり、この曲を外して彼らを語ることはできません。 [続きを読む]
  • Black Sabbath
  • Black Sabbath "Paranoid" Live in Birmingham - May 19, 2012 2012年なのに、何とサバスのオリジナルメンバーが3人いる!すごいですね。いったい何才なの?なんて突っ込みを入れたくなります。すごい迫力です。オーラがやはり違う。 [続きを読む]
  • W.A.S.P. - Wild Child
  • W.A.S.P. - Wild Child 80年代のアメリカンメタルのムーブメントの中で、イロモノ扱いされながらも、結構人気あったこのバンド。確かに時代に足跡を残しました。この曲はメロディがいいですね。コード進行がいいです。日本人向けのメロディかな。 [続きを読む]
  • Jackson Browne - Here Come Those Tears Again
  • Jackson Browne - Here Come Those Tears Again この人のクセのある歌い方と独特のメロディは憂いがありながらも、すごくポップな味わいがあり、好きです。日本の浜田省吾はかなり、メロディ作りや歌い方では影響を受けているような気がします。まあ、結局、私はハマショーも大好きです。どうしようもないやるせない雰囲気がありながらも、前向きな雰囲気がこの人の曲からは伝わってくるんですよね。 [続きを読む]
  • Night ranger / Sister Christian - Live & Acoustic Preview
  • Sister Christian - Live & Acoustic Preview 往年の名曲のアコースティックバージョンです。基本のメロディがいいので、バージョンが変化してもかっこいい。歌も、コーラスも完璧です。80年代に全盛を極めたバンドですが、年をとっても、実に素晴らしい演奏です。こういうバンドがプロフェッショナルっていうんだろうなあ。本当にいいバンドです。80年代はちょっとチャラい感じがしましたが、こうやって年をとっての演奏を聴 [続きを読む]
  • FIREHOUSE  『OVERNIGHT SENSATION』
  • FIREHOUSE  『OVERNIGHT SENSATION』 言わずと知れたアメリカン・ハードロックの傑作です。ボン・ジョビの弟分と言われた彼らですが、この曲により、ボンジョビ同様、記憶に残るバンドになりました。名曲恐るべしです。このバージョンは21世紀になって再録されたリメイク版ですが、オリジナルと変わらずかっこいい!音質だけならこっちがいいです。メロディ、リフともに起承転結が見事の一言。まさに金曜の夜にハイウエイを突 [続きを読む]
  • All Along The Watchtower / Dave Mason
  • Dave Mason "All Along The Watchtower" 70年代、ギタリストなのに、ギターを弾きながら歌を歌うと言えば、もちろんエリック・クラプトンが第一人者であったのですが、実はこの人もかっこいい!このテレキャスターのギターの音色のかっこいいこと!クラプトンよりも、ポップで明るい!やっぱり名人です。いつの演奏かわからないのですが、だいぶ年取ってからの演奏だと思います。70年代の時と変わらない艶のある演奏です。ちな [続きを読む]
  • TRAFFIC - withering tree
  • TRAFFIC - withering tree 歴史上のバンド、トラフィックです。あの、スティービー・ウインウッド、デイブ・メイスンがいました。何とも不思議な曲です。クリームを聴いて、ブラインド・フェイスを聴いたら、このバンドも気になってしまいますね。 [続きを読む]
  • Lone Star - Flying In The Reel (Peel Session)
  • Lone Star - Flying In The Reel (Peel Session) このバンドはバンド名を覚えているのに、どんなバンドだったか、思い出しみてもわからないから、ネットで調べてみました。そうです。あのクイーンで有名なプロデューサー、ロイ・トーマス・ベイカーがプロデュースしたということで、評判になったんですね。でも、レコード会社の思惑が外れたというか、クイーンとは違い過ぎる音で、売れなかったような気がします。ネットで調べる [続きを読む]
  • New Year's Day U2 Video
  • New Year's Day U2 Video ビッグネーム行きましょう。この曲には衝撃を受けました。凍てつく氷の大地が見えるような映像感のあるすごいサウンドです。そして、すごく耳に残るサビの部分の切ないメロディ。心を揺るがすロック。こういう曲がそうなのでしょう。私の最も好きなU2の曲です。このあと、どんどんビッグになり、ヨシュア・トゥリーあたりで頂点を迎える彼らですが、私はこの初期の頃が大好きです。 [続きを読む]
  • Hall & Oates - Wait For Me (Live) - [STEREO]
  • Hall & Oates - Wait For Me (Live) - [STEREO] 本日、私の住む東北のある地区では、素晴らしい天気になりました。ずーっと雨でしたからねー。文句なしの晴天になったことを喜び、日曜の午前中にこの曲をアップすることにしました。完璧なポップソングで、キッスオンマイリストと双璧をなす名曲、wait for me です。今、53才くらいから60才くらいの人なら、この曲を聴いて、若い時代が間違いなくよみがえるでしょう。なんて [続きを読む]
