いしちゃん さん プロフィール

  •  
いしちゃんさん: 医師の気持ち
ハンドル名いしちゃん さん
ブログタイトル医師の気持ち
ブログURLhttp://ishitan.seesaa.net/
サイト紹介文医師の気持ち、想い、年収、マッチング、離婚、資格、逮捕、結婚、バイト、検索、医局のことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/12/21 23:06

いしちゃん さんのブログ記事

  • 肺高血圧症
  • 肺高血圧症と診断したら、その原因を検索です。その第一歩はNice分類を使うことです。これは血行動態で分類されるものです。その先に原因の特定があります。・1群(肺動脈性肺高血圧症PAH) 定義・特徴  平均肺動脈楔入圧≦15 mmHg  血管内膜、中膜が増殖、肥厚、血管収縮、血栓形成 原因  特発性肺動脈性肺高血圧症IPAH  遺伝性肺動脈性肺高血圧症HPAH  薬物および毒物誘発性  その他の疾患に関連するもの   膠 [続きを読む]
  • 骨粗鬆症 食事
  • 骨粗鬆症の治療ではまさに生活習慣を全てを変えていく必要がある疾患です。薬だけではどうしても治すことができません。食事もその一つ。適切なエネルギー摂取と適切な蛋白摂取量の確保は栄養療法とても重要な2つの柱です。カルシウムは800-1000 mg/dayの摂取が推奨です。Caは乳製品を使うレシピがいいでしょう。vit Dは20 μg/day程度が推奨です。ビタミンDがなければCaをとっても吸収がなかなかされませんからとても重要な栄養で [続きを読む]
  • おばあちゃん
  • おばあちゃんに会ってきました。自分の祖母です。少し遅いお盆となりました。もう孫の自分のことはなかなかはっきり分かってはくれませんが、それでも会いたい人だったので嬉しかったです。印象に残ったのはこの発言。おばあはね、病院にいくのが大好きやねん。金田先生がホンマに素敵やねん。優しいし、かっこええ。内科の先生はテンプや。会いにいくだけで病気が治る気がするわ。ただ問題は嬉しすぎてワクワクして血圧が上がって [続きを読む]
  • 医学生
  • 医学生が病院見学をしに来てくれました。5年生の夏から動いているなんて真面目ですね。実習が忙しい中、そしてお盆の前後によくぞ来てくれました!!服装はもちろんスーツ。挨拶は丁寧で質問もいろいろ用意していました。将来の夢とか今情熱を燃やしていることとかアツい気持ちを話してくれて、とても元気をいただきました。自分が医大生の頃は遊び呆けていましたから、最近の学生さん達は本当にすごいです!皆さんがいい研修病院 [続きを読む]
  • 尿管結石
  • 尿管結石は突然の腰痛・腹痛といった主訴で救急車でERを受診することの多い疾患です。痛みが激しいので研修医くん達は初めて遭遇したときはとにかく驚くことが多いです。さて。。。治療の際に知っておくべきことが2つあります。まずは、泌尿器科コールが必要な症例の条件です。 腎盂腎炎合併例 両側の結石か単腎症例の場合〜急性腎後性腎不全になるからこの場合は手術などの可能性があるからです。 経皮的腎結石砕石術PNL〜腎瘻 [続きを読む]
  • 看護師 あるある
  • 看護師さん曰く、『看護師同士で話すと 初対面でも分かりあえる あるあるネタがあるんですよ』ある日の飲み会でのこと。。。「え?例えば?」看護士さんは夜勤などで生活がとても不規則です。そんな生活であるあるといえば、そう、目の下にくまができる!目の下のクマをみて初対面の人などにとても心配されるそうです。体調管理は重要です(^^;)よろしければ応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 病院 お盆
  • 病院はお盆の時期になり、毎年のごとく人の動きがあります。定期受診の方が予約をずらすため外来は閑散とし始めます。周囲の診療所が休診となるため救急外来は混雑してきます。そして入院病棟も親族がお見舞いに来て普段よりとても混むのです。子供達も夏休みだから沢山病棟で見かけます。夏ですね。今年も医者 お盆休みはやっぱりなかったです。笑よろしければ応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • アミロイドーシス
  • アミロイドーシスのガイドラインが2017年に新しくなりました。これまでは診断したら後は対症療法という印象が強い疾患でしたが、現在では抗アミロイド療法といえるものがチラホラでてきています。治療できる疾患であるならばしっかりと理解して診断・治療に当たりたいものです。アミロイドーシスの患者さんがいらっしゃったら一度は読んでおきたいものです。正直なところ自分はこれまで、ALアミロイド―シス、AAアミロイド―シス、 [続きを読む]
  • IVIg
  • IVIg(免疫グロブリン大量静注療法)は様々な機序でいろいろな疾患に効果がある治療法です。(この文章では一体何に効くのかようわかりませんね。汗)神経内科でも血液内科でも膠原病科でも小児科でも皮膚科でも使う機会があります。今回はその使い方についてです。一般的には以下のように言われていると思います。①投与開始から約1時間は0.01 ml/kg/分で投与します。 ※初日の投与開始後1時間以内に  ショックなどの副作用が [続きを読む]
  • 良性発作性頭位めまい症
  • 良性発作性頭位めまい症BPPVはめまいの症状を訴えてくる救急でよく遭遇する疾患です。診断する上で重要な症状は回転性めまいが突然始まり数秒程度の短時間で改善すること ※嘔気は長時間続きます蝸牛症状(耳鳴り、難聴)は伴わないことこの2点です。他のめまいを呈する疾患を鑑別しなければならないのは当然ですが、まずは典型的な症状を頭に入れましょう。→めまい 鑑別も参考にどうぞ。Dix Hallpike testで診断を確定します。 [続きを読む]
  • 高齢者
  • 高齢者の定義の見直しが提言されました。日本老年学会・日本老年医学会からですので、力のある定義となるでしょう。医学的には定義が変わると論文などでも言葉の使い方が変わってきますので、解釈の際に注意が必要になってきます。これまで高齢者とは暦年齢65歳以上のことでしたが、確かに65歳でも若々しい方が増えています。そこで以下のような提言がありました。65〜74歳 准高齢者 准高齢期 (pre-old)75〜89歳 高齢者 高齢期 (ol [続きを読む]
  • EBM血液疾患の治療
  • EBM血液疾患の治療は結構良かったです。特に血液疾患ごとに最近の化学療法について色々と書かれてあるので結構使えるなという印象です。初期研修の時には中々化学療法について日本語で書かれているものが見つけられなくて、「ケモがマジで意味わからへん!」『てか血内は診断すらよう分からへん!』「CD、CDって何やねん!」そんなことを毎日呟いていました。。。懐かしいです。昔の研修医の自分に持ってもいいのではと勧める一冊 [続きを読む]
  • 病院 台風
  • 病院の上を台風5号がゆっくり通過していきました。雨が激しかったですね。皆さんご無事でしょうか?病棟では非常用電源に刺さっている医療機器の把握とか、緊急時のグッズ確認などいろいろと忙しかったです。そして、何と台風の日に自分は外来の日が当たりました。激しい天候の中それでも来て下さった患者さんもいましたし、キャンセルになった患者さんもいました。今は台風の被害がそんなになかった安堵感と、キャンセルの嵐のあ [続きを読む]
  • 海外 錠剤
  • 海外の医療で感じることは、日本人との体格の差です。とにかくでかい!そんな中でもう一つ思うのは、錠剤がとにかくでかいぞ!!ということです。左が日本のクラリチンという製品です。右側がオーストラリアで処方されたものです。一般名表記でロラタジンって書いてますね。そう!同じ薬なんです。大きいでしょ?笑更に大きいものだってあります。なかなかこんなに大きなものは飲めません。日本の製品でも患者さんによっては飲めな [続きを読む]
  • 痛風
  • 痛風は急性単関節炎の鑑別として最も頻度の高い疾患の一つです。典型的な経過は母趾MTP関節の痛みが出現し、発作のピークまでは24時間以内でその後自然と寛解に至ります。しかし、膝関節炎、手指関節炎といった症状もありますので、母趾以外でも鑑別を忘れてはいけません。痛風発作が出たら、生活指導が重要で基本的な治療となります。痛風発作の最大のリスク・原因は高尿酸血症ですが、他にもアルコール、過剰な肉・魚の摂取、果 [続きを読む]
  • 管理栄養士
  • 管理栄養士さんはとても頼りになります。患者さんの栄養状態がしっかりしていると感染症が減るなど医療で結果を出すのに大きな力になります。それだけ栄養って大事なんです。管理栄養士さんが大活躍している病院があります。高知県にある近森病院!自分は行けなかったのですが、同僚のドクター達が見学に行ってきました。管理栄養士の仕事ってデスクワークじゃなかった?そんな風に皆が驚いたそうです。看護師さんばりに病棟に出て [続きを読む]