  • The Bangles - Manic Monday
  • The Bangles - Manic Monday マニアックな曲ばかりだけアップすると、「けっ、つまんねー!」と言われそうなので、クラシックロックファンのほとんどが大好きそうな曲をアップします。この曲って、本当に、日本人が好きなメロディだと思うし、日本人が好きそうな外人の女子の声です。思わず微笑んでしまうキュートな魅力であふれています。 [続きを読む]
  • Confess - Strange kind of affection ( NEW SINGLE 2017 )
  • Confess - Strange kind of affection ( NEW SINGLE 2017 ) 私のブログを覗く人は、60年代から70年代のロックが好きな人(年齢的に55才から65才)が主であり、80年代のアメリカのポップメタルが好きな人(年齢的には40代以下)の人は少数派で、私がこのジャンルを取り上げると、スルーするケースが多いかもしれませんが、私は好きですし、たぶん少しは聴いてくれる人がいるような気がするので、ご紹介します。スゥエ [続きを読む]
  • The Sensational Alex Harvey Band - Delilah
  • The Sensational Alex Harvey Band - Delilah このバンドを知っている若い人はいないだろうなあ。1970年代前半に、ミュージックライフを買って読んでた人は知っていると思う。とにかく名前が派手で、すごく印象に残った。実際は曲を聴いていたかというと疑問であるが、動画サイトで追っかけることができるから便利である。いかにもイギリスというちょっと芝居かかった雰囲気のバンドで、この時代ならではの自由さを感じる。ザ [続きを読む]
  • Angel Witch - Angel Witch
  • Angel Witch - Angel Witch ストレイの「炎の世界」に触発されて、この曲を思い出しました。1980年前後のNWOBHMのムーブメントにアイアン・メイデンやデフ・レパードと一緒に出てきたバンドですが、ちょっとB級です。でも、かっこいいんですよねー。完成度は低くチープなんですが、なんとなく、かっこいい。イントロにしびれます。これだよっ!と叫びたくなります。歌が始まると「あー、へっぽこだなあー」と思うんですが、 [続きを読む]
  • Stray - Only What You Can Make It.
  • Stray - Only What You Can Make It. ノッチさんのリクエストに応えて1970年代初期のハードロックバンドの名曲をアップしますね。粗っぽいけど、かっこいいですね。シンプルだし、ボーカルが素人っぽくて、1980年前後のNWOBHMのバンドに通じるものがあります。邦題は「炎の世界」ですか?意外に長く展開するので驚いてしまいます。マニアックですが、癖になりそうです。 [続きを読む]
  • Neil Young - Heart Of Gold
  • Neil Young - Heart Of Gold 私のブログで、ニール・ヤング初登場です。クラシックロックファンでも、61才から63才くらいの人にものすごい信奉者が多いことをなんとなく知り、ブログにアップすることにしました。ちなみに私は50代後半です。私はハードロック系のロックファンかつ、ポップ系サウンドのファンで、サウンド志向、メロディ志向なんですが、言葉を重視するタイプのロックファンにとっては、絶対的な詩人であるニ [続きを読む]
  • Hawkwind - Silver machine (1972)
  • Hawkwind - Silver machine (1972) サイケデリックロックバンドとして有名なホークウインド。何と、この曲でベースを弾きながら歌っているのは、あのモーターヘッドの総帥、レミーです。モーターヘッド時代と違って、声がかすれていない!不思議な雰囲気の曲で、混沌としてますが、余計な音をそぎ落とせば、ストレートなロックですね。レミーがいたのは一時的だったみたいなのですが、しっかりこの曲はヒットしてるし、いろいろカ [続きを読む]
  • Jon Lord & Tony Ashton - We're Gonna Make It
  • Jon Lord & Tony Ashton - We're Gonna Make It 高校3年生の時、友人が演奏していた曲の名前が思い出せなくてずっと探していたのですが、ついにわかりました。この曲です。すごくマニアックですね。ディープ・パープルのジョン・ロード、友人のトニー・アシュトンのユニットです。あんまり知る人はいないかもしれません。私は、ペイス・アシュトン・ロードという似たようなユニットの作品と勘違いしてました。70年代後半?、ジョ [続きを読む]
  • Sha Na Na - Get A Job (Woodstock)
  • Sha Na Na - Get A Job (Woodstock) 私はこのバンドをよく知らないのですが、ロックを聴き始めた当時、ミュージックライフ誌に出ていたので、なんとなく記憶がありました。こうやって聴き返すと、アメリカ版のラッツ&スターと言ったところでしょうか?まあ、ラッツ&スターより全然前の時代の人ですけど(笑)古き良き時代のアメリカ感漂います。 [続きを読む]