  • デノスマブ
  • デノスマブはリウマチ、骨転移、骨粗鬆症などによく使われている薬です。骨粗鬆症に絞ると骨密度は8年使い続けても上がり続けるため(FREEDOM延長試験、Osteoporos Int 26(12), 2773-2783, 2015)とても重要な薬剤です。骨粗鬆症 ガイドラインを参照のこと!そんな中・・・研修医くん『デノスマブって何だか呪文みたいっすよね』ざ、斬新なご意見で。。。笑研修医くん『デノスマブ!と唱えたら      硬く強くなる♪的な』↑ [続きを読む]
  • 妊娠 研修医
  • 妊娠しました!研修医ちゃんが報告に来ました。「おお、それはおめでとう!」しかし次に出た言葉はすみません。こんな時期に。というものでした。涙も流していました。責任感のある素晴らしいドクターです。病院は皆で業務をしているので、必ず負担は他のスタッフに行きます。例えば当直なんかは誰かが担うことになります。それが分かっているからこその発言だと思います。でも、僕は元気な子供を産んでほしいと思います。レジデン [続きを読む]
  • 好酸球
  • 好酸球は普段の血液検査ではあまり目に止まらない項目だと思います。現に研修医くんは正常値とか増加の定義も知らなかったですから。でもたまにeosinophilが増加して悪さをする疾患に出会います。ちなみに増加とは分画の5%以上・実数で450 /μL以上です。もちろんEGPAや好酸球性肺炎などもありますが、まずは骨髄穿刺や骨髄生検など血液内科的疾患(CELやCML、HESなど)を鑑別することからだと思います。好酸球増多 鑑別を参考にど [続きを読む]
  • 研修医 初日
  • 研修医くんがやってきました。初日は髪型も服装もきっちり。緊張した面持ちです。さ、一緒に頑張りましょう。僕らはチームを組むんです。よろしくお願いします。研修医 読むべき本を参考にどうぞ。よろしければ応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手指消毒 タイミング
  • 手指消毒は間違いなく行いましょう。院内感染症を予防する最も基本的な手技です。病院に慣れてきたこの時期からが実は一番忘れてしまうので、研修医君は改めて復習です。手指衛生は5つのタイミングで行います。患者に触れる前無菌的処置の前体液暴露の可能性か゛あった後患者に接した後患者周囲の環境に接した後病気を治しに来た人に病気を与えるのは避けたいものです。よろしければ応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]
  • EULAR 食事
  • EULARについては終わったと思っていたら、写真を整理していたらもう一つ出てきました。食事についてです。EULARでもJCRなどと同じで食事は用意をしていかなくても出ます。ビュッフェ形式でした。味は・・・ま、あまり期待しすぎない方がよいかと。ですから学会の提供するものではなく、会場内のお店やカフェで食べている人も多かったです。ドリンクもあります。デザートもありました。昼食の細々したことは心配せず勉強・人脈作り [続きを読む]
  • 医師 休み
  • 医師の皆さんはお休みは何をされてますか?ある飲み会での尋ねられました。話の切り口としてはよくある質問です。レジデントちゃんが答えました。「休みの日は外来やカンファレンスがないのでゆっくり仕事ができます」・・・そ、それは休みなんですか?ていうか実質は休日がない感じなんでしょうか?質問した方が逆に困るという・・・。笑熱心に研修するのはとてもすばらしいこと。でも自分を大切にすることは仕事をやり続けるには [続きを読む]
  • 気胸
  • 気胸です、先生。ドレナージしますか?研修医君が自信満々に駆けてきました。「本当だ!肺紋理がみえない典型的なレントゲン写真だね。 ところで治療についてはもう一度復習しよう」?どの疾患にも重症度があります。病名をつけたら必ず重症度の評価をしましょう。日本気胸学会の方法なら 軽度:肺尖が鎖骨レベルまたはそれより頭側 中等度:軽度と高度の中間程度 高度:全虚脱Kircherの虚脱度計算法ならば 軽度:20%以内 中 [続きを読む]